2004年 09月 06日
いいかげん?おおざっぱ?
ええと、昨日ヒョウが降りました。
動物じゃ、ありません。雹です。(←パッと見て読めませんよね、この漢字)

昨日の天気予報は「午後から夜にかけてストーム」でした。
だから「ああ、ストームか。じゃあ、洗濯物は外に干さないでおこう」程度に思ってました。
しかし、甘かった。
朝、快晴だったのが、昼、曇りになり、3時ごろには暗雲が立ちこめてきました。
で「そろそろ雨が降るかな」と思っているとポツポツ来ました。
ポツポツがシャーシャーになったころから雷鳴が。
「うげっ。コンピューター止めとかなきゃ」(前にiMacを一台パーにしたことがあったので)慌てて電源を切るきむら。
その間、雨音はザーザーになり、そのうちガラゴロになりました。
「ガラゴロ?」
窓から外を見て、ビックリ。
ヒョウが降ってるじゃありませんか。
15分は降ってたと思います。最初はパチンコ玉大だったのが、親指の先ぐらいになり、しまいにはゴルフボール大のまでが落ちてきたので「天窓割れるかも?!」と気が気ではありませんでした。
幸い、家に被害はなかったのですが、翌朝、外を歩くと散り始めていた紅梅がみごとに丸坊主になり、落ちた木の葉で歩道が緑色に見えました。

ここのところシドニーは水不足が続いてダムの貯水量が半分近くまで落ちているので「お湿り」があるのは喜ばしいのですが、シドニーの天気は、どうも「ほどほど」という感覚がないようです。
先月などは、ほぼ一か月雨なしの日が続いて「カラカラ天気だな」と思っていたところ、ある晩ものすごい土砂降りになりました。結局、その月一か月の平均雨量に当たる分がそのときに降ったそうです。まあ、それで平均雨量の帳尻は合うのでしょうが、植物のことを考えると、何回かに分けて降ってくれたほうがありがたいものです。(しかもダム周辺には降ってないんですよ、まったく)

昨日、ヒョウが降った後は気温ががくんと下がって冬の気候に逆戻りしましたが、今日のシドニーは穏やかで春らしい天気でした。

(蛇足)
雨の日のシドニーでちょっとビックリするのが「傘をさしていない人が結構いること」。学生など自由業の人なら何となく分かるような気がしますが、スーツなのに平気でびしょびしょになっているビジネスマンをよく見かけます。クリーニングの心配とかしないんでしょうか。それと、傘のサイズ。ゴルフ用のどデカイ傘か、頭がやっと濡れない程度の笑っちゃうくらい小さい折り畳み傘をさしている人がほとんどで、日本の標準的な折り畳み傘を持っている人はいません。オーストラリア人に傘。意外に喜ばれるプレゼントかも。
[PR]

by kaoru_oishi | 2004-09-06 21:09 | その他もろもろ


<< シクラメンのにほひ      Enjoy ! >>