2008年 03月 10日
ご冥福を祈ったりしちゃったりなんかして(涙)
どうも。きむらです。
先日、インターネットのニュースで声優の広川太一郎さんが亡くなったことを知りました。

・・・・・(号泣)

「ムーミン」のスノーク(ノンノンの兄)
「モンティ・パイソン」のエリック・アイドルの吹き替え
「宇宙戦艦ヤマト」の古代守(進の兄)
「キャプテン・フューチャー」のカーティス・ニュートン
全部リアルタイムで見ていました。

「モンティ・パイソン」などは、当時まだ家庭用ビデオ録画なんてありませんでしたから、テープに録音して何度も何度も暗記するほど聞いていました。
(「モンティ・パイソン」は東京12チャンネルで放送されており、そのプレゼンターとして出ていたのが、何とデビューしたてのタモリでした。当時のタモリはサングラスでなくアイパッチ着用で、コントの合間に出てきては有名な「四か国マージャン」や「即興アフリカ民族音楽」を演っていました。が、しかし。きむらは全然面白いと思わず「こんなコメディアン出さんともっとモンティ・パイソンやってくれ〜」と願っておりました)

そして。
後年「モンティ・パイソン」を吹き替えなしのオリジナルで見る機会がありましたが、正直、面白いはおもしろいけど、のたうち回って笑うようなおかしさは感じませんでした。
何と言うか。
レイ・ブラッドベリの小説を日本語で読んでその世界に憧れていたのに、いざ英語で読んでみたら思ったより無味乾燥な文章で「あららっとなっと」と、肩すかしを食らったような気分に近かったです。
それだけ吹き替えがすごかったということですよね。

他にもラジオ関東の「男たちの夜かな」のパーソナリティー(兼番組のスポンサーでもあった!)なんてのもありましたし、とにかく広川太一郎さんはきむらが物心ついたついたころからずっと馴染んできた「声」でした。

・・・・・(涙)

「モンティ・パイソン」のメンバーが製作した映画に「Life of Brian」というのがあります。キリストの生涯を面白おかしくパロったコメディで「メンバーってクリスチャンだよね。そんなにこきおろしちゃって大丈夫なのか〜」と異教徒のきむらが心配するくらい極めきってます。

で、その映画のエンディングに一人の男が歌を口ずさみます。
歌のタイトルは「Always look on the bright side of life」、広川太一郎さんが吹き替えをしたエリック・アイドル(Eric Idle)が作詞作曲をしています。
キリストの生涯のエンディングといえば「あのむごいシーン」なわけですが、映画は場違いに明るいこの歌が入り、コメディのまま楽しく終わります。

もう広川太一郎さんの声を新しい作品で聞くことが出来ないと思うと悲しいですが、湿っぽく感傷にひたらずに、この歌を思い浮かべて心の中で明るく見送ろうと思います。
[PR]

by kaoru_oishi | 2008-03-10 22:51 | その他もろもろ


<< Tons of ...      ロマンチック >>