<   2005年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2005年 01月 31日
「せかちゅー」「電車男」を超える今年一番の感動をあなたに
「輝く!日本ブログ大賞2005年」推薦文


どうして僕らは出会ったのだろう。
これも運命なのか。

あなたはブログで芽生えた友情を信じますか?

「エチュード&マサ」


二人の男がネット上で知り合った。
ブロガーとして。

茨城と大阪。
生まれも生活環境も年齢も職業も。
飲む酒の量も好きな女のタイプも違う二人の男。

だが彼らにはたったひとつ共通することがあった。

ギターへの熱い想い。


たとえ街ですれちがっても、
まったく気づかないであろうバーチャルなつきあいの中で、
友情が生まれ、はぐまれていった。
そして、2005年初春
二人はついに決意した。

一緒に弾こう、と。

二人が挑んだのは、
二重奏「カヴァティーナ」
難易度が高い曲で、
オンラインでシンクロさせるためには更に高度なテクニックが要求される。

二人を待ち受ける試練の連続。
しかし「エチュード&マサ」はくじけなかった。
睡眠時間を削り、酒の量を減らして練習に励む日々が続く。
そして、そんな彼らにブログの住人たちも、
バーチャル上でアドバイスと声援を送った。

果たして、ブログ初の試み二元録音による二重奏は成功するのか?

演奏、近日アップ予定!!

あの「せかちゅー」「電車男」を超える、今年一番の感動をあなたに。


どうも、きむらです。
「輝く!日本ブログ大賞2005年」エチュードさんmasaさんのブログをイチオシするための推薦文を書きました。

こんなもんでいかがでしょうか?


(蛇足)
本当はエントリーのところのコメント欄に推薦文をアップしたかったのですが、なぜか、コピペするとどうしても文字化けしてしまいますので、トラックバックにしました。どうかご了承ください。
[PR]

by kaoru_oishi | 2005-01-31 21:35 | その他もろもろ
2005年 01月 29日
輝く!日本ブログ大賞 2005 にエントリーしてみますよん♪
【URL】http://newmoon.exblog.jp
【タイトル】新月倶楽部
【作者】きむら(IDはkaoru_oishiですが、これ、小説の主人公の名前なんですよ。テヘッ♡)

自炊、じゃなくて、自推します。

どうも。きむらです。
オーストラリアのシドニーから発信しています。ロックでポップなブログ小説 The Delicious Boy を掲載する目的で始めましたが、いつの間にやら日々のおポンチな話が中心になっちゃいました(笑)
でも、小説はメゲずに続けてます。

夢は
「本として出版すること」(← これは、かーなーり本気です)
「ブログ初のどシロウトのロッカーとして、ロック界に衝撃のデビューを飾ること」(← これは、世界平和のためにも止めておいたほうがいいかもしれない(爆))
です。

みなさん、どうか応援してくださいねっ♡


ブログのトップページに面白そうな企画があったので、さっそく参加してみることにしました。

もしかして、きむら、ブログ界のセレブの仲間入りかもっ?
(↑ 完全に妄想モードに突入)


(蛇足、というか、お詫び)
あああ〜っ!
うまく作動しなくて、エントリーのときに3回もトラバッてしまいましたっ!!
なんてことをっ!
これで審査員の心象をすっかり悪くしてしまったかもっ!?
きむら、審査以前に「失格」かっ!?

お、おゆるしを〜〜〜〜〜っ(泣)
[PR]

by kaoru_oishi | 2005-01-29 00:40 | その他もろもろ
2005年 01月 28日
第10章(2)抄
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by kaoru_oishi | 2005-01-28 07:53 | 第1部第10章 抄
2005年 01月 28日
第2部以降の小説閲覧方法 ーお知らせー
どうも。きむらです。
今日もすんごく暑いです。
って、話題が違うんだよー!

ええと、本題に入ります。
すっきりした考えがまとまらないままに、つい、ズルズルと先延ばしにしていた小説「The Delicious Boy」の今後の掲載方法についてですが、もう年明けちゃいましたし、結論を出さなければならないと思います。

って、書いていて、何だかこっぱずかしいです。
だって、ごくごく少数の方々(おポンチ部門の常連さん)以外からは小説についてのフィードバックをもらってませんので、それなのに自分であれこれ考えていろいろ言うのは、何だか鏡に向かって百面相をしている気分なんですよ。つまるところ、自分一人でジタバタしているような。
でも、小説をアップしたときのアクセス数のほうがおポンチ話よりはるかに多いことを考えると、誰かは来て読んでいるわけなんですよね。
だからこのブログは、鏡は鏡でもシークレットミラーであって、きむらのおポンチな一挙一動がしっかり見られているのだと思うことにします。

では、恥ずかしさをこらえて書きます。
The Delicious Boyは現在執筆中の長編小説で、今のところ、全35章を予定しています。(2005年1月現在、18,19,20章とIntermission#6,7,8,9を同時進行で書いているところです)
白状すると、書きはじめたころは「適当な分量になったら小説賞に応募しよっかな〜♪」などと思ってました。
しかし。
書けどもかけども終わりません。そして、ストーリーラインが明確になってくるに従って、これは大長編の様相を示してきました。
ですから、今は特定の小説賞は狙わず、とにかく体裁を整えて出版社にアプローチしようと思っています。(第1部は完成しているので、それを見本として出版社に送付することも準備中です)

そして。
この計画を念頭に置くと、第2部以降の掲載は第1部より慎重に行わなければならない気がしてきました。
この小説は第2部から舞台が変わり、新しい時間軸、新しい登場人物の参入で第1部とはずいぶん違う展開を見せます。あまりここで書くとネタばれになるので、控えておきますが、第2部ではリアルさを追求するがゆえに避けられない描写や、万人向けかどうか分からない世界観が出てきます。

それから、もうひとつ。
これはきむらのオリジナルの作品であり、これを書くためにきむらはかなりのエネルギーを投入しています。(ギターを買ってレッスンに行くなど、出費もしてますなぁ(笑))
この一年、睡眠不足で常にボーッとしているのも、家の中が絶望的に汚いのも、食事の質がガタ落ちしたのも、すべてこの小説を書いているせいだと言っていいでしょう。
ここまで頑張っているのに「お、いただきっ♪」と、第3者にあっさりコピペされたり、名前や設定をちょこっと変えて、いろいろな形で再利用されたらたまりません。
きむらが住んでいるオーストラリアは幸いなことに(?)日本以上に訴訟が盛んな国で、弁護士の数も日本と比べものにならないくらい多いです。ですから、万が一、第3者がきむらの作品の無断転載や盗作・改作を行った場合はきむらは弁護士を立てて徹底抗戦する覚悟と準備があります。(もちろん、好んでこういうことをしようとは思ってませんけどね)
ですから、そのような考えは絶対に起こさないで下さい。お願いします。

ああ、あと。ネタばらしもご遠慮ください。
それから、きむらへの質問は出来る限りお答えしますが、内容によってはお答えできないものもあるかもしれませんので、予めお詫びしておきます。


まあ、以上のような理由と要望から第2章以降は「非公開ブログ」にして、ある程度の制限を設けたいと思います。どうかご了承ください。

アクセス方法は、きむらのブログに「鍵付きコメント」で
「提示された閲覧条件(上に書いたものです)に従い、第2部以降の閲覧を希望します」という意思表示と共にメールマガジンの送付先となるご自身のメールアドレス(フリーメールでもいいですよ)を知らせていただくシステムにします。


現在時点では、第2部以降はメールマガジンという形にしようと思ってますが、やってみて大変そうであれば、非公開ブログにするかもしれません。(もし公開方法を変える場合は予め連絡しますね)
アクセス手続きは1回だけです。そして、きむらは絶対にみなさんから送付いただいたメールアドレスを公表したり、他の用途に転用したりはしません。(IT関係弱いですし、どんな用途に使うかも思いつかないくらいですから)
あと。小説についての感想は強制しませんので、ご安心を。まあ、読んでいるかたがどう思ってるか知りたいのはやまやまですが、感想文が苦手なかたも多いでしょうし(笑)
・・・1行ぐらいでもあったら、うれしいですけど(← しつこい)

こんなところでしょうか。

あー、終わったーっ!
真面目な文章書くのって、ほんっとーに疲れますよねっ!

さーて、おポンチネタでも書くか〜♪

(追加)2014年8月20日
諸事情により、小説の続きの掲載とメールマガジンの送付を休止し、新規の受け付けも停止いたします。どうかご了承ください。

[PR]

by kaoru_oishi | 2005-01-28 07:45 | 第2部以降の小説閲覧
2005年 01月 27日
今週、妻が浮輪します
というタイトルの本を出して「今週、妻が浮気します」の隣に平積みに置いたら、結構、売れるかもしれない。

以前「マディソン郡の橋(The Bridges of Madison County)」がベストセラーになった直後に「エディソン郡のドブ(The Ditches of Edison County)」(あの安部譲二が翻訳したんですと)なんてのが出ましたよね。

読みましたよ、両方。(原文で)
「エディソン郡」には脱力しました。
でも、ああいうのでもタイミングをうまくつかんで、そこそこ売れましたからねー。
恐るべし、出版界。

こうなったら「電車男」を英訳して輸出するしかないのでは。

誰かやってくれ〜い。


(蛇足)
この休暇の間に何度もビーチに行ったのに、結局、泳ぎませんでした。
きむら、浮輪なしでも泳げるんですけど、体型が、体型が水着を激しく拒否したもんで。
来年こそは、きっと。
(↑ 同じことを何年も言い続けているような気がする(爆))
[PR]

by kaoru_oishi | 2005-01-27 12:23 | その他もろもろ
2005年 01月 26日
シドニーに帰ってきましたよん
どうも。きむらです。

無事にシドニーに戻ってきました。
飛行機がパースの空港を出たのが午前11時ごろで、約4時間後にはシドニーの空港に着きました。行きは風向きの関係で5時間かかるので、1時間早いわけなんですが、パースとシドニーは時差が3時間あるので、着いたら午後6時過ぎ。
何だか、ものすごく損したような気がします。

シドニーを出たのが12日ですから、ちょうど2週間の休暇だったのですが、今にして思えば、ほとんど毎日、カフェでコーヒー飲むか、アイスクリームを食べていたような。
別に、わざわざパースに行ってまですることでもなかったりして(爆)

そして。
この場で懺悔しますが、きむらは「パース、パース」と言ってはいましたが、厳密に言うと、相方の実家はパースではなく、むしろ、フリーマントル寄りなんです。で、今回の滞在中、実はパース市街へは一歩も足を踏み入れませんでした。一番近くて、車で通過しただけ(笑)

まあ、あれですよ、千葉にありながら「東京ディズニーランド」と称するようなもんで(爆)

ということで、パースのマックセンターにも、インターネットカフェにも行かず、ずーっと更新をサボッてしまいました。
前の記事のコメントのところに英語で書き込みしたように、滞在中に何度か相方のお母さんのコンピューター(懐かしのMac LC630)を借りてアクセスを試みましたが、日本語ソフトが入っていないので、見事な文字化けを見るはめになりました。すごいんですよっ、どこが「きむら」と書いてあるかすら分からないんですからっ!
そして、字が読めないだけでなく、レイアウトも無茶苦茶になってるもんで、クリックするのもほとんど勘に頼るしかありませんでした。うっかり間違って「マイブログ削除」なんてクリックしてしまったら一巻の終わりになっちゃいますしね(笑)
ですから、ただ自分のブログを見るだけでスリルとサスペンスの連続でした。

みなさんにも有事のときのために、「文字化けしたご自分のブログ」をご覧になることをお勧めいたします。
って、フツーそこまでして更新しようとする人はいないか(爆)

今回の休暇は「相方の実家に滞在」が最大の目的だったので、旅行もせず、ひたすら実家を起点に半日単位で出かけてました。そして、出かけるといっても、ほとんどがローカルのみが知るローカルな場所ばかり。観光ガイドに出てくるようなところには全然行きませんでした。

ですけど、まあ、2週間もいるとそれなりに面白いことはあったので、これから数回にわたって滞在レポートを書こうと思います。
写真も少し撮ったので、一緒にアップできればいいのですが。
もし、時間がかかったら、先に文をアップして、後で写真を足していこうかな、などとも思ってます。(← これって、結構マヌケかも?)


(蛇足、というか、何というか)
日本では報道されていたかどうか分かりませんが、きむらが行って数日でパース近郊で山火事(bush fire)が発生しました。
実際にすぐ目の前で火が燃えているわけではありませんが、霧のように煙が立ちこめて空が黄色っぽくなり、昼間でも太陽が赤く見えました。

きむら「もしかして、避難しなきゃいけないんじゃない?」
相方 「大丈夫だよ」
きむら「でも、車に灰が積もってるけど」
相方 「平気だってば」
きむら「空から灰が降ってるのが見えるんだけど」
相方 「ここまでは来ない!(きっぱり)」

結局、山火事は相方の実家のある町からはかなり遠いところで発生したようで、きむらたちは避難しなくて済みましたが、その数日前にもアデレード近郊で死者も出る大規模な山火事があったばかりでしたから、生きた心地がしませんでした。
火の始末にはくれぐれも気をつけなければ、と強く実感しました。
[PR]

by kaoru_oishi | 2005-01-26 00:03 | その他もろもろ
2005年 01月 08日
(更新)Go West /第10章のアップをいつするかについて
どうも。きむらです。

ここのところ、どうも精密機器に振り回される日々が続いています。
バーゲンに行ってやっとのことで手に入れたデジカメは撮ることはできても、付属CDをコンピューターが拒否してしまうし(このコンピューターは拒食症のケがあります。オーナーは過食症なのに)、昨日はモデムがダウンして毎週金曜日恒例のエチュードさんのところの「純愛物語」へのコメントも同日中にすることができませんでした。

10年ほど前は、このどれが欠けていても生活に支障をきたすなんてことはなかったんですけどね。

「便利である」というのは、その裏で同じだけ、あるいはそれ以上、不便になったときの焦燥感を蓄積させる効果があるようです。

・・・・・。
きむら、何だかいつものトーンではないですね。
きっと、仕事の締め切りを気にするあまり、頭が「仕事モード」になってしまっているのでしょう。(なら、投稿しないで、さっさと仕事を終わらせればいいんですがっ(爆))

そして、もうひとつ、きむらを真面目にせざるを得ない事情があります。

実は、来週の水曜日からきむら家は休暇で相方の実家のほうへ行くんです。
実家はパース(西オーストラリア)の近くにあります。
シドニーからパースへは地図を見れば分かりますが、オーストラリアの東の端から西の端へ移動することになります。
同じ国内ですが、時差だって3時間もあります。(注:現在、シドニーと日本の時差は夏時間のため2時間)
飛行機代にしても、シドニーからニュージーランドへ行くより高いですし、空港に検疫もありますし、ほとんど外国に行くのと同じようなものです。(ちなみに、風の影響で違いますが、シドニーーパース間は4〜5時間かかります)
まあ、これは距離的なことなので、きむら子供さえ飛行機でおとなしくしていれば楽勝なのですが、問題はほかにあります。

相方の実家、インターネットないです。コンピューターはありますが、英語のワープロ機能だけだそうです。
きむらのコンピューターはデスクトップなので、もちろん持って行けませんし、相方の実家の周辺にインターネットカフェなるシャレたところは、まずありません。(パースまで出れば何とかなるかもしれませんが、ブログの更新や小説のために毎日電車に乗ってパースまで出かけていくのは無理でしょう。それに、仮に行ったとしても、パースのインターネットカフェに日本語対応のコンピューターがあるかどうか)

・・・・・・・・・・。

休暇は2週間です。
もし、パースのマックセンターで見本のコンピューターにへばりついて動こうとしない不審な東洋人を見かけたら、それはたぶんきむらです。


(蛇足、じゃなくて、本題)
まあ、そんなわけで、小説のアップは今回は見送ります。
第10章は第1部の最終章ですし、ここから話が違う方向に動き出しますので、残念ながら途中までしかこのブログにアップできません。
で、第10章(途中まで)はきむらが休暇から帰ってからアップする予定です。
そして、続きは希望者にのみお見せしますね。(無料ですので、ご心配なく)

(これは蛇足)
昨日、きむら子供の友だちが遊びに来ました。
日ごろからきむらが「音楽のプロモビデオが好きっ!」と強調していたので、お友だちは子供向けの映画ではなく、音楽のDVDを持ってきました。(いい親御さんだ♡)

Britney Spears の

思わず、子供そっちのけで釘付けになって観てしまいました。
よかったですよん♪
特にMaking of 'Toxic' のドキュメンタリーが面白かったです。
で。
あんまり面白かったんで、夜、相方に身ぶり手ぶりで説明しました。

きむら「すごいんだよ〜。あれは、こうやって、こうしてるんだよっ♪」
相方 「ぐえっ!(きむらの下敷きになった)」

いくら感動しても、ブリちゃんと同じことをしようとしてはいけないことが分かりました。

特に、体型&体重が実物と激しく異なる場合は(爆)


(蛇足の蛇足)1月11日(火)
仕事のほうは、ようやくそれらしいものが出来ました。ここから更にいろいろ突っ込まれそうな気もしますが、出すだけ出して逃亡することにします(笑)

荷造りはまだ。
でも、ダイニングルーム(別名:天井落下部屋)に行ったら、スーツケースが置いてあり、そこに相方が書いた「持っていくもの」のリストが貼ってありました。
どうやらそれらを探して詰めて、ということらしいです。
そういえば、昨日の夜「何を持っていったらいい?」と相方に聞かれたんで、きむら、思いつく限り言ったような気がします。
言った本人は、一夜明けてすっかり忘れてますが(笑)

相方、エライっ!
きむらはいい秘書を持ったなぁ(爆)
[PR]

by kaoru_oishi | 2005-01-08 10:43 | その他もろもろ
2005年 01月 05日
(更新)きむらの今年の目標(別名:かねてよりの懸案)
止まっているエスカレーターを上がるときって、どうして普通の階段を上がるときより疲れるんでしょうね?

どうも。きむらです。
昨日(3日)は、きむら一家そろってバーゲンに行きました。
しかーし。
念願のデジカメは買えたものの、人込みに異常興奮して走り回る(動物みたい)きむら子供を追いかけたり叱り飛ばしたりするのに忙しくて、全然、買い物に集中できませんでした。
やっぱり買い物は一人でするに限ります。うん。

前回の投稿にも書きましたが、先月の21日から昨日まで、ほとんど毎日イベントに追われていたきむらは、誰が何と言おうと今日1日はダラダラ過ごすことにしました。電話をかけて「子供外交」のアポイントメントを取ったりもせず、きむら子供は家に放牧して、ひたすら体力回復に努めました。

そして、その間、今年することについて考えました。
hirokiさんのように立派な目標ではありませんが、取りあえず、出来そうなこと&出来ないと人間失格の烙印を押されてしまいそうなことの中から選んでみました。
では、発表します(ドラムロール)

1. 人にレシピを聞かれたらちゃんと教えてあげられるような料理を最低1品マスターする。
「あら、これ、どうやって作ったの?」
「ははは(汗)(冷蔵庫を開けて、賞味期限の切れそうなものを集めて適当に作りました、なんて絶対に言えない〜っ)」

2. 液化するまで野菜を放っておかない。
よくやってしまうんですよね、これが(爆)

3. 液化するまで果物を‥‥(以下同文)
買ったときにパーフェクトだったストロベリーやマンゴーがこうなっているのを見ると人生が空しくなります(涙)

4. 何でもドンブリで食べない。
いくらカロリー控えめのデザートでも、ドンブリだったら標準の盛り付けの数倍食べてることになりますよね。それじゃあ、カロリー控えてることにならないっての(笑)

5. 安く買ったものを人に自慢するのを控える。
これ、いつもやっているもんで、もう何を見せても正価で買ったとは信じてもらえなくなっている今日このごろ(笑)

6. 日本語ですごむときはちゃんと周囲を見て、日本人がいないのを確かめる。
上品に話そうとするのはまず無理なので、同胞が近くにいるときだけ地を出さないように心掛けることにします。
(以前、スーパーでべらんめえ口調できむら子供を叱り飛ばしていたら、すぐ近くに日本人の知り合いがいた、なんてことがありました(滝汗))

7. 人の話をちゃんと聞く。
相方によると、きむらは人の話を出だしの10%ぐらいしか聞かずに返事をしているそうです。クイズの早押し問題みたいで、当たればすごいですが、思いっきり勘違いしていることも、しょっちゅうあります(恥)

8. ご近所さんの顔と名前をちゃんと覚える。
きむら、どうもご近所さんを家とセットでしか覚えられないようなんですよ。だから、街中や全然違う場所でご近所さんと会っても、誰だか分からなくて。
あと、初対面のときにきっちり名前を聞いておかなかったおかげで、いつ会っても「ああ、(小声で名前を適当に発音)さん、元気〜?」なんて、ヒヤヒヤドキドキの会話をしてたりも。

9. 電化製品の使い方をマスターする。
キッチンにあるカプチーノメーカー、買って2年になりますが、使い方がよく分からないので、ただの置物になってます。食器洗い機もパーティーなどをしたときだけ使ってます(← パーティーに来た人に帰る前にセットしてもらってる(爆))ビデオのタイマー録画も分からないし、リモコンがどこにあるか定かでないので、ひたすら長時間録画してます。1曲のプロモビデオを見たいがために9時間録画したときは、さすがに情けない気分になりました(溜息)

10. 家の中の段ボールを減らす。
この家に引っ越してきてから1年半になりますが、依然として段ボールだらけです。中には10年以上開けたことのない箱もあったりして。こういう箱を開けるのは恐怖ですが、今年こそ、何とかしたいと思います(でも、やっぱり怖い〜っ)

ざっと、こんなところでしょうか。

え?

小説とギターがないって?

それは、目標を立てずとも自然に取り組むことですからっ。

と、一応、言っておきます(爆)

(蛇足)
「今年の目標」は英語では New Year's resolution と言うそうです。
いつだったか、新聞にアンケート調査の結果が出てましたが「やせる」「禁煙」「何か習い事をする」「人に優しくする」といった目標がポピュラーだとか。やっぱりこういうことはどこの国でも同じですね。


(蛇足の蛇足)1月6日(木)
昨日は朝ご飯代わりに赤ん坊の頭ほどの巨大なマンゴーを食べました。(人様にお出しできないくらい熟れ過ぎてたので)そして、ランチの後でストロベリーを食べました。(パック半分ダメになってました(苦笑))
今日はきむら子供も動員して洋梨5つ食べました。(ところどころ悪くなってました(溜息))

果物ばかり食べているせいか、お腹がどぼどぼです(爆)

それから、先月23日で賞味期限が切れた豆腐を見つけましたが、どこかで「悪くなった豆腐は冷凍するとカッテージチーズの代わりになる」という記事を読んだので、さっそく冷凍庫へ移動させました。

今度、きむら家へいらっしゃるかた。チーズを使わないカロリー控えめの料理をご馳走します(爆)

上記のものは、みんな去年買ったものなんで、まだ今年の目標に違反してませんよね?(← かなり苦しい言い逃れだなぁ(爆))


(蛇足の蛇足の蛇足)1月6日(木)午後
お腹こわしました。
[PR]

by kaoru_oishi | 2005-01-05 00:00 | その他もろもろ
2005年 01月 02日
(更新)きむら、パーティーアニマルですかっ?
どうも。きむらです。
またしても、別のパーティーに行ってきました。

ちょっと、疲れています、正直、言って。

ここで、クリスマス直前からのイベントを振り返ってみたいと思います。

12月21日(火) クリスマスショッピング
12月22日(水) モーニングティー
12月23日(木) ピクニック
12月24日(金) クリスマスショッピング(最終版)
12月25日(土) クリスマス(家族だけのイベント)
12月26日(日) アフタヌーンティー
12月27日(月) バーゲン出撃
12月28日(火) お友達とランチ&アフタヌーンティー
12月29日(水) きむら子供に来客(2名様)あり
12月31日(金) ニューイヤーズイブ 
1 月 1 日(土) &ニューイヤーズパーティー
1 月 2 日(日) ニューイヤーズパーティー(バーベキュー)

うわっ。
13日中12日、何かやってましたよ!

ブログの更新よりマメだったりして(爆)

何も特別なことをせずに家に居た日って、たった1日!しかも「家に居る」と言っても、もれなくきむら子供が付いてくるので、1人きりの時間でもなんでもないんですよね。

道理で疲れるわけだ〜(激しく納得)

きむらはもともとそれほど社交的ではありません。好奇心は旺盛なほうですが、それに負けないくらいものぐさでもありますので、つい、イベントには行かずに家で過ごすほうを選んでしまいがちです。

しかし。
きむらが「隠遁生活」をするのは自由かもしれませんが、そのとばっちりがきむら子供に行って、友達ができなかったりしても困るので、子供関係のイベントのときには、自分で自分のバーチャル尻を叩いて参加するよう心掛けています。
そして。きむらの気力がどーしても萎えてしまってるときは、相方が先方さんに連絡をして「明日、○○ちゃんが遊びに来ることになったから」と、きむらの知らないうちに勝手にアポイントメントを取りつけてたりします。

その結果がこのスケジュールです。
えらいんだか、おポンチなんだか。

ちなみに明日はバーゲン出撃②です。前回必需品を買ったので、明日は少し余裕を持って見て回りたいです。
でも、明日はきむら1人ではなく家族みんなで行くので、きっと疲れるでしょう。

ふぁいと〜。


(追加)
タイトルの「パーティーアニマル」というのは英語で「パーティー大好き人間」という意味です。

今日のバーベキューパーティーはきむら子供関係でした。招待してくれた子の家はヨット関係のビジネス(船をクルージングに貸し出したりする)をしているので、来た人もヨットクラブのメンバーが多かったです。(あ。日本と違って、こっちのヨットクラブはお金持ちの集まりではありませんよっ。みなさん、ごく普通の人たちでした(笑))
今回の家もバルコニーからシドニー湾が見渡せ、「シドニー・フェスティバル」
用にハーバーブリッジからぶらさげられているミラーボールがよく見えました。

海に関係のある人が多かったので、話題は自然と今回のスマトラ沖津波に集中しました。そして、今日、会った人の1人は甥が軍の救護班のメンバーとしてオーストラリアの空母「カニンブラ」に乗船して被災者救援に向かったそうです。
テレビやラジオのニュースで見聞きしていると、どこか遠くで起こっている出来事のように感じられますが、目の前にいる人からこういう話を聞くと、改めて身近な事件なのだと実感します。
各国からの救護隊が一刻も早く支援活動を行えること、そして、隊員の方々が無事に任務を全うされることを願っております。


(追加の追加)1月3日(月)
バーゲン出撃②から戻ってきました。
成果は。

はっはっはっはっは。
は〜あ(溜息)

きむら子供と一緒だと、リストの中の1品しか買えませんでしたっ(泣)
ショッピングセンターに着くなり「お腹すいた」。
真面目に買い物をしようとすると邪魔をする。
すぐ、いなくなりそうになる。
何か欲しがる(何を売ってる店であろうと(爆))
「買う!」という瞬間に「トイレ〜」

きむらが1人で出撃したときとは大違いです。

でも。
前からの懸案だったデジタルカメラが買えたので、不幸中の幸いと思うことにします。
(きむら子供「ねー、この赤いの買おうよー」
 きむら  「デジカメは色で買うもんじゃないんだぁぁぁ〜(絶叫)」)

店員の言葉を信じるならば、コンピューターにつないでイメージを取り込めるはずです。
そうすれば、このブログにギターの画像をアップできるかもしれません。

問題は。

きむら子供「人形のパスポート写真、撮るんだー!」

こらっ、相方っ!
子供におもちゃ代わりに使わせないでくでぇ〜っ(泣)


(追加の追加の追加)1月4日(火)
デジカメを買ったはいいが、関連ソフトがコンピューターに入らない〜。
何度入れても、シャットダウンしてしまう〜。
こんなはずでは、こんなはずではなかった〜。
華々しく(?)画像デビューするつもりだったのに〜。
ギターの写真もアップしようと思ったのに〜。
(あ、もちろん、他の用途もありますよ(笑))
どうしたらいいんだろ〜(泣)
[PR]

by kaoru_oishi | 2005-01-02 22:54 | その他もろもろ
2005年 01月 01日
シドニーより、明けましておめでとうなのです/Bonus アップしました
どうも。きむらです。
さっきパーティーから戻ってきたところです。

いや〜、よかったですよ〜。

お友達の家の海の見えるバルコニーでワインやシャンペンを飲みながら花火見物。
そして、カウントダウンの時刻にはハーバーブリッジの全貌が見える更に見晴しのいい高台まで歩いて、そこで新年の花火を見ました。

食事はおいしいし、会話は弾むし、きむら子供もいろいろ遊ばせてもらったし、本当に楽しいひとときでありました。
ほんと。
きむらのようなおポンチ野郎がこんなにしてもらっちゃっていいのー、と思ってしまうくらい、すんばらしいおもてなしでしたっ。
お友達ご夫婦がワイン(もちろん高級品)やシャンパン(赤ワインから出来ている珍しいもの)を説明しながら注いでくれるんですが、きむらったら、ただ「へー」とか言って、ぐびぐび飲んじゃうだけなんですもん。これからは「おいしくて、つい、ボトル半分飲んでしまいましたよ」と酒量を誇るのではなく、「ほぉ。さすがはクーナワラのワイン。芳醇な香りがいいですねぇ」などと、的確にコメント出来るようにしたいと思います(← でも、ちょっとこっぱずかしい気も(笑))

とにかく、ロケーションがよかったのでしょう、今までで一番よく花火が見えました。そして、9時の家族向け花火(8分半)と12時の新年の花火(15分)の間には電飾で飾られたボートやヨットが湾内をゆっくり航行しているのをディナーテーブルから見ました。

花火はシドニー湾の何か所からか打ち上げられ、広い地域から見えるようになっています。しかし、眺めのいいところは早朝から(早い人は前日から来てる)場所取りが始まり、花火の何時間も前から黒山の人だかりになってしまいます。

ですが。
きむらがいた辺りは新聞のガイドにも載っていない超穴場で、日が暮れる頃にはポツポツ人が集まりだしましたが、花火の始まる時間に来ても十分見られるくらい空いていました。ラッキー。

「これでもか、これでもか」と炸裂する色とりどりの大きな花火とハーバーブリッジから滝のようにほとばしる花火をじゅうぶん堪能してから、相方やきむら子供、お友達ご夫妻とそのお子さんと抱擁し、キスを交わし(こっぱずかしくはありますけど、その、特別な機会だから、ということで(笑))新年の到来を祝いました。

みなさま、明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


(蛇足)
花火見物のときに募金集めがあると聞いていたので、きむらはコインをたくさん持っていきました。
でも。
人があまり来ない超穴場だけに、募金回収の人も来ませんでしたっ(泣)

まあ、シドニーの1月はいろいろ催しがあるので、またそのときに募金集めがあるはずです。


(蛇足の蛇足)
Bonus、アップしました。
これは、タイトルの通り「おまけ」で、読んでもよまなくても小説の理解には何ら影響を与えません。
でも、読んでいただけたら、うれしいでっす♡


(蛇足の蛇足の蛇足)
さっき、ニューサウスウェールズ州の宝くじサイトへ行って、31ミリオン(約24億8千万円)のロト宝くじ(12月31日抽選)の結果を見てきました。

惨敗でした〜っ(泣)

サイトによると、54人が1等を当てたそうで、そのうち18人がNSW州で購入したんですと。(31ミリオンを54人で配分することになります)
で。
そのうち1人はきむらの住んでいる町のニュースエージェンシーで、もう1人はきむらのよく行くショッピングセンターで購入していました。
ううう〜、グヤジイ。

でも、メゲずにまた買いますよー。
[PR]

by kaoru_oishi | 2005-01-01 01:01 | その他もろもろ