2009年 09月 30日
せ〜ん〜せ〜い〜っ(汗)
どうも。きむらです。
昨日、カフェで Daily Telegraph を読んどりました。

去年の今ごろまでは相方が仕事先から新聞(新品)を持って帰っていたので毎日5紙(The Sydney Morning Herald, The Australian, Daily Telegraph, Financial Review, Financial Times)読み放題でしたが、不況からくる経費削減で新聞の購読数をぐっと減らしたため、カフェに行く機会があると、こういったタブロイド系の新聞をむさぼるように読んでいます。
前のお客さんにくちゃくちゃに折り畳まれ、ページの順番がめちゃめちゃになり、クロスワードが完成してたりしますが、構うこっちゃありません。きむら子供ともども奪い合いながら目を通します(笑)

で、気になったニュースがあったんです。

Dark clouds of mental illness trouble young children というタイトルの記事なんですが
(この記事は今のところ新聞社のウェブサイトで閲読可能です)、その中に
「8年生の少年がクラスメートと4人の学校職員の名前を自分の''Death Note''に書き、彼らが溺死、心臓発作、アルコール中毒で死ぬ描写をしていた」
という一節がありました。

あの〜。
先生だか教育省のお役人だか知りませんが、

これって、あの「デスノート」の内容そのまんまだと思うんですけどっ(汗)

このケースを他の、実際に放火したり凶器持って学校来ちゃったりしたケースと一緒に扱ったら、ひじょーにマズいんと違いますかっ?
こっちのティーンエイジャーは日本のあの「デスノート」を普通に知ってますけど、もしかして、先生や教育関係者は知らなくて、そのまんま額面通りに受け取って騒いでたりして(脂汗)

それに8年生(日本でいうと中二)って思春期あたりの年ごろですよね?
思春期のまっただ中なんて。
「好き」と「嫌い」の振れ幅がめいっぱい大きくて、感情が毎日ジェットコースターに乗っているみたいに「わ〜っ!」だの「きゃ〜!」だの激しくアップダウンしているようなもんですよ。
我慢できないほど大っ嫌いな人がいて、でもどうしようもないから、その思いをノートに書くことで紛らわしていたのかもしれないのに「問題行動」扱いされたらたまったもんじゃないですよねっ。

「デスノート」きむらはアニメで見ました。
たぶんきむらは年齢的には学生よりも先生や教育関係者のほうに近いでしょうけど、純粋にエンターテイメントとして楽しめました。
先生も教育関係者も、この新聞記事を書いた記者も、一度ちゃんと「デスノート」を見てからこの学生の処遇を考えてもらいたいな、と切に思いました。
[PR]

by kaoru_oishi | 2009-09-30 00:01 | その他もろもろ


<< スポーツイベントはオリンピック...      パロり倒しても歴史 >>