2009年 04月 21日
侵略者礼賛
どうも。きむらです。
日曜日に家族で映画を見てきました。

むか〜しは一応格好をつけてアートハウス系や英語字幕付きのヨーロピアン映画などを見て(そして必ず途中で居眠りして)いた、きむらと相方でありますが、寄る年波に勝てず、近頃はレーティングが「G」とか「PG」の子供向け映画ばかり見ています。

ですけど、子供向け映画って、結構侮れないんですよ。

今回見たのは「Monsters vs Aliens」(邦題は「モンスター対エイリアン」ですかね)。
現在の子供向け映画の主流を行くCGもの、しかもメガネかけて見る3Dでした。
TVの宣伝で見たキャラクターの絵柄でてっきりPixer製作のディズニー映画だと思っていましたが、Dream Worksの作品でありました。

これ、あんまり、というか全く期待しないで行ったんですけど。
オープニングのDream Worksのシンボルである「三日月に腰掛けて釣りをしている少年」が早速おちょくられていたので、
「お、これは良作の予感!」という気がしました。
そして、見てみたら、かーなーり楽しめました。
ネタばらしになるといけないので詳細は書きませんが「シュレック」の1作目が面白いと思うタイプなら結構イケる映画だと思います。

内容はタイトルを見りゃ一目瞭然の「地球を侵略に来たエイリアンをモンスターが迎え撃つ」という子供でも分かる話ですが、その単純なストーリー展開の中に大人向けのギャグがたくさん散りばめてありました。
「あ、これ、元ネタは○○○だよね!」
「今の「○○との○○」のパロディ!」
「「エリア51」キターッ!」
「こ、コード・ブラウンッ(悶死)」
普通にSF映画、特に宇宙からの侵略ものを好んで見てきた人なら腹を抱えて笑えるシーンが満載でした。

今までヒットしたSF映画のパクリ、と言う人もいるかもしれませんが、きむらにはこの映画が過去のSF映画への特大のオマージュのように思えました。
これ作った人、すんごくSF映画が好きなんでしょうね、間違いなく。
そうそう。
登場するモンスターの中にはかつて東京に上陸したお方も含まれてましたよ〜♪

メインキャラクターの声がリース・ウィザースプーンで、別に声質がどうのということはないんですが、CGを見ていても彼女の顔がぽんぽん浮かんでしまうのと、この映画の主張なのか何度も出てくる「普通の女の子でも〜できる」というセリフに食傷した、などの難点もなきにしもあらずですが、それをさっ引いても十分楽しめる良作だと思います。

日本ではいつ公開になるか分かりませんが、もし子供を連れて映画を見にいかなければならないという状況が生じたら迷わずこれを一番におすすめしたいです。


(蛇足)
いや〜、それにしても増えましたね〜、CGの映画。
以前は実写とCG(含アニメ)があったら、
「製作に手間暇金かけてるから、作品に外れなし!」
と、必ずCGを選んできましたが、技術が進んでコストが低くなったのか、ここ2年ほどはCG映画の中にもとてつもないスカ!が混ざるようになってきました。

映画割引の火曜日なら、まだ経済的被害が最小限で済みますが、割引じゃない日に、しかも家族全員で見てしまったりしようものなら。
やるせなさと後悔の念を次のスクールホリデーまで引きずってしまいます。

・・・まあ、どんなに気をつけていても、年間最低一回はスカ!に当たっちゃうんですけどねぇ(ため息)

人気blogランキングへ
↓ こちらにも侵略出張できます〜♪
[PR]

by kaoru_oishi | 2009-04-21 00:35 | その他もろもろ


<< フルフル      あああ、あしゅらぁぁぁ〜っ! ... >>