2004年 08月 11日
その他:タトゥー&変な日本語Tシャツ
全国推定一千万のピアス&タトゥー愛好家のみなさんから見事に肩すかしを喰らったきむらです。う、寒っ。
しょうがないので、こっちからネタを出しときます。
きむらは毎週日曜日に街中のプールに行ってます。ま、プールですから、タトゥーを見る機会はたくさんありますが‥‥それほど「う〜ん」と感心しちゃうような「作品」にはお目にかかったことがありません。
反対の「う〜ん」はありますよ。アタマかかえちゃうようなのは。
ある30歳くらいのオトウサンは背中の左肩に紋章みたいな二本足立ちしてるライオンを彫ってるんですが、ライオンの顔の大きさが胴体と同じで、しかもライオンに見えない。美術の成績が2/10だった人に彫ってもらったか、あるいは自分で鏡を見ながら「ヨイショ、ヨイショ」と彫ったとしか思えない出来映えなのです。
模様系、例えばケルトのパターン(ベッカムね)とかニュージーランドのマオリ族のパターンなどは単色でも映えますし、失敗しててもバレにくい。(笑)(でも、それが日本人、そして日本人の肌にどう映えるかは分かりませんけどね。)
よく巷(外国の)では変な漢字のタトゥー(「台所」とか)の目撃談をよく聞きますが、きむら自身はまだ、そういうのにはお目にかかったことはありません。

あ、でも、タトゥーではないけど、Tシャツならありますよ。
白いTシャツの背中に思いっきりデカデカと「種族」。なんやねん。
Tシャツの胸に「壊れ物注意」と書いてあった男の顔はすでに壊れていた。
黄色に赤で「日本国謹製 肛門」と書いたTシャツが売っているのを見たときは、本当に腰が抜けそうになった。
自分の目撃ではないけど「絶倫」と書いてあるTシャツを着て、日本語のクラスに来た学生もいたそうな。意味聞かれなくてよかったね、先生。
あと、とどめは。
病院で見かけた白人の男の子。冬なのに「夏夏夏夏‥‥」とそでやすそにプリントしてあるTシャツを着ていた。
ま、これぐらいは許せる。
しかし、胸にひときわ大きい漢字3文字。
「御霊前」!
なんでやー!
隣に座ってた中国人のおばあさんの肩を揺さぶって思わず
「ねー、ちょっとちょっと、あれ、オッケー?」
と聞きたくなってしまった。
ずっと前にも生地全部に「島根県」(しかも裏返し)とプリントしてあるブラウス着てるオバサンを見たこともあるけど、「御霊前」に勝る漢字はないと思う。

あ、ピアス&タトゥーの調査、続けてます。ご協力お願いしまっす。
[PR]

by kaoru_oishi | 2004-08-11 09:50 | その他もろもろ


<< これはもう恋かもしれない      制作記:ピアス&タトゥーについ... >>