<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2009年 05月 30日
冒険の書
どうも。きむらです。
ネットのニュースで作家の栗本薫(=中島梓)が亡くなったことを知りました。

・・・グイン・サーガ、未完のままになってしまったんですね。

このシリーズは第1巻が刊行されてからずっとリアルタイムで読んでいました。
これが始まったころは、まだまだファンタジー系の本が少なく、しかも日本人の作家の辺境ファンタジーものはほとんどなかったので、本屋で手に取って加藤直之の表紙イラストを見ながら、
「うわぁ、日本初の本格ファンタジーがついに出たか・・・」
と、しみじみ思ったのを昨日のことのように覚えています。
(買った本屋も覚えてるなぁ。その本屋が今も健在かどうかは知らないけど)

きむら、本に関しては律儀な人間なので、シリーズものはぶつくさ文句を言いつつも、ちゃんと最後まできっちり読むほうです。
巻数こそ3巻と少ないものの、1冊の厚さが辞書なみの「ゴーメンガースト」(Gormenghast, by Marvyn PEARKE)だって、ちょっと読み出してすぐに、
「うわ、これ、好みじゃない。というか、生理的に駄目だぁ」
と感じたものの、途中でリタイアするのはいやだったので、悪寒と吐き気をこらえつつ結局最後まで読み通しましたし。
(「ゴーメンガースト」ファンのかた、もし!いたらゴメンナサイ)
それに比べると、遥かに読みやすい、グイン・サーガ。
「登場人物が多くて覚えきれないけど、文章が読みやすいから、全100巻だろうが、楽勝〜♪」
と思ったのですが、読み出して数年後に挫折しました・・・第30巻辺りで。

途中で読まなくなった理由は、というと。
気力・体力的には十分ついていけるはずだったんですが、物理的に無理になってしまったんです。きむらが豪州に行ってしまったので。

豪州に住んで最初の2、3年は、日本に一時帰国したときにまとめ買いして一気に読んでは追いついていたんですけど、そのうちに忙しくなって日本での滞在期間が短くなり、その後またさらに忙しさが増して滞在中に本を読む時間すらなくなり・・・結局、しまいには買うのも読むのもあきらめてしまいました。

今回、検索して知ったのですが、グイン・サーガって126巻まで出ていたんですね。
「凄い!」と驚くと同時に、現存する物語の約4分の1しか読んでなかったことを知ってとても悔しく思いました。

まあ、でも、だからといって、これから残り4分の3を読むかどうか。
だって、あれからもうずいぶん時間が経ってしまいましたから。
読みはじめたころ子供だったきむらも、今じゃ大人、しかも、かーなーりーな歳。
もともと物覚えが悪い上に、今の脳細胞ではとてもあれだけの登場人物やら国名・都市名・民族名・団体名を把握できそうにないです。
(今、登場人物をぱっと思い出そうとしたら、5人くらいしか名前が出てこなかった(恥))
そして。
グイン・サーガとは大分違うけど、今のきむらも異国の地で異文化と異人(実は自分が異人ですけど)相手に奮闘する日々を送っていますし。

これだって、一種の冒険とファンタジーですよね。

たぶん、きむらがもう一度グイン・サーガを手に取るのは、もう少し先、きむらが自分の冒険を終えてひと息つくころでしょう。
別名「定年」とも言いますが(笑)
しかし。
本や漫画という形できむらの冒険を後押ししてくれた作家のみなさんに感謝しつつ、今の子供たちもこれから胸ときめくような「冒険の書」と出逢えるようにと願っています。


(蛇足)
そういえば「魔界水滸伝」も、結末まで読むことなくこちらに来てしまいました。
あれって、どんな終わり方をしたんでしょう。

それから、作者は違いますけど
「宇宙皇子(うつのみこ)」や
「YASHA」や
「BANANA FISH」や
「らんま1/2」や
「バスタード」なども
結末を知らないままです。

そういや「AKIRA」も最終巻を買わず、そのままでした。

結末をいつかは知りたいな、と思いつつ、つい日々の冒険に追われて時間ばかりが経っていきます。


(蛇足の蛇足)
日本を出て、知ってしまった現実もあります。

たとえば「銀髪」はたぶん platinum blonde なのだと思いますが、platinum blonde は言葉として存在はしても、日常的に使ってないです。
(ちなみに見るからにキレイな典型的金髪は strawberry blonde と呼ばれてます。きむらは「ストロベリー」と「ブロンド」って、色的に相容れないように感じますけど)
そして、忘れちゃならないことですが、天然のブロンドの人は眉毛もまつげも当然ブロンドなため、毛の色が薄ければうすいほど、何も生えてないように見えます。
なので、漫画やアニメの「縁取り線付きキャラクター」を期待して実際のブロンドのかたに会うと、かなりのギャップを感じます。

「紫の瞳」も、purple eyes ってことでしょうけど、きむらは未だかつて本当に紫色の目の人に会ったことはないです。
ひとり、目の覚めるような鮮やかな紫の目の人がいましたが、後で「カラコン」と知りました(ガッカリ)
緑や青ですと、たまーに、すんばらしく澄んだ色の瞳の人を見かけます。
身近ですと、例の舎弟のロビーは天然の、それも見事な blue eyes だったりします。
ですが、目が合ってもハッとなることはないですねぇ。
見慣れた〜、というか(笑)

あと。
これは断言できること!
こちらでなぜか日本より多く双子を見かけます(IVFの件数が多いんでしょうか)が「聖双生児」と呼べそうな男女美形の双子なんて、絶対存在しません。
その前に。
確実に一卵性(だって男女ですから〜)なので、双子とはいえ、あんまり似てませんし。タダのふたりのガキンチョです(笑)
きむらは自分が双子じゃないもんで、昔から双子に何か神秘的な憧れのようなものを感じていましたが、長じて実際にいろいろな双子に会ううちに、そのイメージは完璧に粉砕されました。

でも。
三つ子や四つ子や五つ子だったら、やっぱり神秘的な存在かもしれません。
まだ会ったことないんで、期待をつないでいます(笑)
で、その親は。
「連続フロ入れ」とか「同時多発オムツ替え」とかこなしてるんですから、
神秘的を通り越して、まさに「神」そのものだと思います。
[PR]

by kaoru_oishi | 2009-05-30 23:56 | その他もろもろ
2009年 05月 27日
/(^o^)\
どうも。きむらです。
ここのところ、新型インフルエンザ(以下新型フルー)関連の記事ばかりで恐縮です(苦笑)

今現在の豪州は2週間くらい前の日本に似ていて、毎日新しい感染者が見つかって延べ人数がじわじわ増加してきているところです。
そろそろ一般的にも「ヤバいな・・・」と感じはじめたあたりですが、マスクを着用する人は(きむらの徘徊するエリアでは)依然として皆無です。

今週に入ってから学校では「新型フルー感染者数が多い国から帰った学生は1週間登校しないこと」という規則が新しく出来、その「多い国」のリストにバッチリ日本も入っていました。
ですから、仮に今、ホリデーを取って家族で日本に滞在したら「滞在日数+1週間」は現場復帰できないことになります。これは親にとってかなり厳しい条件でしょう。

なんて、感染拡大を抑えるために全力をあげている一方で、こんなポカもありました。

シドニーに停泊中の客船で新型フルーの感染者が出たのですが、いろいろすったもんだした挙げ句、NSW州は乗客の下船を許可し、自宅で安静させることにしました。

ですけど。
この乗客は豪州内の各地から来ていますし、それぞれが各々の交通手段で自宅に向かったんですよね。
・・・・・(汗)
しかも。
この船はその後シドニー湾を離れ、現在クイーンズランド州のリゾートアイランドに向かっていますが、既に船内で新たな感染者(ニュースではクルーと言ってた)が見つかったとか。

・・・ナンテコッタイ /(^o^)\

さらに運が悪いことに、タブロイド紙によると、NSW州の保健相自身も利用した飛行機に感染者が同乗していたことが判明し、現在自宅安静中なんだそうです。
で、そのニュースを知らされる前に州の会議に普通に参加してしまった、と。

・・・アー、ナンテコッタイ /(^o^)\

テレビのインタビューで医療専門家が「恐らくこの冬の間に豪州人口の30%ぐらいが罹患するのではないか」なんて言ってました。
もしこれが本当だったら・・・怖すぎです〜。

豪州はこれから冬で、普通、7、8月ぐらいがインフルエンザ流行のピークとされています。
願わくば、この新型フルーがこの期間に変異を起こさず、徐々に収束してくれますように。


(蛇足)
来月はクイーンズバースデー(ビクトリア女王の誕生日にちなんだ祝日)があり、7月にはスクールホリデーが2週間あります。
きっと、これでまた国内外を移動する分、ウイルスが拡散するんでしょうねぇ。

まあ、祝日や学校の休みに関わらず、こちらの人は思いきってバババンッと超大型休暇を取って出かけたりしますから、それ以外でも拡散しまくりそうですが。

きむら子供の友だちなどは誕生日を毎年外国で祝っていて、スクールホリデーでもないときに1か月休んで出かけていってしまいますし、もうひとりの子などは1年のうち3か月をヨーロッパで過ごしています。
その他にも、何だかんだでずーっとどこかへ行っていたりもするので、
「あれ、○○ちゃんって最近見かけないけど、転校でもしちゃったの?」
「さあ」
なんて会話があり、すっかり忘れ果てたころに、
「○○ちゃん、戻ってきたよ。ホリデー行ってたんだって〜♪」
と、追加情報が入ってきたりします。

豪州の学校(大学除く)には「出席日数が足りないから留年」とかいう制度はないんでしょうか。
というか。
みんな、そんなに休んじゃって、学校はもちろん、仕事は大丈夫なんでしょうか。

長年の謎であります。

人気blogランキングへ
↓ これも /(^o^)\
[PR]

by kaoru_oishi | 2009-05-27 23:01 | その他もろもろ
2009年 05月 21日
マスク買うた
どうも。きむらです。
今朝ラジオで、新型インフルエンザ(以下新型フルー)の感染者が出てビクトリア州の学校(たぶん当該の1校のみだと思います)が閉鎖になったというニュースを聞きました。
だいぶ前にブリスベンかどこかで感染者が見つかったというニュース以来、こちらで新型フルー関連の話は聞いていませんでしたが、
遂に・・・来ましたね(汗)

日本での感染者の急増はこちらでも報道されているものの、TVは民族放送(SBS)の国際ニュース番組のみ、新聞も小さい囲み記事程度で、一般紙よりも経済紙のほうがちゃんとしたレポートを載せています。
ですから、ごく普通にニュースを見て新聞を読んでいるこちらの人はまだ日本の新型フルーのニュースを知らないかもしれません。

先日も、用事でシティに行きましたが、マスクをかけて歩いている人は全然見かけませんでした。きむらが行ったのはタウンホール周辺なので、チャイナタウン辺りまで足を伸ばせば、もしかしたら違った光景が見られたかもしれませんが。
(SARSのときは、現地のオージーはマスクをしていなかったのに、シンガポールや香港から観光で来ている人たちがマスクをしていてびっくりしました)

それでも、タウンホールのウールワース(大手スーパーチェーン)には抗菌ジェル(手に擦り込んで水で洗わなくても大丈夫なタイプ)の売り場がゴゴゴッと出来ていて、強力売れ筋商品扱いになってました。

マスクも売っていますけど「飛ぶように売れている」感じではなかったです。
ふらっと入った地元の薬局で店の人に「花粉とかに効果あるマスクある?(気が引けて「新型フルー」と宣言できなかった)」と聞いたら「あるよ〜♪」と言って2種類見せてくれました。

1枚は$4.99の。
もう1枚(平たくなかったけど)は$9.99の。

マスクって、高いんですねっ!
「N95どーたらこーたら」と書いてあったんで、たぶんウイルスを遮断するタイプなんだろうと思います。
薬局の人は「これ、ventilation(換気)機能もついてるんですよ!」などと、高いほうをプッシュしましたが、1枚10ドルなんて問題外でした。
そして、5ドルのほうも。
薬局に入るまでは「取りあえず1箱は買っとこう」と思ってましたが、値段がきむらの想定額(せいぜい1枚3ドル程度と思っとりました)を大きく上回っていたため、
「じゃあ、家族分」と、まず4枚手に取り、それから、
「いや、待て。相方はああいう性格だから何があっても絶対にぜったいにマスクはしないだろう」と1枚箱に戻し、続いて、
「きむらもなぁ・・・今までに結構いろんな風邪を引いてきたし(←戦陣切って罹って、流行るころにはピンピンしてるタイプ)若くないし、何だか大丈夫な気がする」と、さらに1枚箱に戻し、

結局、2枚しか買いませんでした。
分かってます。
完全に気休め用ですっ!

今日(5月21日)の昼のABCTVのニュースで、ビクトリア州の新型フルーについて放送していましたが、トップ扱いではなく、出てきたのは12時から始まった番組の12:25分
からでした。しかも「感染例1件はメキシコからの旅行者、もう1件はカリフォルニア帰りの豪人の家族(子供)。子供が通っている学校は今週いっぱい休校処置とする」と短く伝え、最後に「これで豪州での発生件数は6件となりました」と。

あれ、いつの間にか6件(6人)になってたんでしょ?
2件目〜4件目の発表がなかったような・・・(汗)

まあ、現在クイーンズランドが大雨・洪水ですごいことになってるんで、新型フルーどころじゃないのかもしれませんが、こうやって情報が飛び飛びにしか出てこないと、ある日突然ドカンと大きくなりそうで怖いです。

一般にインフルエンザの流行は冬場と言われていますから、新型・従来型に関わらず、こちらではこれからシーズンでしょう。
あまり神経質にならないよう、でも楽観視もせず、今後もフルーに対する警戒を続けていくつもりです。


(蛇足)
きむらが「今日、マスク買った!」と言うと、相方も、
「そういや、今日、マスクもらった」と言って、翌日家に持って帰りました。

何でも、取引先が宣伝用に配っていたそうで、見ると、会社名・ロゴ・電話番号が印刷されたシールが正面にべべっと貼ってありました。

この時期に会社名付きマスク。
すごいグッドジョブではないかと感動しました。

ですが。

そのマスク、どう見ても、
日曜大工でドリル使う時にするような、やすーっぽい「鼻覆い」型なんですよね。

宣伝にはなるでしょうけど、新型フルーには効かない気がする・・・(汗)


(蛇足の蛇足)2009年5月23日(土)
その後、豪州もじわじわ感染者数が増えています。
昨日の新聞などはビクトリア州の感染状況についてレポートしてましたが、感染者の氏名も、家族構成も、通っている学校名もぜーんぶ公表していて、読んでるこちらが「おいおい、ここまで出しちゃって、大丈夫なんですかいっ?」と心配になりました。
まあ、今はクイーンズランド州とNSW州の豪雨&洪水が本当に深刻なので、みなさんあんまり関心を寄せてなさそうなんですけど。

巷では「一斉にマスクをする日本人はヘン!」という意見と「マスクをしない外国人のほうがヘン!」という意見が火花を散らしているようです。

この2つの異なる意見、どうにか円満にまとめることはできないものでしょうか。
そこで、きむら、ピーンと閃きました。

外国人が「オゥ、クール・ジャパ〜ン!」と思うような絵柄のマスクを作ればいいじゃん!

あれですよ、浅草の仲見世とか成田空港の売店で売っているような、
ー 日の丸
ー 浮世絵
ー 家紋や家訓
ー 暴走族御用達「夜露死駆」系の漢字
ー アルファベットで「NINJA」「GAIJIN」「KAWAII」などと書いたもの
ー ズバリ! アニメキャラ
これらをプリントしたマスク!

実際に使うもよし、帰国したときに配るもよし、しかもTシャツより小さくて荷物にならない。

ここまで優れものの日本みやげは他にないでしょう!

・・・・・。
ところで。
先日の「会社の宣伝付きマスク」
ジョーク狙いで、真面目に「お得意さんの感染を予防する」目的ではないそうです。

やっぱりねぇ・・・。

でも、こういうセンスは嫌いじゃないぞ(笑)


人気blogランキングへ
↓ 一方、これの推移も気になるところである(笑)
[PR]

by kaoru_oishi | 2009-05-21 12:36 | その他もろもろ
2009年 05月 07日
前線突破
どうも。きむらです。
地元のメディカルセンターへ行ってきました。
処方せんをもらいに。

自分が病気だったのではなく、きむら子供の、しかも常備薬補給のためだったのですが、事前に電話で「きむらだけ代理で行ってもいいっすか?」と聞いたら「念のため、お子さんも連れてきて下さい」と言われてしまいました。
時期が時期だけに、ああいうところはなる〜べく最小人数で行きたいところなんですけど。

メディカルセンターって、自分や家族が病気のときは診察してもらうのに必死で全然感じませんが、健康でぴんぴんしているときは、どーも行きづらいところですよね。
病気の人のためなんでしょうけど、エアコンが他のビルよりきいていて、この時期は生暖かいのも何だか気になります。

そして。
予約時間ジャストに到着。入り口できむら子供に、
「センター内の物を不必要に触るな。指を口に当てるな。目もこするな」
とささやき、名前が呼ばれると、速やかに医師の個室(このセンターは五人ぐらいのお医者さんがスタンバッてます)に入り、あっという間に問診を済ませ、処方せんをゲットしました。

所要時間は待合室にいたときも合わせて約10分。
電光石火の早業でありました。

きっと診察した医師も、きむらときむら子供がセンターを出た直後に
「あ、ありのまま、今起こったことを話すぜ!
『おれはやつの前に座ったと思ったら、いつのまにか処方せんを書かされていた』
な、何を言っているのかわからねーと思うが、おれも何をされたのかわからなかった
頭がどうにかなりそうだった
催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・」

などと受付のオバチャンに語っているでありましょう(笑)

(蛇足)
一時のパニック状態からは脱したものの、依然ニュースには出てくる「スウァイン・フルー」。
各国の対応やWHOの見解が日ごとに変わるので、まだまだ予断は許されないでしょう。
マスク姿こそ見かけないものの、スーパーのハンドソープが売り切れで棚一列がら〜んとしていたり、市の清掃員が外のごくごく普通の手すりを拭いていたり(この光景、今まで一度も見たことなかったです、そういえば)いろんなところにさりげない形で今回のインフルエンザ流行の影響が見られます。

そうそう。
きむらも、子供に持たせるスナック(放課後のおやつ)を一品減らしました。
今までは飴類の他に箱に入ったクラッカーなどを渡して「友だちと分けて食べなさい」とやっていたのですが、取りあえず今の流行が一段落つくまで控えることにしました。
他の親御さんが「不特定多数が箱に手を入れて食べるのは・・」と心配するだろうと思ってそうしたんですけど、案の定、子供たちからは不評であります。

何か、小袋入りか、一つひとつくるんであるタイプのお菓子でも買うべきなんでしょうか。
でも、そうなると、人数が多かったら足りなくなったりするからなぁ・・・(思案)

人気blogランキングへ
↓ 恐ろしいものの片鱗がここに(笑)
[PR]

by kaoru_oishi | 2009-05-07 12:54 | その他もろもろ
2009年 05月 03日
フルフル
どうも。きむらです。
ここのところ、こちらでもニュース番組のトップで「スウァイン・フルー(Swine flu、豚インフルエンザ)」について報じられています。
現在(4月30日時点)のところ、豪州でこのインフルエンザに陽性反応が出た人はいないようですが「可能性あり」や「検査中」の人の総数は3ケタ(120人ぐらい?)に達しています。

・・・うーん、何だか状況はSARSが発生したころに似てきましたねぇ・・・(汗)

こちらで最初にスウァイン・フルーについての報道があったのは確か先週の週末ぐらいでしたが、日本で騒がれ出した25日はちょうど「アンザック・デー(ANZAC Day、出征兵士の記念日)」で、TVのニュースのほとんどがそれに費やされていました。

ですから、友人(豪人、アメリカ滞在暦有)に
「ちょっとー、アメリカのほうで新型インフルエンザが発生したってよ!」
と言っても、
「オーストラリアまでは来ないから、大丈夫だよ〜」
なんて、笑い飛ばされてしまいました。

・・・そしたら、翌日の朝のニュースで「ニュージーランドで感染者が発見されました」とやってまして(汗)

SARSのときは、流行している国々と豪州は地理的に近く人の行き来も物流も盛んだったためかなり早い段階からパニック的な反応がありましたが、今回はアメリカ、カナダ、ニュージーランドと来て、初めて事の重大さに気づいた感があります。

・・・と、ここまで書いて、数日置いてました。
こういった時事的な記事は書きかけにしておくと、あっという間に鮮度が落ちますね(恥)

今の豪州のトップニュースはスウァイン・フルー(「A型インフルエンザ」と名称変更はされず、そのまんまこう呼ばれています)から軍拡問題に移行しています。
しかし問題が解決したのではなく、その後特に進展がないために取りあえずトップから外しているという扱いです。

街を歩いても、マスクをしている人は皆無ですし、ごくごく普通の、穏やかな秋日和のシドニーに見えます。

このまま、何とかやり過ごせるのでしょうか。
さすがのきむらもちょぉっと不安です。


(蛇足)
こちらに来て間もないころ、日本では英語で「風邪を引いた」は 'I got a cold.' と言うと習ってきたのに、実際にはコールドではなくインフルエンザ(influenza)、それも略して「フルー(flu)」と呼んでいるので「あれれ」と思いました。

それから。
ある日、職場の受付のオネーサン(どう見ても20代なのに、後で実は大きい子供がいると聞いてびっくりした)に「ちょっと、ハンカチ貸して」と言われました。

「私、風邪(flu と言っとりました)ですごく頭が痛いから、ハンカチ濡らして頭を冷やしたいの。でも、自分のハンカチは、もう鼻かむのに使っちゃったし〜」

日本人はハンカチで鼻かまないからきれいでしょ。だから、貸して。

そういう意味でした。

それを聞いてきむらは内心、
「おおおおおいっ、そ、そんなに調子悪かったら、とっとと帰れやっ! ビル全体にウイルス撒き散らされたらかなわんわ!(怒)」
と思ったのですが、

そうきっちり言うだけの英語力がなかったので、笑顔で快諾し、帰社時(オネーサンは定時退社、きむらは残業〜)に濡れてくちゃくちゃになり恐らくオネーサンのウイルスもべったりであろうハンカチを涙目で受け取ったのでした。

あれからもう何年も経ち、今なら
「おおおおおいっ、そ、そんなに調子悪かったら、とっとと帰れやっ! ビル全体にウイルス撒き散らされたらかなわんわ!(怒)」
を英語でどう言うか知っていますが、仮に同じ状況に立たされたら、やっぱり笑顔でハンカチを貸してしまうだろうなと思います。

鼻拭いたりしているハンカチで構わないんでしたら(わはは)

人気blogランキングへ
↓ 帰宅時の手洗い・うがい、そして「クリック」を慣行しましょう(笑)
[PR]

by kaoru_oishi | 2009-05-03 11:33 | その他もろもろ