<   2014年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2014年 07月 09日
The Decade
どうも。きむらです。

もう、タイトルからしてバレバレですが、今から10年前、2004年7月9日にこのブログ「新月倶楽部」は産声を上げました。

おぎゃあ。

ちょっと、その様子を再現してみました(笑)

しかし、まあ、なんと言いますか。
感慨深いような、そうでないような、複雑な気分です。

これが子供だったりペットだったりしたら、もちろんお祝いをしますし、ケーキの写真でも撮ってアップするかもしれません。

ですが、ブログです。
そこまで祝うようなものでもないような気もします。

まあ、せっかくなので、この10年をダイジェストで振り返ってみようと思い、このブログの記念すべき最初の記事から、パラパラといくつか見てみました。

そして、すぐに挫折。

きむらったら、のっけから「ブログ開設のあいさつ」などなく、いきなりドーンと小説をぶっ込んでいました。

開設した当時から何も考えていなかったのが丸わかりなスタートで、かつ、その後のきむらのブログ運営を予想させる始まりでした。


2004年。
エキサイトブログが一般向けのブログサービスを始めたのが確か2月で、それまではネットで読める記事といえば、企業や団体が運営するページがほとんどに個人運営のホームページがちょとちょぼという割合で、動画はgifぐらいしかなく、当然ながらフェイスブック(日本語版)もツイッターも出回っていませんでした。

今では誰でも気軽にいろんな手段で自分のやっていることをネット上で表現できますが、ブログを始めるというのは、当時はものすごく先端を行く趣味でした。

まあ、バラしてしまうと、きむらは自分から進んで始めたのではなく「友だちに見せたいから」とブログを始めた友人に勧められる形でこの世界に飛び込んだのでした。

俗に言う「道連れ」ってヤツですね(笑)

しかしながら、それぞれの職場や生活環境が変わる間に友人の顔ぶれも交流の仕方も変わり、それに合わせるようにこのブログも、自然と開設当初の「小説を掲載する」目的から外れ、きむら・相方・きむら子供との日常の出来事がメインの話題を多くアップするようになっていきました。そして、そのうちにブログの名前も、きむらが掲載している小説の内容にちなんでつけた「新月倶楽部」でなく「きむらブログ」と呼ばれるようになっていきました。

最初にこのブログを訪れた目的が「小説」や「ギターを中心とした音楽関係の記事」を読むことだった方々は、きっと「あらら?」と思ったのではないかと思います。

でも、それもある日突然!ではなく、10年という月日の間に徐々に起こっていったことです。


それから。
自分のブログを振り返りがてら、昔なじみのブログをいくつか再訪問してみました。

あれですね「あの人は今」的なノリで。
そうしたら。

かなりのブログが閉鎖あるいは更新停止になっていました(ガーン)

これも、まあ、仕方のないことですけどね。

ブログはいわば個人経営のレストランのようなもので、多種多様なお客さん(読者)を迎えます。

ある人はレストランの外装(装丁)に惹かれ、
ある人はレストランのメニュー(テーマ)に惹かれ、
ある人はレストランの料理(記事)に惹かれ、
ある人は料理の価格(無料!)に惹かれ、
ある人はたまたまレストランの前を通りかかり(新着記事ピックアップを見た)、
ある人はものすごく空腹で(活字中毒、読めれば何でもいい)、
ある人はレストランのオーナーに惹かれ(イヤ、これは無いわ〜(笑))
などなど。

そんな感じで、お客さんひとりひとりにそれぞれ違った来る理由があり、それと同じようにレストラン(ブログ)を経営する側にもいろいろな事情があります。

ひととおり経営をし、料理を出したので満足して店を閉める人も、
レストラン経営以外のことに興味が移った人も、
この町のレストランを閉じて他の町でまたレストランを開いた人も、
もう体力的にキツくて隠居した人も、
はたまた経営に行き詰まってしまった人、
などなど。

きむらも10年の間に何度か
「あれ〜、何でブログ、やってるんだろ?」
という気分になったことがあります。

職場や交友関係で生身の人間とうまく行っていないときは、どうしても記事が湿りがちになったり、逆に変に斜に構えたりしましたし、また、家族の体調が悪いときや、きむら子供とケンカしているときは、とても「おポンチモード」の文章は書けませんでした。

それともう一つ大きかったのは。
豪州に住んでだいぶ経つと、もう目新しい話題がなくなってしまいます。
ブログ開設当初は「あれも知らせたい、これも教えなくっちゃ」と、精力的に豪州生活やこちらで起こったニュースについて書いていましたが、イベントの類は1年でほぼ一巡してあとはその繰り返しですし、季節も、南半球で北と正反対であることが1番の目玉で、その他は「夏はすごく暑い〜」「雨の降り方がハンパない〜」ぐらいのものです。

なので。
書いた記事を投稿しようとして、ふと、1年前、あるいは数年前の同時期の記事を見てみたら、ほとんど内容が同じでがく然とするようなことも何度もありました。

そんなときは正直「もう書くことないんじゃないの?」と思いました。

でも、やっぱり閉鎖や更新停止はできませんでした。


ちょうどいい表現になるかは分かりませんが。
最近のきむらは、このブログは無人惑星探査機ボイジャーのようなものだと思うようになっています。

ボイジャーが太陽系の惑星をひととおり通過し、後は原子力電池が続くまでひたすら太陽系外を飛んで行くように、この「きむらブログ」も、豪州をひととおり紹介した後はきむらの気力と体力、そしてポータルサイトの容量が保つかぎり、ただ悠々と電子の海を漂っていくんじゃないかな、と。

そんなですから、10年前と比べると更新頻度も下がっていますし、特ダネ的なスクープもありませんが、まあ、無理をせずに続けられるところまで続けてみようじゃないかと思う、今日このごろです。

……。

おおおっ!
久々に短時間一気書きで、かなりの長文ができました!
……ちゃんと所要時間を記録しておけばよかった(チェッ)


(蛇足)
小説については別記事で書く予定です〜。
[PR]

by kaoru_oishi | 2014-07-09 07:00 | その他もろもろ