<   2007年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2007年 08月 30日
業務連絡/Intermission#6(1)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます


1年ぶりの小説アップどぅえす♪
[PR]

by kaoru_oishi | 2007-08-30 22:01 | Intermission#6
2007年 08月 28日
ケイト・カメレオン
どうも。きむらです。
日曜日の午後、きむら子供がお友達の誕生パーティに出ている間、相方と FOX Studio のカフェで昼ご飯を食べてました。

天気はいいし、暖かいし、屋外で食事をするには最高のコンディションでした。
ま、FOX Studio ってことで、ちょっと posh なんでしょうか。メニューの盛りが小さくてお腹に溜まらなかったのが、不満っちゃあ不満でしたけど〜(笑)

で、そのときに、料理が運ばれてくるのを待ちながら、備え付けの新聞を読んでいました。
日曜日の新聞(The Sun Herald だったかな?)なんで、真面目な記事よりゴシップ・ファッション・エンターテインメントが満載だったのですが。
そこに、来月公開予定の映画の紹介記事がありました。

ケイト・ブランシェットが、また何かの映画に出るそうです。
「へ〜」
The Lord of the Rings でエルフの女王さま役を神々しく演じていたケイト・ブランシェット、今度はエリザベス一世の役をするようです。
「あれ? 前もエリザベス一世、演ってなかったっけ? 別の映画なのかな?」
などと思いつつ、写真を見たら、その横に、もう一枚写真が載ってました。

黒いサングラスをかけて、髪がボサッてる男性。
「これって・・・ボブ・ディラン?」
で、写真の下のキャプションを見てみたら。

ぬゎんと。
それは、ボブ・ディランに扮したケイト・ブランシェットでしたっ!
「I'm Not There」という映画で、若いころのボブ・ディランを演じるんだそうです。

うっそぉ〜っ!?

記事によると、映画での彼女の演技に対するレビューは大変良く「第2のメリル・ストリープ」と呼ばれており、この役で来年のオスカー(助演女優(?)賞)にノミネートされること間違いないとかっ。
確かに写真で見た感じだと、そっくりでした。
とても中身がケイト・ブランシェットとは誰も思わないでしょう。

でも、外見は特殊メイク(?)で何とかできるとして、喋ったり歌ったりするときの「声」はどうするんでしょうね。
まさか「無声映画」とかっ?(汗)

ちなみに。
この映画ではケイト・ブランシェットの他に、クリスチャン・ベール、リチャード・ギア、ヒース・レジャー、マーカス・カール・フランクリン、ベン・ウィショーの5人の俳優がボブ・ディランを演じるそうです。
何だか、この取り合わせもすごいです。
一体、どんな出来上がりになるんでしょうね〜。

ボブ・ディランというと。
きむらには時代的に重なっているところがない上に、大学などで、ちょっととんがった男が
「やっぱ、ボブ・ディラン、最高だよな!」
なんて言ってたりしたんで、反動で、
「お前が崇拝するんなら大したことないだろ。聴かね〜よ(ケッ)」
と、華麗にスルーしてしまい、現在に至るまで一曲もマトモに聴いたことがなかったりします。
今になっては、ちょっと後悔(笑)

ですけど。
ボブ・ディランの基礎知識は欠いていても、ぜひこの映画は観てみたいもんです。
ケイト、この演技で、元祖カメレオン女優メリル・ストリープや、付け鼻でオスカーを取ったニコール・キッドマンを超えるのかっ?

(蛇足)
メリル・ストリープといえば、もう何年も前にこちらのコメディ番組でこんなコントを見たことがありました。
映画製作のロケ先で、役の扮装をしたままのメリル・ストリープ(本物じゃなくて、豪人コメディアンが演ってた)が今作っている映画についてインタビューに答える、というものだったんですけど。
そのときに彼女が扮していたのは。

キューバのカストロ議長(笑)

で。
インタビューの間に回想として、
「アタシが〜〜を演じたときには・・・」
と、他の映画のシーンらしきものも出てきたんですが。
そこで彼女が演じていたのは。

モハメッド・アリ(爆)

ちょうどそのころ、メリル・ストリープは「マディソン郡の橋」でイタリア女性を好演して「全然イメージじゃない!」との前評を力ずくでねじ伏せたため「メリル・ストリープなら何でも演じられる」と、そういうコントが作られたりしてたんですが、今回の「ケイト・ブランシェット=ボブ・ディラン」が成功したら、今後はこういったウルトラCな役に挑戦するのがトレンドになるかもしれませんね。

そういや、ジョン・トラボルタも新作映画で女性に扮するとか。
・・・いや、こっちはちょっとスルーしたいです(脂汗)

人気blogランキングへ
↑ま〜た貼り忘れてた〜(呆)
よほど潜在意識で「貼りたくない」と思っているんでしょ〜(笑)
[PR]

by kaoru_oishi | 2007-08-28 09:44 | きむらとギターと音楽
2007年 08月 26日
謎の戦隊っ!?
どうも。きむらです。
やっとシドニーに晴れ間が戻り、今日は一日いい天気でした。
めでたい♪

今日のきむら一家は、スイミングレッスンの後、きむら子供のお友達の誕生パーティに出席するために午後から FOX Studio に行ってきました。
City から FOX Studio に向かう途中、久々に車で Paddington を通りましたが、ちょっと見ない間にまたずいぶん通りの様相が変わっていたので驚きました。
何だか、きむらの知っている Paddington とは全然違います。
昔はほとんど毎週末、Oxford Street を歩いていたんですけどね〜。

で。
道中、町並み以外にも珍しいものを見ました。

右手にハイドパークを見ながら、College Street を抜けて Oxford Street に入る交差点のところで、まず、白バイの集団を見ました。
「おおお〜、かっこええなぁ〜」
この間も書きましたけど、いよいよ来週に迫った APEC のための訓練中だと思います。
(こちらの白バイは白地に青の格子柄です)

すると、その後から。
一台の車が来ました。
サイドに青い格子柄が描かれているので、パトカーだと思います。
ボンネットにも「POLICE」と書いてありましたし。
ですが、その車。

・・・赤かったんです。

「今、赤いポリスカーが通った!」
と、焦って家族に言いましたが「見まちがいでしょ」と、あっさりスルーされてしまいました。
しょうがないから
「「赤い」ということは「シャア専用」で、通常のパトカーより3倍速いに違いない」と、ひとり、家族の誰も分からないようなことをブツブツつぶやいていたんですけど。
そうしたら、反対車線をまたもやパトカーが通過しました。
これは、なんと。

むらさき色っ!

今度のは、しっかり家族も目撃して
「なんだ〜、今のは〜〜〜〜っ!?」
と、大騒ぎになりました。

それにしても。
赤は何となく分かるんです。
消防車だって赤いし、緊急っぽい色ですから。
でも。
なぜに、むらさきっ?
「パープルだから、ウィグルスのジェフ専用のパトカーだ。いや、テレタビーズのティンキー・ウィンキーの車かも」
と、考えるも、イマイチしっくりきません。

んで、思ったんですけど。
もしかして、これって、
赤と紫だけじゃなくて、

実は藍色と青と緑と黄色と橙色の車もあって、
レインボーカラーになってるんじゃないっすか?
そして「レインボー戦隊」として、人知れず日夜戦い続けている、とか。

でも、はっきり言って、2台とも恐ろしいくらい目立ってました。
あれじゃあ、人知れずに隠密活動するのは絶対無理です(笑)

(蛇足)
黄色のパトカー、発見っ!
って、ロータスのパトカーですかいっ!
まあ、車両追跡には向いていそうですけどねぇ(笑)

でも、いくらネットで検索しても出てこない、赤あるいは紫のパトカー情報。
一体、あれは何だったんだろう・・・(汗)

人気blogランキングへ
↑ちょうどコレをかちゃかちゃしてるときに、世界陸上の男子100メートル決勝を見逃してしまいましたっ! 何のために夜更かしして待ってたんだか・・・(涙)
[PR]

by kaoru_oishi | 2007-08-26 22:59 | その他もろもろ
2007年 08月 24日
ひとつ屋根の下〜♪
どうも。きむらです。
今年のシドニーの冬も、
第4コーナーを曲がって最後の直線コースまで来たはずなんですけど、
シーズン終了間際の出血大サービスなのか、今週はずーっと雨ばかりです。

重馬場が苦手な、きむらには、毎日がハンデ戦であります(笑)

さて。
天気はそんなですが、例によってスポーツは雨天決行で「通常どおり練習するから、放課後子供を連れてきてね」と、コーチから携帯にメールが送られてきました。
これでは、すっとぼけて帰るワケにはいかない〜(涙)
そんなわけで、行ってきました練習コート。

普通の天気の日ですと、チームが練習している間は、きむらはその辺のベンチに座って本を読んだり、書き物をしたり、きむら子供その2の勉強を見たりできるんですが、雨が降ってしまうとコートにひとつしかない gazebo(東屋。テーブル付きのベンチの上にちょっと大きめの屋根があるタイプが多い)に避難して、他の家族と震えながら練習が終わるのを待つハメになります。

で、昨日もそんな天気でしたから、gazebo に行くしかなかったんですけど。
そこでは何と。

ホームレスのおっちゃんが布団敷いて寝てた〜。

このコートは市の所有で、きむら子供チームは市の許可を得て使わせてもらってます。
なので、コート付属の gazebo も、きむら子供チームに使用権利があるんですが。
だからといって、おっちゃんに
「おんどりゃあ、いねやぁ!(怒)」
と、すごむワケにもいかないし(汗)

しょうがないんで、ベンチの、おっちゃんの布団から反対側に身を寄せあって座ってました。

しかし。
そうしたら雨脚が強くなってきて、チームの練習が一時中止になって。
2チーム分の子供とコーチ2人が gazebo に走り込んできました。

畳10帖ほどのスペースにスポーツチーム総勢20名+ホームレスのおっちゃんと布団。
ひしめきあいながら、みんなで雨やどり。
何だかとてもシュールな光景でした。

まあ、これだけならまだいいんですけど。
そのうち、コーチが「ただ雨やどりしているのは時間がもったいない」と言って、
なんと、そこでボールを使ってパスの練習を始めましたっ(驚)

もう、
「ボールがおっちゃんを直撃したらどうしよ〜」
「うるさくて、おっちゃんが怒って暴れ出したりして・・・」
と、生きた心地しませんでしたよぉぉ(汗)

幸い、しばらくして雨が止み、コートで試合も出来ましたが、きむらはそこにいた1時間強の間にずいぶん気を張っていたんだと思います。スポーツの後のお稽古ごとで、きむら子供のレッスンが始まるなり、イスに座ったまま爆睡してしまいました。
(そんでもって、レッスン後にお稽古ごとの先生に肩叩かれて起こされました〜(恥))

前々から「ホームレスの人は天気が悪いときはどうしているんだろう」と思っていましたが、こうやって雨露をしのいでいるんですね。
勉強になりました。

(蛇足)
Gazebo 滞在中はお互い空気のように存在を気にしない演技をしていましたが、やっぱり無意識に観察してしまうものです。

ホームレスのおっちゃんは、寝袋とテントの中敷きを「布団」代わりにしていて、ちゃんとした枕(それも2つ)を使っていました。
食料は、誰かの差し入れかもしれませんが、ドーナッツの箱(6つぐらい入るサイズ)とコーラ、それからイチゴのパックを傍らに置いて、悠々と新聞のクロスワードをやっていました。

ちょうど昨日は、きむらは忙しくて昼ご飯を食べ損ねましたんで、ひもじい思いをしながら、おっちゃんがドーナッツを食べているのを見ていました(ぐぐぅぐぅぐぅ)

人気blogランキングへ
↑テニスみたいに「世界ランキング○位」なんてあるとおもしろそうですね。
でも「世界ランキング160,372,085位」とか言われても、すごいんだか全然すごくないんだか、さっぱり見当がつきませんねぇ(笑)
[PR]

by kaoru_oishi | 2007-08-24 20:48 | It's Sporting Life
2007年 08月 22日
(更)どうせならガンダムをシンボルに・・・
どうも。きむらです。
金融業界の合併、進んでますね〜。

きむらも日本ではいくつかの銀行の口座を持ってました。
お金がたくさんあるからいくつも口座を持っているんじゃなくて、
バイトしたり就職したりする度に、
「ウチは○○銀行の振り込みだから」
と言われて「はいはい」と開設したら、いつの間にか預金はほとんどないのに口座ばかり出来てしまって。

で、豪州に移り住んだので数年ほったらかしにしていたら。
なんと。

合併が進んで元の銀行がなくなっちゃいましたっ。

何でも、通帳を持って合併先の新銀行に行けば新しい通帳を発行してくれるそうですが、
その新銀行の支店が地元になかったりするんですよね。
大都市に出ればあるんでしょうが、口座に残った預金総額は大都市に行くための電車賃より少ないという・・・・・(汗)

なので。
日本に帰るときには、いつも
「あ〜、あれ、何とかしなきゃ」
と思いつつ、現在に至っています。

ところで、今回の合併をめぐる動向、非常に気になります。
ワシのシンボル撤去の理由が本当にオランダの相手銀行の感情を慮ってだとしたら、

いっそのこと、シンボルは「アムロ」にふさわしく「ガンダム」にしてくださいっ!
そうしたら、絶対顧客が増えるはずです。
特に日本の顧客がっ!

どうかひとつ関係者にご一考いただきたいものです〜。

人気blogランキングへ
↑なんとか圏外を脱出した「きむらブログ」一応、ご参考までに貼っておきます(笑)


(蛇足)8月23日(木)
また、しょうこりもなく「もし某巨大掲示板にアムロ銀行のスレがあったら」などと考えてみてしまいました。
見ての通り、元ネタのほとんどが「ファースト」な、きむらです(笑)



アムロな銀行 板

1:【アムロ】樹海へ旅立つ前に一言【逝きま〜す】(421) 2:【バークレーズと】ワシなんて飾りですよ。偉い人にはそれがわからんのです。【合併?】(846) 3: 【日経平均】落ちろ!落ちろ!落ちろ!★3(116) 4:【英国はポンド】ユーロだからさ【なぜだ?】(89) 5: 機動新世紀ガソダムFX で大損(330) 6: 【一年で】認めたくないものだな、自分自身の若さ故の過ちというものを【クビ】(173) 7: 【顧客が】上司にも殴られたことがないのに!【キレた】(549) 8: シャアは かったな!シャアァァァァ(239) 9: 【下げ止まり感】まだだ、まだ終わらんよ(17) 10: 黒い三連星 トリプル安(887) 11: 【各国中央銀行】弾幕薄いよ、何やってんの★15【資金供給18兆円】(774) 12: 兄はアリコです(9) 13: シャア専用ポートフォリオ★7(986) 14: 【利子なんて】元本割れの言いわけ【飾りですよ】(438) 15: 【イタリア通貨復活?】リラァはかしこいな(513) 16: 悲しいけど、これ、ストップ安銘柄なのよね★65(12) 17: 【顧客に】私が不慣れなばかりに・・・【お詫び】(52) 18:【新機動戦記ガソダムVV】バークレーズ南極基地支店 【客が来ねぇ・・・】(1) 19: 【やらせはせん】八対一で政策金利0.5%利上げ見送り【やらせはせんぞ!】(26) 20: 【マチルダさ〜ん】ピッツバーグ銀行初代頭取の嫁(47)

リンクが切れた時用の原文
[PR]

by kaoru_oishi | 2007-08-22 18:04 | その他もろもろ
2007年 08月 22日
ママはライバルっ!?
どうも。きむらです。
週明けの朝のことです。
WA に住んでいる義母(相方のお母さん)から小包が届きました。

受取り人は、きむら子供。
おばあちゃんから孫へのプレゼントらしいです。
ですが。

もちあげたら、ずしっ!ときました。
「辞書でも入ってるのかな?」といぶかしく思うほどの重さです。
中に何が入っているか、非常に興味はありましたけど、
きむら子供が帰るまでじっと我慢してました。

で、帰宅後。
きむら子供はワクワクしながら小包を開けました。
すると。
出てきました。
本が。

でも、フツーの本じゃないです。

義母が書いて自分で装丁した「小説」
しかも。
A4の紙で約300ページ!
ちょ、長編だっ!!


びっくりしますた〜(汗)

・・・・・。
まあ、もともと義母は物を読んだり書いたりするのが好きな人で、以前から読書会を開いたり、シルバー世代で集まって文集を作ったりしていました。
しかし。
人知れず、こんな長編小説を書いていたとは・・・・・(汗)

小説は子供向けの妖精の話です。
きっと、きむら子供も喜んで読むと思います。
そして。
きむら子供が読んでいないときは、きむらと相方も読ませてもらって、
もし、内容的によさそうであれば、しかるべき出版社に原稿を送り、出版のお手伝いでもできれば、と思ってます。

しかし。
これって、取りようによっちゃ、すごくないですか。

きむらのお姑さんは、
「同人やって、ファンタジー書いてる」
ってーことなんですよっ。

何だか、とてつもなくぶっ飛んだ人と in-law(姻戚関係)になってるんだな〜!
という気がしてきました。いい意味で(笑)

日本ですと、さしずめ
「年二回のコミケに合わせて執筆に追われる日々。コミケ前日は家族総出でビッグサイトに同人誌を運搬し、当日は開場と同時に所属ブースで一日中販売活動」
といったところでしょうか。

きむらも、まあ、ヨメとしては負けていられませんなぁ。
頑張って書きあげないと〜(滝汗)

で。
YouTube 的に言うと、やっぱりコレPressure by BILLY JOELでしょうかね(笑)


(蛇足)
考えてみると。
数年前に亡くなった義父(相方のお父さん)も、リタイア後は回顧録を書いたり、新聞に寄稿するのを趣味にしていました。
そして、相方の妹キャロルは、いきなり思い立って映画用のシナリオを書いたりするような人です。
んでもって、あの!ロビーですら(笑)脚本を書いて地元のシアターで上演したことがあるんですよね。

かなり書くことが好きなようです、きむら家 WA 支部の人々はっ。
書いてないのは相方だけ〜(へへへ)

なんて。
まあ、こういう環境だからだと思います。
きむらが家事能力がアレだろーと、味オンチだろーと、ヨメとしてやっていけるのは。
「小説、書いてます♪」というと喜ばれるんですからっ(爆)

今のきむら家の生活ぶりを思うに、
「家事能力がアレなのに、小説を書く」というのは、このまま「家風」としてストレートに次世代に引き継がれていくような気がしてきました。
いいんだか悪いんだか(汗)

人気blogランキングへ
↑義母もブログやればいいのに〜、と思う、今日このごろ。
[PR]

by kaoru_oishi | 2007-08-22 12:01 | その他もろもろ
2007年 08月 20日
そうだ 避暑 行こう。
どうも。きむらです。
日本へ向け「残暑お見舞い申し上げます」

今年の日本はずいぶん暑いようで、ネットのニュースなどを検索していると「40度超えた〜」という記事をよく目にします。
・・・う〜ん、確かに、きむらが日本にいたころはいくら暑くても最高気温が40度を超えるなんてことはなかったように思います。
やっぱり「地球温暖化」の影響なんでしょうか。

かたや。
シドニーは、先々週こそ25度まで行って「もうすぐ夏〜♪」ムードが漂っていましたが、あっさり気候が元に戻って、現在は最高気温が17、8度(今日は15度)ぐらいです。
あ〜、冬が終わるまでまだ少しかかる〜(涙)

しかーし。
しかしですよっ。
逆に考えるとすれば。

シドニーサイダー(Sydney-sider、シドニー在住の人。シドニーで売ってるサイダーのブランドではないです(笑))にとっては寒くて味気ないシーズンであっても、地球の反対側、つまり北半球側で暑さにあえいでいる人たちにとっては「寒くて快適な気候」なワケですよねっ!?

となると。
今まで日本人観光客から見たシドニー、オーストラリアと言えば、とにかく
「ビーチ、ビキニのネーサン、ライフセーバーの筋骨たくましいニーサン(あと、カンガルーとコアラとブーメラン)」
で、圧倒的に夏のイメージが強かったですが、今後も北半球で猛暑が恒例化するとしたら
「澄み切った空の下でハイドパークを散策、シドニー市民と一緒にシティマラソンに参加して、夜はフットボール(ラグビーあるいはサッカー)を観戦。週末はリゾートでスキーざんまい」
なんて、こちらの冬に観光するイメージも定着してくるかもしれませんね。

で、もちろんキャッチコピーは。

そうだ
避暑
行こう。

日本のみなさまの御来豪を心よりお待ちしております〜♪


(蛇足)
・・・などと書いている今、シドニーはすざまじい雨の来訪を受けている最中です。

まー、すごいですよっ!
日本だと台風の直撃でも受けないかぎりお目にかからないようなスケールの雨が、降ったりやんだりを一日中繰り返しています。

寝ぼけて聞いたラジオのニュースなんで未確認情報ですが、
昨夜のシドニーの降雨量は99ミリだったとか。
シドニー全域10センチちかく降ったってことですよねっ!?

それなのに〜。
いまだに水不足に苦しんでるんですよっ、シドニーはっ!
いったい、どんだけ〜!!(驚)

気温的には「避暑」にはもってこいですけど、この雨見たら日本人観光客のみなさんは青ざめてしまいそうです(汗)

うむむ・・・じゃあ。
またしても発想の転換を図って。

中東など降雨量が極端に少ない地域向けの観光ツアーを企画するのはどうでしょう。
で、キャッチコピーは。

そうだ
大雨
見よう。

中東のみなさまの御来豪を心よりお待ちしております〜♪

人気blogランキングへ
↑しつこくしつこく貼り続けるこの一行(笑)
[PR]

by kaoru_oishi | 2007-08-20 10:04 | その他もろもろ
2007年 08月 18日
いいのぉ〜、もっとぉ〜
どうも。きむらです。
さわやかな朝に澄み切った心でコンピュータに向かい、こんなタイトルを書いています。

近くを誰が通ろうと、日本語だからバレません(爆)

このあいだ同行者を探していた Linkin Park のコンサート、あれから何人かに当たってみましたけど、ことごとくアウトでした。
一番有望だったビーチの女神さま(しかも Linkin Park の音楽を知ってる!)はちょうどその時期に旅行に出かけてしまうし、きむら以上にロック通の R さんは今、ちょうど忙しさのピークにあるらしく、携帯にメールを送るものの、未だ返事は来ず(涙)

一時は一人で行くことも考えたんですが、会場となるSydney Entertainment Centre 界隈は人通りがあるとこはあるんですけど、ないところは全然ない、ちょっと安全面でビミョ〜なエリア。終わってからバスや電車で帰るにしても会場から少し歩かなければならないのが厄介であります。

ということで。
今回は残念ながらパスすることにして(←もう sold out でしょう(笑))次回以降に向けて一緒に行ける人脈づくりに励もうと思います。
誰か、後で YouTube にアップしてくださることを願いつつ・・・。

などと書いてはいるんですが、実はこのあとのシドニーは大物が大挙して押し寄せてくるんです。
MUSE に THE KILLERS に BRYAN FERRY(←彼だけちょっと時代が違ってますが(笑))

人脈づくり、スピードアップしないといけませんねっ!(焦)

MUSE といえばズバぬけてスゴイのが「Butterflies & Hurricanes」
YouTube にもたくさんアップされてますが、未見の方はまず PV の美しさから入っていくといいと思います。とにかくマシュー・ベラミー(Matthew Bellany)のピアノソロが見事です。

で。
やはりこのパートが魅力的なんでしょう、YouTube に自分の演奏風景を上げている素人さんも結構いました。
「素人さん」とは書きましたけど、みなさん、かーなりーな腕前です!
いいですねっ、こういうのはっ♪

著作権という観点から考えると、誰かの曲を演奏してその風景をアップするのは「著作権の侵害」に当たるのでしょうか。
しかしながら、演奏している素人さんたちは、みんなその曲に惚れ込んでいるから挑戦しているのであって、それをネタにお金儲けを企んでいるわけではありませんし、逆に、素人さんたちの映像を見て「オリジナルはどうなんだろ?」と原点に興味を持つ人もいるはずです。
(この曲の場合はクラシックの曲を検索しても関連で出てくるんですよね。
ってーことは。
ロックとクラッシックの交流をはかる上でも役に立ってるんじゃないでしょうか)

ということで。
YouTube の海の中から、素人さんによるこの曲の演奏風景をいくつかご紹介します。
これはすげ〜
手がよく映っている
ボサノバ風味
力はいってます〜
そして。
何ですか、この人は?
ピアノの上にワイン置いちゃいけないじゃないすか(怒)
って、ご本人さまでした(笑)

いや〜、ほんっとに、演奏風景の映像っていいですね〜。
こういうの、もっともっと観たいもんです♪

何と言いますか。
MUSE のピアノって、ポップスにありがちな「コード伴奏」ではなく、クラシカルな演奏をストレートにパンクにぶち込んだような凄みを感じます。アクが強い分、好きな人と嫌いな人にすっぱり割れて真ん中がなさそうです。

う〜ん。
こういう演奏を観ていると
「リチャード・クレイダーマンのしたたる汗がたまらないぃぃ〜っ」
と言っていたのが、はるか昔のことに思えてきますねぇ・・・。

ショコラ・パリ、トレビア〜ン
って、この CM 撮るのにはるばるパリまで持ってったんでしょうか、○ーモンドチョコ(笑)

(蛇足)
ライブ映像や演奏中心 PV できらきらしている MUSE ですが、時にはストーリー性のある PV も作ってみたいようです。
例えば、この「Starlight」

広々とした甲板で華麗に演奏するメンバー。
服は海軍が愛用するピーコート。
甲板には H を丸で囲んだヘリポートのサインが。
闇の中、ピストルで照明弾を打ち上げるマシュー。
まるで戦争映画の1シーンのようであります。
絶対に制作側はそのイメージで作っているな、これはっ。

しかし。
しかーし。
やっぱり。

どう見ても貨物船です。本当にありがとうございました。

教訓:
PV では絶対に本物を使うこと。
何かを「見立て」て使ったり、映像を無理に合成してはめ込むと、華麗な出来を期待して作った PV もいつの間にやら「おもしろ PV」に・・・(汗)

人気blogランキングへ
↑上位に入ると「書籍化間違いなし」との未確認情報もあります。
さて、どうなんでしょうね〜♪
・・・・・。
なんだか、今回は外部リンクのオンパレードで、さすがに疲れました(爆)
[PR]

by kaoru_oishi | 2007-08-18 10:45 | きむらとギターと音楽
2007年 08月 16日
枯れ木も山のモグワイ
どうも。きむらです。
もう半年ぐらい前になるんですけど、ずいぶん昔の知り合い(豪人)からメールが来ました。
仕事関係の遠い知り合いだったので「あれ、新しいメルアド教えてたっけ?」(仕事関係ですと普通は仕事上のメルアドでやり取りしてますもんで)と不思議に思って宛先を見たら、旧メルアドのままでした。

プロバイダーって、契約が切れた後も、ずっと転送してくれるもんなんでしょうか。
個人用のアカウントは旧アドから新アドに変えてから、もう何年も経ってるんですけど(困惑)

まあ、とにかく。
メールを読んでみたら、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の招待状でした。

日本ではかなり普及しているらしい SNS、新聞などの記事によると、こちらでも10〜20代を中心に流行っているらしいです。
こちらで一番よく聞くのは「My Space」と「Face Book」で、在豪の日本人は「mixi」を活用しているようです。

なんて。
ここでやたらと「伝聞推定表現」を多用していますけど、それは、きむらは SNS に参加していないからです。

実を言うと。
きむらも2年ほど前にむしょうに参加してみたくなり、友人にせっついて招待状を送ってもらったことがあります。
ですが。
規約やその SNS のルールを読んでいるうちに、あまりに複雑すぎて入会手続きをする前にギブアップし、現在に至っています。
(↑ なにしろ、相方にカプチーノマシンをプレゼントされたものの、マニュアルを読むのが面倒で3年放置していた前科もありますんで(笑))

きっと、始めてみたらいろいろと面白いことがあるのだろうと思います。ですけど、ルールを理解するのに人一倍苦労しそうなきむらがトライしたら、一体どれぐらい時間がかかるか想像もつきません。
それでなくても、既に小説を書きブログを運営することで自分の自由時間は使い切っていますんで、これ以上の「課外活動」は物理的に無理だな〜と思います。

なので。
豪人の知り合いには悪いなぁと思いつつ、今回の招待もパスすることにしました。
まあ、彼は博識で面白い人ですし、バーチャルでない実体でも友人がたくさんいるようなので、きむらが参加しなくても既に数百人規模のバーチャルコミュニティを形成しているはずです。
たぶん「アニメ」か「格闘技」がテーマの(わはは)

ということで。
いろいろ心揺れ動いた SNS ですが、バーチャルでアバターを動かす「セカンド・ライフ」ともども、きむらの余生の楽しみとして置いておこうと思います。

(蛇足)
自分ではそう結論づけてはいるものの、流行っているだけに、人込みを歩いているだけで「ミクシが・・」「最近、日記更新してないね〜」「〜さんも入りなよ〜」的な会話をしているところにバッタリ出くわすことがあります。

あれは非常に気まずいもんですね〜。

何と言うか、
「自家製の浅漬けを近所の奥さんに配っているところに、知り合いレベルの同じ町の奥さん(実は浅漬け食べない人)が通りかかった」という状況にきわめて近いです。
そして。
タッパーに詰めてある浅漬けを開けて、一人分を新たに都合して知り合い奥さん(きむら)にもあげるか、
あるいは「これはご近所限定だから」と、あげずに済ますか。
一瞬のあいだに、こういう葛藤が浅漬け奥さん(ミクシやってる人)の心の中で起こるわけです。

きむらは既に SNS の招待を3通(そうなんです。実はもう1通ある〜)保留したままにしていて、これ以上貰っても不義理を重ねるだけなので、
「あああ〜、私、浅漬け食べないんです〜。お気持ちだけいただいときますね〜(スマイル)」
と微笑みつつ立ち去りたいんですが、果たして浅漬け奥さんがきむらを招待するつもりかどうかも分からないので、
「まぁ、今日は何ていい天気ざましょ。では、みなさんご機嫌うるわしゅう、おーほっほっほっほっほ〜(なぜか高笑い)」
と、浅漬けは見なかった、SNS も聞かなかったフリをして走り去ることにしています(爆)

SNS。
やってないのに、これだけ気疲れするんですから、やってたら、きっときむらは保たないでしょう。
普通の生活と SNS 生活を両立なさってる方は心底すごいと思います。

(蛇足の蛇足)
タイトルは、見ての通り
「枯れ木も山のにぎわい」
(枯木も山の風致を添えるものであるの意。転じて、つまらない物も数に加えておけば無いよりはましであることのたとえ:広辞苑より)
のもじりで、

『長年音信が途絶えていた知り合いでも SNS に加われば「オレ、マイミク100人いるんだ〜」と自慢する足しになるであろう。しかし、モグワイに水をかけたり、光を当てたり、夜12時以降にエサを与えると、凶暴なグレムリン=きむらに変貌するので気をつけなければならない。ちなみにモグワイ(Mogwai)という名前のスコットランドのバンドもあるんで、そこんとこヨロシク』
という意味です。

実を言いますと、本当はタイトルを
「枯れ木も山のまぐわい」
としたかったんですけど、もうヨソで使われていたのであきらめました。
しかし、そのヨソで使ってらした方は、どうやら「にぎわい」のつもりで間違って「まぐわい」と書いてるらしいんですよ。
こういう場合、間違いを指摘すべきなんでしょうか。
意味が意味だけにちょぉっと勇気が要ります(う〜〜〜む)

(蛇足の蛇足の蛇足)←わっはっは〜
もうすぐ、小説の21章が、終わり、ますっ。
22章は完成してますし、23章もだいぶ進んでますし、うまく波に乗ったら一気にスピードアップするはずです〜。
メルマガも今月から送信再開する予定ですぅ〜。

ふぁいとぉ〜っ。

人気blogランキングへ
↑ということで、こちらも一発よろしくお願いします〜。
[PR]

by kaoru_oishi | 2007-08-16 19:49 | その他もろもろ
2007年 08月 14日
(1/5感)×∞?
どうも。きむらです。
朝のことです。
例によって、きむら家は時間に追われながら出かける準備をしていました。

きむら「靴下履いて、サンスクリーン塗って、バッグしょって、玄関行ってっ!
    あ、今日は最高気温17度だから、上にジャケット着ときなさいっ!!」

一度に5つぐらい指示を出しながら、こちらも同時に3つぐらいのことをしています。
まあ、どんくさい子供がいる家庭ですと、ごく当たり前の朝の風景です。

が。

きむら子供が目の前を通過したときに、何か違和感を感じました。

きむら「ちょーっと待った! こっち来なさいっ!」

そして。
きむら子供が戻ってきたところで違和感は確信に変わりました。

きむら「いつもとニオイが違う。ジャケット脱いでごらん」

やっぱり。
ジャケットにはきむら子供の名前は書いてありませんでした。
きむら子供は前日間違ってクラスメートのジャケットを持ち帰っていたのです。
(着ないでバッグに入れていたので、今日まで気がつかなかった)

に、しても。
いくら目の前を通ったと言っても、きむら子供との距離は1メートルはありました。
そして、きむら子供のクラスメートも、特に体臭が濃いぃワケでもありません。
臭いとかニオイがキツイのでもなく、とにかく「違う」と感じました。

これって・・・・・嗅覚が鋭いということなんでしょうかねぇ。
あるいは・・・・・着てみて気づけよ、きむら子供! とも言えるかもしれません。

そういえば。
イースターの休みに Royal Easter Show というイベントに行って、その中のアトラクションのひとつ「Dog Obedience Show」なるものを見ました。
日本語に直すと「犬の訓練披露」でしょうか、犬を訓練するとこんなことやあんなことができます、と、数頭の犬とその飼い主がいろいろな訓練の様子(選手権らしく、順位が決まって表彰もあった)を見せてくれました。

そして、その訓練の競技のひとつに「嗅覚チェック」がありました。
木と金属の二種類の棒が何本か用意され、犬は嗅覚で飼い主が握った棒を選びその精度を競うという内容なんですけど、

きむらは見ていて、
「え〜、あんなの簡単じゃん」
と思いました。

だって。
飼い主(なぜかみんな女性)はドレスアップして、見るからに香水をたっぷりつけていそうだったんですもん。
思わず犬と一緒に競技に参加したい衝動に駆られましたよ(爆)

もしかして。
きむらが中世に生まれていたら、香道の第一人者になっていたかもしれませんね。
でも。
きむらの得意分野は、あくまでも自然なニオイなので、香水やコロンのように匂わすために人工に作られたものの分別は出来ません。
というか、
キツすぎて「臭い」としか思えなかったりします。

(ジャケットを脱ぐ前)
きむら  「これは○○ちゃんのニオイだ。間違いない」
(ジャケットを脱いで○○ちゃんのものと判明)
きむら子供「○○ちゃんのだ〜。わ〜い」(← ニオイをかぐ)
きむら  「ブキミだから、そういうことやめなさいぃっ!」

それにしても。
何が優れているかによって、他の人の反応はずいぶん違うように思います。

視覚(視力)は「目がいいんだ〜」とうらやましがられ
聴覚も「耳がいいんだ〜」とほめそやされ
味覚だって「グルメ〜」とあがめられて、いいことばっかですけど、
嗅覚や触覚だと、ポジティブに受け止められるどころか、
「ニオイかぐなんてキモ〜」とか
「どこ触ってんのよっ!」と、ほとんど「変態さん」あつかいです。

これも大切な五感のうちなんですけどね〜(トホホ)

人気blogランキングへ
↑またしても貼るの忘れてました。
きむら自身がこんなですから、当然ながらランキングも「圏外」で順位が分からなくなっちゃいました。
もう貼るのやめようかな・・・(笑)
[PR]

by kaoru_oishi | 2007-08-14 23:01 | その他もろもろ