2009年 10月 12日
化石の森の木
どうも。きむらです。
家具屋に行きました。
最近、きむら子供らが「自分の部屋が欲しい」と騒ぎだしたものですから。

しかし。
「じゃあ、取りあえずシングルベッドと勉強机だなぁ」と思って家具屋を10軒は回ってみたのですが。
全然ぴたっとくるモノに出くわさないんです。
何だかムダにファンシーだったり、変にゴージャスだったり。

きむらはデザインがどーした、とか、素材が何とか、というのでは心惹かれないんです。
「ゾウが踏んでも壊れない!」や
「ビルの屋上から落としても無傷!」
のような無意味だけどウルトラな付加値でもない限りは。

ですので、すっかり食傷気味になって他の家具を見たりしていたのですが、ソファーやダイニングテーブル、コーヒーテーブルに至ってはファンシーやゴージャスのレベルが高いだけではなく、デザインまで「はぇ?」と首を傾げるようなものばかりでした。

例えば。
Fossil wood でできたダイニングテーブルなんてのがありました。
「Fossil wood?「化石の木」? 次世代燃料みたいなもんすか?」なんて思い、家で早速調べてみたら、日本語ではどうやら「珪化木」と呼ばれているようです。

って。
「珪化木」自体が何なんだか分かんないんですけどっ!

まあ、ざっと記事を読んでみて鉱物学的に「非常に珍しいもの」らしいことは分かりました。
でも、そんなに珍しいものだったら博物館に展示するべきで、家具に加工して売ったりするのはいけないんじゃないかと(汗)
それに、家具も流行りすたりがありますから、珪化木の家具が今一番イケてるのかもしれませんが、他の素材が流行りだしたらあっさり捨てられてしまいそうです。
気の遠くなるような年月をかけて化石になったのに。

結局、考えがまとまらず(というか、きむらときむら子供間に意見の一致が見られなかったので)今日は家具は見るだけにとどまりました。

はぁ。
家具を選んだりするのって、本当に苦手です・・・(汗)


(蛇足)
豪州にはアレはないんでしょうか、
「くろがねの学習机」
みたいなものはっ!?

きむらの子供時代はアレが定番で、きむらもきむら姉も小学校入学時に買ってもらいましたが、丈夫で長持ちするので優に20年は愛用しました。
(というか、実家でまだ現役だったりします)

で。
Fossil wood を調べたあとにネットで「くろがねの学習机」を検索してみました。

あ、健在ですね。
でも、今売られている机は、きむらやきむら姉が使っていたのとはずいぶん違っていました。
時代に合わせ、もっとファンシーでゴージャスになってるような。

もう売ってないのかなぁ、簡素で飾りっけがまったくないような机は。

相方 「子供にダメ出しばかりしてるけど、きむらはどんな子供部屋が理想なの?」
きむら「押し入れの中とか、物置とか〜♪」
相方 「真面目に考えなさいっ」

自分にとって秘密基地のような特別な空間、という意味だったんですけど、どうも理解してもらえなかったようです(わはは)

人気blogランキングへ
↓ 起きて半畳寝て一畳〜♪
[PR]

by kaoru_oishi | 2009-10-12 22:12 | その他もろもろ


<< スーパーめし      すっかり油断してた・・・ >>