<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2009年 01月 28日
ダメだアイツ、早く何とかしないと・・・
どうも。きむらです。
いきなり時系列をブチ切ってオーストラリア・オープンの話題です。

いや〜、フェデラー、完全復活しましたね〜。
昨夜の試合は夜更かし覚悟で観てましたけど、すごーく早く終わったのでビックリです。

そして今晩はナダル。
さすが世界ランキング1位、豪快な勝ちっぷりでした。

・・・は、いいんですけど。

あの人は何なんですか?
試合後に勝利選手にインタビューするオッサンっ!
テレビ(チャンネル7)の人だということは分かるんですけど、
インタビューの質問が、とにかく、とにーかく、

ことごとくっ的外れっ!!

例えば、先日のイェレーナ・ドキッチ(豪女子)のときは、
「バッグにたくさん人形が付いてますけど、あれは何ですか?」
豪州とセルビア、二つの国の間で揺れ、しかも破壊的スポーツオヤヂを父に持ち、
数年低迷した末にやっと果たしたカムバックだというのに。
「他にもっと聞くべきことがあるんじゃないかっ!?」とテレビを観ながらいじいじしてしまいました。

何と言うか、きむらを含め、テレビを観ている人みんながテニスに造詣が深いワケじゃないですから、テクニックとか、テニスの歴史について事細かに質問する必要はないと思います。

ですが。

天下のナダルに向かって、
「あなたは一体、何枚タオルが必要なんですか?」
「次はファッションについて聞いてみましょう。いつもは袖無しなのに、どうして今日は袖のついたシャツなんですか?」(ナダルのシャツを引っ張りながら)
とか聞いたり、
「あなたの筋肉を見たがっているファンもいるはずです。どうぞ」
と、かなり強引にナダルにシャツの袖を捲らせたり。

オッサン本人は、
「わざとテニスから外れた質問をするオレ、カッコイイ〜♪」
と思っているのか、自信たっぷりの表情で、
対する選手も、英語がネイティブじゃない人が多いので、いっしょうけんめいオッサンの言葉を理解し、まじめーに答えています。
そして。
それを観ている側だけが、
「あのインタビュアーを何とかしろ〜っ。あ〜、聞いてらんないぃぃぃぃ〜っ!!」
と、耳をふさいで床をのたうちまわるハメに。

このインタビュー、全世界に放送されてるんでしょうか。
そうだとしたら、かーなーり、いたたまれない状況です。
豪州なら、
「こんなインタビュー、いやぁぁぁぁ〜っ!」
と泣きながらテレビから離れ、居間を駆け抜け、家の外に走り出られますけど、同じことを極寒のアラスカやシベリア、あるいは南極基地でしようものなら、命を危険にさらすことになります。

きむらは疎いのでよく分かりませんが、あのオッサンは元・テニス選手とか何かでしょうか。
(ベンチ裏レポートに出ている人がダブルスで有名な元・選手だというのは知っているんですが)

オーストラリア・オープンもいよいよ準決勝。
試合もさらに白熱してきます。
これはぜひとも時間の許すかぎり観戦したいものです。
が。
試合ごとにもれなくあのオッサンの痛いインタビューが付いてくるとなると。
「試合は観たいが、あのインタビューはたえられない〜」

相方「じゃあ、インタビューのときだけテレビ消せば?」

いや、それは分かってます。
ですけど。
もしかしたら。

もしかしたら、そのうち誰か選手がオッサンのトンチンカンな質問にブチ切れて暴れ出すんじゃないか。
だとしたら。
絶対、その瞬間をこの目でしっかと見たいっ!

そういうはかない期待があるもので、辛いと分かっていても、ついつい最後まで観てしまうのです。


(蛇足)
当たり前のことですが、選手のインタビューを聞いていると、英語に母国語のアクセントがあったり、言葉の使いまわしが国によって違うんだなぁと感じます。
ロシアの選手の話し方はそれぞれ似通ってますし、きむらの知っているロシアの人の英語もやっぱりあんな感じでした。
ナダルの喋り方、最近どこかで聞いたことあるぞ、と思ったら映画「ヴィッキー・クリスティーナ・バルセロナ」に出てきたペネロペ・クルスだった、とか。

あと。

フェデラーがインタビューに答えているのを聞いて、スイス人っていつもこんな風に学術書の文章みたいに喋るのかなぁと思いました。
確か試合内容についてだと記憶してるのですが、フェデラーが3分ぐらいモノローグで語っていて、きむらは聞いているうちにフォロー不能になり、さすがのインタビュアーのオッサンですらモノローグの後は「ぽっか〜ん」としていました(笑)

各選手が英語と自分の国の言葉でインタビューに答えているところを比較してみたら、きっと面白いんじゃないかと思います。

人気blogランキングへ
↑ ぽっか〜ん(笑)
[PR]

by kaoru_oishi | 2009-01-28 22:32 | It's Sporting Life
2009年 01月 25日
神はアメリカを救う・・・!?
どうも。きむらです。
休暇中のエピソードをひとつ。

WAでは、相方のお母さん宅と相方の弟宅に滞在させてもらいました。
まー、とにかくシドニーーパース間は飛行機代だけでずいぶんかかってしまうので、親戚の家に泊まらせてもらえるというのは経済的に非常に助かります。

しかも。
相方のお母さんはご飯まで作ってくれちゃったりします。
日ごろ自分で作った激マズ料理を食べている身としては非常にありがたいです。
なので、感謝の気持ちとして、食後は率先して食器洗いをしました。
そのときの話。

キッチンにペンダントが掛けてありました。
相方のお母さんによると、相方の弟がどこかフリマのようなところで手に入れたものなんだそうです。
で、もらったものの、アクセサリーとかするタイプではないので、代わりにキッチンに飾っておくことにしたとか。

ロビーはサーファーなんですが、なーぜーか、骨とう品を蒐集するのが好きで、自分の家にも絵皿や小型テレビぐらいのサイズの古いラジオなどを飾っていたりします。

「ロビー(舎弟の名前)が買ったってことは、これも骨とう品なのかな〜」

きむらはペンダントを壁から外し、手に取ってじっくり見ました。
ペンダントというより、樹脂に封入したメダルっぽいです。
そして、メダルの表面には字が彫り込んでありました。

「何て書いてあるんだ? ええと、

神はアメリカのために祈る

・・・ふーん、アメリカのおみやげかなぁ」

横を見ると、洗った食器を拭いていた相方がぎょっとした顔をしています。

「・・・それ、

神は我々のために祈る(GOD PRAYS FOR US)

だよ〜っ(呆)」

あわわ。
普段「US」と見ると瞬時に「アメリカ」と脳内変換しているもんで、大文字で書かれた「我々(US)」とは全く思いもしませんでした。

きむら、中学英語からやり直さないとダメかも・・・(汗)


(蛇足)
そういえば、バラック・オバマの大統領就任演説でも「神」という単語が入ってました。
アメリカの歴代大統領はみんな敬虔なクリスチャンというイメージがありますが「信心深さ」というのも大統領になるための必要条件なんでしょうか。

ちなみに、オーストラリアの政治家の演説はというと、今まで漠然とを聞いてきましたが「神」という単語は入ってなかったように思います。

では、日本はどうなんでしょう。
何だか「神」を演説に入れてしまうと、
「困ったときの神頼みかよっ?」
「お客さまは神さまでございます、だろ?」
なんて、与党野党双方から集中砲火を受けてしまいそうですねぇ。

人気blogランキングへ
↑ 下位争いの真っ最中(笑)
[PR]

by kaoru_oishi | 2009-01-25 23:00 | その他もろもろ
2009年 01月 23日
暑い
どうも。きむらです。
休暇から戻ってきました。

いや〜。
例によって、相方の本拠地があるWAを出たとこまかせでふ〜らふ〜らしてたんですけど、こうしてシドニーに帰ってみると、あまりに空気が違うのでビックリします。
何だかぴとっと肌に貼りついてくるんですよね。

シドニーから日本(きむら本拠地周辺)に行っても同じように感じるので、きっと湿度が

日本(きむら本拠地周辺)>シドニー>パース周辺

こういう順番になっているんでしょう。

シャワーを浴びたときなど、WAだと体を拭くタオルを探してバスルームをうろうろしている間にほとんど乾いてしまいますが、シドニーはいくらうろうろしていても体は濡れたままですし、日本にいたっては汗をかいてさらにずるずるになってしまいます。
道理で、相方も相方のお母さんも一度夏に日本に行って以来、同じシーズンに行きたがらないはずです。

そして、特に感じるのが最低気温の差。
WAにいたときは、日中どんなに暑くても夜になると気温が下がり、明け方までの間にさらに下がり、お腹が冷え翌朝起きるなりトイレへダッシュ、というパターンでしたが、こちらは夜になっても気温は朝までほぼ変わらず、お腹が冷えるどころか、暑くて一晩中ベッドで転々と寝返りをうっています。

ダーウィンやタスマニアなどと比べて緯度的にはさほど変わらないんですけど、東と西じゃずいぶん気候が違うんだなぁと思いました。


(蛇足)
熱帯夜は寝苦しいから好きじゃないです。
ですが。
日中の暑いときに、
「あぁぁぁぁぁ、暑いぃぃぃぃぃ〜っ」
と思いつつするうたた寝って、気持ちいいを通り越し奈落の底まで墜落するような陶酔感がありますよね。
で、目が覚めた瞬間にぶわっと毛穴から汗が噴き出して、
「ぐぇ〜、暑ぅい!」
と一声うなる。

いろいろ思い起こしてみると、今まで一番気持ちのよかった眠りは小学生のころ、残暑厳しい夏のある日の昼寝でした。
プールで泳いだ後で体が適当に疲れていて、すこーんと落っこちるように眠くなりました。
昔でしたから、クーラーは当然なく、窓からの微風にあおられてレースのカーテンがかさこそと体に触れていました。それを、
「あー、じゃまくさーっ!」
と思うものの、眠りは寝返りをうったりカーテンを開けたりする気力も起きないほど深く、日がすっかり暮れてからようやく目が覚めて、眠っていた時間の長さにびっくりしたのを今でもはっきりと覚えています。

ああいう気持ちいい眠りって、もう体験することはないんでしょうか。


(蛇足の蛇足)
シドニーに戻ってびっくりしたことがもうひとつあります。

ご、ご、ゴキブリが、それも特大のが、そこここから出てくるじゃありませんかっ!!

シドニーはきむら一家が不在の間もずいぶん暑かったらしいので、ゴキブリまで一気に繁殖してしまったんでしょうか(怖)

まあ、きむらは昆虫類・は虫類にはめっぽう強いので、黒い影が目の前を横切ろうと悲鳴どころか声ひとつ出さずに瞬殺してしまいますから、あんまり深刻に悩んではいませんけど〜(笑)

昆虫といえば。
所変わってWAでは、相方のお母さんの家の庭でクモが何匹も見つかり、相方が必死に駆除してました。
クモといっても、ただのクモではなくて、
セアカゴケグモ(Redback レッドバック)!
クモの大きさと被害者の体格によっては致死もありうる毒グモの一種なんです。
相方のお母さんが無事でよかった・・・(安堵)

人気blogランキングへ
↑ 例によって例のヤツを(笑)
[PR]

by kaoru_oishi | 2009-01-23 22:34 | その他もろもろ
2009年 01月 03日
すっぽんてにあす
どうも。きむらです。
年、明けちゃいました。
ですので、まあ、ご挨拶をば。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

前回の記事を書いている時点では、
「来年こそは落ち着いて、計画性のある1年にしたい」
などと思っていたのですが、
やはり年末からしてドタバタでした。

大晦日に食料買い出しに出遅れたばかりに、2008年最後のディナーは「年越しそば」ならぬ
「年越しカリフラワーのチーズがけ&パン」
という、何だか恐ろしく悲惨なメニューになりました。

そういや、思い起こせば何年か前のクリスマスも、
「忙しくてごちそう作る余裕がないから、当日にKFCでチキンでも買えばいいや〜♪」
とゆったり構えていたら、
何と、KFCはクリスマスは休み!
どころか、店という店は全部閉まっていて、ゴーストタウンと化していました。
で、クリスマス・ディナーは「缶詰」(涙)

・・・・・。
あああ、他にもこの手の「あちゃー」なエピソードは思い出すまでもなくいくらでもある〜(汗)

まあ、きむら以外のメンバーは「カリフラワーのチーズがけ」が好きなので、特に悲惨とも思わず食べてたので良しとしましょう。

で、シドニーの大晦日〜元旦(NYE:ニューイヤーズ・イブと略されてます)といえば、
花火!
なので、食後、相方はきむら子供その2を連れて9時からの家族向けの花火見物に行きました。
きむらは深夜に一人で家を抜け出して大人の花火(って書くと何だかエロいですね(笑))を見にいく予定でしたから、きむら子供その1(出かけたがらなかった)と家に残って後片づけ兼自宅警備をしていました。

そして、無事に相方が帰宅し、きむら子供をベッドに追いやり、
「やれやれ」
と、カウチに寝っ転がりました。
花火は家から歩いて10分ぐらいのところにある高台から見られるし、
まだ午前零時まで2時間あるから余裕じゃ〜ん♪
なんて思いながら。

・・・・・。
ふっと目を開けると、何と、

11時58分。
寝坊してしまったぁぁぁぁ〜っ!!

いくら全力疾走しても、2分じゃ絶対ムリっ!!!!!

・・・・・爆発の振動を体感しつつ、TVの生中継で花火を見ました。
何ておポンチな新年なんでしょ〜(号泣)

そんなですから、当然新年もまるっきり計画を立てておらず、
「Happy New Year!」と電話してきたお友だちと急きょピクニックに行くことになったので、家にあったスナック類をバッグに突っ込んでビーチに行きました。

でも、いきあたりばったりの「初もうで」でしたが、天気はまさにビーチ日和といっていい快晴で子供たちを泳がせたり、波打ち際でクリケットをしたり、実にオーストラリアらしい元旦を過ごすことができました。

「一年の計は元旦にあり」と言いますから、きっとこの一年は(も?)無計画でドタバタしまくるんじゃないかと思いますが「それも一興かも♪」と楽しむぐらいの心の余裕を持つことを今年の目標としたいです。


(蛇足)
タイトルですけど、本当は「スポンテニアス(spontaneous)」と書きます。
辞書を読むと「自発的な」とか「自然な」「のびのびした」とかあって、何だかポジティブなニュアンスですけど、相方が使っているときの感じでは、
「突発的」
「予想不能」
が一番しっくりくる気がします。

相方によると、きむらを一言で表すとコレに尽きるんですと(脱力)

いや〜、自分としては、それなりに意味や理由があってやってる行動なんですけどね〜。
大晦日の件じゃないですけど、計画しても必ず「すっぽ抜ける」から、結果的にスポンテニアスになってしまうのではないかと・・・(わはは)

人気blogランキングへ
↑ 今年も継続します〜♪
[PR]

by kaoru_oishi | 2009-01-03 23:05 | その他もろもろ