<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2007年 04月 29日
Invincible → Interchangeable
どうも。きむらです。

最近、忙しくて rage(オーストラリア国営放送の音楽番組)を全然観ていませんでした。
でも、たまたま起きている時間に MUSE の新曲「Invincible」のPVがあったので、これ一曲だけ観てみました。

ええと。
PVはパロディです。
MUSE のメンバーがゴンドラに乗って運河を渡っていると、対岸にたくさんの機械仕掛けの人形が出てきて・・・。
誰もが知ってる、○ィズニーランドの「It's a small world」クリソツの世界が広がってるわけです。
でも、パロディですから「幸せに満ちた世界の子供たち」でなく「世界の争い」がテーマで、なんと「ネズミの耳を持つ」機械のモンスターが出てきてビルディングを破壊してたりします。

クリソツではありますが、外角高めのスライダーでディ○ニーランドから訴訟を起こされない程度に何とか押さえてあるところに作り手の技を感じます(笑)

で。
まあ、PVだけというのも何ですから、歌詞も見てみました。
結構分かりやすいです。
中学生の英語でじゅうぶん読解できます。
サビのところは「君と一緒だから無敵〜♪」ですし。
と、言いますか。

正直な感想を言うと、
「英国出身でバリバリのネイティブがこんなすっこんこんにストレートな歌詞でいいんかい!?」
と思いました。(これの前の Starlight も、かーなーり明解でしたし〜)
これでは、来月ヘルシンキで行われる Eurovision に出場する非英語圏のアーティストが歌う「直訳英語」の歌とほとんど同じじゃないすかっ!!
もうちょっとひねりを効かせてもらいたい、と願う、今日このごろです。

ちなみに。
歌詞はネットで調べました。
まあ、リスニングに自信がないということもあるんですが、
MUSE の場合、
とにもかくにも歌詞が聞き取りづらい、
というか、
「何、言ってるか全然わかんね」なんです。

歌詞が超分かりやすいというのは置いといても、メロディラインはきれいですし、決して悪い曲ではないのですが、残念なことにヴォーカルの Matthew Bellamy の声がぼそぼそしていて分かりにくいんです。
例えば、この人の代わりにボノが歌うようなことがあったら、
「ああ、なんていい曲っ! 歌詞も分かりやすいし、沁み入るように頭に流れる〜♡」
と感じるような気がするんですけど、あのぼそぼそ声で糸を引くような歌いかたが感動を遮断しちゃうんですよね。
何とももったいないです。

このヴォーカルさん、歌の他にリードギターとキーボードも担当してまして、ステージでは一曲にその三役で演ってたりします。
これだけメインやってるんだから、歌ぐらい他の人に任せてもいいんじゃないかな、などとも思います。

そして。
PVを観てしばらく経ってから、このヴォーカルの歌いかたが誰かにひじょーに似ていることに気づきました。

前川清。
元「内山田洋とクールファイブ」の。
「ぬぉぉぉぉ〜」と引っ張るようなところは、本当にクリソツです。

てことはですよ。
Matthew Bellamy が、
「あああなたのそぶぁで ああ暮らせるならぶぁ〜
 辛くはないぅわあ この東京さぶぁくぅ〜♪」
と歌ったらしっくりくるでしょうし、反対に前川清が
「とぅぎゃぁざ〜 うぃ〜あ〜 いんう゛ぃんっしぼ〜♪」
と歌っても何ら違和感が起こらないわけで。

これはもう、来日公演にはぜひ歌ってもらうしかないっすね〜。

あ。
ここまで言いたい放題言ってますけど、きむら、MUSE好きですからっ。
CD聴いてますし、DVDだって持ってますし〜♪


(蛇足)
こういう Interchangeable(交換可能)なアーティストって、他にも結構いるような気がします。

Doors の Jim Morrison ⇔ INXS の MIchael Hutchence
Cold Play の Chris Martin ⇔ Silverchair の Daniel Johns(顔も似てるっぽい)
Scissor Sisters のヴォーカル ⇔ ビージーズ
Eskimo Joe のヴォーカル ⇔ Evermore のヴォーカル
Wolfmother のヴォーカル ⇔ オバQの「小池さん」(チリチリ頭なので)

最後の一人は歌手じゃないですけどっ(笑)
[PR]

by kaoru_oishi | 2007-04-29 01:13 | きむらとギターと音楽
2007年 04月 24日
憂国?
どうも。きむらです。

先週のことです。
きむらは夜、シャワーを浴びていました。
(その日の夕方、きむら子供のネットボールの練習がありまして、きむらは人数が足りない分選手としてかり出され、ズタボロ汗まみれになりましたもんで)

すると、シャワーごしにTVの音が聞こえます。
「おお、これは日本語ではないかっ♪」
いつもの4倍速でシャワーを済ませてイソイソとTVの前に座りました。
(相方がその前のニュース番組を見て、そのまま続けてTVを見ていました)

( ゚v ゚)< きむら:日本のアニメについてかな?
( ゚- ゚)<  相方:さあ。

番組開始後10分経過。

( ゚д ゚)< きむら:ちょっと、これは・・・(汗)
( ゚д ゚)<  相方:・・・・・(滝汗)

。 。
  / / ポーン!
( Д )

「良識人」相方、脱落。居間より退却。
きむら、番組を見続ける。

番組開始後20分経過。

。 。
  / / ポーン!
( Д )

その後も何度となく↑となりましたが、意地でも終わりまで見てしまう、きむらではありますけど(笑)

いや〜、たまげたなぁ。
あまり驚いたもんで、思わず、普段使わない「顔文字」まで駆使してしまいましたよ。

で、これ(↓)が番組のタイトル及び紹介文です。

10:00 pmXY DOC - A PERFECT FAKE
The fantasy of creating life is as old as civilisation. This film takes us into the world of men who have chosen to reject the reality of human sexual companionship in order to pursue a variety of 'hyper-realistic' erotic surrogates and simulations, computer-generated virtual pornography and erotica. To the men who own life size female 'love-dolls', each 'girl' is as unique as a snowflake. (From Canada, in English and Japanese, with English subtitles) (Documentary) (Rpt) MA (A,S) CC

番組内容を簡単に説明すると、これはバーチャルリアリティの性をいろんな方面からとことん追求する日本人男性たちをレポートしたドキュメンタリーです(英語字幕付き)
製作はオーストラリアでなくカナダで、2004年のものでした。で、調べてみたら、しっかりDVDでも発売されてました。

って。
ちょっとこれ「NO RATING」なんて書いてあるけど、内容からいって絶対「MA(Matured Audience,成人向け)」ですよ、アマゾンさん〜っ!(焦)

2004年の時点でコレですから、きっと2007年の現在、番組で紹介されていた技術はさらに進んでるのではないかと思われます。
これぞ「人類の進歩と調和」ってことでしょうか。

しかし。
う〜む、しか〜し。
ここまで追求しちゃっていいものだろうか(汗)

例えば。
(あんまり詳細を書くとナニなので控えときますが)ある器具と装置についての紹介がありました。
それを身体に装着すると、インターネットを媒介としてバーチャルの相手とアレすることが可能になるんだそうで。
番組では試作段階のブツが映ってましたが、複雑なコードが伸び、いろんなプログラミングを経て稼働するということでした。
(何か、掃除機の吸引力をうんたらかんたら、とも(汗))

コードの塊の中に鎮座する肉色のソレ。
はっきりいって、エロよりグロでありました。

宇宙基地に駐在中の孤独な宇宙飛行士が「どーしてもナニなのでアレしたい」とかいうならともかく、
こーんなに周囲に実物があふれかえっているのに、敢えてバーチャルを対象にとことん極めようという心意気が、きむらにはイマイチ分かりかねました。

ブツの圧力数値の変動を計測するより、生身の女性にアプローチしてみるほうが、ずっと手っ取り早いんではなかろうか・・・。

そして。
男性がバーチャルの女性に走る一方で、女性のほうは着々と「腐女子化」が進んでますから、ますます「少子化」に拍車がかかることは間違いないのでは、と。

日本人はかなり近い将来、在来種トキのように絶滅しちゃうような気が真剣にしてきました。

ふ、不安だ・・・。
[PR]

by kaoru_oishi | 2007-04-24 23:59 | その他もろもろ
2007年 04月 15日
ひさびさにオメデタイ話題
どうも。きむらです。

先日、2004年からだ〜らだ〜らと書き続けている小説の第22章が出来上がりました。

イヤッホォ〜ッ!!

思えば、書き出した2004年は、もうそりゃ夢中で邁進あるのみだったんですけど(ブログのエントリー数も格段に多かったような(笑))2005年は仕事関係で書くことに集中できず、2006年は年初めに体調を崩しその後復活したものの、その間きむら子供関係のイベントが倍増して書く時間があまり取れなくなってしまいました。

その状況をカレー作りに例えるならば。
「食材を揃え、洗って切って鍋にブチ込み火にかけるところまではこぎ着けたが、電話がかかってきたり来客があったりして、その都度火を止めるので、いつまで経っても煮えない」
状態です。

気分は「蛇の生殺し」というか「お茶うけに生八つ橋一切れのみ」というか、
「生ビール頼んだら、冷たくなくて「生ぬる」ビール」
すっきりしないことこの上ないです。

あ、ところで、なぜ「カレー」かというと。
きむらが手順よくマトモに作れるのはカレー、しかもインドでもタイでもなく、日本の出来合いルウ使用のカレーだけだから。

そして悪いことに。
このように、忙しさのあまり、書くのを「中座」してはいろいろするうちに、いざ時間が出来てもなかなか書くエンジンが一発でかからなくなってきました。
俗にいうスランプです。

一時は全然進まないんで、
「あ〜、これで断筆宣言かぁ〜(ため息)」と内心思ったりもしましたが、最近になってフッと、これまた唐突に前のリズムが戻ってきました。
毎日忙しいのに変わりはありませんけど、エンジンをかけたら一気にフル回転まで行きそうな感触があるのは本当にうれしいです。

小説はまだ何章も残ってます。
でも、とにかく頑張って完成させないと。
さしあたって、まずは21章から。

・・・22章が先に出来てしまったもんで orz


(蛇足というか、こっちが本題かなぁ?)
メデタイといえば。
先週、WAからうれしいニュースが。

舎弟、もとい、義弟のロビーが、
つ、い、に、婚約しましたっ!

お相手はBちゃん、二十代前半。
豪とインドのハーフですんごい美人っ。
(ハーフということですが、目が青いしインド系には全然見えないのです)
まだ無名だけど一応舞台女優なのだぁ〜。

いや〜、あんなにキレイで、しかも気だてのいい子が義妹になるなんて、
実感が湧かんわ〜。
ロビーの幸せもんがぁっ!

まだ結婚の日取りなどは未定ですけど、きむら一家の心はすでに Big Day に向けてすっ飛んでます。

相方   「ちゃんと休暇が取れるといいけど・・・」
きむら  「ちょっと! 式に何、着たらいいのっ!? 着られる服ないじゃん! 今から
      ジムに入会して式まで必死の思いで運動したら痩せられるかなっ!?
     (と、The Biggest Looser のテーマ曲を口ずさむ)」
きむら子供「Flower Girl のドレスはどんなの? 早くイトコが出来ないかな〜。やっぱ
      り女の子がいいよねっ♪(←Bちゃんはオメデタではないんですが
     (汗))」

まあ、きむら一家は過去十年に渡って数えきれないほど「ロビー、結婚かっ!?」と色めき立ってはフライングを繰り返してきましたから、今度こそキッチリ落とし前をつけてもらいたいと切に願っております。

きむら子供「マミー、Bride's Maid やって〜」
きむら  「やだ。絶対にしないっ。このトシでああいうドレス着るのは無茶。てか、B
      ちゃん側にビジュアル的にイケテる女の子がたくさんいるんだから、きむら
      がする必要はないっ。やだ、絶対に、い・や・だ!」
相方   「大丈夫だって。きっと頼まれないから」
きむら  「ぬぁんだってぇ〜? きむらのどこが役不足だとぉ〜?」

机上の空論の時点で既にここまで熱くなるなんて、我ながらオメデタイやつ(ら)だと思います・・・。
[PR]

by kaoru_oishi | 2007-04-15 00:01 | その他もろもろ
2007年 04月 14日
知らぬが、ほっとけ〜
どうも。きむらです。

今、NSW州はスクールホリデーの真っ最中ですが、きむらは毎日きむら子供を連れてお稽古ごとの集中レッスンに通ってます。

いや〜、あまりにも座って待つことが長いんで「G」が再発しそうな勢い(怖)

それにしても。
きむら家はお稽古ごとの先生に「休み中は集中レッスンに参加すること!」と厳しく言い渡されたから、毎日「ああああ〜、今日もかぁ〜」と親子でため息つきながらシブシブ来ていますが、中には Campbelltown、果ては海を越えてニュージーランドからわざわざこのレッスンのためだけに来ている人たちもいると聞いてビックリしています。

そして、そういった「遠征組」の保護者と話したりすると、
「ここの校長先生の個人レッスンを受けられるチャンスはなかなかないから、彼女のレッスン・バウチャーがオークションにかけられると聞いて、わざわざそのチャリティーのディナーに行ったこともあるのよ〜」
なんてサラッと言うのでまたまたビックリ。

きむら子供が通ってるんで、きむらが校長先生にお目にかかる機会は今まで何度もありますけど、たいてい
「すいません、トイレットペーパーが切れてるんで、補充用のロール下さいっ!」とか、
「も〜、子供らはゴミの分別しないで何でもいっしょくたに入れるから困りますよね〜」とかいった超日常の会話をしていました。

まさか、校長先生がそ〜んなにスゴイ方だとは知りませんでしたよ〜、きむらはっ。

そして、逆に「遠征組」のみなさんは、そのエライ校長先生が自らトイレットペーパーの袋を運んでいたりゴミの分別をなさっているところを見たら、きっとぶったまげてしまうだろうと思います。

そういえば。
ずいぶん昔ですが、こんなこともありました。

きむらが大学で勉強していたころの話です。
ある日、きむらは用事があって自分の学科のオフィスに行きました。
で、無事に用事が済んでオフィスを出たところ、廊下に誰かがいました。
一人は中年の女性。
そしてもう一人は男性。

中年の女性は、どうやらこの建物に来たのが初めてらしく、男性に質問しているところでした。

中年女性「ねえ、学科長のオフィスってどこ?」

きむら、何気なく相手の男性を見ました。

きむら 『ひぃぃぃぃ〜〜〜〜っ!!』(← 無音)

何と、彼女が話しかけた相手は、何と、その学科長ご本人だったんです。

ですが。
学科長は「私がその学科長です!」とも名乗らず、淡々とオフィスの位置を女性に説明してました。
そしてきむらは、その横を『ちょっと、オバチャン、あんたの目の前にいるのが学科長なんだよぉ。もっと丁寧な言葉遣いしないとダメじゃ〜んっ(滝汗)』と思いつつ目礼し、ドキドキしながら通り過ぎました。

あの中年女性、あれから無事にオフィスに行けたでしょうか。
で、そこで学科長に面会するためにアポイントメントを取ってたりして(汗)

まあ、でも、きむらは後でちょっと中年女性に同情しました。
だって、そのときの学科長ったら、

髪はボサボサ、着古してヨレヨレの紺のジャージ(←ブランドものに非ず)の上下にハダシで廊下をふ〜らふ〜ら歩いてましたもん。
よくても「用務員のオジサン」悪ければ「怪しいオッサン」にしか見えませんでしたね、あれじゃあ。
(あー、しかし、ちなみに学科長は学界ではその分野の第一人者だったそうです。一応念のため)

思い起こすと、学科長からして dress down してましたから、その学科は他の先生方もノーネクタイなんて当たり前「半ズボンにハダシに革サンダル」や「部屋着兼寝間着?のスウェット上下」「大学のエンブレムがバーン!なトレーナー」などで平気で教壇に立ってました。
逆にマトモな格好の先生のほうが数えるほどしかいなかったような・・・(汗)
あのころは勉強が大変で先生の服装について考える余裕はありませんでしたが、今、振り返ってみると、講義内容と服装が激しくミスマッチしていて結構笑える光景だったと思います。

・・・・・そっか。
現在のきむらのファッションセンスがアレなのは、多感な青春期にこういう先生方の薫陶を受けたからなんですね〜(わはは)
[PR]

by kaoru_oishi | 2007-04-14 00:17 | その他もろもろ
2007年 04月 01日
3月31日の土曜日〜♪ Earth Hour がやってきた〜♪
どうも。きむらです。
フランシーヌの場合は〜 あまりに〜もおばかさ〜ん♪
って、あれは「3月30日の日曜日〜♪」でした。

2007年3月31日の土曜日〜♪
Earth Hour というのがありました〜♪
Earth Hour なんで、てっきり地球規模の運動だと思ってたんですが、どうやらこれはオーストラリア独自のイベントだったようです。
ちなみに公式サイトはコチラ

で、Earth Hour とは。
「3月31日土曜日の午後7時半から8時半まで1時間、電気の使用を止めてみよう!」という、大変分かりやすく比較的実行もしやすい実験的試みでした。
「地球温暖化現象への警鐘」が目的でしたので、本来電気の使用を止められたらテキメンにダメージを受けるはずのテレビラジオ等のメディアも積極的に運動への参加を呼びかけていました。The Sydney Morning Herald などは Earth Hour 前日の新聞に環境問題のシンボルであるグリーンの紙を使用していたくらいです。

まあ、週末の夜、しかもこのぐらいの時間帯はTVもロクな番組をやってませんし、学校でも先生がたが数日前からガンガン「Earth Hour に参加しましょうね〜!」と子供たちをあおってましたから、きむら子供も何だか花火大会にでも行くノリでTVを消すことに賛成しました。

そして当日。
きむら家はキャンドルを2本と手回し発電式の懐中電灯を1本用意して、7時半になると同時に家の電気を消しました。
前の週末に夏時間が終わって日没が1時間早くなってますから、7時半ですと辺りは真っ暗です。

もし、きむら家が動機について公式発表をするならば、
「地球の未来を考え、きむら家は運動に参加することにしました」ですが、
実際の動機は「何だか面白そうだからやってみよ〜。節電にもなるし〜」でした。
なので、家が真っ暗になるやいなや懐中電灯をガーガー回しながら、早速ご近所さんたちもやっているかどうか各部屋の窓から「偵察」に走りました。

で、どうだったかというと。
きむら家から見える住宅街はほとんど参加していました。
まあ中にはカーテンをぴっちり閉めてライトを点けていないように「偽装」している家もあったりしましたけど。
(翌日のニュースではハーバーブリッジなどシドニーの名所のライトアップが消える様子が紹介されてました)
きむら子供は火が珍しくて(←動物か?)キャンドルのそばでキャーキャー大騒ぎしてましたし、まるでキャンプファイヤーと停電を足して2で割ったような感じでした。

そして1時間が経過し、街に明かりが点いて、シドニーの夜景は元に戻りました。
結構あっさりと。

まあ、参加した人は多かったようですし、国を挙げて電気の節約はできたと思うので、イベント自体は大成功だったのだと思います。
しかし。
どうなんでしょうかね〜、ここまでメディアに取り上げられてする運動というのは。

近年、特にここ2年ほどの間にいろいろな場で「地球温暖化」をはじめとする環境問題がテーマとなる機会がめっきり増えました。つい最近も元・アメリカ副大統領のアル・ゴア氏(今の肩書きは環境問題の運動家でしょうか?)がどこかの団体の招待で来豪したりしましたし、どうやら環境問題を熱く語ることが今、流行の最先端らしいです。

ですが。
きむらは「エコでロハスでグリーンな私♪」的なコンセプトにはいまひとつ乗り切れません。何というか「ファッションとしてイケてる」「トレンディだから」といった理由でのみ行っている暫定的生活態度のように思えてなりませんので。

まあ、やっぱりきむら的には、
「エコもロハスも関係なく、単にケチだから節電します。以上」
と高らかに宣言したいですね〜。

そして、ぜひ来年は全く同じ運動を、
「1時間電気の使用を止め、節約できた金額を自慢しあう」
Money Hour と銘打って大々的に全国展開していただきたいものです。
[PR]

by kaoru_oishi | 2007-04-01 23:57 | その他もろもろ