<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2012年 10月 21日
【ラグビー】シャープ最後の試合/ハリスの疾風【豪vsNZ戦】
どうも。きむらです。
昨夜ブレデスロー・カップの最終戦がクイーンズランドでありました。
ワラビーズの巨人ネイサン・シャープがワラビーズの一員としてホームで戦うのはこれが最後。
そのせいでしょうか、国歌斉唱のときのチームメンバーの顔もどことなく悲しそうに見えます。

悲しいといえば。
前回対アルゼンチン戦について書いたときもそうだったんですが、現在のワラビーズ、
ケガ人続出でスターティングメンバーがほとんどいない状態。
きむら的には、お気に入りのサモちゃんも仏像のような横顔が美しい双子のファインガー兄弟も出ていないので、寂しかったです。
(まあ、アダム・アシュリー=クーパーが出てたのはうれしかったですが)
「シャーピーの最後の花道を飾る試合でこのラインナップでは・・・勝てない」
たぶん観ていた人ほとんどがそう思ったのではないでしょうか。
(きむらもそう思いました)
「勝てないならば、せめて点差があまり開かないことを」
いつもなら(なぜかあまり上手な歌い手が出てこないため)突っ込みまくる両国の国歌斉唱も珍しくしんみりと聴いてしまいました。

しかし、奇蹟は起こりました。
試合はいざ始まってみるとトライ連発かと思いきやペナルティキックが炸裂。開始3分で最初のペナルティキックを決めたのは豪のハリス(Mike Harris)。以降はひたすらペナルティキックでその精度が試合の流れを決めました。

キック要員は、オールブラックスがイケメン(?)ダン・カーター、対するワラビーズは上記のハリスとビール(Kurtley Beal)。ハリスは短中距離、ビールは長距離と使い分けていたようで、特にハリスの精度のよさが光ってました。
つい最近までキックといえばマット・ギトー(Matt Giteau)あるいはベレク・バーンズ(Berrick Barnes)と決まっていましたが、いつの間にか立派な後継がいたんですね。
今年はとにかくケガ人が多くてそれが勝敗にもかなり影を落としてしまいましたが、次の世代が経験を積む機会になったのはよかったと思います。

(かたや、無敵のオールブラックスは強いながらもそろそろ高齢化が進んできたような気がします。リッチー・マコウ(RIchie McCaw)ダン・カーター、マー・ノヌ(Ma'a Nonu)あたりが弱ってきたら無敗も続かなくなるのではないかと、きむら的には予測しています)

結果的には豪が初点を取ったものの、すぐにNZが巻き返し、ペナルティキックは入っても両者ともどうにもこうにもトライが決まらないという、じりじりと尻を火であぶられるような試合が続き、両チーム18点で同点のまま延長に突入し、ダン・カーターがドロップキック(フィールドからのキック)を放ち、全豪人+きむらが
「2003年ワールドカップ決勝対イングランド戦の悪夢キター!(悲鳴)」
となりましたが、幸いボールが逸れてゴールに入らず、試合終了。
シャープの実質上のワラビーズ引退試合を勝ちで飾ることはできませんでしたが、オールブラックスの連勝を止められたのは痛快でした。

今回は、もう、観るだけで何カロリー消費したかってくらいの手に汗握る試合で、終わったらどっと疲れました。
ですけど。
美しく華麗なトライが決まる試合もいいですが、こういうひたすら肉の壁を築き上げるライン際の攻防戦もいいですねっ♪


(蛇足)
今回は「勝ち負けで優勝が決まる云々」の試合でなかったのと、お気に入りの選手がほとんど出ず「無理に顔を鑑賞する」必要がなかったので、いつもより動きを観ていたような。

それで気がついたんですけど、
こういう格闘技に近いスポーツでも結構「てヘ♪ペロ」しているお茶目なシーンがあるんですよね。

前半でNZの選手が、仲間の選手がトライを仕損なって明らかに無効になった球を拾って「トラ〜イ♪」とやり、それを見た審判に「キミ、何やってんの?」と言われて「てヘ♪」とやっているところとか、

後半でまたもやNZの選手がラインの外を踏んでアウトになっているのに華麗に「トラ〜イ!」を決めたところを審判に「ハイ、ノートライね」と言われ「あ、バレちゃった〜♪(・ω<)」と舌を出していたのにはウケました。

それから。
キャプテンの割に汚いプレイを平然とかますマコウにキレたワラビーズが、マコウがロールアウェイ(ボールを持っている側が肉の壁を築いたときは、その下敷きになっている相手選手はそこから転がって出るか「動けないから出られません」というお手上げジェスチャーをして無抵抗になるかしなきゃいけないというルール)をサボって出られる状態なのに居残り続けたときに、
「あ、足、滑っちゃった♪」
という動作でワザとゲシゲシ踏んづけていました。
これが並の人間なら下手すりゃ大ケガな状況ですが、超人類クラスのラグビー選手にとっては、これもお茶目な「てヘ♪ペロ」の範囲内だったようです(笑)


(蛇足の蛇足)
今回の試合にものすごく久しぶりにドゥルー・ミッチェル(Drew Mitchell、67分)が後半から出ました。
わずか十数分の活躍でしたが、きむら、大歓喜。

だって、今年はあんまり出番がなかったですし、
何より本当に久々にアダム・アシュリー=クーパーとの「ツーショット」が見られましたからっ。

このふたり、ワラビーズのデビューも同じ年ですし、
同い年で、何と誕生日が一日違い!
アダムが黒髪で、ドゥルーが金髪。
公式サイトの写真を見るとふたりともいかにもラグビーなゴツい感じですが、デビュー当時は初々しい少年という感じで、それはもう、
背景に花を描いてしまいそうなくらい美しゅうございましたっ(ぽぉぉぉ〜)

・・・・・。
まあ、きむらだけだろうとは思うんですけど。
このふたりで勝手に「BL的妄想」して萌え上がっているようなのは(恥)
[PR]

by kaoru_oishi | 2012-10-21 12:55 | It's Sporting Life
2012年 10月 20日
【パロディ】「日本はまだまだ大丈夫」と思うのだ【やってみた】
 日本のマンガってすごいと思う。ほんの20年前にシドニーの本屋で日本のマンガを売る店はほとんど無かったが、今では当たり前になった。
ジャンルは人気のバトル系少年マンガからオチのきいたほのぼの四コママンガまでさまざま。キャラクターも強い美少女や弱いイケメン、ヘタレなオタクと多様で、その組み合わせは無限だ。

 元々、鳥獣戯画や浮世絵など、日本では略画の芸術は充実していた。受け入れる土壌があったところに各漫画家が個性を競い合い、 急激に広まったのだ。
長所は他国に比べ表現があまり規制されないこと。エログロでも種類が豊富なため、汁気の具合を読者が調整できるのもいい。血圧がやや高めな私は、刺激を控えるため、 直球ストレートなエロにはどっぷりとはハマらない。

 それにしても短い期間によくこれだけ発展したものだ。新しい同人作家を生み出すコミケにも、それを受け入れる消費者にも驚かされる。
いつぞやは、女の子のパンツが鳥のように群れをなして飛ぶエンディングなるものを流すアニメがあり、さすがにやり過ぎだろうと思ったが、ユーチューブの評価は割とイケてた。

 日本のマンガを読むと、この国の人々の工夫する力と適応力に改めて感心する。
最近、近隣諸国の追い上げで元気の無さが目立つが、本屋で見かける度に「日本はまだまだ大丈夫」と思うのだ。【きむら】


(蛇足)
どうも。きむらです。
先日ネットでニュースを見ていたら「毎日新聞の記者のエッセイがアレだ」という記事を見つけたので、さっそく読んでみました。

面白いですね、これ。
「テーマ」を決め「「日本はまだまだ大丈夫」と思うのだ」を締めに持ってくれば、どんな話題にでも応用できるテンプレになりそうです(笑)

ちなみに「そらのおとしもの」は1話だけ観たことがあったようななかったような。
ウィキペディアのストーリーを読むと面白そうではあるんですが、どうやら、きむらは「巨乳もの」が苦手っぽいみたいです(笑)
[PR]

by kaoru_oishi | 2012-10-20 15:56 | クールジャパン
2012年 10月 10日
これ、絶対勘違いされてると思う
どうも。きむらです。
ちょっと取り急ぎ書いてますので誤字脱字があるかもしれませんが、どうかご容赦くださいませ。

きむら子供の部屋を掃除していたら最新号の DOLLY maganzine(ティーンエイジャー向けの雑誌)があったのでパラパラめくっていたのですが、その中に袋とじセクションがありました。
そして。
「親だから+好奇心+袋とじに心惹かれる」
上記理由でもちろん検閲しました。
袋とじの記事の内容の大半は、きむら年齢なら「あ〜青いね〜♪」と鼻で笑っちゃうレベルだったのでひと安心だったのですが、ページの端っこに小さく載っていた参考資料の表を見てドキッとなりました。

そこに書いてあったのは Age of Consent、つまり「本人の同意があれば一線を越えて次のレベルに進むことが可能である年齢」だったのですが。

日本は13歳と書いてありました。

・・・・・え?(汗)

「これ間違い、絶対に間違ってる!」
そう思って、すぐさま雑誌の出版社に抗議の電話をしようと思いましたが、一応確認のためネットで周辺情報を調べてみることにしました。

え。
・・・・・うそ・・・(滝汗)
日本の刑法176条によると「男女ともに13歳」なのだそうです。

しかしながら、民法上の婚姻可能年齢が男子18歳女子16歳とあるので「13歳で可能という認識を持つ者は少ない」とウィキペディアには説明してありました。

が、しかーし。
同時に英語のキーワードで検索してみると、フォーラムなどで「日本は13歳からだってよ!」みたいに語られているのですよ。
こ〜れ〜は〜(脂汗)
日本人同士では「民法に従おうね」と暗黙の了解があっても、そのことをもっとはっきり対外的にアピールしておかないといろいろマズいんじゃないかと心配になりました。

ちなみにきむらは「性的同意年齢」という項目を参照したのですが、それによると日本の周辺地域は韓国が13、北朝鮮が15、台湾が16、中国が14、そして香港が16歳と書いてありました。
意外なところで違いがあんだなあと思いました。
(豪州は・・・雑誌には「16歳」と書いてありましたが、検索すると「州によって異なる」でした。はっきりした答えが出ず、すっきりしない気分です)

雑誌ではトリビアのように軽く扱われていましたが、こういうことの積み重ねで将来豪人さんたちが勘違いしたまま日本に行くようなことがあっては困るので、今後はもしこの話題が出たら、きむらはきっちり訂正していこうと思います。

どんなときにこの話題が出るかは分かりませんが〜。


(蛇足)
「性的同意年齢」の項目には参照として世界地図に年齢の分布が描かれていましたが、それによると、

最高齢は21歳(おおおおおお〜!)

「一体どこなんだ、そのホーリーな国は!」
そう思って目を皿のようにして見ましたが、

・・・・・。
地図が小さすぎて分かりませんでした。

キーワードで検索すると「香港は21歳だった」「法改正される前の英国は21だった」といった記述が散見されますが、決定打が見つかりません。

いろいろな記事を総合した結果、おそらく
カメルーンではないかという判断に達しました。

21歳まで、堪え難きを堪え、忍び難きを忍び、
精神力を神の領域まで高めるんですね、カメルーン。
えらい!
だからサッカーが強かったりするのかなぁ。


(蛇足の蛇足)
しかし。
この「性的同意年齢」何だか現実味ないですね。
単語と数字がひとり歩きしているようで。

実際は、
13歳どころか、
日本はさんやら子さんたちであふれかえってるじゃないですか!

「性的同意年齢」を世界分布図で表すなら、同時に
「魔法使い平均年齢分布図」*も公開しないといけないと思います。

それなら、日本はきっと最高齢のツートップじゃないでしょうか。
バチカン市国と。


(* 今さら説明する必要もないでしょうが
さん&子さんが30歳を迎えると魔法が使えるようになる」からです)
[PR]

by kaoru_oishi | 2012-10-10 15:19 | クールジャパン
2012年 10月 08日
【ラグビー】憤怒の対アルゼンチン戦【アウェイ】
どうも。きむらです。
えーっと、何でしたっけ?
「スカトロ・エッチ・ラグビー・・・」
もとい!
「カストロル・エッジ・ラグビー・チャンピオンシップ」
の豪州×アルゼンチン戦を観ました。
TVで。

アルゼンチンがホームの場合は、放送時間が早くて朝10時からでした。
こちらシドニーはこの日曜からちょうど夏時間が始まったところで、例によってきむら家の時計は部屋によって指している時間が違っており、早起きの相方が叩き起こしてくれなかったらあぶなく寝過ごすところでした。

チャンピオンシップ自体はもうニュージーランドのオールブラックスが全戦全勝でぶっちぎりの優勝を飾り、今回の豪ア戦は完全な消化試合でした。

でした・・・が。
消化試合というよりは、限りなくスカト・・・むにゃむにゃ、というべきものでした。
なぜかというと。

第一に(アルゼンチンの選手はよく知らないのでコメントできませんが)ワラビーズの選手が知らない人ばっかりでした。

「え〜っ? クーパー、バーンズ、ムーア、ギニア、アシュリー=クーパー、ポコック、ミッチェル、オコナー、ファインガー兄弟が出てない? じゃあ、一体、誰が出てるってのっ?」

顔ぶれを見て分かったのは、シャープ(あの巨体を見ると何かホッとする)、サモ(きゃ♪)、ビール(過去の試合でヘマが続いたからなぁ)イオアニ(放送だとヨラニと聞こえるけど発音はこれでいいんかいの?)とアレキサンダーのみ。
きっとアルゼンチンのサポーターは
「消化試合だと思って控えばっか出しやがって!」
と激怒したのではないかと思いますが、今年のワラビーズは本当にほんとうにケガ人続出で、コマーシャルに出ているような看板選手が軒並みダウンしちゃったんですよね。
まあ、だからこのチャンピオンシップも冴えない結果になってしまったんですけど。

第二は、アルゼンチンの選手が、う〜ん、もしかしたらレフェリー(南アの人でした)の言葉があまり分かってなかったのかもしれないけど・・・進行慣れしてないというか、な〜んかちょっと空気読めてない感じがしました。
例を挙げると、団子状でもみ合ってる状態(モールやラックって言うんですか?)のときに横から入り込んではいけないんですが、アルゼンチンの選手はレフェリーが何度言ってもそれを続けてました(ま、結果としてそれで1人イエローカード喰らってましたが)

何だかレフェリーが駅員、アルゼンチンの選手が乗客で
「ちゃんと列に並んでください。横入りダメですからね。ちょっ、横から入らないでって言ったでしょ。ダメですから! ダメ! おい、聞いてるのか、コラ!(イエローカード出す)」
みたいに見えました。

まさか、南アメリカは独自のルールがある、なんてことはないですよね?(汗)
見ていて心配になりました。

そして第三。これが一番ヒドかった。
何と。
豪州のキックのときに観客が選手の目を狙ってポインターを照射してたんですよ!
これは選手の安全を考えても絶対に許されない行為ですっ!
前半でハリスが狙われ、てっきりハーフタイムの間に排除したかと思ったら後半でもビールのキックのときにまた照射があったので、警備の質自体も信頼できませんでした。
(今回の試合会場は観客とグラウンドを分けるフェンスが高く増設されていたりしたので「え〜、もしかして、観客が物投げたりするからなのぉ?(怖)」なんて思ったのですが)

きむらが覚えているかぎりで、ラグビーの試合で観客がポインターで妨害したことはないように思います。
だからこそ余計にショックでした。
今年から初めて参加で、しかもいろんな面で有利なはずのホーム戦ではるばる遠方から来たチームにそんなことしちゃうのか、と。
アルゼンチンには何の偏見もありませんが、もし来年までにこういう点が改善されないなら、もうこのスカトロ・エッチ何とかは止めて元のトライネーションズに戻しちゃってもいいんじゃないかな、と思うくらい腹が立ちました。
アルゼンチンチームは1番のロドリゴ・ロンセロ選手がこの試合で引退だとか何とかだそうでしたが、何か最後の花道がこれではかわいそうな気もしました。
(というか、これを書くにあたって選手名鑑を参照したんですが・・・35歳っ? てっきり40は軽く超えてるのかと。きむら子供なんて「50ぐらいだよね、あのオッサン」なんて言ってました。ロンセロ選手、ごめんなさいね〜)

試合は25-19でワラビーズが勝ちましたが、観ていてあんまり爽快感がない試合でした。
夏時間最初の日で1時間が消滅した分疲れているのだろう。
そう思うことにします。


(蛇足)
あ、ひとつ笑える(?)ことがありました。

ワラビーズ側で後半73分に交替で入ったブレット・シーハン。
ユニオンの中堅らしいですが、ナショナルチームでプレイするのはこれが初めてだとか。

が、しかーし。
入って1分後の74分になぜかイエローカードを喰らい、そのまま試合終了。

ある意味記録に残りそうなデビューでした〜♪
[PR]

by kaoru_oishi | 2012-10-08 00:11 | It's Sporting Life