<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2013年 07月 19日
オーストラリアをなめてもらっちゃ困る(笑)
どうも。きむらです。
シドニーはここ2日ほど最高気温が23度まで上がり、ちょっと春っぽい感じです。
ま、でも、天気予報ではまた寒くなると言ってますが(がっくり)

話変わって。
春(日本の)ごろにネットに「京都アニメーションの水泳男子のCMがヤバい」という話題が上がりましたが、何となく気になっているうちに、誰か(多分外国のかた)が「水泳男子のアニメを作って」と嘆願書運動を始め、あれよあれよという間に目標数の嘆願書が
集まり、そのすぐ後に、あたかも嘆願書運動に応えるかのようなタイミングで「夏アニメとして放送決定」となりました。

きむらは嘆願書は出さなかったものの、運動サイトを覗いて出した人々の国籍の多彩さに度肝を抜かれておりました。ちゃんと統計は取っていなかったのですが、確か30カ国はあったのではないかと記憶してます。地域ではアフリカもカバーしてましたし、イスラム系の国からのエントリーもありましたので、
「アニメ、すげー」
と、独りで胸を熱くしながら、英文の嘆願書のメッセージに目を通しておりました。

そして、今月になっていよいよ放送が始まりました。

現在のところ、国内放送だけだと思うのですが、やはり世界中で観る人は観ているようで、番組用のフォーラムのスレッドが立ち、キャラクターだの設定だのについて熱く語られています。そして中には Fan Dub(ファンがそれぞれの言語で吹き替えたもの)まで YouTube に上がっていて、そのクオリティがかなり高くてビックリします。
(きむらのおススメは英語による第1話の2分程度の吹き替え。特に「渚」の声をあてた人が声質も喋り方もそっくりで、英語版を作るならこの人にやってもらえばいいんじゃないかと思ったくらいです)

が、しかし。
ストーリーが進み、
「主要キャラの一人が水泳留学でオーストラリアに行っていた」
という事実が明るみに出たところで、
「おい、ちょっと待てーっ!」
と、手を上げたくなりました。

(正直な話「水泳男子のアニメ」と聞いて、
「国際大会のエピソードとかあって、そこにイアン・ソープやマイケル・フェルプスのそっくりさんが出て来たりするんでないの?」
なんて、ちょっぴり期待はしてました(笑))

ええと、シドニー在住ン十年の経験から言わせてもらいますと、

  1.子供単独の留学はかーなーり難しいと思う
  高校生ぐらいからならOKなようですが、果たして中学1年から一人で留学が可能か
  どうか。
  きむら子供のクラスメートでアジアの国から「将来のために」と、小学校の低学年か
  ら来ている子供がいましたが、その場合は親自身が留学生となって学生ビザを取り、
  子供を同伴者として連れて来ていました。そして別の中学生の子の場合は、こちらで
  身元保証人を立てていたようですが、普通の学校に通い、放課後や空いている時間に
  その「留学目的の活動」をしていたようです。
  つまり「行き当たりばったりにホームステイでもしながら水泳を専門に学ぶ」という
  のはほとんど無理だということです。しかも、留学生は自国の学生より多く学費を払
  わなければなりませんので、あの設定なら「凛くんの家は超お金持ち!」でなければ
  ならない、と。
  ま、バーバリーっぽいマフラー巻いたりしてましたし、そうかもしれませんが。

  2.こっちはプールがない学校が多い!
  これを知ったら日本の人はたいがい驚くだろうと思います。ですが事実なのです。
  学費が高い私立の学校はともかくとして、シドニーの、きむらが住んでいる辺りの公
  立の学校は、当たり前に「プールなし」です。
  では、どこで泳ぐかというと、公営のプールを数レーン分借りたり、どう話をつけて
  いるかは知りませんが、私立の学校のプールを使わせてもらったりしています。
  しかし、それでも夏場のピークなどはかち合ってなかなか使えない場合もあります。
  そんなときはどうするか。
  何と、海で水泳の授業をします。
  それも、ボンダイとかいった監視員がいるような立派なビーチでなく、本当に「その
  辺の海」で。
  きむら子供などは、よほど運が悪かったのか、1学期分まるまる「海で水泳の授業」
  なんてこともありました。
  そんなですから、もし「凛」がシドニーの公立学校に留学していたら「公営プールで
  ローカルのお年寄り相手に白熱の競泳」とか「その辺の海で練習して、海パンが砂だ
  らけになり、何かゴミを踏んづけて足の裏を負傷」なんてことになっていたでしょ
  う。
  ・・・ああ、そのせいで性格がゆがんでしまったという設定か(汗)

  3.スポーツエリートはキャンベラを目指す
  一般にオーストラリア人はフィジカルが優れていると言われていますが、さすがにそ
  れだけでは各種大会で活躍出来ません。
  オーストラリアの首都キャンベラにそういったスポーツに秀でた人たちを集め育成す
  る Australian Institute of Sport という機関があり、水泳は1981年の設立当初から
  の主要スポーツの1つです。
  なので、本当に才能があり、真剣に将来オリンピック出場を目指している人は早い時
  期からキャンベラに移り住んで AIS 入りに備える、なんてこともあります。
  以前、ロシアの水泳選手が AIS でトレーニングをしているニュースを見たことがある
  ので、豪国人以外が施設を利用することはできるのだろうと思いますが、果たして
  「凛」ぐらいのレベルの中学生が受け入れられるかどうかは分かりません。AIS です
  と恐らく国家間の取り決めが必要でしょうから、これは普通の留学より更に難易度が
  高いのは間違いないですね。

まあ、古くは「エースをねらえ!」のころからオーストラリアはスポーツの国として出て来ますが、どうせ名前を出すなら、しっかりリアルに描いてほしいです。

例えばこんな感じで。
「主人公七瀬遙のライバル松岡凛は、小学校卒業後、家族と一緒に豪州に移住した。しかし遙たちには「将来オリンピックに出る」とブっこいたものの、編入したシドニーの公立学校にはプールがなく、水泳の授業といえば公営プールの隅っこで缶詰の中のイワシ状になって泳ぐか、その辺の海に浸って海パンを砂でジャリジャリにするぐらい。そのため凛は次第にホームシック、特に遥への想いをつのらせ、ついには両親を豪州に残して妹と二人で日本に戻って来てしまった(そして自分は高校で寮生活、妹は祖父母と同居)」
みたいな?

これなら、現地の人も納得出来るいかにもなストーリーになると思います。
「留学」という言葉に付いてくるロマンの香りは片鱗もなくなっちゃいますが(笑)


(蛇足)
きむらが小学生のころ行っていたプールは、日本なのになぜか長さがメートルではなくヤードで表示されていました。
ですから、いつも泳ぎながら
「えっと、何メートル泳いだんだっけ?」
と換算しなければならなくて大変でした。
何も考えず、ただ泳いでいればよかったんでしょうけど、小学生というのは「こんだけ泳いだ」を自慢したい年頃真っ盛りなので、足がつったり半ば溺れかけながらでも換算しちゃうんですよね。
泳ぐと疲れるから頭は回転しなくなる上に、もともと計算は弱いし、いつも最後に水から出るころには頭も体も極限まで来て、でろんでろんの状態でした。
ですが。
そんなになっても、翌日、また行くんですよね、プールに(笑)


(蛇足の蛇足)2013年7月19日(金)
今回の記事を書くにあたり「そういや、どんないきさつでオーストラリアが出て来たんだっけか?」と「エースをねらえ!」についてちょっと検索してみました。

そこで初めて知った驚愕の事実。

ちょっと。
「主人公岡ひろみをスパルタ指導(今の時代だったら刑事問題になってたかもレベル)しつつ、恋愛感情がほにゃらかほにゃらなってきたところで悲劇に襲われた」コーチの宗方仁というキャラクターがいるのですが、

27歳でした。

あんだけエラそうにしてたのに、
そんなに若造だったのかよ〜〜〜〜〜っ!!

「ベルばらでオスカルが恋人と初めて結ばれたと思われる年齢」を計算して出したときとは逆ベクトルのショックです〜。
[PR]

by kaoru_oishi | 2013-07-19 00:41 | クールジャパン
2013年 07月 14日
旧世界より
どうも。きむらです。
「進撃の巨人」のオープニング曲とエンディング曲、変わったんですね〜。

オープニング曲のアニメは、しょぱなに広々とした大地がドーンと出て来たせいだと思うのですが、何故か観ていて「戦国BASARA」の第2期のオープニングを思い出しました。
あれも第1期のオープニング(曲名はアレですが、きむらは好きでした♪)のインパクトが強かった分、どうしても前作と比べられる感じになっていたように思います。

そして、エンディングの方はクルミが転がるアニメーションから始まっていて「転がる」からの連想で、すぐに初音ミクの「ローリンガール」が頭に浮かびました。
(厳密には、ニコ動にあった「ローリンガール」の「進撃キャラバージョン」のトレスですが、イントロのパートとか、何かそれっぽくないっすか?(笑))

ええと、ここまでは一般的な感想でした。

次はちょっとアニメそのものではないのですが。
第14話のタイトル「まだ目を見れない」
そして、エンディングの歌詞を聴いて、
「あらら」と思いました。

「ら抜き言葉」って、ここまで浸透してたんですね。

きむらは自称、
「見た目はBBA、頭脳は幼児」
で、普段の言動もその通りなのですが、言葉、特に膠着語のパーツやおくりがなが、なし崩し的に変化していることに対しては年齢相応に反応してしまいます。

言葉で言えば「イケメン」のほうが、語源的にも軽薄ですし音的にもアホっぽく聞こえるのですが、そちらのほうはそれほど気にならないことを考えると、きむらはどうやら「ら抜き言葉」が定着することによって日本語の文法自体が変わってしまうことに危惧を感じているようです。

ぶっちゃけ、以前は敬語と並んで「ら抜き言葉」の有無は相手の育ちや経験を知るための指標だったのですが、これだけ一般化してしまうと、もう指標としては用を成さなくなっちゃいますからね〜。

駆逐する側がいつの間にか駆逐される側になっていたってことか。
ふっ(笑)
[PR]

by kaoru_oishi | 2013-07-14 21:58 | クールジャパン
2013年 07月 07日
ベリックを食ったのは巨人じゃない、ライオンだ〜(泣)
(注:スポーツ関連の、しかも局地的話題、なお悪いことにスコアのメモを見ながらの推敲なし適当な書き起こしですから、読んでも面白くない可能性大です)

どうも。きむらです。
先々週、先週、今週と、3週に渡ってTVにクギづけでありました。
ワラビーズの試合が豪州でありましたので〜♪

が、しかーし。
今回の相手はオールブラックスでもスプリングボクスでもなく、ライオンズです。

きむら「あ、あれか。何だか現役引退した名プレーヤーの集まりだよね「ロックの殿
    堂」のラグビー版、みたいな?」
相方 「ちがう。あれはバーバリアンズ(The Barbarians)」

何だかひどく勘違いしていたようです。

検索して確かめましたが、ライオンズは正式名が The British & Irish Lions、全英&アイルランドから選抜されたプレーヤーのチームだそうです。
チームのユニフォームは赤のシャツに白のパンツ、胸には英国連合の三か国とアイルランドの4つの紋章を組み合わせたエンブレムが付いてまして、かっこよかったりします。
(チームのブレザーも紺色にそのエンブレムで、私立の坊ちゃん学校のようでオサレなのです)
で、そのチームが海外遠征試合でオーストラリアまで来た、というワケです。

ちなみに前回オーストラリアで試合をしたのは2001年で、そのときは3試合して2−1でワラビーズが勝ったそうです。
あのころのワラビーズは最強でしたからねぇ〜。

きむら、ワラビーズの他はオールブラックスとスプリングボクスしか知りませんので(アルゼンチンも去年から対戦相手になりましたが、予備知識がなかったことと、観た試合の印象がかならずしもよくなかったので、選手までは覚えてません。すいません)ニワカの力をフル活用して判断しました(笑)

ユニフォーム的にはライオンズが一歩リードといったところでしょうか。ハイテク化がすすみ、ワラビーズを含め何だかラグビーっぽくない謎スポーツ調ユニになっている国が多い中、頑なに襟付きシャツ(でも襟がはためいてないから、そう見えるデザインかも?)を着ているところに好感が持てます。

そして、きむらの得意な顔面偏差値チェック。
おおっと、これはどうしたことでしょう、試合が始まる以前にライオンズの圧勝です。
もちろんライオンズにも髪型がアレな人や、顔よりも何よりもプレー優先な選手も。
ですが、全体的にならした平均値がワラビーズを上回るだけでなく、ひとり飛び抜けた選手がいて、そのおかげで何となく「イケメン集団」に見えてしまいます。

その人とは、リー・ハーフペニー(Leigh Halfpenny)。ライオンズでは15番を付け、キック要員をやっています。
そして、キックの精度がすんばらしくいいだけでなく、顔が、もう。

きむら「あの、あれに似てる。何だっけ、そうそう、俳優のジュード・ロウが巻き毛にし
    てるときにクリソツだわ!!」

いや〜、ウソだと思ったら画像を検索してみてください。ググって出て来るのは少し前の少年っぽい感じのが多いようですが、最近の画像、特に動いているのはもっと顔の肉が落ちてイケメン度が増しています。
体も、今どき流行りの「腹筋バッキバキ」ですし、いろんな意味で今後更に知名度が上がるであろうと予想しておきます。

かたやワラビーズはというと。
クエイド・クーパーいなーい、ポコックいなーい、サモいなーい、ファインガー兄弟も1人しかいなーい、ドゥルー・ミッチェルいなーい、ネイサン・シャープは引退しちゃったー、マット・ギトー(ギタウ)は今いずこ?
という感じで、なーんだかスカスカです。
そして顔面偏差値アップ要員兼スタープレーヤーのジェームズ・オコナーとベリック・バーンズは出てはいましたが、どうも精彩を欠いています。
なので、きむらはベテランで顔面偏差値も高めのスティーブン・ムーア、アダム・アシュリー=クーパー、そしていつも堅実プレイのウィル・ゲニアを応援することにしました。

ところが。
「連合チームだろうと、これからトライネーションズ、いやちがった、ラグビーチャンピオンシップに臨むワラビーズが本戦前に粉砕してくれるわ、わはははは」
というノリで試合を観ていたのですが、

第1戦目 ライオンズ 23 - 21 ワラビーズ
第2戦目 ライオンズ 15 - 16 ワラビーズ

かなり苦戦している、というか、押しまくられっぱなしです。
しかも1戦目からケガ人続出で、何と頼みのベリック・バーンズが早々に出られなくなってしまいました。これは痛いです。
(あと、最後の最後、これが入れば逆転というところでカートリー・ビールがPKを外してくれました。2度も。しかも、79分のキックはすっころんで終わり、という・・・)

そうやって、何か冴えないワラビーズですが、ライオンズは容赦なく襲いかかります。
いや〜、やっぱラグビー発祥の国だからでしょうか、ライオンズの戦い方はバランスがいいというか、特にスクラムとモール、ラックのような「押し合い」では完全にワラビーズを圧倒していました。こうして観てみると、いつもオールブラックスやスプリングボクスとは違う戦い方をしているんだなと改めて感じます。

そして最終戦。
何と、ワラビーズはジョージ・スミスの4年ぶり、しかも1戦のみの復帰を発表しました。ジョージ・スミス好きだから戻ってくるのはうれしいですが、それって「昔の選手を呼び戻さなければならないほどヤバい」ということでしょうか(汗)
複雑な気持ちを抱えながら観戦しました。

きむら「う、やっぱり(涙)」

今までの接戦が何だったんだというくらいライオンズに押しまくられっぱなしです。
後半開始早々のクリスチャン・リーリイファノ(Christian Leali'ifano, きむらのカタカナ書きは間違ってるかも)のPKが連続で決まって 19 -16 まで追いついたときには「もしかして劇的な逆転勝利?」なんて期待したのですが、そこからがもう、トライは3回入るわ(特にセクストンという選手には10分に2度もトライを許してしまったんですよ〜)ハーフペニーのコンバージョンキックは入るわで、なし崩しに点を取られてしまい、気づいたら、

41 - 16 という対ライオンズ戦の記録を塗り替えるスコアで負けてしまいました〜。

もう最後のほうは、両チームとも経験値アップと思い出作りに新人を大量投入していましたし何やら「テストマッチのテストマッチ」と化していました。
華麗なる復活を遂げたジョージ・スミスも何だかんだで3度もインアウトを繰り返していましたし、肩のケガをおして出場していたアシュリー=クーパーは善戦するも得点にはつながらず、ゲニアは試合開始の最初のボールを取り損ねてノックオンをかますし、ビールは例によってチャンスをピンチに変える働き(?)を見せてくれました(溜息)

よかったのは、今期から入ったイスラエル・フォラウ(Israel Folau)が最初の2戦で活躍したことと、リーリイファノのキックの精度が高いこと、あとそれから、引退した元・キャプテンのスターリング・モートロック(Stirling Mortlock)がフィールドコメンテーターをしているところが観られたことでしょうか。顔なじみの選手がだんだんいなくなるのは寂しいですが、その分、新人が育って来ているのだといい意味で取ることにします。

あと。
スタジオを見るに、あれだけライオンズファンが来たということは、オーストラリアにかなりの経済効果をもたらしたのではと思います。
日本でW杯を開催するときにも、あんな風に海外からの観客がたくさん来てくれたらいいなと思います。
[PR]

by kaoru_oishi | 2013-07-07 01:51 | It's Sporting Life