2014年 12月 16日
Echoes
どうも。きむらです。

何と言ったらいいのやら。
シドニーのマーティンプレイスのカフェで起こった立てこもり事件が終結した朝です。

まず最初にはっきり書いておきたいのは、シドニーは平穏を取り戻そうとしていることです。
これから観光で来る予定のかたも、どうか安心してシドニーのクリスマス、シドニーの夏をエンジョイしてください。

きっと、ニュース等で情報はじゅうぶん伝わっていると思いますので、ここでは、きむらときむら家が経験した昨日・今朝の出来事を身バレしない程度で書いておこうと思います。

普通のシドニーの住人に事件がどのような形で影響したか。


昨日の昼前。
きむらは家でだら〜っとコーヒーを飲んでおりました。
すると、きむら子供(上)から電話が。

「何、やってんの!? 今、授業中じゃないのっ!?」
捕捉しておきますと、学校は今週末から夏休みなので、ほとんど遊びの授業と化していたりします。

「シティのカフェで事件が起きてるって、ダディが知らせてくれた」
「えっ!?」

きむら、ネットで日本のニュースをチェックしていたので、全然知りませんでした。
そこでテレビを点け、画面を見て絶句。

何と、見なれた場所がテレビにバーンっと。

「リンツ・カフェって……チャンネル7のスタジオのド真ん前じゃん……」

Lindt Caféの名前で知られるリンツ・チョコレートの直営カフェで立てこもり事件が起こっておりました。

ちなみに。
チャンネル7の入っているビルには日本領事館もあったりします。

まあ、そこまでなら、きむらはただのテレビの視聴者だったかもしれませんが。
今日にかぎってきむら子供(下)が学校行事でシティに行っていたのです。
それも現場から割合近い所に。

「きむら子供(下)〜〜〜〜〜っ!!」

きむら、慌てて、きむら子供(下)の携帯にメール。
返事なし。
次に、シティにオフィスがある相方(後で相方のオフィスのほうが、きむら子供(下)よりカフェの近くだったことに気づきましたが)に電話。
返事なし。

ドッと血の気が引きました。

学校行事で先生方も一緒ですので、きむら子供(下)の安否自体はそこまで心配していませんでしたが、行事が打ち切りになって避難させられている可能性もあります。
そして、もし現地解散のようなことになったら、厳重な交通規制が敷かれ電車やバスが臨時運行している状態で、果たして迷わず帰ってこれるのか。

そこから1時間ぐらいの間、テレビで事件に注目しつつ、学校にいるきむら子供(上)と膨大な量のテキストメッセージで連絡を取り合いました。

この間、ふと、きむらが最初の携帯を買ったきっかけが2001年のニューヨーク同時多発テロだったことを思い出しました。
それまでは「束縛されたくない(フフン)」と、携帯持たない派でしたが、あのときのカオスな光景を見て、緊急時にはやはり必要だと考えを変えたのでした。

そして。
新しい情報が入らずイライラがつのり、頂点に達しそうになったころ、ようやく、きむら子供(下)から連絡が。

行事が終わったので、学年ごとにバスで迂回ルートを取って帰ってくるとのこと。
学校に。
そして残りの授業をして普通どおり家に帰ってくる、と。

え。
こんな事態でもスケジュール変えないんだ!?
我が子の無事に安心するとともに、ちょっとビックリしました。

そして後で聞いたのですが。
きむら子供(下)が学校で一番最初に事件に気づいたそうです。
相方からの携帯メッセージで。
ですが、先生に『立てこもり事件が起こっています』と知らせたものの『ここは安全だから、行事が終わるまで黙ってなさい』と言われたそうな(汗)
それから。
事件を知って行事の最中に建物に乗り込んで子供を連れて帰ろうとした父兄もいたそうですが、許可しなかったとか。

学校、ツエエエ〜ッ!

かたや、同じく音信不通だった相方とも連絡が取れました。
こちらは会議中だったとか。
きむら、デスクと携帯(相方は2つ持ちです)に何度も電話したんですよっ!
あんまり応答がないので、一時は「もしかしてカフェで人質になってるとか!?」と思ったくらいで(滝汗)
なのに、シティが戒厳令みたいになっていて仕事どころじゃなさそうなときに、避難もせず長〜い会議をし続けていたなんて。

会社も、ツエエエ〜ッ!

そして。

いろいろあって疲れ果てたきむら子供(下)、一日学校にいたものの勉強どころじゃなかったきむら子供(上)、そして相方の順番で帰宅し、きむら家はいつもどおりになりました。

が。
何と翌日(火曜日)は、今度はきむら子供(上)が学校行事でシティに行くことになっていまして。

しかし、学校はその時点で立てこもり事件が終結していなかったのに「予定通り行うので時間どおり来るように」とメールを送ってきました。
きむら子供(上)は「明日行きたくないよぉ」と半泣きになっていますが、行事でパフォーマンスをすることになっているので休めません。

ニュースの報道でこの事件は単独犯によるものらしいと分かりましたが、それでも「他の場所に爆発物も仕掛けた」と言っているので、それがクリアになるまで、とてもきむら子供(上)や相方をシティに送り出す気にはなれないです。

なので、もし学校が決定を覆して行事を中止にしたら真っ先に知らせる約束で、夜に強いきむらが起き続けてニュースチェックをすることにしました。

ですが。
昼からハイテンションでいたことと、特に超高速でテキストメッセージを送ったせいか、1時すぎた辺りから急に眠気がひどくなりました。

なので、犯人の名前が公表され、彼が宗教と難民を理由にマスコミ向けにデモンストレーションを繰り返してきた犯罪者と分かったところで、立てこもり事件のゆくえは気になるものの、テロの可能性はないと判断して寝ました。

そして。

朝、相方に「事件は終結した」と知らされて飛び起きたところです。

どうやら、きむらが寝たすぐ後に、人質のうち7人がカフェから逃げ出した直後に犯人が店内で発砲し、それを機に狙撃隊が突入して犯人を射殺したようです。

そして、その際に人質のうち2人が死亡したとのこと。

きむら、寝る前に「ネゴシエーターの説得が続いているし、犯人が投降して終わるだろうな」と思っていたのですが。


何というか、ショックです。
そして複雑な心境です。

事件が集結し、安心して相方ときむら子供(上)をシティに送り出せたのはいいことですが、犠牲者は出ましたし、この事件がシドニーに落とした影の大きさを思うと暗澹たる気持ちになります。

13年前、ニューヨーク同時多発テロが起きた直後、イラン系の女性と話しているときに彼女が突然泣きだしたことがありました。
『こわいの。これで、もしみんなが私を敵視するようになったらと思うと』
立場上、一緒に泣いてあげることはできませんでしたが、抱きしめてなだめている間に聞いた彼女の悲痛な声は今も覚えています。

今、豪州にいる多くのムスリムの人たちが、あのときの彼女と同じように不安な気持ちでいるのではないかと思います。

在豪のムスリムの団体のほとんどが今回の犯人と関係がないと声明を出していますし、犯人が過去にやってきた奇矯な「パフォーマンス」や犯罪歴(嫌疑含む)を見れば、犯行が宗教や彼が受けたという政治的弾圧(?)が引き金になったのではないことは明白ですが、自分自身でシーク(Sheik、賢人)と名乗り敬虔なムスリムをアピールしていたため、今回の事件が豪州の極右勢力を刺激することは間違いないでしょう。

I’ll ride with you

これが今、twitterで一番流れているハッシュタグだそうです。

意味は「(電車やバスで)私が一緒に乗ってるよ(だから安心して)」

「この事件が起きたからってムスリムを差別しないからね」という強いメッセージです。

きむらはtwitter持ってない派(← 単に文明が遅れてるだけ?)なので、このムーブメントに乗りませんが、心の中で賛同しつつ、自分ができるささやかなサポートをします。

今年のクリスマスの贈答用チョコレートはLindtにして、シドニーのシティの速やかな復興を祈りたいと思います。
[PR]

# by kaoru_oishi | 2014-12-16 08:31 | その他もろもろ
2014年 12月 07日
ここは酷いインターネッツですね
どうも。きむらです。
最近のシドニーときたら、もう判で押したように

朝:晴れ → 昼:曇ってくる → 夕方から夜:雷雨

こんな天気が続いています。

毎日雷雨、しかも一時土砂降りなので家がかなりヤバいことになっていて、これが今月いっぱい続こうものなら雨漏りによる天井の一部崩落も覚悟しないと、というところまで来ています(← 事実なのが怖い)

しかし今月はクリスマス休暇がある分早めに長期で休んでしまう業者さんたちが多いので、今起こってもすぐに修理は頼めないという非常にマズいタイミング。

どうにかこのシーズンだけでも持ちこたえてほしいと祈るような気持ちで天井を見上げる日々です。

それはさておき。

今日、きむらは興味深いネットの記事があったので、それで紹介されていた動画を見ようとユーチューブに行きました。

そして。
動画は科学関係で、教養としてもよさそうだと思ったので、一緒に観ようとその辺にいた相方ときむら子供(下)に声をかけました。

ところが。

歯を磨きながら来た相方、まだ動画が始まっていないのに画面を見るなり「ブッ」と噴いてバスルームに駆け込んでいきました。
そして、続いてやって来たきむら子供(下)も「どれどれ」と画面をのぞきこんでそのまま床に膝をついて笑い転げています。

え。
これ、科学の動画なのに。
しかもまだ始まってないってのに、どうしてそんなに笑えるの?

きむらが一人でぽっか〜んとしていると、無事に歯磨きをクリアしたらしい相方が戻ってきて画面の右上を指さしました。

「え? 広告じゃん。これが何か・・・?」

そこにはよくいろんなサイトに行くと見かける「〇〇国の美女とお友だちになりませんか?」の出会い系の広告がありました。

「大丈夫、だいじょうぶ。そういうのクリックしないから」
「いや、そうじゃなくて」

相方はさらに広告の文章の一行を指で押さえました。

『30〜60才の豪人男性へ』

「これはね、ユーザーが見ているサイト履歴から推測して出る広告なんだよ」

・・・・・。

ちなみにこれは(ほぼ)きむら専用のパソコンですので、一番のユーザーはまぎれもなくきむらであります。

すると、何ですか、きむらは「30〜60才の豪人男性」が見そうなサイトばかり行ってるてぇことですか。

そりゃ、まあ、ユーチューブでは先ほどのようにメカっぽい科学関連の動画やらスポーツのダイジェストやら好プレー珍プレーなどを観ますし、
「胸の谷間かと思った? 残念、これはウチの犬の足です」
とかいった、だまし絵的写真のまとめサイトとかも好きです。

そして反対に、きむらの年齢層の女性が好みそうなファッションや料理や食べあるきに関する情報は「事件が起こった」「食中毒になった」とかいったニュースでもないかぎり、まず読みません。

でも、だからって「30〜60才の豪人男性」と判断されてしまうなんて(溜息)


ですが。
普段の生活を振り返って考えると、実のところきむらは「30〜60才の豪人男性」と話すほうが「きむら年齢層の豪人・日本人女性」と話すより楽に感じていることに気づきました。

だって、ラグビーとかは、それこそ大騒ぎしながら観ますし、
政治・経済の話も好きですし、
下ネタもバッチコイですし、
ファッションやインテリアには全く興味ないですし、
料理はお腹壊さなきゃオッケーなレベルですし。

そしてそのために、過去にどれだけ男女別に話の輪ができたディナーの場で「あ〜、つまんな〜い。早く帰りた〜い」と心の奥で絶叫しつつ、他の女性たちのする家具や食器の話題に興味深そうな顔であいづちを打ってきたことか(涙)

喫煙席・禁煙席のように、最初から「スポーツ、政治経済及び下ネタもオーケーなグループはコチラ」と分けてくれるシステムがあれば、きっとディナーももっと楽しいものになるだろうと思います。

ネットの画面でユーザー自身に性癖を暴露するのでしたら、その技術、ぜひとも実生活のほうで応用してもらいたいものです。


(蛇足)
今回の広告は「30〜60才の豪人男性」と出ましたが、もしさらに若い層を対象にしたサービスが広告を出していたら、間違いなくきむらのパソコンに表示されていたはずです。

だって、サブカルや音楽のほうの知識や好みの傾向は完全に10代とシンクロしてますもん。

最近はきむら子供(上)の友人から「〇〇(サブカルのタイトル名を適当に入れる)はどう思いますか?」なんて意見求められてますし。

10代と親の世代の間を取り持つミディアム的な仕事ってないかな〜。
(↑ かなり真剣)
[PR]

# by kaoru_oishi | 2014-12-07 08:28 | その他もろもろ
2014年 11月 21日
夜の絶叫
どうも。きむらです。
今日は最高気温が34度ありました。
もう、夏と呼んでも誰にも「異議あり!」と言われそうにない天気です。

そして、気温が上がるとどうなるかといいますと・・・・・。

前の日の真夜中のこと。
きむらは例によって小説の続きを書こうとしておりました。
現在書いているのは約1年前から始めた大長編で、パソコンだからいいものの、原稿用紙に直して床に積んだら恐ろしいことになりそうな量です。

それはさておき。

メールチェックやら気になるネット記事を読むなどの前座(?)がすみ、さていよいよ書くぞというときになって、いきなり背後でとんでもない絶叫が。

そうそう、言い忘れてましたが、きむら子供(主に上)はよく「ひとりで勉強するのが怖いから」と、夜、きむらが書き物をしていると部屋に来て居座るのです。
で、そのきむら子供が悲鳴を上げたワケで。

「何よっ!? どうしたのっ!?」
「マミー、クモがクモがクモがクモが!!!!!」(原文英語)

真夜中ということもあり、きむらは何とかきむら子供をなだめて落ち着かせました。

話を聞くと、勉強をしていたらクモが目の前を横切ったとのこと。
豪州おなじみのハンツマン・スパイダー(Huntsman spider)、日本では「アシダカグモ」と呼ばれている大グモです。

「あ、そう」
再び(ま、書き始めてませんでしたが)執筆に取りかかろうとする、きむら。
しかし、きむら子供は放免してくれません。

「クモ、見つけて、取って、殺して、私、ガマンできない〜!!(後は意味不明の叫び)」(これも原文英語)

しかたないので、クモが隠れたとされる部屋の一角に向かって殺虫スプレーをシュー。
そしてしばらくして出てきたところをハエたたきで一発叩いて退治しました。

まあ、正直なところ、きむらはハンツマンがゴキブリを獲る益虫と知ってますので殺したくはなかったのですが、きむら子供の絶叫を考慮し、これが続くとご近所さまに「もしや殺人事件でも?」と思われかねなかったので、やむなくハエたたきを振るいました。

しかし。
その後もきむら子供が「まだ居るんじゃない?」と怖がるので部屋の移動に付き添い、いろいろやっていたら、結局その晩は書く時間がなくなってしまいました。
あ〜あ(溜息)

まあ、そんな感じで臆病者のきむら子供(主に上)のおかげで、きむらは逆にどんどんタフになってきています。
昨夜だって、きむらが大声を出したのは、後ろできむら子供が絶叫したときのみ。
それに続くハンツマン征伐の間は悲鳴どころか一言も言わずにあっさりかたをつけました。

そういや、いつだったか、ハンツマンの卵が孵化したらしく、真夜中に執筆の手を止めて何気なく天井を見たら頭上を無数の赤ちゃんグモが右往左往していたときもありました。
そのときも、まあビックリはしましたが「あ〜、マグカップの中に落ちなきゃ別にイイや〜」と思い、天井に向かってスプレーもせず、そのまま執筆に戻りました。

こちらに来て初めてハンツマンを見たときは「ぎゃ〜、デカい〜〜〜っ!!」と大声を上げたものですが、慣れとは恐ろしいものです。

きむら子供も大人になったら、無言で虫を仕留められるようになるんでしょうか。
そういうところは、ぜひ母(← きむらですね)に似てきてほしいものですね〜♪


(蛇足)
相方も虫は取れますが、なんだか腰が引けてます。
ハンツマンとかは「取った〜!」というので見に行ったら、上に伏せたコップが置いてあったり、とか。

どうやら「殺す」あるいは「外に逃す」といった、その次のアクションに進めないっぽいです。

で、結局、きむらがとどめを刺す、と。

ま、別に男の役目と決まってるものでもないですから、一家にひとりこういうのに強い人がいればいいんです。

ちなみに、きむら子供(下)は最初から「虫、バッチコーイ」タイプなので、将来きむらクリソツになるのは間違いないでしょう(笑)


(蛇足の蛇足)
「きむらブログ」の目玉(であった)「The Delicious Boy」水面下でいろいろとがんばっているところです。

別サイトに投稿することを念頭に置いて、そこのIDも取得しました。

が。

「ペンネームは「きむら」でいいかしらん。あ、でも、もしかして既得されてるかも。あ、どうする。えーと、えーと」

変なところで迷って、結局全然違うペンネーム(ハンドルネーム?)でID登録してしまいました。
たはは(汗)

思えば、このブログにしても「きむら」を連呼していますが、ブログ管理人ネームは「きむら」ではなく「kaoru_oishi」と、主人公の名前で登録していたのでした。
わはは(大汗)

小説再デビュー計画、なんだか水面に浮上する前からおポンチ節が炸裂している気がします(滝汗)
[PR]

# by kaoru_oishi | 2014-11-21 21:14 | その他もろもろ
2014年 11月 10日
ちょっと仕様を変えてみました
どうも。きむらです。

今日、思い立ってブログの仕様をちょっと変えてみました。

・・・・・・。
ええと、普通に見ただけでは何ら変わりありません。
10年前に始めたときとほぼ同じ「新月倶楽部」です。

(逆に言えば、10年休止することなく続いているブログがその間まったく同じデザインのまんまというのも、それはそれでスゴイような気もしますが・・・)

違いは、といいますと。

サイトページの右側にメニューがあって、そこにブログのカテゴリーがズラズラズラっと並んでいるのですが、その中の小説(The Delicious Boyのことです〜♪)の章のところが・・・・・。

第1部以外「ファン限定公開」になったのです〜。

って、それだけ(笑)

いや〜、宣言せずにただ設定を変えておいてもいいのですが、万が一、昔なじみの読者さんが何かの拍子に「あ〜、そういや、ここに小説、あったよな〜」と訪れたときに、それが予告なしに見られなくなってたらイヤかな〜と思いまして。

ただの気のまわしすぎかもしれませんね。
小説目当てに来る人、いないかもしれない、いや、恐らくいないのに(笑)

しかも。
ここだけの話ですが、今「きむらブログ」にファン登録している読者(訪問者)もいません。

では、なぜ、ファンがいないのに記事をファン限定公開にするのか?

それは、まあ、きむらの気持ちの問題だと思うのですが「ファンに公開する」のほうが「非公開」より言葉のニュアンス的に柔らかそうに感じたもので。

「見えない」けど「絶対見えないワケではない」的な。

取り外し可能なモザイクをかけてみた、と考えるのが一番近いかも(わはは)

まあ、これも例の「きむらの野望(笑)」の一環ですので、どうかご了承ください。
野望がついえた暁には、速攻で元の仕様に戻します〜♪

以上、小説閲覧についての最新情報をお届けしました。


(蛇足)
そして、仕様を変える作業をしていて気がつきました。

きむら、小説をアップするときって、オマケのようにいつも何か短いエッセイを投稿部分の冒頭に付けてたんですよね。

たぶん、小説目当てで来たのではない読者さま向けに。

ですので、小説を実質的非公開にしてしまうと、当然その投稿内のエッセイ部分も一緒に読めなくなってしまうのでした。

現在のきむらより過去のきむらへ一言。

なんておポンチなっ(呆)

ま、ですけど、エッセイはまーだまーだあります。

今、総記事数を数えたら全部で605もありましたので、小説関連投稿分を抜いても500以上は余裕で残っているはずです。

今日から毎日読んだとしても1年半は保ちますから「きむらの野望」の結果を待つ間の時間つぶしにはもってこいですね(笑)


(蛇足の蛇足)
これも、まあ、何かこっ恥ずかしくて書きたくないですが、一応、重ねて書いておきます。

「今まで一般公開していた部分も含め、きむらが書いた小説・プロットの無断使用及び転載・転用を禁じます。なお著作権が著しく侵害されたと見なされる場合は日本国の著作権法に基づき法的措置を取る可能性があります」

簡単に言うと「盗っちゃダメよ」という意味です。

ま、最悪の事態が起きないよう前もって警告しているだけですから、こう書いてあるからって、きむらがおっかない人間だと思わなくていいですからねっ(必死)
[PR]

# by kaoru_oishi | 2014-11-10 18:55 | 第2部以降の小説閲覧