2007年 09月 07日
パネルクイズ アタック21
どうも。きむらです。
無事に City から帰ってきました。

実は今日、きむら子供の試験がありまして。
日程を知らされたとき、それが APEC のど真ん中、しかも会場が立ち入り禁止地域のすぐ近くだったので、恐らくは延期か会場替えになるだろうとタカをくくってました。
でも、試験の日が近づけど、一向に変更の通知は来ず。
「先生っ、そのまま実施なんですか!?」
「そうみたいですね(笑)」
「ま、マジっすかっ!?」
「はい、マジっす」
こんな会話があり、ついに試験当日に(汗)

試験は午後からでしたけど、APEC による交通の混乱を考えて早めに行くことにしました。
ところが。
余裕で家を出たのに、駅で電車が・・・・・来ない。
焦りまくる、きむら親子。
ただでさえ、平日の日中に就学児童を連れていると目立っているのに、妙に落ち着きなくしていたもんで、警戒に当たっていた駅員さん(普段はもっとぬぼ〜としてる)に不審な目で見られてしまいました(苦笑)

結局。
何とか試験には間に合い、無事に親としての務めを果たすことができました。
いや〜、親子ともども時間にルーズで、忘れ物が多く、おまけに方向オンチと「三点セット」そろっちゃってますから、ちゃんと試験にさえ参加できれば、正直、結果なんてどーでもよかったりします(爆)

そして。
試験が終わると、生来の野次馬根性がむくむくと湧いてきます。
「せっかく City に来てるんだから、警戒態勢を見ないなんてもったいない!」と。

そこで。
「フェンス越しにダディが見えるかもしれないよ〜」
例のごとく口先三寸で、Great Wall of Sydney が築かれている Bridge Street まで足を伸ばしてみました。

ほえ〜。
この一帯、日曜日はもっと奥まで行けたのに、今は区域内で働く人のみ写真付きの ID を見せて通行するようになっちゃってます。
やっぱり警備が増強されちゃってますね〜。

で。
見ました! きむらが前に言及していた「赤いパトカー」!
今日は戦隊仲間の「青いパトカー」も出動してましたっ!
でも。
ちゃんとデジカメも携帯もバッグに入れて持ってましたけど、とにかく警備が厳しくて撮影は無理!

と、そのときっ。
いきなり George Street 方向の空気が変わりました。
「単なる警備」から「何かを待ち受ける」感じに。

何か、来るっ!

数分後。
白バイの一隊が現れ、露払いのように一般車輛を追い立てました。
中のリーダー格らしき白バイ野郎は歩道に半分乗り上げた状態で、そのまま「オレが信号!」と、交通整理を始めます。
一台のバスは道の中央で曲がりかけた状態でストップ。
偶然かわざとか分かりませんが、交通が全部 George Street から Bridge Street に流れるようにガードレールの役割を果たしてます。

そして。
白バイ・パトカーの先導で黒いリムジンが、すーっと。
その後に、中が見えない黒い特殊車輛が何台か続きます。
で、さらにパトカーに白バイ。
「うわ〜、VIP の車だぁ〜っ!」
これは21か国の元首の誰かで間違いないでしょう。

思いがけない光景を目の当たりにして、ちょっとドキドキしちゃいました。

ところで。
普段あんまり政治や経済に話題が行かない、きむらですが、住んでいる街がこういうことになっているせいか、ふと疑問が出てきたのですが。
あの。

安倍首相は、今、どこで何をしてるんでしょうか。

今回のイベントを見ていて思うんですけど、アメリカや中国は早々と現地入りして、精力的に要人と会談したり、豪州にとって好印象となりそうな場所を視察したりしています。
それから。
アメリカやロシアは豪州入りの途中に他国に寄って、そこでも外交を繰り広げています。
特に今回は、まずパースから入って、キャンベラ、シドニーと来た中国のルートを見て「これはすごい」と思いました。
パースを第一の拠点とすることで、鉄鉱石業界へのこだわりを知らしめ、キャンベラでワンクッションおいて、シドニー。豪州では直接シドニーに降り立ったアメリカと好対照を成していると思います。

この動きは、あたかも豪州をゲームボードに見立てて陣取りをしているようです。
「青チームはアメリカからいらしたブッシュさん。応援席にはライスさんの姿も見えますね」
「緑チームのプーチンさん、インドネシアという面白い位置から入りました」
「胡さん、パース、キャンベラと赤に変わって、今、シドニーがアタックチャンス!」
こんな感じ。

「白チームの安倍さん、残念、台風9号が来る前に来豪していただきたかったっ! 結局陣地から一歩も動けず!」

・・・まさか、こんなことにはなりませんよね?(汗)

(蛇足)
こちらの国営放送 ABC に「The Chaser's War On Everything」というコメディ番組があります。
内容は、時事ネタを主にしたコントですが、実在の人物・団体を相手に体を張ったギャクをかますんで、しょっちゅう訴訟を起こされたりしています。
で、この番組のメンバー、今回の APEC でもやってしまったんですよね。

要人を乗せた特別車をでっち上げ、2つの検問をやり過ごして、ブッシュ大統領の宿泊するホテルの直前で停車。
そして、中から出てきたのは・・・オサマ・ビンラディンの格好をしたメンバー。

いつもですと、政治家たちに「またオマエらか」と苦笑いされてますけど、今回はギャグで通らずに、逮捕されちゃいました。

水曜日から新しいシリーズが始まったばかりなんですけど、来週、放送あるのかなぁ。

人気blogランキングへ
↑ランキングにも、下克上が狙える「アタックチャンス」が欲しい・・・。
[PR]

by kaoru_oishi | 2007-09-07 00:05 | その他もろもろ


<< 【今晩放送】日本の登場は、この...      緊急指令ジャッカルを阻止せよ >>