<   2012年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2012年 01月 30日
【全豪】するも地獄、観るも地獄【オープン】
どうも。きむらです。
何だか太陽が黄色いです。

というのも。
夕べの全豪オープンテニス男子決勝を最後まで観てしまったから〜。
まあ、今期はやたらなが〜い試合が多かったので、決勝もそう簡単には終わらないだろうと思いましたが。

試合の中継が始まったのがシドニー時間の午後7時半で、試合が終わって時計を見たら翌日の午前1時半過ぎてました(驚)
「こりゃあ2日がかりになりそうだぞ〜」とは思ってましたが、せいぜい12時台には終わるだろうとタカをくくって観始めたのが間違いでした。

第1セットをナダルが先制して、その後ジョコビッチが巻き返して第2セット、第3セットを取った辺りで一度「寝ちゃおうかな〜」と思ったものの、そこからナダルが驚異の復活をして第4セットを奪取した時点で「あ〜、もう、いいっ、こうなったら最後まで付き合うっ!」と覚悟を決めてTVの前に座り直しました。

でも。
窓の外を見ると、この時間に明かりがついているのはきむら家のみ。
TVを観ながら一人で「いっけ〜っ!」「あああああ〜っ!」と密やかに声援を送っているのは何ともこっぱずかしかったです(笑)

それと。
翌日(というかその日の朝)から学校が始まるので、それまでにきむら子供の制服の裾直しを完成しておかなければならないという重大任務がありまして、それのほうも全豪オープンで熱くなりながらやり遂げました。

まあ、別に新学期の前夜までやらずに取っておく必然性は全くなかったワケなんですが(恥)

とにかく。
ジョコビッチもナダルも体力あるなあと思いました。
あと、メルボルンの観客も。
だって、

あの時間に会場で試合観戦してるんですもん。
皆さん一体、あれからどうやって家に帰ったのでしょうか。
メルボルン・パークって、ネズミーランドみたいにホテルが併設されてるんでしょうか。
あるいはそのまま観客席で朝まで「ご休憩可」だったり?
それとも、豪快に野宿、とか?
(気候的には余裕で野宿できそうな気はしますが)

そういうひたすら試合自体とは全く関係ないことが激しく気になった一戦でした。

うわ〜、今になって眠いぃぃぃぃ〜(あくびしすぎて涙目)
[PR]

by kaoru_oishi | 2012-01-30 12:00 | It's Sporting Life
2012年 01月 23日
ユニクロ、キター!
どうも。きむらです。
2012年第一弾の投稿であります。
今年もよろしくお願いいたします。

まったりとした昼下がり。
きむらはバスルームで昨日買った便座の取り付けに励んでおりました。
そこへ相方から電話。

「日本の、えーっと誰だっけ、出てるよ、TV、テニス」
ほえ?
片手に古い便座についてた何か黄色く変色したプラスチックのネジを持ち、きれいなほうの手で受話器を持ったまま考えました。

「あー、もしかして、にし、にし、にし・・・」
分かってます、錦織圭ですよねっ。
でも、

漢字は知ってましたが、どう読むか知りませんでしたっ(汗)

慌ててTVをつけたら、すでに最終セットに入ってました。
対するはフランスのツォンガ。
きむら、個人的にはツォンガが好きなんですけど、
(もしレイトン・ヒューイット対ツォンガだったら、たとえ相手が豪人でもツォンガ応援するレベル)
やはりここは日本を応援します。

しかし。
きむら、テニスのルール、全く知らないんです。
クリケットやボーリングとかもそうなんですけど、過去に何度もなんどもなんどもなんども教えてもらってもルールが全然頭に入らないスポーツのひとつです。
だから、見ていても
「今、どの辺だから、誰が何をすれば試合がどうなる」
というのがさーっぱり分からなくて、
「まー、取り敢えず、がんばれ」
的な応援をするしかなかったりします。

そして。
TVをつけてから20分ほどで錦織圭が勝って試合が終了しました。

勝者インタビューはかつて男子ダブルスのトップクラスでMark Woodfordeと組んで「ウッディーズ(Woodies、2人とも名前にWoodがつくから)」と呼ばれていたトッド・ウッドブリッジ(Todd Woodbridge)で、
「おめでとうございます、今の心境は?」とか
「日本人でここまで勝ち残ったのは80年ぶりですが」
(↑ え、そうなんすかっ。きむら、知りませんでしたっ)
「この勝利が日本のテニス界にもたらすものは?」
とても模範的な質問ばかりで答えやすいものだったと思います。

ちなみに夜の部のインタビュアーは、以前このブログでも文句を言った記憶がありますが、やたら核心から外れた質問ばかりして、それをウケていると勘違いしているおポンチな豪人(彼も元・テニス選手なのか?)で、英語が得意な選手はイラっとなり、英語がそれほど得意でない選手は真面目にどうでもいい質問に延々答えさせられ、観ている側は我慢できずTVのチャンネルを変えてしまうハメになります。

錦織選手、英語上手ですね。
聞いていて、日本人的な発音やアクセントは全然感じませんでした。
(ネイティブではないですが、英語圏に数年留学しているアジア系の学生の発音や言い回しに近いように思いました)
というか。
あんだけ運動した後に質問されて答えられるってスゴいと思います。

あと。
ユニクロがウェアのスポンサーなんですね。
知らなかった。
ナイキやアディダスが当たり前の国際テニス大会にいきなりポーンと「ユニクロ」のロゴ。
これって広告効果ものすごそうですよね。

ZARA も豪州に出店したことですし、今年あたりはユニクロにも是非進出してもらいたいものです。

ということで、今晩は全豪注目のヒューイット対ジョコビッチですが、きむらは晩ご飯を食べながら、ややヒューイットを応援しながら観ると思います。
[PR]

by kaoru_oishi | 2012-01-23 15:25 | It's Sporting Life