<   2006年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2006年 10月 20日
地球最強の物質とは ー X-MEN III ー
どうも。きむらです。
飛行機に乗ると
「モト取らにゃ損ソン!」
とばかりに、利用できるサービスを最大限に活用するタイプです。
なので。
行きも帰りも根気が続く限り機内上映の映画を見まくってました(笑)

ですけど、その機内上映。
以前に比べ、何だかセレクションが「ショボく」なったような気がします。
数年前(ビジネスクラス以上しか個人座席でビデオが観られなかったころ)までは機内上映といえば封切りされたばかりの新作(ただしA級+B級の抱き合わせ)だったのですが、最近はとっくに映画館の上映が終わってDVD発売を待つばかりのものが大半を占めるようになってしまいました。

ショボさの理由としては「個人上映用に多数のビデオをストックしておかなければならない」というのがまず第一に考えられますが、その他に「日本語吹き替え版の増加」も理由として挙げられるのではないでしょうか。
以前は「最新作ですから」と、議論の余地なく字幕でしたが、吹き替えが多くなった分だけ作業時間が長くなり、余計に賞味期限ギリギリになった映画を提供しているように思えます。

しかも、その「機内上映用映画の日本語吹き替え」というのは、どことなくミョーなんですよね。
こんな感じ。

「いや〜、素晴らしいおもてなし、感謝するよ。今度はぜひウチで僕の女房ご自慢のローストチキンを味わってくれ。アイツは君の奥方に比べりゃ見映えはしないが、料理の腕はバツグンなんだ」
「ご招待ありがとう。楽しみだな。じゃあ週末、ゴルフの帰りにでも妻と寄らせてもらおうか」
(注:これはきむらが作ったフィクションの会話)

今どきこんな喋りかたする人、いないでしょ〜。
というか、英語からの直訳をそのまま音声化して無理にはめ込んだ感じです。
「短期の機内上映用だから」と、かなりやっつけ仕事で仕上げているようでもあります。もっと時間をかければ翻訳する方も言葉の吟味ができ、声優さん側だって納得のいく演技ができるような気がしますけど、こんな風に映画が消費されていくのは何だかもったいないですね〜。

ということで。
「機内では深刻な映画は見ない!」をモットーにしているきむらは、今回迷わず「X-MEN lll」を観ることにしました。
ちなみに隣できむら子供は「ディズニーチャンネル」を、相方は「炎のランナー(古っ!)」を観ています。
映画の選びかたひとつで、その人の人となりが分かるものです(笑)

さて「X-MEN lll」はどうだったかというと。

ここから先はネタバレにつき「袋とじ」にいたします〜♪
[PR]

by kaoru_oishi | 2006-10-20 21:33 | その他もろもろ
2006年 10月 16日
Touch Down
どうも。きむらです。
昨日、久しぶりに「Australian Idol」を見たら7人の出場者中2人に「Touch Down」が出ていたので、ちょっとびっくりしました。

去年一昨年と何か関連記事を書いたような気がするのですが、自分の過去ログをチェックするのも面倒なので「Australian Idol」と「Touch Down」をご存じない方に簡単に説明しておきます。

Australian Idol
年に一度行われる新人歌手発掘プロジェクト(今年で4回目)で、その過程はオーディションから最終的に優勝者が選ばれるまでチャンネル10のリアリティTVとして放送される。本家はイギリスで、各国に同様のフランチャイズ番組がある。

Touch Down
「Australian Idol」に出演している3人のジャッジのうちの一人、マーク・ホールデン(Mark Holden。元アイドル歌手現音楽プロデューサー)が特に出来映えが素晴らしかった出場者に派手なアクションとともに贈る言葉。どうやらホールデンは言葉で適切に出場者のパフォーマンスを描写することが出来ないため、その分コレで代用しているらしい(笑)


今年の出場者は歌に関しては可もなく不可もなくというタイプばかりなのでしょうか、きむらが見ていたときには一度も「Touch Down」が出ていませんでした。
「もしかして、今回は「Touch Down」が出ないまま番組が終わったりして!?」
と思っていたくらいです。

去年まででしたら、番組を見逃してもサイトをチェックするなどして結果だけは見ていたのですが、今年は忙しかったせいもあり「もう、どうでもいいや〜」とほったらかしにしてました。
ですが、こうして「Touch Down」があっさり出てしまうと「じゃあ、きむらが見なかった前回、前々回も「Touch Down」連発だったのかも!?」なんて、急に経過が気になったりします。

Touch Down といえば。
きむらも昨日 Touch Down(着陸)して、シドニーに帰ってきました。
日本から。

例によって2週間程度の滞在でしたが、8月9月と忙しさに拍車がかかり、そのノリを引きずるようにしてに来てしまったため、
「こんなに、忙しいときに、取った、休暇なんだからぁっ、その分、思いっきり、休みらしいことを、しなくては、もったいないじゃないかぁぁぁぁぁ〜〜〜〜っ!!」
と、日本でもかなりがむしゃらなスケジュールを組んで動き回ってました。

おかげで、今日からきむら子供たちの学校も始まったというのに、すっかり疲れ果ててます。
でも無情にも、学校とともにお稽古ごと関連も一斉に再開しちゃいますし、週末の誕生パーティの招待も既に入っています。

何だか今回の休暇は、空港によくある旅客用のベルトコンベアーに乗り、その上でもひたすら早歩きして向こう側に飛び下りた感じです。
こうして加速がついたまま、日常生活に戻っていくんですよね〜(涙)

そんなこんな言ってるうちに、子供のお稽古ごとの試験はあるわ、発表会はあるわ、夏時間は始まるわ、メルボルン・カップはあるわ、クリスマス関連の各種パーティ・イベントはあるわで一気にたたみかけるように年末になっちゃいそうな予感がします。

こ、こわっ(滝汗)

(蛇足)
ということで、自覚もないままに1か月もブログを更新していませんでした(汗)
いや〜、日本滞在中もいろいろブログネタになりそうな出来事が満載だったんですけど、とにかく、それを書き留める間も惜しんで観光しまくってました(苦笑)

今後の投稿で滞在中のエピソードなどもいくつか紹介できたら、と思っています。
[PR]

by kaoru_oishi | 2006-10-16 21:02 | きむらとギターと音楽