2008年 02月 25日
女王様がお呼び
どうも。きむらです。
ここのところ、ずーーーーーっと雨続きの辛気くさい天気だったんですが、週末は見事に晴れました。

それだけでも、じゅうぶん「お出かけ」の理由になるんですけど、日曜日はそれに重ねて、かの有名な超豪華客船「クイーンエリザベス2世号」と「クイーンビクトリア号」がシドニー湾に姿を現すことになってましたから「これは絶対に見なくてはっ!」と、朝からテキパキ準備して家を出ました。

いや〜、すごかったです。
船が、じゃなくて、人が。

クイーンビクトリア号が停泊していたサーキュラー・キーなどは、船を一目見ようと人が押し寄せて大変なにぎわいになってました。
まあ、あの辺りは元々観光客に人気のスポットで休日も人通りが絶えませんが、日曜に限っては、老若男女あらゆるタイプの人々でごったがえし、船の写真を撮る人、芝生でピクニックをする人、群衆向けにパフォーマンスをするバスカー、バイクで交通整理をする警察官、それを珍しがってカメラを向ける観光客、と、完全にカオス状態になってました。

しかも。
有名客船の寄港だけでお祭り騒ぎなのに、その日はサッカーAリーグの決勝戦があり、クリケットの試合があり、はたまたマルディ・グラのパーティまであったもんですから、シドニーは港だけでなく市街全体がごったがえしていました。

なんというか、人込みを見ていて
「親潮(寒流)と黒潮(暖流)がぶつかる三陸沖は世界三大漁場の一つである」
という、社会の教科書か何かの一節を思い出しました。
寒流と暖流だから、違った種類の魚でごったがえしているんでしょうね、きっと。
日曜日の市街もそんな感じでした。
大きいカメラを提げた船ウォッチャー、揃いのユニフォームを着たスポーツファン、マルディ・グラ参加者、異なるイベントに向かう異なるタイプの人たちが中継地にあるフードコートで一斉にランチを食べているところは滅多にない壮観な眺めで、見ていて感動を覚えたくらいです。

で、きむら一家もその中に飛び込んで、
「早く空いてるところを見つけて座りなさい! ほら、ボーッとしてるから席、なくなったじゃないっ!」
と、せわしくランチを食べてきたワケなんですが(笑)

クイーンビクトリア号は就航したばかりの船ですが、クイーンエリザベス2世号は今回の航海で現役引退するそうなので、こうやって2隻の船が航海中に行き交うのはもう2度とないんだそうです。
クイーンエリザベス2世号は豪華な船旅の代名詞的な存在でしたから、もうこの姿が見られなくなるのは残念です。

ということで。
記念写真をアップしときます。
これがクイーンエリザベス2世号(窓越しなので、モヤッて見えます)
a0035044_22432890.jpg

そしてこれがクイーンビクトリア号(これまた窓越し(笑))
a0035044_22525086.jpg

地上から見たクイーンビクトリア号。人込みで船の全景が撮れないっ!
a0035044_22474935.jpg

人気blogランキングへ

すっかり圏外になっている昨今です(大笑)
[PR]

by kaoru_oishi | 2008-02-25 22:58 | その他もろもろ


<< ロマンチック      あけましてあけませんでした >>