<   2010年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2010年 01月 07日
海の風景
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

どうも。きむらです。
クリスマス休暇が明けても時差が戻らず、まだぼ〜っとしています。

休暇と言っても、リゾートに行く訳でもなし、観光をするでもなし、ただただ舎弟(義弟とも言う)の家から歩いて数分のところにある無人のビーチで波打ち際を歩いたり、タオルを広げてそこに寝転がって本を読んだりして過ごしました。

そういや、普段は全然しない携帯のゲームもムキになってやりましたっけ。
その辺りはTVも途中で「砂の嵐」で見られなくなるほど電波がまともに届かな所なので、携帯は当然「圏外」ゲームに使うしか用途がなくなっちゃうんです(笑)
(ちなみに舎弟は家に電話がないから、電話するときは携帯を持って通じるところまで出かけて行きます(爆))

村(?)には何でも屋が一軒だけ。
絵はがきなんて、その、別に美しいわけでもなんでもない何でも屋の建物の写真で、しかも1種類のみ。
もう慣れましたけど、初めて来たときは、あまりの僻地っぷりにカルチャーショックすら覚えました。

でも。
こんな風に、エアポケットにでも落ち込んだような、ぽかっとした休みもいいもんです。
来る日もくるひも同じようなことをして過ごすので、何枚写真を撮ってもほぼ同じ、下手すりゃ構図も着ている服も去年や一昨年と全く同じだったりして、帰ってから以前の写真と見比べて「あちゃ〜」となるのが玉にキズではありますが(笑)


(蛇足)
そのビーチ沿いにまたいくつかビーチがあって、日によって遠出してみたり、車で足を伸ばしたりもしました。
その中にクジラのいるビーチがあるんだそうです。

厳密には「クジラが死んでる」あるいは「クジラの死骸がある」なんですけど。

きむらはその日はごろ寝を決め込んでいて行かなかったので、現物は見てませんが、舎弟に連れられて相方ときむら子供は見に行きました。
舎弟の話ですと、死骸が見つかったのは4ヶ月ほど前らしいんですが、別にニュースにもならず、調査員や自然保護団体が来ることもなく、放置されたまま現在に至る、だそうです。

大きいんで、ビーチのどの辺に行ったかを説明するときに「クジラの手前」「クジラより向こう」なんて、道標代わりにしているとか。
きむら子供は「臭くてとても近くに寄れなかった」と言っていましたけど。

なんというか、ほっとしました。
オーストラリアというと、いろいろな報道のせいか日本では自然保護でキーッとなっている国という印象がありますが、田舎、それも本当に僻地のほうは別にそんなことななかったので。

舎弟の住んでる辺りは野生のカンガルーを見かけたりもしますけど「きゃ〜、カワイイッ」ではなく、
「車に乗るときは、日没までに目的地に到着するんだ。さもないと、ヘッドライト目がけてカンガルーが突っ込んでくるからな。いいか、事故で死にたくなかったら絶対にそうしろ!」
まるでヒグマかグリズリーのような扱いです。

実際に自然と共存するのはそれだけ過酷ということなんでしょう。


(蛇足の蛇足)
今、話題になっている『海の犬の一種』について。

休暇先でフリーマーケットに行ったら、売り場のひとつが
「ここでの収益を全て「海の犬の一種」に寄付します」
と書かれた旗(手書きでした)を飾っていたのでギョッとしました。
でも、売っているものがことごとく商品にもならないくらいのガラクタだったので、必死の客寄せスローガンだったかもしれません。

それから。
ショッピングセンターでは30代ぐらいの女性が「海の家の一種」とそれが撃沈('sank'
って書いてありましたけど、撃沈しましたっけ?)した船の名前のリスト(ごていねいに線を引いて消してある)が書かれたTシャツを着ているのを見かけました。

旗もTシャツもどちらも黒地に白で、遠目には海賊っぽく見えてカッコよさげです。
そして目撃現場は舎弟の住んでるところのような自然共存最前線ではなく、大都市との中間にある小都市。
「ショッピングセンターが文化の中心で、社交場」と表現すれば、どういう感じの人たちが集うところか想像がつくでしょうね。

なるほどぉ〜(笑)

実際に自然と共存しているわけではなく、かといって(地球温暖化など)科学レベルで環境問題を解明するでもない層が、ファッション感覚でああいうムーブメントをお気軽に支持しているのだなぁ、としみじみ思いました。

去年ずいぶん話題になったインド系留学生へのバッシングにしてもそうですが、TVで大きく取り上げられると国全体でそうなっているように思われがちですけど、ムーブメントに乗っかって騒ぎを起こしているのはごく一部ですから、どうかご心配なく。

まあ、日本自体もそろそろ「沈黙は金」ではなく「雄弁は銀」の態度が必要な時にさしかかってきているのでしょうが。
[PR]

by kaoru_oishi | 2010-01-07 11:49 | その他もろもろ