2008年 11月 30日
ひ、現実っ!
どうも。きむらです。
毎日「これは何なんでしょ〜っ!」と我ながら驚くほどにスケジュールが詰まりまくりでギチギチです。

予定が入ると忘れてすっぽかさないように携帯のカレンダーに登録しとくんですが、その度に「予定が重なってます」の表示が出ます。
でも、それで正しいんです。
携帯の電子脳は「予定重複→入力ミス」と思うんでしょうけど、きむらの日常の行動では「Aをしつつ、同時進行でBも」はよくあることですので。

最近では、もうひとりシャカシャカ動き回ってる友人とどっちが多くスケジュールが入っているか張り合うという、何だか不毛な競争をしています(苦笑)

そんなですから。
何らかの事情でひとつの予定が狂うと、後ろに続く予定がドミノ倒しのように崩れていくのでかなり慌てます。
たとえば、この間なんか。

きむら子供の習い事で、どうしてもプライベートレッスンが必要になり、つてを頼ってある女子大生のおねーさんに急きょ教えてもらうことにしました。
が、しかし。
習い事のXデー直前の、最後のプライベートレッスンがまさかのドタキャン。
当日おねーさんから電話を受け、きむらは憮然とした声で応対しました。
(またどうせ「何だか体の調子が悪くて・・・」とか言うんでしょ)
(↑ 前に教えてもらっていた別の女子大生さんがドタキャンの女王だったもんで)

ところが。
理由を聞いてビックリしました。

何と。
親戚が、泊まっているムンバイのホテルをテロリストに襲撃されて現在消息不明とのこと。

瞬時にドタキャンの件、了解。
その状況で「でも、こちらの予定が先に入ってますから、来てくれなきゃ困ります」なんてゴリ押しする人は、いくらなんでもいないでしょう、やっぱり。
正直、ドタキャンは後のスケジュールに響きましたが、こんなケースは滅多にないことですから仕方ないです。

で、プライベートレッスンはXデー当日の早朝に何とか入れ、事なきを得ました。
そして、そのとき聞いた話ですと、
親戚というのは実は女子大生さんのボーイフレンドのお父さんで、泊まっていたのはテレビのニュースで何度も映像が流れた五つ星ホテル、19階の自分の部屋で警察の救援が来るまで鍵をかけてひたすら隠れていたんだそうです。一時はテロリストが宿泊客を探して部屋をひとつひとつ開けて回る気配がしていたとか・・・・・(冷汗)

他の国、他の都市で起こり、恐ろしくはあっても自分には関連がないと思っていた事件が急速に身近に感じられ、背筋が寒くなりました。

でも、女子大生さん、ちゃんとボーイフレンドの家族を力づけ、命からがらシドニー空港に帰りついたお父さんを迎えに行き、それが一段落すると、きむら子供をはじめとするドタキャンしたスケジュールをババババッと修復してました。

彼女を見ていて、その行動力とバイタリティに感銘し、それと同時に、どんなに思いがけない出来事が起きても、彼女のように、めげずに立ち上がりしっかり明日を見据えていかなければいけないんだなぁとしみじみ思いました。
[PR]

by kaoru_oishi | 2008-11-30 00:01 | その他もろもろ


<< もはや驚きもせず      愛くるしい >>