2014年 11月 10日
ちょっと仕様を変えてみました
どうも。きむらです。

今日、思い立ってブログの仕様をちょっと変えてみました。

・・・・・・。
ええと、普通に見ただけでは何ら変わりありません。
10年前に始めたときとほぼ同じ「新月倶楽部」です。

(逆に言えば、10年休止することなく続いているブログがその間まったく同じデザインのまんまというのも、それはそれでスゴイような気もしますが・・・)

違いは、といいますと。

サイトページの右側にメニューがあって、そこにブログのカテゴリーがズラズラズラっと並んでいるのですが、その中の小説(The Delicious Boyのことです〜♪)の章のところが・・・・・。

第1部以外「ファン限定公開」になったのです〜。

って、それだけ(笑)

いや〜、宣言せずにただ設定を変えておいてもいいのですが、万が一、昔なじみの読者さんが何かの拍子に「あ〜、そういや、ここに小説、あったよな〜」と訪れたときに、それが予告なしに見られなくなってたらイヤかな〜と思いまして。

ただの気のまわしすぎかもしれませんね。
小説目当てに来る人、いないかもしれない、いや、恐らくいないのに(笑)

しかも。
ここだけの話ですが、今「きむらブログ」にファン登録している読者(訪問者)もいません。

では、なぜ、ファンがいないのに記事をファン限定公開にするのか?

それは、まあ、きむらの気持ちの問題だと思うのですが「ファンに公開する」のほうが「非公開」より言葉のニュアンス的に柔らかそうに感じたもので。

「見えない」けど「絶対見えないワケではない」的な。

取り外し可能なモザイクをかけてみた、と考えるのが一番近いかも(わはは)

まあ、これも例の「きむらの野望(笑)」の一環ですので、どうかご了承ください。
野望がついえた暁には、速攻で元の仕様に戻します〜♪

以上、小説閲覧についての最新情報をお届けしました。


(蛇足)
そして、仕様を変える作業をしていて気がつきました。

きむら、小説をアップするときって、オマケのようにいつも何か短いエッセイを投稿部分の冒頭に付けてたんですよね。

たぶん、小説目当てで来たのではない読者さま向けに。

ですので、小説を実質的非公開にしてしまうと、当然その投稿内のエッセイ部分も一緒に読めなくなってしまうのでした。

現在のきむらより過去のきむらへ一言。

なんておポンチなっ(呆)

ま、ですけど、エッセイはまーだまーだあります。

今、総記事数を数えたら全部で605もありましたので、小説関連投稿分を抜いても500以上は余裕で残っているはずです。

今日から毎日読んだとしても1年半は保ちますから「きむらの野望」の結果を待つ間の時間つぶしにはもってこいですね(笑)


(蛇足の蛇足)
これも、まあ、何かこっ恥ずかしくて書きたくないですが、一応、重ねて書いておきます。

「今まで一般公開していた部分も含め、きむらが書いた小説・プロットの無断使用及び転載・転用を禁じます。なお著作権が著しく侵害されたと見なされる場合は日本国の著作権法に基づき法的措置を取る可能性があります」

簡単に言うと「盗っちゃダメよ」という意味です。

ま、最悪の事態が起きないよう前もって警告しているだけですから、こう書いてあるからって、きむらがおっかない人間だと思わなくていいですからねっ(必死)
[PR]

by kaoru_oishi | 2014-11-10 18:55 | 第2部以降の小説閲覧


<< 夜の絶叫      ええええっ!!(悲鳴) >>