2012年 11月 23日
とってもダーウィンな死にかた
どうも。きむらです。
もうこの1年も終わりに近い今ごろになって、いきなりスゴい曲が出て来ましたね〜。
YouTube にアップされて1週間で1,900万回ダウンロードされています。

Dumb Ways To Die(おマヌケな死に方)
これはメルボルンのメトロが交通安全の啓蒙(なのか?)として作った曲なんだそうで、きむらはシドニーの新聞の記事と日本のネットニュースで知りました。
で、早速 YouTube でそのPVを見てみたのですが。

か、かわいいっすね〜っ♪
ほのぼのとしたキャラクターが楽しくダンスしながらおマヌケな死に方を紹介しています。
そして音楽も、柔らかなギター演奏で歌う若い女性のボーカルが何とも素朴でいい感じです。
繰り返しますが、これは死に方を歌った歌です。
けど、全然悲惨に聴こえないんですよね。

何だか Monty Python's Life of Brian という映画の中で Eric Idle が十字架に掛けられたシーンで歌う
Always Look on the Bright Side of Life
をほうふつとさせます。

そしてそれぞれの死に方も
The Darwin Awards にノミネートされそうなおマヌケなものばかり(笑)
ダーウィン・アワードというのは実際に起こった「ありえないようなバカバカしい死に方」をした人に贈られる賞です。果たして賞状やら記念の盾やらが受賞者の墓前あるいは遺族に届けられるかは定かではありませんが、世界的に結構名の知られたユーモアの賞で、ギネス・ワールドレコードのように毎年イヤーブックが刊行されているようです。
(そういや、きむら家にも1冊あるはず・・・)

来月は1年の終わりを記念して学校やら幼稚園やらが発表会を開き、学年ごとにいろんな出し物をするのですが、今のところの予想は
「たぶんアレだよね、PSY の Gangnam Style のパロディ。絶対にやる学年あるよね」
でしたが、ひょっとしたらダークホースでこの Dumb Ways To Die を演るグループも出てくるような気がしてきました。
ダンスが簡単ですし、歌詞もすぐ覚えられるから、年少組に向いていそうです。

ただし、親がユーモアを解することが条件ですね。
きむらが親だったら一発OKしそうですけど(笑)

ちなみにこの曲、特設サイト(曲名=サイト名)に行けばタダでダウンロードできるようになっています。
きむらはさっそく iPod に追加しました〜♪
[PR]

by kaoru_oishi | 2012-11-23 14:34 | きむらとギターと音楽


<< 板垣死すとも代わりはいるもの      【歴女】天は二物以上与える【大歓喜】 >>