<   2012年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2012年 08月 16日
【速報】ウィキリークス創設者、エクアドルへの亡命を認められる
どうも。きむらです。

エクアドル政府は、政治的理由による亡命を求めてロンドンのエクアドル大使館内に約2ヶ月居留していたウィキリークス創設者ジュリアン・アサーンジ氏(オーストラリア人)のエクアドルへの亡命を認めました。

ついさっき、30分ぐらい前にライブでエクアドル政府による声明発表がありました。
スペイン語を英語で同時通訳したものを聞きましたが、ものすごく長いスピーチでした。

詳細を正確に思い出すことはできませんが、この決定を出すにあたりエクアドル政府がかなりの政治的駆け引きを行ったこと、国際法や過去の国際的事件(イランでのアメリカ大使館占拠事件等)を考慮した上で最終的な判断を下したことがかなり繰り返して述べられていました。

きむらは第三者の視点でニュースを見ていましたが、英国・アメリカ・スウェーデン(別件逮捕を行った国)そしてオーストラリア(氏をサポートしないことで間接的に英国側に味方したとされる)という大国を相手に国際的にマイナーな国(→ごめんなさい)のエクアドルが法を盾に亡命承認を宣言するのを見て寒気立つような感動を覚えました。

それにしてもネットがこれだけの国際問題を起こすようになる時代が来るとは。
未来世界は思ったよりもずっと近くに来ているのかもしれませんね。


(蛇足、ではなく、訂正!)2012年8月17日(金)
上の記事で「英国・アメリカ・スイス(別件逮捕を行った国)そしてオーストラリア」と書いていましたが、スイスではなく、スウェーデンです。
ここにおわびして訂正しておきます。

ほんとーに、すいまっせんでしたっ!!(ぺこぺこ)
[PR]

by kaoru_oishi | 2012-08-16 22:13 | その他もろもろ
2012年 08月 13日
【ロンドン五輪】ハードル上げまくり【閉会式】
どうも。きむら、あ、違った。
期間限定の、つららです。

うはー。
「つらら」なんて名乗ったら、そこはかとなく美少女ムードが出ちゃいますねっ。
赤面してしまいますゎ〜(ポッ) ← キモい

さて、冗談はこのくらいにして。
やっぱり元に戻して、きむらです。

ルールもロクに分からないのに、ついついバレーボールの決勝戦を見てしまいました。
ロシア対ブラジル。
別にどっちも応援してなくても決勝戦となると熱くなって見られるものですね〜。
ところで。
バレーのボールって、いつから白じゃなくなったんでしょう。
サーブの人だけユニフォームが違うのにも「あれ?」となりました。
というか、バレーボールって、ポジションがローテーションでその都度動いてたりしませんでしたっけ?
あるいは。
長年きむらはバレーボールと思い込んで何か違うスポーツを観ていたとかっ?(汗)

まあ、そんなこんなで、
ずいぶん遅くまで起きていたので、ベッドに入っても熟睡する間もなく朝6時になり、きむら子供もろとも相方に叩き起こされました。
「閉会式観たいって言ってたよね?」
はい、確かに。
しかし、ベッドから超スローモーションで出る間に最初の15分くらいを逃してしまいました。
TVの前に座ったときには、画面をとんがり帽子がスイーッと。

ぎゃ、Petshop Boys が終わっちまった〜っ!!

そのショックで目がバチッと開き、残りはきっちり観ました。

いや〜それにしても、やはり英国は「スター産出大国」ですよね〜。
あのスターも英国人、このスターも英国人、しかもみんな超有名な人ばかり。
宝石で言えば、みんな1カラット以上の大粒ダイヤばかりで、メレダイヤは一切無し。
スターたちの輝きにすっかり目がくらんでしまいました。

解説でも言っていましたが、今回の閉会式はシドニー五輪の閉会式にインスパイアされたものだとか。
確かに、
「アーティストたちがトレーラーに乗って登場」
「選手がそこらじゅうから入って来て、いったんフィールドに着いたら、あとは入り乱れて好き勝手にやってよし」
という形式はシドニーにクリソツだなあと思いましたが、同じ「バックヤード(裏庭)パーティ」でも、シドニーとロンドンとではメニューが違うような気がしました。

食事だとすれば、
シドニー:スーパーで買ったソーセージ+食パンとビール
ロンドン:フルコースの食事にワイン、食後のデザートとコーヒー付き
弁当で例えるなら、
シドニー:おにぎりと漬け物
ロンドン:豪華幕の内弁当三段重ね
これくらいの差があったように思います。

そのため、あまり個々の食材がスゴすぎて逆にうまく混ざってないときもあったような。スーパーモデルが「アタシ、何でここにいるの?」とボーッとしていたり、このために再結成された Spice Girls や Take That のメンバー内の距離感にビミョーにバラツキがあったり(ポッシュが他の4人からちょっと離れ気味なのと、Take That の背が1番高いのがほとんど歌わずおちゃらけてばかりだったのはしっかり見ましたゾ(笑))

ですが、やっぱりスゴいことには変わりありません。
世界的に考えると今回の開会式・閉会式と同じレベルの国際的に知名度の高いスターを披露できるのは米国ぐらいではないでしょうか。

ロンドン大会、オリンピック競技の記録自体はよく分かりませんが、セレモニーのハードルはめいっぱい上げちゃいましたね。

この後開催する国は一体どうやってこのハードルを跳ぶのか。

ブラジル、もうリオ大会の準備を始めとかないとヤバいっすよ〜っ。


(蛇足)
オリンピックを観ながら、何か物足りなさを感じていました。
「いつもならこの時期はアレがあるのに」

アレとは、そう。

トライネーションズ!

毎年今ごろはワラビーズが勝った、負けた、とギャーギャー騒いでいるのですが、今年はオリンピックを考慮して開催時期をずらし、今月中旬からスタートです。
そして今回からアルゼンチンを加えて4カ国、ですから名称も「カストロル・エッジ・ラグビー・チャンピオンシップ」に変わります。

一番最初は今月の18日の対オールブラックス戦(しかもシドニーで)
オリンピックでもリオ大会から7人制ラグビーが競技種目になりますし、これからはラグビーですよ、うん!
[PR]

by kaoru_oishi | 2012-08-13 16:16 | It's Sporting Life