<   2006年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2006年 09月 16日
どう見てもドリフターズです
どうも。きむらです。
先月、rage で観て以来、すっかりとりこになっている PV があります。

OK Go の「Here It Goes Again」です。
バンドの名前はずいぶん前から rage の play list で見て知っていましたが、まともに意識して PV を観たのはこれが初めてでした。

まあ「百聞は一見にしかず」ということで、ブツをご覧下さい。


一体、このPVを作るのにいくらかかったんでしょう。
バックに金色の布を貼り、中央にランニングマシーンを8つ並べただけの部屋。
営業時間外のジムでもレンタルしたんだろうと思いますが、きっとたいした金額じゃないのでは。

しかし、バンドの息のあった演技で、どんなに贅を尽くしたCG 使いまくりの PV もかすむほどのすんばらしい作品になりました。
この間TVで紹介してましたが、この演技の振り付けを考えたのもメンバーのお姉さんだか妹だかだそうです。
ほとんど「家内制手工業」の世界。

で。
見たところ、カメラを止めた形跡もないですし、NG が出たら最初からやり直しの、まさに「一発勝負」。ヘタすりゃバンドの人間関係に影響が出かねない、考えようによってはリスクの高い PV 作りだと思います。
そういう意味では「メンバー総すっぽんぽん写真」を撮ったレッチリとか「メンバー総厚塗りメイク」の聖飢魔II「メンバー総着ぐるみ&グロいメイク」のLORDIなども仲間同士の信頼と一体感があって、こういうおポンチ試みができるのかもしれません。

日本のバンドでこの PV が作れる(た)のはやはり往年のドリフターズだけだと思います。
子供のころは「おもしろ〜(笑)」とガハガハ笑いながらドリフの番組を見ていましたが、ドリフターズも元はれっきとしたバンド、ビートルズの来日公演では前座をつとめたほどの腕前なんですよね。
あの「八時だよ!全員集合」だって、考えてみれば生放送。
あれだけ「一発勝負」の内容を毎週1時間、何年も続けていたなんてすごいっ!

よく「音楽感の相違」「マンネリ」など、イマイチはっきりしない理由でぐずぐずと解散してしまうバンドがありますけど、バンド活動に物足りなさを感じたら、解散を決意する前に捨て身でこういう PV を作ってみてもいいかもしれませんね。


(蛇足)
オーストラリアにSleepy Jacksonというバンドがあります。
パース出身ということで、Eskimo Joe と並んで、何となく気になる存在です。
で、そのバンド。
前から PV を観るたび「このボーカル(Luke Steele)、誰かに似てるんだよなぁ」と思い続けてました。
そしたら。
ある日突然分かりました。

藤井隆そっくりじゃ〜ん!」

そしたら・・・も、もういけませんっ。
以来、PV を観るとメイクをして(このバンド、ビジュアル系かも?)大まじめに歌う彼の顔が藤井隆以外の何者にも見えなくなってしまって。
笑い死にをこらえてヒクヒクするようになってしまいました〜(涙)
[PR]

by kaoru_oishi | 2006-09-16 10:34 | きむらとギターと音楽
2006年 09月 14日
旅の途中
人生とは髪であり、髪とは人生である。
どうも。きむらです。
去年から「自分に合ったヘアスタイル探しの旅」を続けています。

以前は20ドルの「Just Cut」(店名そのまんまな格安ヘアサロンのチェーン)に行って10分ぐらいでチャカチャカ切ったのでよかったんですけど、ここ数年でめっきり白髪が増えたので、そろそろ普通にカットするだけではダメになってきました。

ですから、現在は「ちゃんと個々のニーズに応えてくれる、でも、値段もそれなりのヘアサロン」でカラリングとカットをしてもらってます。

しかし。
な〜かなか期待どおりの仕上がりにならないものですよね。
きむらの頭の中には漠然としたイメージがあるんですけど、店に行っていざそれを説明しようとするとうまくいかなくて。

あるいは「こんな感じ」と、セレブの写真でも持っていったらいいんでしょうが、ヘアデザイナーさんがそれときむらを見比べて、
『でも、顔、全然違うし(ぷぷっ)』
と言いそうになるのを必死でこらえるだろうなぁ〜と思うだけで、こっぱずかしくてたまらなくなるんですよね。

たかが髪、されど髪。
そんでもって「髪は長い友だち」
なので、友だちに相談してみることにしました。

こういうときにものすごく力になってくれるのは、やはり「ビーチの女神さま」ことBさんです。きむらの積年の悩みにあっさり一言で答えてくれました。

「そんなの簡単よぉ。街で素敵なヘアスタイルしてる人を見かけたら、呼び止めて聞くの「その髪、どこでどんな風にしてもらってるんですか?」って」

えええええ〜っ。
み、見ず知らずの人にいきなり聞くんですかぁ、髪についてっ。
それは、きむらには、ちょぉっと難しいですぅ〜(脂汗)

「いや、それは、あの、えっと」と意味不明の言葉をつぶやきながらもじもじするきむらを見て、察したのでしょうか、Bさんはさっそく見本を示してくれました。
「きむらさん、さっきあの女の人の髪がキレイだって言ってたでしょ? どこでやったのか聞いてきてあげるね」
そう言って立ち上がるなり、隣のテーブルでコーヒーを飲んでいた女性(オージー)のところへ歩いていきました。

そうなんです。
実はこのカフェに着いたときからその女性の髪が気になって、何度もちらちらとそちらのほうを見ていました。参考に携帯で後ろから写真を撮っちゃおうかな、などと思いながら。
で。
本当は、

「すげーカッケーすね。超タイプなんで撮らしてもらっていいっすか?」

と言いたいんですが、実際には声もかけられず、ひたすらテーブルに人さし指で「の」の字を書いて恥じらっておりました。

ですが、さすがはBさん。
テーブル脇で件の女性とにこやかに会話をした後、意気揚々とこちらに戻ってきました。
「分かったわよ。シティの George Street にある○○というサロンで、担当は△△、髪は(← カラリングとカットについての描写がここに入る)してもらったんだって」
至極簡単に情報を入手してきました。

聞くと、Bさんは髪だけでなく、洋服や靴やアクセサリーなどでも「素敵」と思ったら誰にでも話しかけてどこで買ったか教えてもらうそうな。
「だって、ファッション雑誌とかだと、いまひとつどんな感じだか分からないじゃない。実際に着ている人を見てその人に聞くのが一番なのよ」
なるほど〜。
でも、やっぱり知らない人にそういうことを質問するのには勇気が・・・。
「あとね。誰だって「素敵ですね」って言われたら気分いいでしょ? だから、ごきげんで教えてくれるわよ」

たしかに。
きむらだって、ほめられたらうれしい気分になりますね。
たとえそれが、
「イチゴが750gパックで$2.69、キーウィーが6つで¢99、オレンジは5kgバッグで$2.99に、レタスが¢69、そして赤ピーマンが1kgバッグで1.99」
「きむらさん、あなた、安いもの見つけてくるの、とっても上手ねっ!!」
であろうとも(笑)

ま、そんなワケで。
情報も入手したことですし、近々、新しいヘアスタイルを求めて旅に出てきます。
「朝、一番に予約入れといたよ♪」
そして、子供の学校の終わる時間に間に合うように戻ってくるつもりです。
[PR]

by kaoru_oishi | 2006-09-14 13:22 | その他もろもろ
2006年 09月 10日
Here comes the rain again.....
どうも。きむらです。
9月。
シドニーは暦の上では春です。

一応、春です。
でも、日本の春を想像すると大変な目に遭います。

たとえば。
しょっぱなから気温がうなぎのぼりっ。

9月2日(土)最高気温28度
いきなりビーチに行ってもいいくらいの気候になっちゃいました。

しかし。
「春だぁ〜♪」と勇んで衣替えをしていると、あれよあれよという間に気温が急降下して。

雨が毎日ザーザーと。
しかも、タダの雨降りじゃないです。
降るときは、もう空がどうにかなったのかと思うくらいの豪雨ぅ〜。
そして。
止むとぽかっと晴天。
それがものすごく短いサイクルで来るんです。

昨日なんか、スーパーで買い物をしていたら雨になったんですけど。
「おや、またか。Here comes the rain again 〜♪」
と、ユーリズミックスの歌を口ずさんでいるうちに
「I want to walk in the open wind I want to talk like lovers うわわわわ〜っ!」
まるでパチンコ玉を降らせているようなすざまじい音で降ってきました。
昼だというのに外は真っ暗で、前方がかすんでよく見えないくらいの雨量です。
ちゃんとした建物の中にいるにも関わらず「雨で天井が崩れたりして」なんて、本当に怖くなりました。

雨が降っている時間自体は決して長くないんですが、あんまり集中してズザザザ〜ッと降るんで、買い物の後で屋上に止めていた駐車場に行ってみたら、車の中まで水が溜まってました(驚)

そして、今日。
やっぱり同じ調子でした。
いや、昨日より突然度が増したような・・・。

だから、のんきに歌なんか歌ってられません。
「Here comes the rain アッー!!」
小雨が見る間に土砂降りになって、傘をさしていてもどこかへ避難しないと、たちまちずぶ濡れです。

気象予報ですと、これから更に2、3日こんな天気が続くとか。
うぎょえ〜〜〜〜(悲鳴)
[PR]

by kaoru_oishi | 2006-09-10 23:08 | その他もろもろ
2006年 09月 08日
【サッカー】灼熱流血セレナーデ【豪州 vs クウェート アウェー】
どうも。きむらです。
昨日の夕方、TVでサッカルーズの試合を観ました。

実際に試合が行われたのは明け方だったのですが、根性が足りなかったのか起きられませんでした。W杯のころは真冬の寒さにこごえながらでも観ていたというのに(溜息)

録画なので、すでに「2ー0でオーストラリアの負け」というのは分かっていたものの、ネットのレポートに「日本人審判が云々」とあったので「まさかヤバいジャッジでも・・・(汗)」と思い、観ることにしました。

ですが。
さすが録画。
前解説なし、国歌なし、選手名もちゃっちゃっかちゃっと1度画面に出ただけで、すぐさま試合開始。
なので、肝心の審判名も確認できませんでした。
(でも、W杯で見覚えがあるから、上川審判じゃないかと・・・)

オーストラリアは前回、登録番号の大きい「誰やねん?」な選手ばかり起用した反省からでしょうか、W杯の代表選手が何人か戻ってきています。シュワーツァー、チッパーフィールド、きむら個人的には脱ぎっぷりが素敵なジョン・アロイジの姿が見られて何となくうれしいです。

かたやクウェート。
ニワカゆえ、誰が有名なのか知りません。ですが、
「11人のうち9人が「アル(Al)」で始まる苗字」
ということは分かりました。
日本ではマテラッツィを「マテ兄貴」と略してたりしますが、このノリで「アルさん」なんて呼んだりしたら、11人が一斉に「はいはいはいっ♪」と返事をしてしまうでしょう。

それから、今回はアウェー、クウェートでの試合なんですけど、例の豪州名物の
「オジー、オジー、オジー、オイッ! オイッ! オイッ!」
というかけ声が激しく聞こえました。解説によると、イラクに駐屯中のオーストラリア軍の兵士が観戦に来ているとのことなので、かけ声もその辺から出ていたのかもしれません。

で、試合ですが。
実を言うと、そのときちょうどきむら家は突然の来客がありまして、きむらはとてもTVを集中して観ていられなかったのです。
まさか「今、ちょおっとサッカー観てますから、また別の日にお越し下さい」なんて言えませんし〜(笑)
なので、お客さんの相手をしながら合間あいまにTVに目を走らせ、そのときに見えた光景で状況を判断しました(← だから実のところあまり分かってない(笑))

『あれ、サッカルーズ、9人しかいないじゃん。退場きたかっ!? いや、違うな・・・エルリッチがケガで抜けて・・・ぎゃーっ、アロイジ、顔面血だらけ〜っ!! こりゃ、選手交代しかないか〜(涙)』
『おりょ。いつの間にかアロイジが復活してるっ(驚)あんだけ流血してたのに。すげ〜!』
『あ〜、1点入っちゃってる〜。シュワーツァー何してたんだぁ? って、また入った〜っ(悲鳴)』

こんな感じ。後半開始直後、5分間に2点入れられちゃいました。
ちなみに、例の「日本人審判が云々」の箇所は、前半9分で豪州ゴール手前でGKのシュワーツァーとクウェートのストライカー Al Mutairi がぶつかったところ。豪州側のレポートによると「しかしながら、経験豊富な日本人審判は Al Mutairi のほうがシュワーツァーに進路妨害されたと信じ(彼に)ゴールキックを与えた」とあります。

試合後の解説によると、試合時のグラウンドの温度は夜間なのに40度あったとのことで、確かにクウェートチームの監督が着ていた青いシャツが見る間に汗染みで黒ずんでいくのは圧巻でした(最後はシャツが完全にびちょぬれになってた〜)
監督(グレアム・アーノルド)のコメントも「暑かった」の一言から始まってましたし。
やっぱりそういう環境ですと、ホームのチームのほうが断然有利なんでしょう、きっと。
まあ、それでも、後半80分あたりでクウェートのゴールキーパーが「肩が痛いのぉ〜」(← どう見ても休憩でした)とゴール前でぶっ倒れたまま起き上がらず、業を煮やした日本人審判に『オラオラオラ、立たんか〜っ!(怒)』と叱り飛ばされている一幕もあって笑えました。

そんな我慢大会のような試合でしたから、負けてしまっても「しょうがないか〜」という感じでした。
まあ、来月の対パラグアイ戦と対バーレーン戦はどちらもホームでですので、そこできっちり勝負してくれればいいんではないでしょうか。


(蛇足)
ええと。
もう9月ですし、そろそろ小説のメルマガ発送を再開しようと思ってます。
で。
作業にはちょっとまとまった時間が必要ですね。
まとまった時間、まとまった時間っと(汗)
[PR]

by kaoru_oishi | 2006-09-08 21:42 | It's Sporting Life
2006年 09月 04日
仁義なき学生大会 ー天文科学編ー
どうも。きむらです。
前回の冥王星の降格問題について、きむらの大学時代の経験を例にして語ってみたいと思います。

(きっとどこの大学でも同じだと思いますが)きむらの行っていた大学では、学生のサークル活動は「学生連合」によって運営されていました。
学生連合は運動系サークルが所属する「体育会連合」と文化系サークルが所属する「文化会連合」の二つの組織から成り立ち、サークル活動運営上出される議題は年に二度(だったかな?)サークル所属学生が一同に会する「学生大会」の場で決議されました。

ああ、我ながら分かりづらい文章です〜(汗)

学生大会ではだいたい毎年同じようなことについて話し合われますが、各サークルの運営費が決まる「予算審議」次に年間の最大行事「大学祭」、そしてサークルの命運を分ける「昇格・降格問題」これら三つが最も重要な議題でした。

で、その三番目の「昇格・降格問題」が、今回の冥王星の一件に非常に似ていたんです。

さて。
大学のサークルはその重要度から「部(研究会も含む)」「同好会」「愛好会」の三つに分けられています。

「部」は学生連合から活動するのに十分な予算(活動費)をもらい、クラブ棟に独立した部室を持っています。
「同好会」は「部」に準ずる存在で、活動費は「部」より少なく、会の規模によっては部室もあったりなかったりです。
「愛好会」になると待遇は更に悲惨で、もらえる活動費は最小限、部室は当然なく、学食のテーブルの隅に集まって活動していたりします。

そして、これを天文に置き換えてみると「部=惑星」「同好会=矮惑星」「愛好会=彗星など、その他もろもろ」でどんぴしゃりくるんですよね。
それで、学生大会のノリで「昇格・降格問題」について討論すると、こんな感じになります。

「古典芸能研究会(冥王星)は、大学創設時からのサークルであるが、ここ数年部員数が減少し、去年などは研究発表の場である大学祭にも参加していない始末。かたや(仮)アキバ系愛好会(2003 UB313)は、まだ正式名称が決定していないのに現在会員数2000人で更に増え続けている。会員数ひとケタの研究会が部室を占拠し、2000人の愛好会が学食でミーティングをする。こんな不公平が許されていいのだろうか?」

「他にもスノボ同好会、美白研究会、ダイエット愛好会など、会員数が古典芸能研究会を上回る同好会・愛好会はいくつもある。学生連合は改めて部の定義について考え直すべきだ」

このような意見が出ると「じゃ、規模の大きい同好会を部に昇格させるんだな〜」などと予測しがちですが、ところがどっこい、いざフタを開けてみると「古典芸能研究会、同好会へ降格」となるんですよね、これが。

なぜそうなるのか。

それはズバリ、金銭が絡んでくるからです。
サークルの活動資金は、そのサークルに所属する部員から徴集する「部費」と、大学から学生連合に与えられる「助成金」を合わせたものでまかなわれています。
そして前記の通り、学生連合から各サークルへ渡される「活動費」はサークルの格付け、つまり部であるか同好会・愛好会であるかで差が出ます。
学生連合が持つ「助成金」は一枚のパイのようなもので、その大きさは一定しています。しかし、サークルの数や格付けによって切り分けられたパイのそれぞれのサイズは大きく違ってくるのです。

部>同好会>愛好会

したがって「古典芸能研究会」の進退問題についても、
「「アキバ系愛好会」を昇格させると、余計に活動費を取られるから損 → 却下」
「「古典芸能研究会」を降格させると、活動費が余った分みんな潤う → (゚д゚)ウマー」
という方向で票が動きます。

現に、きむらが在籍中には「ソフトボール同好会の部昇格問題」が浮上しました。しかし
普段は犬猿の仲である体育会連合と文化会連合が昇格阻止の方向で一致団結し「ソフトボールは設備・備品に金がかかる」「ソフトボールは野球ではないからダメ(← 一体何なんだ、この理屈はっ?)」と、議案をボロクソに叩きました。
その結果、ソフトボール同好会は地区ブロック大会で優勝するなど輝かしい功績をあげたにも関わらず、多数決投票の末、昇格案は却下されてしまいました。

大学のサークルと天文科学の学会では活動目的も規模も違いますので、100%同じとは言えないでしょうが、いずれも人とお金の絡むところですから、決定に際して「(゚д゚)ウマー」の法則が働いても不思議ではないと思います。

「冥王星が矮惑星に降格すれば、惑星研究への grant(補助金)の取り分が増えるよな〜。(゚д゚)ウマー
ま、期待できる研究してる分、火星関係にごっそり金、取られちゃうんだけどさ(ああ、あと土星と金星もふんだくってるな)
で、反対に、ヘタにやケレスや2003 UB313やセドナまで惑星に昇格されちゃ、研究費が減らされて、たまったもんじゃないからなぁ。
冥王星研究してるヤツ、悪く思わんといてや」

こんなふうな気持ちで降格案に賛成票を投じた学者、絶対いると思いますよ(笑)

(蛇足)
こういうどうでもいい投稿ではありますが、一応、書くにあたってウィキなどで惑星・矮惑星・小惑星の定義について簡単に調べてみました。
そうしたら、その過程でこんなものを発見しました。
こういうのを見ると、崇高な学問であるはずの科学だって突き詰めていくとおポンチに通ずるんだなぁと思います。

てか、誰だよ、こんな名前つけようって言い出したヤツはっ!(爆)
[PR]

by kaoru_oishi | 2006-09-04 15:15 | その他もろもろ