2005年 02月 08日
ごあいさつ
ええと、初めまして。
このブログを作成・管理しているきむらと申します。
実はブログが何たるかもロクに知らないまま、nicoさんの口車に乗って、じゃなくて、ご指導に従い、これを作ってしまいました。(笑)
ここに掲載されているのは、今年になっていきなり書き始めたThe Delicious Boyという小説です。今のところ、nicoさんのイラスト(Digital Ink Spotsにあります!リンクからどうぞ♪)に合うように第5章までアップしていますが、現在は15章まで行っています。最初は全30章の予定でしたが、内容がふくらんでいる上、章自体もどんどん長くなってきているので、たぶん、30章以上になるだろうと思います。
この小説を今後も全部掲載していくかどうかは、まだ決めていません。しばらく様子を見てから考えたいと思います。
nicoさんのイラストの何分の一でも楽しんでいただけると幸いです。
間違いなど、お気づきの点がございましたら、どうぞご遠慮なくご指摘下さい。
それから(きむらの書いているのは駄文ではありますが)このブログに掲載されている小説及び投稿の著作権はそれぞれの著者に帰属しておりますので、無断使用及び転載は堅くお断りいたします。

<付け足し>
ここに、ちょっくらこの小説の読み方をば。
これは、奇数章、偶数章、プロローグ&インターミッションの三つから成り立っています。奇数章が現在(2004年)、偶数章が過去(2001年)、プロローグ&インターミッションは一人の人物を特定の時間に関係なく追ったものです。ですから、ちょっと情報が抜ける箇所もありますが、その三つを別々に読んでも、それはそれでストーリーとして成り立ったりします。
では、どうして、こんなややこしいスタイルを取っているのか?
それはきむらにも分かりません。この物語はほとんどDVD三枚組セットのように出来上がったものがポンッときむらの頭の中に入り、きむらはそのビジュアルイメージをひたすら文章化しているだけだからです。(こんなこと書くと電波系?と引かれちゃうかも。でも、大丈夫、きむらはごく普通の社会人ですからねっ♪)

<またもや付け足し>
↑を書いてから2か月で7章までアップしました。書くほうも、現在は16章まで行っています。半分越えたかに見えますが、実は章立てのほうも増えて、今のところ、全35章(+インターミッション&おまけ)を予定しています。
一体、いつになったら完成するんでしょう。(泣)

# by kaoru_oishi | 2004-07-14 17:37 | ごあいさつ | Trackback | Comments(0)
[PR]

by kaoru_oishi | 2005-02-08 22:57 | ごあいさつ


<< 蘇る悪夢      ファンタジーと超現実のはざまで >>