2009年 06月 25日
あのツキを取ってくれろと泣くきむら
どうも。きむらです。
なんだかデジャヴーな書き出して恐縮ですが、
今日、ニュースエージェンシーに寄ったついでに火曜日に抽選があった「オズ・ロト」の結果を調べてもらいました。

きむら、何と、
当たってましたぁぁぁ〜っ!!














・・・・・またしても7等に。
だけど7等が2つだったので、今回の賞金は25ドル80セントでした。

普通なら
「うわぁ、7等が2つも。すごいラッキー!」
とガッツポーズを決めていいくらいの当たりです。
先週から2週続けて当たりが出てるんですから年間通してみても、かなりーな高確率です。

ですが。
こういう状況ですと「7等2つ当たった〜」という現実より

1等50ミリオンドルに当たらなかったっ!!

という事実のほうがぐさっと胸をえぐります。
なんというか、
「おみくじ、引いても引いても「小吉」じゃん。「大吉」出ないじゃん(怒)」
などと、身近の小さな幸運を見ずに、本当にあるんだかどうだか分からない大きな運を求めて届かぬ手を振り回している感じですね。
(ちなみにきむらはおみくじでサラリと「凶」や「大凶」を引く人です(笑))

しかしながら。
きむらのように思った人は豪州全土に、たっくさんたっくさんいることが分かりました。

だって。

今回のロトで1等50ミリオンドルの該当者なし。
で、次回の抽選の1等賞金は。

なんと、90ミリオンドル(1豪ドル=75円で約67億5千万円)!!

たった一週間で賞金が40ミリオンドルもアップするなんて、
・・・・一体、どんだけ買ったんだよ、オージー(汗)

ちなみに、
1等が50ミリオンドルの時点のThe Sydney Morning Herald 紙に書いてありましたが、数学者の試算によると、そのときの購入者が1等50ミリオンドルに「当たらない」確率は、

99.99997796 なんだそうで。

周り見渡せば、みーんな、きむらの「仲間」ってぇことです(笑)

きむらは来週の分のオズ・ロトはもう昨日のうちに馴染みのニュースエージェントで買いましたが、いつもはどこの販売所もちゃんと次回の賞金額が書かれた印刷ポスターが貼られているのに、記録ぶっちぎりの「90ミリオン」が出て元締めが焦ったのか、間違った賞金額(60ミリオンドル)の印刷ポスターが貼ってある販売所があったり、手書きで「90ミリオン」と段ボールに書いた所あり、機構・販売所ともにオタオタ感が出ていておもしろかったです。

さて。
抽選は来週の火曜日の午後8時半です。
そのときまでせいぜい「90ミリオンドル当たったら、〜〜するんだぁ〜♪」と、幸福感にひたることにします(笑)


(蛇足)
昨日、知り合い数名で「90ミリオンドル当たったら、どうする?」と、夢の話で盛り上がりました。
ですけど、
「きむらの場合は〜、医療か機械工学関係の研究機関を作って世界の一流の学者に最先端の研究をさせて・・・・・で、きむらはそこに事務員か何かで終身雇用してもらって、定年まで安定した給料を確保したいなぁ」
と言ったら「夢がなさすぎっ!」と一斉ブーイングを受けました。
そして家については、
「雨どい直して〜、バスルームの蛇口の水漏れ直して〜、電気が点かないところの配電直して〜、網戸の網を取り替えて〜、物置きのガラクタなんとかしたいなぁ」
と言ったら「そんなの、90ミリオンなくても今できるでしょ!」と突っ込まれました(苦笑)

なんというか。
「土地転がしウハウハ」とか「アパート経営で不労収入ガポガポ」といったぬれ手に粟系のお金儲けには激しく心動かされるんですけど、自分が大邸宅に住んだり贅沢な暮らしをしたいとかは全く思いませんね〜(← 単なるものぐさ)

人気blogランキングへ
↓ Wish Me Luck! ですぞ(笑)
[PR]

by kaoru_oishi | 2009-06-25 13:02 | その他もろもろ


<< The Galaxy      先走る運命 >>