<   2008年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2008年 10月 15日
そんな、ばなな(汗)
どうも。きむらです。
週末、日本から帰ってきました。
一時帰国、別名「里帰り」というものです。

・・・・・。
いや〜(溜息)

もう年中行事なんで、いい加減慣れてもいいんじゃないかと思うんですけど、
やっぱりきっちり準備ができず、前日の夜にほぼ徹夜でワチャワチャワチャーッと荷造りして早朝の飛行機に飛び乗るハメになりました。

そんなですから。
き、シドニーにいろいろと忘れてきたこと、忘れてきたこと。
一番の「あちゃー!」は住所録。
それと連絡用メルアドの転送。
おかげで日本に着いたはいいが、親戚以外の誰にも連絡できませんでした。

・・・一体、何のために日本に行ったんだか(涙)

おまけに。

ちょうどその時期は豪ドルがどん底状態。
いつもですと「1ドル=100円」感覚でいられるんですが、今回は一時「1A$= ¥66」まで落ち込んでしまったので、日本にいる間にいきなり「ど貧民」になっちゃいました。

しかたがないので、日本滞在最初の週は来る前に換金してきた円をちびちび使ってしのぎ、後日合流してくる相方が追加を持ってくるのを待っておりました。

そしたら。

きむら「待ちかねたぞ〜。で、換金してきた?」
相方 「うん♪」
きむら「いくら持ってきたの」
相方 「1万円♪」

・・・・・(汗)
おおおおおお、おいっ!
豪ドルが弱いから換金したくない気持ちは、ひじょーによく、痛〜いほど分かるが、
だからって1万円ポッキリとは(絶句)

しかし。

やってみれば何とかなるもんで、
結局、きむらが最初に持ってきた円+相方の1万円で、足も出ずに滞在中の諸費用をまかなっちゃいました。

というか、
全額使いきることもなく、余りまで出たくらいで。
たぶん今までで一番安くあがった日本滞在だろうと思います。
それなりに観光もしたんですけどね。
全くもってミラクルです(笑)


(蛇足ではなく、これが本題)
いつも日本に行くと、いろいろな「びっくり体験」ができるんですが、今回は何といってもこれに驚きました。

どーしてスーパーにバナナがないのっ!?

以前に何度も書きましたが、きむらが常食としているため、人気や流行に関係なく、きむら家にはバナナがあります。
ですから、2年前に大型サイクロン「ラリー」のクイーンズランド北部上陸で豪州バナナが壊滅的な被害を受けたときなどは、その後半年ほどバナナが食卓から消え、非常にひもじい思いをしたものです。

(豪州における2年前の「バナナ不足」では、バナナの木が実がなるまで復活するのに半年以上かかりました。そのためバナナの価格は最高で1kg=13ドルまで暴騰し、消費者からは「緊急処置として海外から輸入すべき」との声が上がりました。しかし政府は国内のバナナ産業を保護するため輸入には踏み切らず、販売側はNSWの北部など他の地域で生産され被害を免れたバナナをかきあつめ、何とか乗り切りました。
きむらは当時、消費者の一人として
「食べたいんだから、さっさと輸入してよっ!(怒)」
なんて思いましたが、こうして振り返って考えると、
「国内産業を守るためには短期の価格高騰もやむを得ず」
とした政府の判断は正しかったんじゃないかと思います。
今は1kg=1.5〜2ドル程度で買えますし♪)

しかし。
聞くところによると、今回の日本でのバナナ不足はサイクロンや台風の被害によるものではないそうですね。

あの。
何なんですか「バナナ・ダイエット」って。
日本に来て初めて知ったんですけど。
「毎朝バナナを食べれば痩せる」んですか?

恥ずかしながら、きむら、
自己最高記録「1日にバナナ10本(プラス普通の食事)」を誇る、自他共に認める「非常にバナナをよく食う人間」なんですが、

痩せてないです。
生まれてこのかた(爆)

で、そのダイエットなんですけど。
ええと。
確か、前回帰国したときは「納豆を食べれば痩せるよ!」と言われました。
その前は「ダイエットには寒天が一番!」と聞きました。
そして、その前の前は「黒ごまが効く!」だったと思います。

こうやって、約1年に1度、短期で戻るから特に感じるのでしょうが、
毎回毎回、何か違うものがダイエットに効果的な食品としてマスコミで大々的に紹介され、みんなが争うようにして買っているんでビックリします。

おかげで。
いつもなら一山100円ほどで買える、きむらが大好きな
「ぽつぽつ斑点だらけでショウジョウバエたかりまくり、持ち上げたら房から自然落下するくらい完熟したバナナ」が、
日本にいる間は全然食べることができませんでした(涙)

まあ、これを機会に非・バナナ摂取者だった方がバナナのおいしさに気づいてくれるならいいですが、
「まずぅ〜。でも、痩せるためだからしょうがね〜(溜息)」
と、薬でも飲むかのように好きでもないのに嫌々食べられたあげくブームが去ると同時に見向きもされなくなり、
需要と供給のバランスが崩れ、結果的にバナナ関連産業をバブル破綻の危機にさらすようなことになったりしたら。
バナナ愛食家のきむらとしてはちょっと悲しいですね。

さて。
来年の帰国時には一体どんな食品のダイエットが流行ってるんでしょ〜(ニヤリ)

人気blogランキングへ
↑ 見るからに戦力外です(笑)
[PR]

by kaoru_oishi | 2008-10-15 08:57 | その他もろもろ