<   2014年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2014年 03月 30日
気まずい瞬間
どうもきむらです。

ある日のこと。
きむらは食料品の買い出しを終え、エコバッグを肩に家路に向かっていました。

すると前方に1組の男女が。
散歩中の熟年カップルといったところです。

きむら、歩く方向が一緒だったので、3メートルほど後ろを歩いていました。
スーパーから家までそんなに遠くないので、あっという間にきむら家が見えてきました。

結構買ったので、バッグが重く感じられ、自然と歩く速度が早くなります。

気がつくとカップルのすぐ後ろについていました。
そしたら二人の会話が聞こえてきます。
どうやら散歩がてら道沿いにある家の品定めをしているようです。

ここのところシドニーは不動産の値段がものすごい勢いで上がっていますので、家を見たらこういう会話が始まるのはごく普通のことだと思います。

男  「あの家なんか、どう?」

そう言って、彼は指差しました。
その先にあるのは、まごうことなき「きむら家」。
つまり「あの家(=きむら家)買いたいと思う?」と連れの女性に聞いたのです。

きむら、売る気はありませんが、内心ドキッ。
さて、女性の返事やいかに?

そうしたら。

女  「え〜(すごく嫌そうなトーン)
    古いし、ツタからまってるし、何か暗くてヤダわ〜」

ガーン。

まあ、女性の言うとおりなんですが、やっぱりストレートに言われるとショックではあります。

きむら、落ち込みつつも、音を立てて前の二人に気づかれないように、そ〜っとフェンスの戸を開けました。

すると、悪いタイミングで振り向く男性。
家の敷地にまさに入ろうとしているきむらと目が合ってしまいました。

男  『(スンマセン、連れが失礼なこと言っちゃって)』

きむら『(いえいえ〜、お気になさらず。ホントのことですし〜(汗))』

こんな感じに一瞬の表情で語り合い、一方、きむらに気づかなかった女性は前を向いたままで言いたい放題言いながら坂を下りて行きました。

教訓その1: ヨソの家についてコメントするときは、その家の人が周囲にい
       ないかしっかり確認してからにしましょう。

教訓その2: 家をもうちょっとキレイにしましょう。


(蛇足)
もともとは別の記事を書いていましたが、それが思ったより長くなって終わらなかったので、蛇足部分を本文に差し替えました。
その元記事のほうは、ネタが古くならないうちにアップしようと思います。
[PR]

by kaoru_oishi | 2014-03-30 23:00 | その他もろもろ