<   2004年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

2004年 12月 31日
Intermission#3
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by kaoru_oishi | 2004-12-31 07:30 | Intermission#3+Bonus
2004年 12月 28日
こんなこと、日本ではないでしょう
「違うよ」
「え、そうだよーっ」
「絶対、違う」
「絶対、そうだってば」
「違う」
「違わない」
「じゃあ、お金賭ける?」
「よっしゃあ!」

これは前日の相方との会話です。

どうも。きむらです。
クリスマスが終わり、Boxing Day(26日)も終わり、振り替え休日(27日)も終わり、今日は28日です。
日本では御用納めに向け、みなさまラストスパートをかけているところではないかと思います。
しかし。
ここ、シドニーは違います。

では、ちょっとさっきの会話を思い出してみて下さい。
きむらと相方は一体、何について熱く言い争っていたのでしょうか。
実はこの会話のあらましはこうでした。

きむら「ね、明日って、平日だよね」

相方 「違うよ。休みだよ」
きむら「え、普通の日だよーっ」
相方 「絶対、違う」
きむら「絶対、そうだってば」

(後略)

27日の夜の時点で、翌日(28日)が休みかどうか分かっていなかったのです(爆)
でも、きむらには勝算がありました。

だって、冷蔵庫に貼ってあるカレンダーを見てましたから。
それは今年の初めに不動産屋からもらったもので、スクールホリデーと祝日が分かりやすく色分けしてあります。
それによると28日は色がついてなかったので、平日扱いでした。

そして、あくる朝。
きむらはジョギングに出かけた相方が「みんな仕事に行ってるぅ〜」とあわくって帰ってくるのを楽しみに待っておりました。
しかし、相方は45分後にパンの袋を持って悠々と帰ってきました。

「今日も休み♪ パン屋以外、みんな閉まってるよ〜」

な、なにっ?

じゃあ、カレンダーが間違ってたってことぉ〜?

おいっ、不動産屋!
おまいのところのカレンダーのせいで、きむら、賭けに負けてしまったではないかっ!(怒)

(賭け金はいくらかって? ‥‥‥それは聞かないでくださひ(泣))

‥‥‥。
ってーことは。

2日連続の休日がそれぞれ土・日だと、月・火の2日が振り替え休日になるわけなんですかーっ。

4連休じゃん!

んでもって、大晦日(金)が半日だから、働くのはたったの2日半なんだ〜。

うわー、休みの大盤振る舞い〜〜〜♪

うれしいでっす♡

うれしいけど、ここにまた一つ問題が。
元旦は土曜で、2日が日曜です。
この場合は3日(月)は振り替え休日なんでしょーか。


誰か、教えて下さいっ!(汗)


(追記)
このたびのスマトラ沖地震及び津波で亡くなられた方々のご冥福を慎んで申し上げ、被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

きむらも今回の災害について感じることがありますが、それを適切な文章とする自信がありません。ですから、この災害へのコメントを自粛することで哀悼の意と代えさせていただきます。
そして、昨日の賭けで負けた金額を相方に払うのではなく、しかるべき団体に寄付して災害復興費用にあててもらうつもりです。
[PR]

by kaoru_oishi | 2004-12-28 21:46 | その他もろもろ
2004年 12月 28日
シドニー湾の花火を見るのです(更新)
よーくーぞ聞いてくれました〜♪

あなたは、どこでカウントダウン?

きむらは大晦日はシドニー湾の花火を見る予定でっす。

シドニーではいろんなイベントごとにドカドカ花火を打ち上げるんですけど、その中でも毎年恒例の大晦日/新年の花火は最大規模のもので、シドニー観光の目玉となっています。

花火は広い地域から見られるように、ハーバーブリッジを挟む両岸と、ダーリングハーバー、そしてハーバーブリッジ本体から打ち上げられますが、やっぱり名物だけに、いいスポットで見るには早く行って場所取りをしなければなりません。

きむら家の場合は、家から歩いて10分ぐらいのところの公園で見る予定です。でも、その公園の近くに住んでいる友達からお誘いがあったので、まず、友達のおうちでパーティーをし、時間になったらおもむろに公園に行って、カウントダウンの花火を見るつもりです。(モチロン、場所取りはちゃんとしておきますけどね(笑))

ちゃんと子供のいる家族向けにカウントダウンの3時間前の9時にもファミリー用のちょっと規模の小さい花火もやってくれますし、混雑を考慮して、事前に眺めのいいところ一帯の交通止めをしたり、場所によってはアルコールを禁止して、酔っ払いが暴れるのを防いでくれてます。こちらはおおざっぱでいい加減なところがよくありますが、こういった対策についてはオーストラリアは日本以上にきめ細やかだと思います。

シドニーオリンピックのときの盛り上がりもすごかったことですし、お祭り慣れしてるってことでしょうか。

今年のクリスマスがショボいと言われたシドニーではありますが、これで名誉挽回は間違いないでしょう。

気になるのは天気。
雨なら決行でしょうが、以前は強風で中止になったこともあります。
これから数日はあまり暖かくないぐずついた天気が予報されています。でも、大晦日のカウントダウンまでにはなんとか晴れて暑くなってほしいものです。


(蛇足)
別の友達はハーバーブリッジのすぐ近くの高級マンション(コンシェルジュが常駐していてほとんどホテルのよう♡。ハーバーブリッジもオペラハウスもババーンと目の前)に住んでいますが、カウントダウンにパーティーをする人が多いので、その日だけはビジターの数を制限しているそうです。自分の住んでいるところから花火がバッチリ見えるのはうらやましいですけど、こういう裏事情もあるんですね。


(蛇足の蛇足)12月31日(金)午後4時30分
シドニーの今日の天気は快晴。最高気温は25度となってます。
花火は9時からのが8分半、カウントゼロのが15分の予定です。
そして、今年の特徴は、ハーバーブリッジの上(確か)に設置された巨大なミラーボール。「シドニー全体をディスコにしちゃえ!」という壮大な設定です。
今回のシドニー湾の花火については「26日の津波の被害を思うと、こんなときにお祭りをしていいのか」と賛否両論が出ていますが、総指揮者のレオ・スコフィールドは「このイベントは10か月前から準備されているものであるし、これを見に各地から来ている人たち及び準備費用(3ミリオン=約2億4千万円)関連産業のことを考えると中止はできない」としながらも「ファミリー用花火の9時から追悼で1分間黙祷し、また、見物するスポットで募金活動を行いたい。そしてテレビで観る人が1人1ドルずつ募金すれば5ミリオン(約4億円)集まる試算になる」とコメントしていました。
(注:このコメントは逐語訳ではありません)
確かにそうですよね。
イベントを自粛したいという気持ちも分かりますけど、仕掛けた花火をそのまま寄付することはできませんよね。
きむらの周囲でも「何とかしたい」という声を聞きますし、みなさんきっと募金に協力すると思います。

ということで、今晩、きむら一家は募金用のコインをずっしり準備して花火見物に行くことにします。
[PR]

by kaoru_oishi | 2004-12-28 06:46 | その他もろもろ
2004年 12月 27日
Hunters and Collectors
蒸し暑い朝でした。
脱水症状になるのを防ぐために、ペットボトルを持ちました。日差しを避けるために、頭には帽子を被っています。
「気をつけて」
バッグパックを肩にかけ、後ろを振り向くと、相方ときむら子供がドアのところで手を振っていました。
バスの中では目を閉じ、静かにスピーカーから流れる音楽に耳を傾けていました。
Stairway to Heaven
演奏部分が長いために、カラオケで選ぶと順番を待つ人々に殺されかねないですが、ギターの音色が美しい名曲であります。
聴いていて、これから戦地に向かうきむらにぴったりな曲だな、と思いました。

どうも。きむらです。
今日、バーゲンに行ってきました。

クリスマスにエレキギターというビッグなプレゼントをもらった分、今日は何としても大きな獲物を仕留め、家に持ち帰らなければなりません。

気分はほとんどハンターです。

まず、買うものから逆算して、一番効果的に動き回れるショッピングセンターを選定します。
それから、機動力を高めるために、クレジットカードではなく現金を用意しました。お金はショッピングセンターの近くのATMだと込むので、きむら家の近くであらかじめおろしてあります。
バスの中では、店の配置、品物の優先順位、大きさ、重量を考慮した買い物のシュミレーションを思い浮かべ、ひたすらイメージトレーニングをしていました。

クリスマス前はプレゼント用の買い物をする人たちで街はにぎわいますが、実際の商戦はクリスマス休暇の最終日です。25、26日と閉まっていた店はクリスマス前に売っていた品物の値段を一気に30〜75%まで下げ、バーゲン狙いの買い物客を迎撃します。

きむらはバスから降りると、まっすぐお目当てのショッピングセンターに向かいました。
着いて3分で最初の獲物(きむら子供用ディズニー関連のカレンダー)を50%オフで買いました。
そして45分以内に相方の欲しがっていたものを全部入手しました。

ここまでは楽勝でしたが、きむら子供の靴探しにはちょっと時間がかかりました。最初は大手デパートに行きましたが、値引率が低い上、品薄だったので、早々に退却し、準大手に移動し、そこで主に作戦を展開しました。
本来なら実物(きむら子供)を持参するのが理想的なのですが、それをすると非常に時間と手間がかかるので、バーゲンのような短期決戦には不向きです。なので、代わりにきむら子供が現在履いている靴を片方バックパックに入れて持ってきました。
それでも、デザインによって大きさは若干違いますし、バーゲンの混乱で靴箱と靴が一致しなかったり、サイズが違っていたりします。
バーゲンのときは「この種類のこのサイズの靴が欲しい!」と思っても、なかなかどんぴしゃりのものは手に入りません。ときには妥協も必要です。そして、その妥協点に到達するまでは、いくつもの靴箱を候補として積み上げる作業が続きます。

そして、これをしているとコレクターの心境になります。

値引きは、元値の上に赤で書き直してあるもの、値引き金額のラベルが貼ってあるものそのままの値札で「ここの商品は全品元値の30%」と売り場に張り紙があるものなど、いろいろ違った表示がされています。ですから、確認するために電卓を携帯していますし、怪しい場合は店内のPrice Checker (バーコード読み取り機)できっちり確認します。それでも変な場合はちょっと反則技かもしれませんが、売り場の表示も一緒にカウンターに持っていきます。(今日、やっちゃいました。テヘッ♡)

買い物が全部終わってから息抜きにCDショップに寄ったりしましたが、おおよそ3時間強で作戦が完了しました。

<買ったもの>
靴下 6足
半ズボン(パンツから変更) 2着
スイミングウェア 2枚
カレンダー 1つ
きむら子供の靴 6足
乾電池 1パック(きむら子供のおもちゃに使う)

これを全部元値で買うと、きむらのエレキギターセットよりはるかに高くなっちゃいますが、バーゲンを利用して賢く買ったので、合計$263.05でした。

割引率 約40%

効率よく買い物ができ、かつ、きむらの闘争本能もそこそこ満足させることができたので、有意義なお出かけでありました。

(蛇足)
きむらとエレキギターの蜜月日記♡

25日:エレキと一緒にAC/DCのDVDを鑑賞。無謀にも耳コピに挑戦しているところを相方に見られる。ものすごく恥ずかしかった。

26日:20分(きむら家にアフタヌーンティーに来たお客さんが喜んで弾いていた時間(汗))
[PR]

by kaoru_oishi | 2004-12-27 21:04 | その他もろもろ
2004年 12月 26日
Boxing Day
どうも。きむらです。
オーストラリアでは12月25日はChristmas Dayで祝日ですが、実は翌日の26日も祝日だったりします。
で、その祝日の名は、

Boxing Day(ボクシング・デー)

1年に1度、気に入らないヤツを徹底的に叩きのめしていい日なのです。
ですから、その日は腕に自信のある人は大手を振って通りを歩いていますが、そうでない人はトラブルを避け、ひたすら家に籠って過ごします。

というのは、真っ赤な嘘でっす。

祝日の名は Boxing Day ですが、バシバシ叩くボクシングではなく、「箱(box)」のほうの Boxing です。由来については諸説あるようですが、クリスマスカードを配達する郵便配達人やクリスマスにも働く使用人たちに、感謝の気持ちを込めて箱に入ったギフトを贈ったことが始まりだ、というのをよく聞きます。

まあ、実のところは「クリスマスに頑張っちゃった人ための休養日」ですね。

さて。
ここで、ちょっときむら家のクリスマスを振り返ってみたいと思います。
カレンダーが24日から25日にかわると、きむらはリビングルームでサンタのシークレット・エージェントの任務にかかりました。

きむら子供のプレゼントのラッピングです。

それにしても。
近ごろのおもちゃときたら。

どうして、みんな変な形の箱に入ってるんでしょー!(泣)

よくて、台形、中には流線型した四角!なんて、とんでもねー形もあります。

一体、これをどうやって包めってのっ!!(怒)

しかも。作業を始めてすぐに、ラッピングペーパーがギリギリなのに気づきました。セロテープも安物で、貼るそばから剥がれてきます。
ですが、失敗は許されません。
息を止め、爆弾の信管を抜くような慎重な作業が続きました。

終わったのは2時半。
きむらはそのままベッドに這い込み、泥のように眠りました。

しかーし。
全世界で同じ現象が見られるはずですが、クリスマスの朝、子供は異様に早く起きます。
日ごろそれほど早起きでないきむら子供も、6時には起きちゃいました。
ですから、相方もきむらもしぶしぶ起きます。

そして、いよいよプレゼントを開けます。
クリスマスは子供のための日なので、まずはきむら子供が一つひとつプレゼントを開けるのをビデオに撮ります。でも、途中でおもちゃで遊び出すので、なかなか作業が進みません。きむらは寝不足でボーッとなりながら『はよせんかっ!』ときむら子供を見守りました。

やっと終わりました。
辺りはきむら子供が引っぱがしたラッピングペーパーで足の踏み場もないくらいです。
その中央にきむらへのプレゼントが残されています。
巨大な縦長の台形のです。
ギターセットかもしれませんし、Scanpan のソースパン、フライパン、ウォク(中華鍋)の5点セットかもしれません。

きむら、震える手で相方がぐじぐじと包んだラッピングペーパーを剥がしました。

ババーンッ!

出ましたっ!

Fender Squier SE 100 Guitar/Amp Pack ですっ!!

ううう、うれし〜〜〜〜〜〜〜っ!!(感涙)

自分で選んでリクエストしたものですが、こうやって手にすると、改めてじわじわとうれしさが湧きあがってきます。

箱を慎重に開け、ギターのネックを持って引き上げました。

お、重っ。

アコギの3倍ぐらいはあると思います。

はやる心を抑えて、しっかり箱の中身をチェックします。
- Guitar (Fender Squier Strat type, color black)
- Amp (Fender Squier SP10)
- Lead
- soft case
- strap
- 6 picks
- Tuner(あんまりショボいシロモノなんで、himenoさんに指摘いただくまで、忘れ果てておりました(爆))
以上です。

「ねー、弾いてよー」

きむら子供にせがまれるまま、ギターにストラップをつけ、シールドをアンプにつないで音を出してみました。

およ。
アコギより小さいじゃん。

まあ、早朝なので、それ以上大きくしませんでしたが、ちっこいアンプだけに、エフェクターの機能はまったくなく、ぎゅいーんも、ずずーんも出来ないようです。

ちょっぴりガッカリ。
(‥‥‥そういえば、カタログに Roland Cube 15 $199 なんてのも載ってたっけ。ふっふっふ〜(← 何かよからぬことを考えているきむら))

もう少し、ギターと戯れたかったですが、やはり睡眠不足と、クリスマス前のどたばたから来る疲労でふらふらしてきました。

で。
相方ときむら子供(年に1度しか行かない、なんちゃってクリスチャン)が教会へ行っている間に、きむらはもうひと寝入りさせてもらいました。

そして、昼はみんなで一緒にクリスマスランチ(きむら家の場合はごちそうでなく、キャンプ料理に毛が生えた程度)を食べ、残りの一日は家でゴロゴロしていました。

まだ完全にクリスマス・ホリデー(25、26、27日)が終わっていないので、あまり触る機会はありませんが、これから頑張ってもっといじくりまわしていこうと思ってます。

まず、とにかく、明日、頑張らないと。
明日はバーゲンが一斉に始まる日なのです。
で、きむらはギターをもらった見返りに、相方の欲しいものを明日買い集める予定です。

ふぁいと〜!
[PR]

by kaoru_oishi | 2004-12-26 22:44 | きむらとギターと音楽
2004年 12月 25日
Bonus
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by kaoru_oishi | 2004-12-25 14:49 | Intermission#3+Bonus
2004年 12月 24日
きむら、祭りモードに突入/Intermission#3アップしました
どうも。きむらです。
いよいよ、クリスマスですねっ!
ワクワクしますっ!

クリスチャンでもなんでもない、宗教に関しては典型的(=無節操)な日本人のきむらではありますが、今年のクリスマスのドキドキ度は、いつもとかーなーり違います。
って、文のスタイルまで、何だかピンピン跳ねちゃってますね。(笑)

それはっ、

エレキギターがもらえるから〜っ!!

ギター本体だけじゃあ、ありません。アンプだって、シールドだって一緒にもらえるはずなんですーっ!
教則本だって揃ってるし、もう、クリスマスの朝からガンガン音出しまくって、近所のひんしゅくを買うことだってできるぅ〜!(爆)

前回アコギを買ってもらったときのように、

ギターはもらったけど、教則本もなーんにも付いてなかったから、その日の午後に本を買うまで、ただギターをケースに入れ、家の中をしょって歩き回り喜んでいた。
(↑お前は小学1年生かっ??)


なんてことはないのですよっ!!

うー、待ちきれんわい。

でも、きむらも一応、親だったりするので、朝、きむら子供が目を覚ましてプレゼントを開けるまで、先に自分のプレゼントを勝手に開けたりしちゃいけないんですよね。
トホホ。
何だか、おあずけを喰らった犬みたいです。

しかしながら。
一抹の不安があるのです。

まさか、まさかーとは思うんですけど。
きむらへのプレゼントがギターでない確率も推定5%ほど残っています。
もしかしたら、サンタがギターを入手しに行く途中、うっかり途中にあるVictoria's Basementに足を踏み入れ、つい魔がさしてScanpanのフライパンセットなんぞを買ってしまったかもしれません。
(注:これは、エレキギターの世界ではレスポールやストラトキャスターに相当するトップクラスの調理器具です。値段のほうも、セットで揃えると一流ギター並かそれ以上します。しかし、ギター同様、きむらがこれを手にしたとて、作るのはやはりキャンプ料理でありましょう(爆))

果たして、ギターが出るか、フライパンが出るか。

‥‥し、心配だっ。(滝汗)


(蛇足、じゃなくて、本題)
ええと。
Intermission#3アップします。
これは超短編なので、普段スクロールして読むのが苦手な方でも楽勝で読めます。
しかし、読めはしますが、今までの章と激しく関わってくるので、これだけ読んでもさっぱり分からないかと思います。
ということは、結局「全部読んで下さい」と言っているのと同じですね。(笑)

それから。
近々、第2部以降の掲載についてのお知らせをアップします。
このお知らせは、きむらにしては真面目な文章なので、引いてしまう方もいるかもしれませんが、書いているのはこれらおポンチ話と同じきむらですので、どうかご心配なく。


(蛇足の蛇足)12月25日(土)
ええと。
Intermission#3アップしました。
実を言うと、ここのところ小説を書くほうが停滞していたので、アップする頻度を増やしてしまうとネタ切れになるのでは、と躊躇したりもしましたが、そんなことを心配するよりガンガン書くべし、と思い、出しちゃいました。
ちなみに来週もThe Delicious Boy関連の小物をアップする予定です。
[PR]

by kaoru_oishi | 2004-12-24 21:13 | きむらとギターと音楽
2004年 12月 23日
一応「お約束」ですから
「ほぇ〜っ」
どうも。きむらです。
さっき、きむら子供と歩いているときにセグウェイを見ました。
いや〜、セグウェイが実際にこの辺を走っているのを見たのは初めてです。
乗っていたのは30代前半ぐらいの男性でした。
平静を装っていますが、全身で「セグウェイに乗る自分」を意識しています。
道路の反対側にいても、ビンビンに意識しまくってるのが伝わってきます。
その男性の意識。言葉に変換すると、

「見てみてみて〜! ボクね、セグウェイに乗ってるんだよっ! スゴイでしょ!」

ってところでしょうか。
「ぷぷぷ。なーんて、自意識過剰なヤツ」
などと思いましたが、きむら子供もいることですし、少し大げさに男性と乗り物を指差して、

「ほら、見てごらん! あれはセグウェイっていう乗り物なんだよ。すごいね〜!」

と言ってあげました。
そして信号が変わり、
その男性はものすごくうれしそうなにったら笑いを浮かべてきむらたちの横を通っていきました。

なんだか、クリスマス前にひとつ、いいことをしたような気がします(爆)

クリスマスと言えば。
どうやらきむらのところにもサンタクロースがやって来そうです。
なんて。
サンタの仕事が終わる時間を見計らって、

「あのさ、欲しいギター決めたから。名前と値段言うから、メモしてね」

と電話したのは、ほかならぬ、きむらだったりしますが(爆)

モチロンきむらは大人ですから、ドアのところでサンタを待ち伏せしてプレゼントを強奪したりはしません。
ちゃんとクリスマス当日まで開けずに待ちます。
しかし、よっぽど信頼されてないのでしょう。
サンタがブツを家に運び込み、包装を済ませてから隠すまで、きむらはきむら子供によってコンピュータールームに軟禁されてしまいました。
で、30分ほどして、ようやく出してもらえたのですが、ブツは見事に消えていました。前回のギターのときは寝室のドアの蔭に置いてあったので、すぐにバレてしまったのと比べると格段の進歩です。

「えー、プレゼント買ってきてくれたんだ。気がつかなかったぁ。どこに隠してあるのかなぁ、ぜーんぜん、分からないよー」

と言ったら、相方もきむら子供もにへらにへら笑っておりました。

ときには、こういう「お約束」どおりのリアクションも必要ですね。


(蛇足)
きむら子供の通っている保育所から予約金(敷金のようなもの)の払い戻しがきました。払ったのは今年の初めだったので、すっかりそのことを忘れておりました。(というか、返金されるとは知らなかった)
202ドル(約16,000円)でした。
受取り人指定の小切手なので、自分たちの口座に入れないと換金されません。

現金だったら、しらばっくれて使ってしまえるのにな〜(爆)


(蛇足の蛇足)
ところで。
ずっと前に、
 んぱっ
 ずんぱぱ ずぱずぱ ずんぱぱ ずぱずぱ

「揺れる心を音楽に託して」で、この曲を出題しましたが、答えを公表してませんでした。
では、ここで正解を発表いたします。(ドラムロール)

Material Girl by Madonna

でした。
正解なさったnicoさん、Saltintherainbowさん、おめでとうございます。
お2人はきむらと世代が同じ、あるいは非常に近いことが正式に認定されましたっ(爆)
[PR]

by kaoru_oishi | 2004-12-23 23:11 | きむらとギターと音楽
2004年 12月 22日
Bronchitis & Bronchialitis
どうも。きむらです。
今、片足(はだし)が濡れたような気がしたので、足の裏を見てみました。

あら。
ゴキブリ踏んでたわ(冷静にティッシュで足を拭く)

ああ、よかった。クモじゃなくて♪

別にクモが恐いとかいうことはないです。
ただ、この辺には毒グモが2種類いて、そのうちの「ファネルウェブ(Funnel Web)」というクモにやられると、毒性が強いのでマジで死んでしまうもんですから。

そうそう。今回はゴキブリやクモの話題ではないのでした。

今日、きむらはGPに行ってきました。
カーレースを見たんじゃありません。
General Practitioner(一般開業医)の診察を受けてきたんです。

別に死にそうでも何でもないんですけど、咳が出るんですよ。
ここ6週間ほど。
きむら、体が頑強なものですから、咳が出るのがめずらしくて、しばらく「沖田総司ごっこ」をして楽しんでいましたが、いいかげん1月も経つと飽きますし、そろそろ「もしかして、重病かっ?」と心配にもなってきます。
とは言え、熱や吐き気ならともかく、咳程度だと、つい、めんどくさくて医者の予約を入れ忘れてしまうんですよね。
それに、日曜日には新しい教則本(Intermediate Acoustic Guitar by Greg Horne)を買って、医療費にかかるくらいのお金を使ってしまったし。

「よし、この本に没頭して、気力で病気を治すぞ〜っ!」

と決意したのですが。

ダメでした。(爆)

で、診察の結果ですが。

気管支炎(Bronchitis)だそうで、抗生物質を処方してもらいました。1日3回、カプセルがなくなるまで飲み続ければいいそうです。
診療費(45ドル)ー Medicare(国民保険)の払い戻し(17.85ドル)+抗生物質(14.90ドル)= 42.05ドル
方やギターの教則本= 39.95ドル
やっぱりほぼ同じぐらいかかっちゃいました。(爆)

ところで。
気管支炎ですが、日本では病名が一つだけですが、こちらではBronchitis とBronchialitis の2種類があります。
きむらは医者ではないので、どこがどう違うかは分かりませんが、Bronchitis よりBronchialitis のほうが病状が重いんだそうです。
カタカナにすると、
ブロンカイティス (Bronchitis)
ブロンキュライティス (Bronchialitis)
こんな風に聞こえます。

なんだかカッコイイですね、

恐竜の名前みたいで。


(蛇足)
診察が終わって、きむらが「あのー」と言ったら、お医者さんは

「ああ。食べ物の制限もないし、お酒を飲んでもオッケーです」

と言いました。
そんなに物欲しそうに見えたんですかー?
きむらは「安静にしてなきゃいけませんか?」と聞こうと思ってたのに。


(蛇足の蛇足)12月22日(水)
抗生物質を飲みはじめて丸一日経ちましたが、まだ効果は現れてません。
それなのに。
明日はきむら子供関係のピクニック。
天気予報だと、明日は雨が降るらしいですが、どうも午後遅くだとか。
残念。
ピクニック、さぼりたかったのに〜。(泣)


(蛇足の蛇足の蛇足)12月23日(木)
行ってきましたよ〜、ピクニック。
別に体を酷使するようなことはなかったですが、やっぱ子供の群れを見ているだけでドッと疲れますわ。
(羊を飼っている人とか、養豚場を経営している人は疲れないものでしょうか、って、人と動物は違うのかな?(爆))
気管支炎のほうは相変わらずですが、ピクニックが終わったことで、精神的なつかえが取れたような気がします。
おーし、今晩はネット三昧じゃあ〜っ(爆)
[PR]

by kaoru_oishi | 2004-12-22 00:39 | その他もろもろ
2004年 12月 20日
ギター買ってくれるって!!
どうも。きむらです。
クリスマスまで時間がないので、前置きなしに書きますっ!

相方が、日頃の御愛顧に感謝して、きむらに念願のエレキギターを買ってくれると言ってるのですが、きむら、まだバシッと決めてないんですよ。

どーしましょ〜(焦)

「いいよ、いつだって」
と答えたら、クリスマスが終わった途端に話が流れてしまいそうだし、
「どんなもんでもいいから、すぐ買って」
と答えて、何だか違うギターをプレゼントされても困っちゃいますよね。

とりあえず。
相方の精神的&経済的負担を減らすべく、昨日、自分で楽器屋へ行って店員と相談しました。
で、昨日行った店には「スターターズ・キット」なるドシロウト向けのセット(ギター+アンプ+その他小物)というのがありまして、超ビギナーのきむらにはピッタリじゃないかと思いました。

Ashton AG 132 Starter Pack $289
(includes guitar, amp, bag, strap, strings, and software)


↑これが一番安いセットです。

Fender Squier SE100 Guitar/Amp Pack $349
(includes guitar, amp, lead and strap)


↑ブランドを考えると、これがいいような気も‥‥。

YAMAHA Pacifica + Vox Amp (10 watt) $389
(includes guitar, amp, lead)


「これは、もう4セットしか残ってないよ」と店員は言ってました。

ど、どうしたらいいんでしょ〜(恐慌)

普段、お買い物にまったく興味がないもんで、急に何かを買わなければならない状況になるとオタオタしてしまいます。
たとえ、自分が欲しいものであっても。

正直云って、どれにしたらいいか分かりません。

きむらよりギターについてよく知ってらっしゃるみなさん、
どうかお知恵を貸して下さいませ。

そうそう。

Gibson Les Paul Classic (60's model) $2,999

なんてのもありましたけどね。
「これ、欲しい♡」なんて言ったら、間違いなく張り倒されるでしょう、ハイ。


(蛇足)
あ、もちろん、相方にもあげますよ、クリスマスプレゼント。
ちなみに相方のリクエストは、
靴下とパンツとスイミングウェアだそうです。

これって、
「エビで鯛を釣る」って言うんですか?(爆)


(蛇足の蛇足)
きむらが行った楽器屋のサイトがあったので、本文中にリンクしておきました。
きむらはこのクリスマスカタログを見ながらウンウンうなっているわけです(笑)
あ、あと。
1豪ドルは約80円です。
[PR]

by kaoru_oishi | 2004-12-20 20:51 | きむらとギターと音楽