<   2004年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

2004年 08月 30日
Gold and Green
どうも。
もう、最終日になってますが、オリンピック関連でちょっと書こうと思います。
えっと、まずは、きむらが住んでいる、オーストラリアの国歌の歌詞を御覧下さい。

Australians all let us rejoice,
For we are young and free;
We've golden soil and wealth for toil,
Our home is girt by sea.
Our land abounds in Nature's gifts
Of beauty rich and rare;
In hist'ry's page, let ev'ry stage
Advance Australia fair.

In joyful strains then let us sing,
"Advance Australia Fair."

Beneath our radiant Southern Cross
We'll toil with hearts and hands;
To make this Commonwealth of ours
Renowned of all the lands;
For those who've come across the seas
We've boundless plains to share;
With courage let us all combine
To Advance Australia fair.

In joyful strains then let us sing,
"Advance Australia Fair."

以上です。
ちなみに「1番は歌えるけど、2番はちょっと」という人が多いようです。よく見ると、スポーツ選手も2番で口の動きが怪しかったりします。
ま、それはさておき。
なぜ、今ごろになってオリンピック、オーストラリアについて語るかというと、周囲(在豪/在日)の日本人から「なぜ、日本は野球で豪に負けたんじゃあ〜!」という怒りとも嘆きともつかないコメントをもらったからです。
きむらはスポーツ評論家でもないので、大したことは言えませんが、生活して気づいた点からこの件について考察してみたいと思います。

まず、これは確かだと思います。
「一般のオーストラリア人は野球のルールを知らない」
オーストラリアで人気のあるスポーツは男子ならクリケットとラグビー(いろいろ分類あり)、女子ならネットボール(バスケットによく似ているが、スカートを履いてて、ジャンプするとスカートがヒラヒラする、って全然説明になってないじゃないかっ(爆))です。
クリケットは野球の祖先とも言われているので、似ているとも言えますが、ワンバウンドした球を打つ、グローブを使わず手でボールを取るなど違う点もたくさんあります。そして、これはものすごく長時間かけて試合をします。One day Cricketとそうじゃないのとあるくらいですから、数日かけて試合をするのがザラだったりします。(クリスマス休暇にクリケットの国際試合があって、それをTVで観戦するのが正しいクリスマスの過ごし方ですが、長時間分からない試合を見続けるのは大変な苦痛だったりします。)
まあ、そんなわけで、クリケットやラグビーのチームはそこらじゅうにありますが、野球のチームは滅多にありません。オーストラリアでは野球はマイナーなスポーツだと言っていいでしょう。

ではなぜ、オーストラリアが国内で特に人気があるわけでもない野球で銀メダルが取れたりするのか。
それは土曜日の朝にどこかその辺を散歩すれば一発で分かります。
土曜、日曜と言えば、日本では働きバチの安息日。親も子も朝寝を楽しんだり、ゴロゴロして過ごすことが多いのではないかと思います。
しかし。こちらの土曜の早朝はスポーツで始まります。
ジョギングをする人、プールへ泳ぎに行く人、ビーチへサーフィンをしに行く人、することはさまざまです。そして、スポーツをしていない人は‥‥子供たちをスポーツイベントに連れて行くために車を運転していたりします。(笑)
小学校へあがるころ、早ければ幼稚園ぐらいから子供たちは地元のスポーツチームに
入って毎週末トレーニングなり試合なりをしています。
別に国家が命令するわけでもありませんし、学校が強制的にさせるのでもありません。自然に社会がそうなってるのです。(ちなみに、そのスポーツチームでの付きあいから地域なり学校なりの人間関係が形成されていったりするので、全く参加しないのにも勇気が要ります。)

そして、国歌でもOur home is girt by sea(僕らの国は海に囲まれてるんだよん♪)と歌われているように、スポーツの中でも水泳は別格です。ほとんど「みんな泳げて当たり前」の域に入っています。
きむらはもう長いことこちらに住んでいますが、「私、カナヅチなの〜」と言うオーストラリア人に会ったことがありません。子供の水泳教室はとても盛んですし、大人たちも会社の昼休みにオフィスの近くのプールへ行って、わしわし泳いでたりします。

そんな感じなのです。社会が「スポーツやって当たり前」「スポーツ出来て当たり前」という風潮なので、スポーツ人口が多く、それだけ素質のある人材を見つけやすいわけです。そして、小さいころからいろいろなスポーツに親しんで来ているので、割合柔軟に他のスポーツもトライ出来たりするのです。この辺が「これ!」と1つのスポーツを決め、とことんやっていく日本とは違うような気がします。
そのうえ、we are young and freeと言い切っているように、オーストラリアは古い伝統やお家芸という観念に縛られていません。スポーツ選手にしても、イアン・ソープなどは21歳にして自分の考えでコーチを替えたりしています。(しかも、水泳の専門家から、まったくの専門外の人にですよ。信じられない!)その辺のところが今ひとつ伝統から抜けられない他の英国連邦の国々とは違うように思います。

それが、日本の対戦相手、オーストラリアです。
日本の一球入魂といった根性はないかもしれませんが、スポーツをとことん楽しむという姿勢においては世界でもトップクラスと言えるでしょう。

ところで。オーストラリアのナショナルカラーは金と緑です。(ユニフォームはどう見ても黄色と緑ですけど)
赤、青、白の目立つユニフォームの中で若葉を思わせるオーストラリアのユニフォームは目を引き、メダルがとても映えて見えました。

野球だけでなく、メダル獲得数でも日本とオーストラリアはライバルだったようですが、今回のアテネ五輪だけでなく、次回の北京五輪でも両国に頑張ってもらいたいものです。
[PR]

by kaoru_oishi | 2004-08-30 00:48 | It's Sporting Life
2004年 08月 27日
第7章 アップしました
現代小説です。ゲーム要素皆無。魔法、王国、勇者、姫君、妖精、式神の類いは出てきません。「萌え」もないでしょう、今のところ。ロックバンドとギターは出てきますが、あまり専門的でもないです。(作者の知識が乏しいもので。もっと研究していろいろ加えたいと思ってますが)恋愛要素はある‥‥かな?でも、普通の恋愛じゃないかもしれない。
(上はトラックバック用の説明文‥‥?)
ええと、きむらです。
このブログの説明には「小説は月2回アップ」と書いてありますが、今月は反則して3回目のアップをすることにします。
なぜならば‥‥ちょうどキリよく2つに分けられなかったから。(笑)
第7章は2つより3つに分けたほうがしっくりくる構成なので、1/3を今回、そして残りを来月2回に分けてアップしようと思ってます。
ということで、いつもより少なめの第7章その1です。
続きは次回のお楽しみということで。
[PR]

by kaoru_oishi | 2004-08-27 21:28 | その他もろもろ
2004年 08月 27日
第7章(3)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by kaoru_oishi | 2004-08-27 21:07 | 第1部第7章
2004年 08月 24日
バスカーを観察する
どうも。肉球が柔らかいきむらです。

前にも書きましたが、某駅からきむらの職場までの間に大きなストリートに通じる長い地下道があって、そこではギターを弾いているバスカーが必ず一人はいます。
観光スポットでは申請を出さないと路上のパフォーマンスは許されませんが、きむらが通勤に利用するこの地下道は観光とは縁のないただの連絡通路なので、誰が何をしてもオッケーなようです。

シャイでバスカーに話しかけられないきむらですが「チャーンス!」とばかりに観察だけはしっかりしてます。

見たところ、バスカーは大きく二つに分けることができるようです。
「弾く人」と「演じる人」です。
弾く人は文字どおり、ただ弾いています。顔を上げて通行人と目を合わすなんてとんでもない。足下のコンクリートに目を落としたままの「シューゲイザー」です。もしかしたら度胸をつけるためにやっているのかもしれませんが、中には「??」な腕前の人もいます。弾く人は一応ジッパーを開けてあるギターケースを目の前に置いてます。しかし、それ以上の「集金」努力はせず、通行人のお心まかせにしているようです。
かたや、演じる人のほうは立派なエンターテイナーです。弾くだけでなく、歩き回る、笑いかける、通行人と話す、ギターケースの裏側に立てかけた自分のCDを売る、それこそ思いつく限りのパフォーマンスをしています。そして、やはり見ていると「演じる人」のほうが明らかに「弾く人」より収入が多そうです。

きむらが通る地下道にも一人、この「演じる人」がいます。
歳は見当がつきませんが、40代ぐらいでしょうか。
きむらが今の職場で働き出したころから見かけるので、少なくとも十ン年はこの地下道でバスカーをやっているはずです。
フィリピンかマレーシア系に見える彼はいつも微笑み絶やさず、2、3歩行って「くいっ」とターン、また2、3歩行って「くいっ」とターン、という典型的なバスカー歩きをしながら弾いてます。人当たりがよさそうで、よく通行人に話しかけられてますし、他のバスカーと一緒にセッションをやっていることもあります。もちろんギターも歌もプロ級で、レパートリーも豊富です。彼が弾いていると、必ず何人もの通行人がギターケースにお金を投げています。だから、たぶん彼がこの地下道で売上高ナンバーワンのバスカーではないかと思います。

それにしても。
いくら売れっ子とはいえ、バスカーの収入はたかが知れてます。一体、彼はどうやって生計を立てているんでしょうか。
1)バスカーのかけもちをしてる(いろんなスポットで演奏する)
2)ギター関係の仕事をしてる(弾く/教える/売る/作る 等)
3)ギターとは無縁の仕事をしてる(医者/弁護士/政治家/司書)
4)お金持が道楽でバスカーやってる
1、2は分かるけど、3、4ってこともあるのかな。

いつかは話しかけてみたい、きむらにとっての「プチ・セレブ」です。

(蛇足)
いつぞや、シティのショッピングモールで弾いているアジア系のバスカーを見ました。最初に見た日はサイモン&ガーファンクルを演ってたので「日本人受けしそうな曲、演ってるな」とだけ思いましたが、次に見たときは弾きながら「なごり雪」を歌ってました。
日本人だったんですねー。
上手ではありましたが、外国のショッピングモールでギター弾いて日本語で歌っているというのは、何だか「日本ドラマの海外ロケ」みたいで、ちょっと違和感がありました。
[PR]

by kaoru_oishi | 2004-08-24 23:46 | きむらとギターと音楽
2004年 08月 23日
肉球危うし!
最近、ギターの練習をサボっているきむらです。
1日2日だとまだ挽回できるような気がしますが、3、4日と来ると、さすがに弦を押さえた時の感触が違ってきます。
なんだか、左手の指のタコが柔らかくなったように感じるんです。
ちなみにきむらはこのタコを愛情を込めて「肉球♡」と呼んでいます。何だか猫の足の裏みたいなので。

5月から始めたギター、1日30分ぐらい練習してきました。
最初の1週間は、もう指が痛くっていたくって。(特に薬指が)
痛いのと指が届かないことで、練習の終わりには「ふ〜っ」とため息ついてました。
でも、3週目ぐらいから、何となく痛みが和らいで来たような気がしました。
肉球の誕生です♪
弦を押す指先を上から押すと、外側が堅いと言うよりも、まず、指の内部に違和感を感じました。
でも、この段階では他人が触ってもあんまり堅いようには思わないようです。
表面から見ても右手と左手の指先が違って見えて来たのは、練習を始めてから1か月半ぐらい経ってからでしょうか。
もうこのくらいになると、うれしくて「ほらっ、指にタコが!」と周りに見せびらかして呆れられました。

ちなみに英語ではcallusと言います。同じタコでも足の裏のタコ(実はこのほうがはるかに厚くて堅い)を指摘されると「怒〜!」となりますが、指のタコはいくら言われてもうれしいもんです。
ギター仲間のブログにはこのタコを爪切りでトリムしているという談話がありましたが、きむらのは、まだまだそんな厚さにはなっていません。きっと数年続けないと、そのステージまでは行けないような気がします。

しかし、この愛する肉球に危機が迫っているのです。
(ってほど大したことじゃないですが♪)
実は左手のライバル、右手にトラブルが発生してしまいました。
きむらは元来手足先だけ乾燥肌なのですが、冬場になると、ピキピキと割れてしまうのです。
特に親指や人さし指の爪の両端がいけません。すぐに割れて血が出ます。
仕方ないので絆創膏を巻くんですが、そうなるとギターを弾くときにすごく邪魔になって。音も何だか気が抜けた感じになります。
なので、ギターの練習のときだけは絆創膏を外すことにしました。
そうすると。
指の割れたところに弦が引っかかるんですよね。
これ、ものすごく痛いです。
弾いてて「痛ってぇー!」と叫んでしまうくらい。
指で弾かずにピックを使えばいいのですが、きむらはどうもちゃんとピックを持ってられなくて。すぐに落っことすかぶっ飛ばしてしまうんです。
だから、どうしてもピックを使わずに指で弾いてしまいます。

そんなこんなで、つい、右手の割れたところがふさがるまで練習をサボっちゃいます。
でも、そうすると、左手の肉球が柔らかくなるわけで。その肉球を復活させるまでは、また指先が痛むことになります。
すっかり悪循環ですよね。(笑)

でも、きむらの乾燥肌は春(南半球の)になると快方に向かい、夏になる前には治ってしまいます。
春まであともう少し。暖かくなって指の割れがなくなったら、もっと気合い入れて練習します。

(蛇足)
私の知り合いのマットという人はピックの代わりにビニール袋をねじって留めるためのプラスチックのクリップを使ってます。彼によると、その「クリップピック」は本物のピックと比べて何の遜色もないそうですよ。ぜひお試しあれ。
[PR]

by kaoru_oishi | 2004-08-23 00:27 | きむらとギターと音楽
2004年 08月 22日
ヨン様再び
金曜にディナー&カラオケに行った。
メンバーは(日)と同じ。
当然、例の「冬ソナ」の話題が出て来る。
ハマってる友人に「「〜ジュセヨ」は「〜ください」という意味だよ」と教えて上げたら、その後は「〜ジュセヨ」を連発連発。
「あ〜あ、アタシも誰かにときめきたいわよ。ヨン様、ジュセヨ〜っ!」
やめれ〜っ、交差点で曲がるときに思いっきり叫ばれたら事故っちゃうよぉ〜!
で、その友人、会話の合間あいまに「冬ソナ」のストーリーを教えてくれた。
「冬ソナ」とは。
「婚約者なのに、ホテルに行ってもするべきこともせずに服を着たまま寝てしまう」
そして、
「キスをしても舌を入れない」
のだそうだ。
きむらがインターネットで見た「冬ソナ」の写真は雪に埋もれるようになってる男女のアップだった。
なので、きむらの頭には、
「ごついコート着て着ぶくれた男女がサランラップの両側から唇を合わせ、おもむろにホテルのシングルベッドに別々に横になる(しかも毛布もかけずに)」というイメージがぱーっと浮かんだ。
‥‥こういうのが「冬ソナ」なんですか。
‥‥こういうのにハマっちゃうんですか。
う〜む。
きむらには分からないなぁ。
[PR]

by kaoru_oishi | 2004-08-22 01:15 | その他もろもろ
2004年 08月 18日
お詫びでっす
ええと、きむらです。
実はちょっと体調を崩してまして。(1か月前のカゼがまだ残ってる!)あと、天気も悪いというか、とんでもねー雨で家の中が雨漏りしたりして、コンピューターやギターを(あ、子供もね)守らなければならないんで、2、3日ちょっと更新をおサボりいたします。
ということで、いらしたかたは、過去ログや駄文(小説)でお楽しみ下さい。
カキコのほうも大歓迎でっす。(online casinoご一行様を除く)調子が良ければ、お返事のほうは出来ると思います。

ではでは。

きむらより
(実は金曜にディナー&カラオケがあるので、それまでに体調を万全にしようなどと企んでいる、って、ここに書いちゃったら、単なるサボりだってのが、バレバレじゃないのぉ〜)
[PR]

by kaoru_oishi | 2004-08-18 12:01 | その他もろもろ
2004年 08月 16日
北斗七星というと‥‥
昨日、友人宅のバーベキューにお呼ばれした。(全3家族でランチ)
「鯨飲馬食」のきむらではあるが、一応、周囲に気兼ねして、「人並み」に食べる程度で押さえておいた。(にしては、皿の上に骨がうずたかく積もってたな〜)
別に特別な集まりでもなかったので、話は思いつくまま適当。今回は割合苦手分野(子どものしつけ、子供の教育、家のリフォーム、とにかく家と家庭関係に集中)だったので、きむらは珍しく聞き役に回っていた。下手に「子供の勉強を見る、と言っちゃあ、横でギター弾いてる」「子供に本を音読させながらブログの更新してる」なんて正直に言ったら、一瞬でおつきあい関係が消滅しそうだったので。
そうしたら、ようやく話が緩やかに苦手分野から離れて行った。
友人の一人がレンタルビデオで「冬ソナ」を見て、ハマったそうな。
そう言えば、今日の彼女は何かと「ヨン様」「ヨン様」と連呼し、話のオチを「冬ソナ」でつけたがる。
‥‥前は「ベッカム様」じゃなかったっけ?
地元の「イアン・ソープ様」はもう用済みですかー?
「冬ソナ」はインターネットの情報でわずかに知る程度のきむらには分からないことだらけ。
友人 「今じゃ、北斗七星して「冬ソナ」ツアーに行く人たちがいるんだってさ」
きむら「北斗七星?」

それって、あの、上半身ハダカで「あたたたたたたたた〜!」とか言いながら拳を放って、「お前は既に死んでいる」と言い残して去って行くのでは?

かくして、友人ときむらの会話は決して交わることなく、ひたすら平行線上を進んで行くのであった。

外国に住んでる日本人同士の典型的な会話風景である。
[PR]

by kaoru_oishi | 2004-08-16 01:05 | その他もろもろ
2004年 08月 14日
第6章続き、アップしました
現代小説です。ゲーム要素皆無。魔法、王国、勇者、姫君、妖精、式神の類いは出てきません。「萌え」もないでしょう、今のところ。ロックバンドとギターは出てきますが、あまり専門的でもないです。(作者の知識が乏しいもので。もっと研究していろいろ加えたいと思ってますが)恋愛要素はある‥‥かな?でも、普通の恋愛じゃないかもしれない。
(上はトラックバック用の説明文‥‥?)
「The Delicious Boyってどんな小説?」と聞かれても即答できない、情けないきむら。ちゃんとした本を書くには、それを手短かに説明出来なくてはいけないんだそうです。
その観点から行くと、きむらは全然説明が出来てません。
なぜかと云うと、これはきむらがいろいろプロットを考えて書いた、というよりは、ビジュアルイメージで出来上がっているものを、四苦八苦して文章化しているからです。
パワーポイントのように頭の中のイメージが直接上映できれば一番楽なんですけどね。
そうはいかないから、いちいち頭の中の想像上のポーズボタンを押してDVDを止めてはそれを文章に直す作業を続けるわけです。ときにはイメージがはっきりくっきりしているのに、きむらの語彙が足りなくてイライラしてしまうこともあります。
ということで、第6章の続き、アップです。
続きはまた今度。
第7章からそろそろバラバラだったものがまとまってくる‥‥はず?
[PR]

by kaoru_oishi | 2004-08-14 01:29 | その他もろもろ
2004年 08月 14日
第6章(1)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by kaoru_oishi | 2004-08-14 01:19 | 第1部第6章