<   2006年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2006年 08月 25日
【冥王星】イエローカード乱発【退場】
どうも。きむらです。
・・・・・何なんすか、これ。

<太陽系惑星>冥王星を除外 賛成多数で最終案採択 IAU 

記事は読みましたけど、多数決でこういうことを決めちゃっていいんでしょうか。
というか。
こういうことこそ全地球規模で投票しないといけないと思いますけどね〜。
きむらは一応高校で天文やってましたんで、自分に投票権がないまま勝手に冥王星が「惑星資格」をはく奪されてしまったのは、ひじょーに納得いきません(投票権があったら、きむらは間違いなく「反対」に投票したと思います、ハイ)

納得いかないんですが。
文句を書きたいのに、書く時間がない〜っ(焦)

ということで、反対する理由や天文・冥王星への思い入れを書くことなく落ちてしまうきむらなのでした。


(蛇足)
納得はいかないんですけど。
IAU の投票風景の写真を見て、
「デカいイエローカード出してるじゃん」
と思ったのは、きむらだけでしょうか。
・・・・・。
でも、こんなふうに顔もろだしで投票してたら、
「あのヤロー「子供の頃から冥王星が好きでした♡」と言ってたくせに賛成に投票しやがって。もう絶交だぁぁ」
などと、私怨に発展しないか、それが心配です。

この判定をめぐって、天文学者間で頭突きや乱闘が起こるのか。
このニュースの続報を期待して待ちましょう(笑)

記事の本文はコチラ
[PR]

by kaoru_oishi | 2006-08-25 13:03 | その他もろもろ
2006年 08月 23日
24 weeks party people
どうも。きむらです。
・・・なーんか、このところ忙しいです。

平日はきむら子供のお稽古ごとを中心にいろんな予定が入っています。
でも、だからといって自分のスケジュールを全部子供に合わせていてはつまらないので、空き時間を見つけると速攻で友だちに「お茶しよー」とSMS(テキストメッセージ)を送り、カフェで機関銃並のスピードのおしゃべりをして旧交を温めてます。

昨日などは「ダブルヘッダー」をしまして、移動時間を節約するために同じカフェで立て続けに別の友だち二人と会って話しました。
楽しかったですけど・・・しゃべり過ぎでアゴが痛い・・・(苦笑)

ここまで予定をぎちぎちに詰めずに少し週末に回せるといいんですが、週末はもう月単位で大切な予定が入ってしまっていて、動かしようがなかったりします。

その大切な予定とは・・・パーティ〜。

きむら家はそれほど社交的なほうではないと思うのですが、近年、きむら子供がお友だちのバースデーパーティにお呼ばれしだしてから、劇的にイベントに出かける回数が増えました。

まず、きむら子供のお友だちのパーティに行き、そこで親御さんたちと談笑します。
次に仲良くなった親御さんたちから別のパーティに招待され、こちらも招き返します。
そうしたら、そのプロセスで親御さんの友だちやら、子供の友だちの友だちファミリーやらとも知り合うようになり・・・。

気がついたら、ほとんど毎週末、何かしらやっているようになってしまったんですよね〜。

きむら家だけで出かけるときも「あ、○○ちゃんのバースデープレゼント買った?」
「△△のハウスウォーミングパーティに何、持っていったらいい?(焦)」なんて、パーティのための買い物をしてますし、何だかイベント中心に生活が回っているような感じになってます。

冷蔵庫を開けたときに、そこに貼ってあるカレンダーを見て1年に一体どのぐらい週末イベントがあるかざっと計算してみたんですけど。
絶対に1年の半分はあるんですよね〜。
中には土・日の2日間で7イベント、なんていうとんでもねー過密状態のときもありましたし。

スクールホリデー期間中は遠出するファミリーが多いので、子供のバースデーパーティは普通その時期を避けて行われますが(スクールホリデー中は代わりにピクニックなどが増える)その分、スクールホリデー前後に集中してしまうので、バースデーパーティのダブルヘッダー、トリプルヘッダーなんてことも起こっちゃいます(汗)

クラブシーンを定点観測する形で80年代から現在までのイギリスのポップミュージックの変遷を描いた 24 hours party people なんて映画がありますが、今のきむら家は年間の週末の半分はパーティに出かけている「24 weeks party people」といったところです。

なので。
最近では週末に家で家族だけのランチをしてたりすると、
「うは〜。こういうのって、すんごい久しぶり〜♪」
などと、変に感動しちゃいます。
でも、こういう場合はまずイベントとイベントの間のエアポケットのような空き時間ですから、ランチと言えど、インスタントラーメンやトーストのようにすばやく食べられ、かつ、ショボいものなんですが(笑)

上には上がいるもので、きむら家が前に住んでいたところのお隣さんなどは、とにかく無類のパーティ人間でして、毎週末パーティを主催するかパーティにお呼ばれするかしていてました。
ですけど、一か月ぶっ続けで毎週パーティを主催していても一向に平気らしく、奥さまなどは「主人ったら、見ず知らずの人でもすぐにウチに呼ぶのよ〜。でも、もう慣れちゃったわ〜♪」なんて笑いながら大鍋で料理を作ってました(← しかも余ると、きむらたちにくれた♡)

料理の腕がアレなもんで、きむらがお隣さんの奥さまの域に達するには今から四半世紀ぐらいかかりそうですが、年を取っても「ウチでパーティするからおいでよ♪」「よっしゃあ〜!」と、一声かければドドッと仲間が集まるような環境でありたいですね〜。

「あそこは年寄りなのにパーティばっかして、オレたちよりウルセ〜」
と、若者に嫌がられる、そんな老人をぜひとも目指したいと思います(笑)


(追加)2006年8月23日
きむら子供が加入しているネットボール協会からメールが来ました。
「土曜日の gala(競技会)は8時からと通知していましたが、正しくは7時45分からでした。当日は時間を間違えないように来て下さい」
この日はシーズン最後の試合日で、ピクニックを兼ねています。

うわ〜、ただでさえ早朝だってのに「弁当準備」ですかい〜っ(汗)
(↑ 普通は試合後直帰か cafe で朝ご飯というパターン)

しかも、前日はもう予定が入っていて、帰るのは夜遅く。
とても翌日のピクニックの準備なんてしてる余裕ないっすよぉ(焦)
料理はアレだし〜(涙)

・・・こうなったら、開店と同時に○クドナルドに乱入し、モーニングメニューを山ほど買って持っていくとか。
って、マクドナル○、そんなに早くから開いてたっけ?(滝汗)

そんでもって。
ピクニックの直後はきむら子供のお稽古ごとがあって、それが済むなり翌日のバースデーパーティのプレゼントを買いにダッシュ! です。

きむら家に安息日はありまへん(溜息)

[PR]

by kaoru_oishi | 2006-08-23 00:00 | その他もろもろ
2006年 08月 16日
【サッカー】同じ日に試合してました【豪州 vs クウェート】
どうも。きむらです。
日本代表の対イエメン戦は今日だったんですね。
こちら、シドニーではオーストラリアの対クウェート戦がありました。

W杯でイタリアに「サヨナラ負け」を喫してから7週間が経ちまして、豪州サッカーにとっては「夢よもう一度」、今年巻き起こった空前のサッカーブームを継続させていくために何としても勝ちたい一戦であります。

きむらもホームの試合を是非ぜひスタジアムで観たかったですが、きむら子供のお稽古ごとがあったので、断念。しかし、TV中継が始まる時間に間に合うように帰宅し、秒速で晩ご飯の準備をして、試合開始時にはしっかりテーブルについてました(← 神業)

さて、中継が始まりました。
「・・・だれ?」
CMにはしっかり出てきてたのに、生中継で発表されたメンバーにはW杯に出場した人は一人もいません。
ほとんどゼッケンが30〜40番台の人ばかり。
中には「ゼッケン44って、もしかして歳も44かも?」なんて疑いたくなるような、白髪混じりでお腹がぽこっと出てるオッサン(Steve Corica, MF)もいます。

何か、栄光のサッカルーズというよりは、ユニフォームだけサッカルーズのを着ている「その辺のオッサンニーチャン混成による草サッカーチーム」に見えます。

注目のJoel Griffiths(FW)も、オッサンニーチャンの中でそれほど光ってもいません。逆に相手のクウェートのほうが顔立ちが整ったイケメンぞろいであります。
(Joel Griffiths。海外からの「出戻り組」で、写真写りはHarry Kewellよりも「うおおお〜っ♡」ですが、実際に動いているのを見たら「はぇ?」という感じでした。出番も前半のみで、大した動きも見せずにすっこんでしまいました)

監督にしても。
グース・ヒディンクが監督をしていたときに副監督をしていたグレアム・アーノルドが監督をしていますが「海外から大物を獲得するまでのつなぎ」と自他共に認めているんですもん。そんなんでいいんでしょーか(汗)

国歌斉唱も歌手ナシの「カラオケバージョン」でしたし、いろんなところにそこはかとなくショボさが漂っています。で、よく見てますと今回がデビュー戦らしきサッカルーズの二、三人が緊張してか、口パクで歌いながらガタガタ震えてました。

何だかな〜。
4年後のW杯出場を目指すなら、いつまでもベテランを使わず、海外組も抜きで勝てるようなチームを作っていかなきゃならないのは分かるんですけど、あまりに落差が激しくてとても同じチームとは思えません。

で、試合なんですけど。
結果は2ー0で、例によって最後の10分強でオーストラリアが連続して2点を入れて勝ちました。
ほんと、オーストラリアはこういう試合展開が多いです。

しかし。見ていると、オーストラリアの方が断然ボール支配率が高く、何度も相手方のゴールを脅かしてました。でも、なっかなか点が入らない。
W杯のときは、キャプテンのヴィドーゥカがどの相手チームにも完全マークされていたため、どんなに彼に向けてパスを送ってもさえぎられて得点につながりませんでしたが、今回はパスが全然合ってない状態でした。
こういうのって、試合を数こなすうちに改善されてくるもんなんでしょうか。

対するクウェートはというと。
やっぱり原油産出国で生活が豊かなためか、選手みんな何だかおっとりとして見えました。「サッカーで成り上がってみせる!」とか「どんな手を使ってでも勝つ!」いうぎらぎらした欲求は全く感じられません。
だからこそ、初戦の相手としてふさわしいのかもしれませんね〜。

きむらは個人的にはクウェートチームのGKが好みでした。後半の最後のさいごに点を入れられるまではびしっとした守りをしてましたし、後半開始直前にネットに頭を突っ込んで謎の精神統一をしていたり、点を入れられると苦笑いして近くにいた仲間の頭をぴしゃぴしゃやってましたから。
(あ、顔も「いいとこの坊ちゃん風」で好みでした〜♡)

(あと。クウェートの選手は試合中は名前が分かりませんでした。だって、背中の数字の上に書いてあったのは「KUWAIT」だけでしたから。最初見たときは「へ〜、クウェートにはクウェートさんという名前があるんだ。しかも同じ名前の人が何人もいる〜」なんてマジで感心しちゃいましたよ(爆))

サッカルーズ側ではブロンドのDavid Carney(MF)がロングシュートを放ったり、いいパスを送ったり、なかなかの活躍を見せてました。今後が期待できそうです。
試合の記録はコチラ
で、関連記事はコチラ


(蛇足)
オフィシャルサイトの選手のプロフィールのところですが。
・・・・・すんごい雑なつくりですよ、コレ(笑)
写真の大きさもてんでバラバラですし、サッカルーズのユニフォームも着てないのもいるし。
きわめつけはアレックス・ブロスク(Alex Brosque)。
何すか、このエンピツデッサン画はっ。
この人、試合に出てたけど、こんな顔じゃなかった!(爆)


(蛇足)2006年8月17日(木)
オーストラリアはグループDで、他にクウェート、バーレーン、レバノンと対戦することになってました。しかし、レバノンはイスラエルとの戦闘勃発によりアジア杯予選を辞退(8月30日に予定されていた対オーストラリア戦もその影響でキャンセルになっちゃいました)なので、オーストラリアはこの時点でグループDトップの成績でアジア杯出場権を獲得したそうです。
レバノンとの試合もホームだったので、ぜひ観たかったんですが(確か場所はパースだったような・・・)
以上、ニワカのきむらがお伝えしました。
[PR]

by kaoru_oishi | 2006-08-16 23:39 | It's Sporting Life
2006年 08月 14日
先生、しつもんっ!
どうも。きむらです。
今朝、東京・千葉の広範囲で停電があったそうなので、実家が千葉なきむらは気になって関連記事を読んでいました。
幸い、起きたのが朝だったため、それほどの被害は出ていない模様。
ほっとしました。

で、安堵してから、あることに気づきました。
「139万世帯が停電した」
この「世帯」というのは「家庭(family)」という意味ですよね。
139万人なら分かりやすいですが、世帯ですと、どうやって数字を出すんでしょうか。
世帯主の数でしょうか。

では、仮に「世帯主=家庭の数」だとすると、一人暮らしの「一世帯」も10人以上同居の大家族の「一世帯」も数字の上では同じことになります。
ってーことは、実際に被害を受けた人の総数も139万〜1,390万の開きが出てしまうワケで、何とも不確かであります。

というか。
普通、停電の直接の被害は人でなくまず建物に出ますから、建物の数を数えたほうが分かりやすい気がしますけど。

どうして「世帯」の代わりに「戸(こ・house)」じゃいけないんでしょう。
というか、昔はもっとバシバシと「戸」を使っていたような気がするんですが。

しょうもない「シモ」寄りの話ですから、ここからは「袋とじ」にしときます(笑)
[PR]

by kaoru_oishi | 2006-08-14 17:17 | その他もろもろ
2006年 08月 13日
感謝感激雨あられ、おせんべ
どうも。きむらです。
うすらうすら勘づいてはいたものの、つい現実逃避して気づかないふりしていましたが。もう2か月半になってたんですね、小説更新をサボりだしてから。
あああああ〜(汗)

振り返ってみると、どうも6月がいけませんでした。
月の最初の10日ほどが個人的にものすごく忙しく、それが終わって気が抜けたときに、ちょうどいいタイミングでサッカーW杯が始まったものですから。
もろ、熱狂の波に乗って大騒ぎしてしまいまして。

いや〜、楽しかったな〜(← 反省の色なし)

そして、7月。
遅れを取り戻すどころか、きむら子供のスクールホリデーに突入して、ますます小説から遠ざかる日々。しかも、時間がちょこっとあるときにも頭が小説モードに切り替わらないもんで・・・・・代わりにまめにブログを書いてました(笑)

その間、Bledisloe Cup が始まって Wallabies は負けるわ、Tri Nations も始まるわ、そして8月に入ったら「Australian Idol」(今年で4年目の新人歌手発掘用オーディション番組)まで始まるし。
まったく、TV見る時間を作らなきゃならないじゃないのっ(← おポンチ)

でも、これだけダラダラしてしまいましたから、もうそろそろ書かなければな〜という気になってきています。そして、同時にストップしていたブログの小説更新とメルマガ発送も再開しなければ! という気にも。

現在のところ、小説のほうは20章まで出来てまして、21〜27章をだらだら書きながら平行して Intermission#6〜10もつまみ食いのように書き足しています。
つくづく、とてもプロではやっていけない生半可なやりかただと思っとります。
でも。
ま、いいや、プロじゃないっすから(笑)

で、その小説なんですが。
今、アップしている辺りは2004年の年末ごろに書きました。そして後続の章は翌年2005年に書いたものです。
・・・・・なんですけど。
何というか、小説に書いた内容が、ちょうど今、話題になってることとかぶってるんですよ。
「プロ野球の衰退」とか。
「ボクシング」とか。
だからちょっと困っとります。
「もしかして、この人、カ○ダがモデルぅ?」なんてことになりそうで。
ですが、これはフィクションであって、実在のボクサーをモデルにしていませんから、お読みになるときにはどうかイメージなさらぬようお気をつけくださいませ。
(ちなみに、きむらは例の「疑惑の対戦」は見ておりません)

ま。
「うっかり○メダを思い浮かべながら読んでしまったが、それでもちゃんと読めた」ということでしたら、それはそれで非常に喜ばしいんですが。

ということで。
小説の更新が止まっていたので心配してくださってたみなさま。
ありがとうございます。

「小説は読んでないよ〜ん」というみなさま。
引き続き「きむらのおポンチブログ」をお楽しみ下さい♪
[PR]

by kaoru_oishi | 2006-08-13 23:54 | 第2部以降の小説閲覧
2006年 08月 11日
ブライトさぁぁぁ〜んっ(泣)
どうも。きむらです。
さっき、BBSで声優の鈴置洋孝さんが亡くなったのを知りました。
ショックで声も出ません。

鈴置洋孝さんは声優としていろいろなアニメや映画に出演していましたが、きむらにとって唯一無二は、やっぱり「機動戦士ガンダム」のブライト・ノア大尉です。
際限なく枝分かれを続ける「ガンダム」の世界は、リアルタイムでオリジナルだけを見たきむらにはもはやフォローできないほど広がり切っていますけど、ブライトさんはその中にあっても、シャアやアムロに並んで不動の地位を占めていると思います。

いや本当に。
今でこそ「アニメなんか見てないで勉強しろ!」と怒る側にまわっているきむらたち世代でありますが、27年前には「今、オレは猛烈に感動しているっ!」と、うるうるしながら「ガンダム」を見ていたんですよ。
(で、これだけ「ガンダム」に熱くなったからこそ、作りがいい加減で時間つぶしとしか思えない10分程度のアニメ ー外国ものに多いー や絵柄はキレイでもストーリーが「ほぇ?」なアニメを、子供たちが特に思い入れもなくだらだらと見ているのが許せなかったりします)

鈴置洋孝さんは他にも、
「無敵鋼人ダイターン3」の破嵐万丈(前作「無敵超人ザンボット3」に引きずられて
                  見ていたような)
「聖闘士星矢」のドラゴン紫龍(「黄金聖闘士」あたりにムキになって見てた)
「キャプテン翼」の日向小次郎(アニパロだけ読んでた・・・)
「らんま1/2」の九能先輩(最後まで見られませんでした。残念)
など、日本アニメの主要作のほとんどに出演していました。

魔法使いサリー&スターシア、バカボンパパ、ルパン三世、古代進、セイラ・マス・・・。

しかたのないことかもしれませんが、子供の頃から聞き慣れていた声が年月が流れるうちにだんだんと消えていくのは本当に残念なことです。

ですから、そのうち「ガンダム」の完全収録版DVDを入手して、ぜひともきむら子供にも見せておこうと思います。
英語版(あるのかな?)ではなく、日本語版を。
そして、もちろんブライトさんは鈴置洋孝さんの声で。

ご冥福をお祈りします。
[PR]

by kaoru_oishi | 2006-08-11 10:07 | その他もろもろ
2006年 08月 09日
せんさす、でいっ(Census Day)
どうも。きむらです。
昨日、2006年8月8日は Census Day でした。

Census は日本でいう「国勢調査」で、数日前に係の人が各家庭に配達した調査用紙にこの日の時点で答えなければなりません。
(別に書くのは翌日以降でも構いませんが、8月8日について正確に答えないといけないんだそうです)

国勢調査なんてそんなしょっちゅうあるもんじゃないですから、興味を持って用紙をめくってみました。

全部で61項目(汗)
ちょっと、これ、多すぎ〜っ!!

まあ、住所氏名年齢といった、よく聞かれる内容から始まってますが
「普段はどこに住んでいるか」「1年前はどこに住んでいたか」「5年前は・・以下同文」や
「どこで生まれたか」「父親は豪州生まれか」「母親は(以下同文)」「家で何語を話すか」「英語はどのぐらいできるか」「祖先はどこの出身か」
まで来るとさすがに疲れてきて、
「宗教は」「学歴は」「子供何人産んだか」「職業は」「勤務地は」「収入はいくらか」「無職の人は仕事探しているか」「家事をしてるか」なんて聞かれた日にゃ、

「余計なお世話だ、ほっとけ〜っ!」

と吠えたくなります。

Census って、まるで何でも根掘り葉掘り聞く、近所の嫌われものの奥サマみたいじゃないすか(溜息)

あと。
「どうやって仕事に行くか」の項目などは、たまたまその日に風邪を引いて家で寝てたりすると「行かなかった」と答えなければならないんですよね。
その人はものすごく真面目な人かもしれないのに、記録には「会社に行かなかった」と残ってしまうんです。何だかかわいそうな気がします。

んでもって。
2006年8月8日時点で答えなければなりませんから、例えば不倫などをしていてちょうどその日に相手の家に泊まろうものなら「現住所は〜だけど、その日は〜に居ました」ということになりますし、パブで出会って意気投合した連中と家で雑魚寝、という場合には「おい、昨日ウチに泊まってたヤツ、名前なんだっけ? アイツ、どこ住んでんだ? センサス、書けないじゃん(涙)」なんてことになりかねません。

まあ、そこまでバカ正直に書く人はいないでしょうけど(笑)

そういや、これ、オーストラリアに滞在してる人全てに記入義務が課せられるんですよね。
長期だろうと短期だろうと。

週末にシティに行ったら、修学旅行っぽい日本の高校生の集団を見ました。
「へぇ〜、夏休み中でも修学旅行するのかなぁ」などと思ってましたが、もし彼らがまだこの国に滞在しているとすれば。

やはりセンサスに記入しなければならないはずですねぇ。

引率の先生、お疲れさまです〜。

(蛇足)
19 What is the person's religion?(宗教は?)

きむら「相方ときむら子供(上)(下)は Anglican(イギリス系プロテスタント。こ  
    の項目はキリスト教だけで5種類も表示されてる)ってーことかな、やっぱ」
相方 「きむらはどうする? 仏教徒?」
きむら「う〜ん。でもなぁ、仏教徒と言い切れるほど信心深くないし、般若心経だって
    最初の1行しか言えないし(恥)・・・じゃあさ、アレにしといてよ、ジェダ
    イ・ナイツってことで」
相方 「Jedi Knights~~~~~~!?」

ジェダイ・ナイツ。
アレですよ。「スターウォーズ」に出てきてライトセイバーで戦う、ヨーダとその仲間たち。
前回のセンサスの調査発表を新聞で読んだのですが、そこには「宗教に Jedi Knights と答えた人がいた」と書いてあったんですよね。確か0.3%ぐらいだったか。
だから、きむらもそう答えたら今回パーセンテージが上がるかな、と思いましたもので。
しかし、相方に却下されちゃいました。

きむら「でも、本当にほんとうに困ったときは「カミサマっ」というよりは「おとうさ
    〜ん、おかあさ〜んっ」だなぁ。これ、何て宗教?」
相方 「いいから「無宗教(No religion)」のところに印つけときなさいっ」
[PR]

by kaoru_oishi | 2006-08-09 11:54 | その他もろもろ
2006年 08月 07日
2006年、私の夏休み!
・・・・・などない(涙)

2006年、私の夏休み!
[PR]

by kaoru_oishi | 2006-08-07 10:56 | その他もろもろ
2006年 08月 05日
とーます、ごーどん、いっしょにちからいっぱいおすんだ!
どうも。きむらです。
TVでトライネーションズ「オーストラリア×南アフリカ戦」を観ました。

・・・・・。
何と言いますか。
ここ数日雨がドボドボ降ったせいでグラウンドのコンディションがひじょーに悪く、それが影響して試合もグダグダになっていたように感じました。
とにかく足元が心もとないためにファンブルが続出し、パスでつなぐ戦法が使えない分、両チームともキックでボールを飛ばし合うばかり。コメンテーターに「空中ピンポン」と皮肉られていました。

それでも、前回ワラビーズとの対戦で40ー0という記録的な大敗を喫したスプリングボックスは後がありませんから、必死の形相でワラビーズに向かってきます。
前半10ー0でワラビーズが先攻していたのをペナルティキックの積み重ねでじわじわ追い上げ、逆転、一時は「このまま逃げ切りかっ?」とハラハラさせてくれました。

が、しかーし。
南アフリカには残念でしたが、フルバックのパーシー・モントゴメリーがどうも精彩を欠いておりました。
去年は「ちくしょ〜、コイツさえいなければ〜(ギリギリギリ)」と思うくらい脅威だったのに、今年は「あれ?」って感じ。

トライ、決めましたよ、一応。
でも、それももみ合いになったところを後ろからハヴァナという超強力な南アの選手がうごごごご〜っと突進してきて、ダンゴ状態ごとまとめてライン外に押し出したから。
で、そのときたまたまボール持ってたのがモントゴメリーだった、という具合。

そしてキックは・・・。
一度などは本当に目と鼻の先からのペナルティキックがありましたが、見事に外しました。
真っすぐ蹴れば入っていたのに、ボールは「Bend It Like Beckham」もまっつぁおの
恐ろしいくらい角度をつけて、真横に飛びまして。
思わず「あの距離なら、きむらだって入れられる!」と叫んじゃいましたよっ。
そんなこんなで 20ー18、接戦にはなりましたがワラビーズの勝利に終わりました。

うーん。
やっぱりぱーしーはともだちがいないとちからがでないんだ。
とーますとか。ごーどんとか。
きかんしゃはばりきがあるから、すぐにこじんぷれーにはしりたがるけど、らぐびーはちーむわーくがいちばんたいせつなのさ。
てれびをみながら、きむらはそうおもいました。

冗談はさておき(笑)
コメンテーターにも「使えねぇな」と言われていたモントゴメリー、やはりそろそろ潮時なんでしょうか。
でも、にわかラグビーファンのきむらにとっては、やっと顔と名前を覚えた貴重な選手。そう簡単に引退して欲しくないです。
(オールブラックスのウマガやスペンサー(この人がハカの音頭とってた)が出てないのを知ったときはつらかった(涙))
どこかデヴィッド・キャシディやレイフ・ギャレットなど70年代アイドルをほうふつとさせる顔立ちやヘアスタイルも突っ込みどころありますし。

何とか来年のラグビーW杯まではがんばれ〜、パーシー!

(蛇足)
どうでもいいことですが、きむらは「機関車トーマス」が苦手です。
だって、機関車に顔、それもあんななまなましいのが付いてるんですもん。
中でもゴードンの顔は夢に出てきそうなくらい強烈です。
この番組、きむら子供が小さいころに見せていましたが、内心、
「これは好きにならないでくれよ〜(滝汗)」
と祈ってました。

で、後年。
あるとき、きむら子供(上・下)と話していて、二人とも「トーマス」が好きじゃなかったと知りました。
まったく。
きむら子供が好きなんだろうと思って、恐ろしさに耐えながら一緒にあの番組を見ていた日々は一体何だったんでしょ〜(涙)
[PR]

by kaoru_oishi | 2006-08-05 23:45 | It's Sporting Life
2006年 08月 04日
雨ダス
どうも。きむらです。
しばらくいい天気の日が続いていましたが、ついにあの「シドニー名物大量投下型雨」が戻ってきてしまいました。

日本では、きむらの子供時代でも「家が雨漏り」なんてドリフのコントで見るくらいのものでしたが、こっちじゃ今でも普通にあることです。
家は少々の雨では何ともないんですが、この雨は一気にずざざざざぁっ!と降るもんで、勢いで屋根の瓦がずれたり継ぎ目のコンクリート(?)にひびが入ったりして、結果として内部に雨水が流れ込んでくることになるようです。

外も、場所によっては道路が冠水してたりするので濡れないように歩くのは大変です。

レースクイーンが持っているような大きな傘をさして一人で歩くなら何とかなりそうですが、足元不注意なきむら子供を2人連れて学校に行くと、手をつなぐので両袖は濡れるし、飛び越せない冠水は子供を抱きかかえて渡したりしますから、足だってびしょびしょ。「送り」と「迎え」用に靴と靴下の替えがそれぞれ必要になります。

そして。
この天気のせいで、学校の行事にも支障が出始めています。
こちらの学校は夏には「水泳大会」冬には「運動会」をしていますが、ここのところの雨で運動会のほうが順延になっています。
確か日本では、運動会は雨の場合は順延、そして更に雨が降ったら中止だったように記憶しています。
ですけど、こちらの運動会は「父兄に運動着姿を見せる晴れの機会」ではなく「マジで運動する競技会」ですから、当日に天候不順で出来ない場合は出来るときが来るまで順延を繰り返すようなんです。
それで、この冬はもう2回も順延されちゃってるんですが。

毎週のように運動会の準備をしちゃあ「今日は運動会、ナシよ♪」と言われるのは、もう・・・(涙)

今年は平年より雨が多いようですし、この分だと一体いつ運動会が出来るんでしょ〜(溜息)


(蛇足ってか、こっちのほうが長い(笑))
こんな「どよよよん」とした気分の日でも、ほっと心が和むひとときはあります。

さっきお金を下ろそうとして近所のATMに寄ったんですが、そのマシーンの待ち受け画面に Socceroos の写真が使われていました。
去年の最終戦でワールドカップ出場を決めた瞬間を捉えたもので、選手たちがすんごくいい表情をしてるんです〜♡

画面が変わるまでの15秒ほどボ〜ッと見とれて、それから他のどうでもいい写真画面が出てきてからおもむろにお金を下ろし、その後、再びサッカルーズの同じ写真が出てくるまで待とうと、お金とカードを不必要にゆ〜っくり時間をかけながらしまいました(笑)

帰ってから「壁紙でもないかいな♪」と、早速その銀行(確か National Australia Bank)のサイトに行きましたが、同じくスポンサーをしている AFL(オーストラリアンルール・ラグビー)のニュースはあるのにサッカルーズ関連の更新はなく、その例の写真もサイトにはありませんでした。

う〜、あの写真、欲しいぃぃぃぃ〜っ!

あ、写真といえば。
昨日の新聞に16日の対クウェート戦に出場するサッカルーズのメンバー一覧が出てました。
やっぱ、ワールドカップに出場した選手のほとんどが引退、あるいは国際リーグに出稼ぎ中なんですね〜(溜息)

でも。
現・サッカルーズの中にも「おおっ」と来るイケメンを発見しますた。
Joel Griffiths(でも、サッカルーズのサイトにまだ載ってない〜)
「写真うつり」がいいだけかもしれないので、他にもないか、現在ネット上で物色中です。

って。
技を見ずして顔で穫るとは、まさににわかサッカーファンの王道まっしぐらじゃないの。
もう完全に雨のブルーなムードがふっ飛んじゃっている、きむらです(爆)
[PR]

by kaoru_oishi | 2006-08-04 11:47 | その他もろもろ