2009年 03月 12日
その名を口にするなかれ
どうも。きむらです。
これもいつぞやと同じ系列です(笑)

またしてもWA滞在中のある日。
きむらはレンタカーに乗っていました。

土地カンがまるでない上、方向オンチ。
さっぱり役に立たないまま助手席に座って、見えてくる景色に対してあーでもない、こーでもないとコメントしておりました。

そんなとき。
ちょうど道路と平行している線路の彼方から電車がやってきました。
WA(というか、パース近郊)の鉄道はなーんにもない海辺に突如近未来っぽい銀色の筒形の駅がダン!とあったりして、面白いです。でも、本数があんまり多くないのか、電車との遭遇は滅多にありません。
なので。
きむらは「わー、電車が走ってる〜」なんて、はしゃいで電車が近づいてくるのを眺めておりました。

電車の正面にはライトで行き先が書かれています。
きむら、何気なく読み上げました。

「ええっと。この電車は〜

コックバーン(COCKBURN)行き。

えええっ、

○ンチン(cock)焼き(burn)〜っ!?

ぎゃはははは〜っ!」

「それは、コーバーン!」

すかさず相方の冷静な訂正が入りました。

後日ネットで調べてみると、Cockburn は地名でも人名でも出てきました。それほど珍しい名前ではなさそうです。
ですけど。
相方によると、シドニーの知り合いでそこに投資物件がある人がいて、雑多な書類手続きが必要になってシドニーの法律事務所に持っていったところ、そこで「ぶははっ」と大笑いされたとか。

WAでは、他にもテレビで天気予報を見ていたときによく「ガスコイン」という地域名を聞いて「コイン入れたらガスが出そうだなぁ」と、ひとりでウケていました。
アルファベットで書くと Gascoigne でしょうか?
こうやって見てみるとフランスっぽいつづりでカッコイイんですけどね。

反対に、きむら的に名前の響きがすんばらしく感じるのがスビヤコ(Subiaco)。これも異国っぽい音感なので調べてみたら、どうやらイタリアから来た地名らしいです。まあ、そこにラグビー競技場がありますから、そのせいで好感度が高いかもしれません(笑)

こんな風に、よその土地に行くと地名が素敵、面白い、なんて感じるものですが、シドニーにだって地元の人には普通でも訪れた人に「ぷぷっ」と笑われてしまう地名があるんですよね。
例えばシドニー北部、モスマンの近くにある The Spit やそこを通る Spit Road。
日本語だと「ザ・つばペッペ」になります(汗)
辞書だと「岬」とか「砂州」なんて意味があるんで、地形的にはそっちを指すのだろうと思いますけど、耳で聞いたらまず「ツバ」を連想するでしょうねぇ。
あんまり語感がアレなんで数年前に地名変更案が出たそうですが、可決しなかったようです。

きむら「ちょっと、見てこれ〜っ! 
    キャンベラの美術館で Degas 展やってるってさ〜。
    ディ・ガスって「オナラ止め」の薬の名前じゃん。
    ぎゃはははは〜!!」

相方 「あれは De-gas。それはデュガーと読む

きむら「デュガー? デュガー、デュガ・・・
   (バレリーナの絵を見て)
    もしかして、ドガだったりする?
    ・・・発音とつづりが全然違うじゃないぃぃぃぃ〜!!」

バレエをテーマとした絵や塑像で名高いフランス印象派の画家。
本当はデュガーなのか、ドガなのか、それともオナラ止め薬そのまんまの「ディ・ガス」なのか。

本場もんのフランス人に聞かないとわっかりませんね〜(謎)

人気blogランキングへ
↓ そういや、前回の記事「びっくりびと」はランキングのページに記録されてないんですよね
「ぐぐる先生」で調べても出てこないし。
普通に書いたつもりだったんですけど、記事の中に何かヤバイ「禁検索ワード」とか入ってたんでしょうか。
これも謎であります。
[PR]

by kaoru_oishi | 2009-03-12 11:50 | その他もろもろ


<< あああ、あしゅらぁぁぁ〜っ! ...      びっくりびと >>