2008年 08月 31日
なぜか今ごろデスノート
どうも。きむらです。
アニメの「デスノート」見てます。
豪州のTVで。

今までにもこちらのTVで英語吹き替え版の宮崎アニメや「エヴァンゲリオン」「セーラームーン」を見ることができましたが、この「デスノート」を放映してるのは、何と国営放送(ABC2)です。
「日本のアニメもメジャーになったものだなあ」と、感慨深いです(笑)

しかし。

ABC2がデジタル放送オンリーのチャンネルだったため、ずいぶん長いことその存在に気づきませんでした。
で、ある日、たまたまABC(非デジタル放送のチャンネル)でABC2のコマーシャルを目にして
「えええええっ、今、「デスノート」って言ってなかったっ!?」
と、慌てて見たのですが、もう放映が始まってすでに何か月か経っていたようです。
きむらは確か第10話あたりから見始めたんですが・・・・・

・・・・・・話が全然分からん(汗)

月曜の夜の9時半という、きむら家的にはじっくり腰を据えて見られない時間帯にやっているのも理由かもしれませんけど、どうして

「デスノート」なのに、ノートに名前を書くシーンが全然出てこないのっ?

みんな、ずーっと建物にこもりっぱなしなんですかっ??

リュウザキという人は、デザート以外食べないんですかっ??

リューク(死神さん)がリンゴを食べていても他の人には見えないんですか?
(リンゴは実体だから、透明人間がリンゴを食べているようにならないんでしょうか)

こんな感じで30分弱の放映時間中は頭の中が「?」だらけ。
完全に話の流れに置きざりにされてます(溜息)

なのに。

きむら家族ときたら、翌日に必ず
「ねーねーねー、昨日の Death Note、どんな内容だった?」
と、きむらに聞くんです。

だーかーらー、分かんないってのに〜〜(涙)

途中でドロップアウトするのも悔しいんで、たぶんきっちり最終話まで見届けるつもりではありますが、あと数話がんばれば分かるようになるもんでしょうか(溜息)

(蛇足、というか、実はこれが言いたかったんですよ〜♪)
こちら放映の「デスノート」、
当然ながら英語吹き替えでお届けされてます。
ですけど。
英語で聞いていてもまったく違和感ないです。

しかし。
それはきむらに英語理解力があるからではなく、
英語声優さんたちの声が、かぎりなーくリアルだからです。

特に主役の人なんか、
声質が古谷徹そっくりなんですよ!
「絶対この人で吹き替え版「ガンダム」やったらドンピシャリだろうな〜」などと思いつつ、毎回聞き惚れてます。

と、いいますか。
先日オリジナル版のアニメ「デスノート」を見る機会があったんですけど、逆に日本語のほうの声優さんの声を聞いて「あれれ?」と思ってしまったくらいで。

リアルさを追求した結果なのでしょうか、昔と比べて現在の声優さんは「自然体」、つまり特に張りのある澄んだ声質でない人が多くなったように感じます。だからきむらのように古いアニメしか知らない人間は「何だかくぐもって聞こえるなぁ」とブツブツ文句を言いながら見るハメになります。

単に年を取って耳が遠くなってきているだけなのかもしれませんけど(わはは)

あと。

デスノートを見ていない人には更に「?」な話題ですが、
第二のキラにもれなくついてくる死神「レム」の英語吹き替え声優さんの声が、

ま、マイケル・ジャクソンそっくりなんですよっ!!!!!

「おお、最近新譜が全然出ないな〜と思ってたけど、マイコーはこんなとこで芸能活動してたのかっ!」

と、50%ぐらい思ってしまったくらい。
マイケル・ジャクソンを熟知していて、かつ、英語版のデスノートが見られる環境のかたにはぜひ聞いてみてもらいたいものです。

・・・・・。
この話題で「ブログ年齢」がグッと若返ること間違いなし、かなっ?(ふっふっふ)

人気blogランキングへ
↑ 見事にランキング圏外をひた走ってます(笑)
[PR]

by kaoru_oishi | 2008-08-31 15:58 | その他もろもろ


<< ど、どんだけ・・・・      「ブログ通信簿」もろた♪ >>