2007年 06月 26日
かたくななおかた
どうも。きむらです。
またしても、シドニーは大雨の日が続いています。

深刻な水不足に悩んでいるくらいなので、こちらの年間雨量は日本に比べて少ないのかもしれません。
ですけど。
降るときゃもう、これでもかこれでもか、というほど一極集中でドドーッと降ります。

どのぐらい大雨かというと。
きむら家には大型のゴミ入れ(ポリバケツタイプ)がいくつもあって、普段は庭の落ち葉や雑草を集めるのに使っているんですが、雨の日には軒下に置いて、雨どいから落ちるしずくを受けるようにしています。

で、そのポリバケツですが。
夜にカラのを置いておくと、朝までにいっぱいに水が溜まってるんです。
雨量はミリ単位(/時間)で計測してますけど、ゴミ入れのサイズは60リットルぐらいありますんで、ミリどころかセンチ単位で雨が溜まったものと思われます。

こんなですから、外出は決死の覚悟です。
特に、雨だけでなく突風(gale wind)まで吹き荒れていると、どんなに工夫しても全身びしょぬれになります。

ですが。
そんな天気なのに、シドニーには傘もささず平気な顔で歩き回っている人がたくさんいるんです。

このことについては以前から何度もブログに書いてきましたが、やっぱりどうしても不思議でたまりません。

天気予報では「今週はずっと雨が続く」と言ってますし、
例の雲のレーダーで雲の動きを見ることだってできます。
その上、朝からすでに雨は降っていて、
空模様を見ても、午後から急に天気がよくなる気配はありません。
それなのに。

どうしてオージーは雨でも傘を持ち歩かないんでしょう?

こちらに住んで十ン年、きむらも自分なりに理由を考えてみました。

理由その1:車社会だから
子供たちの登下校の様子を見ていると、校門の近くでドロップオフ(drop off、車から降ろすこと)やピックアップをする親御さんがずいぶんいます。
通学時の学校周辺は混み合っていて、とても駐車する余裕がないからなんですけど、そういう場合は学校まで歩く距離が少ないので、傘が要らないようです。

理由その2:ファッション
これについてはいつぞやじっくり語ったので割愛しますが「傘よりレインコート派」が日本より多いのは確かです。

理由その3:そういう信念だから(?)
この辺から非常にこじつけ臭いです(笑)
オフィス街などですと、スーツを濡らしながら悠々と歩く人々を見かけます。
どうやら、それがカッコイイと思っているフシがあります。
これが学生街になりますと、さらに「傘持たない率」がググッと増えます。
「雨に濡れ自然と一体になる、エコでロハスでヒッピーでファンキーなワタシ」
を演出してるんじゃなかろうかと思います。
ま、若い人はいくら体を濡らそうと翌日神経痛が出たりしませんから、存分に楽しんでもらって構いませんが(笑)

理由その4:置き傘をしていないから
どうやらこちらには「置き傘」の習慣がないようです。
そのため、雨が降ってくると、誰のでも構わず手近なところにある傘を使う人が、職場にかーなーりいます。
で、その結果、自分の傘を持ってきたのに濡れて帰ることになる場合も・・・。
(相方は↑で過去に一体何本傘を持っていかれたことか(溜息))

理由その5:元・宗主国への反発?
オーストラリアの元・宗主国といえば、英国。
英国は紳士がステッキの代わりに傘を持ち歩くお国柄。
そして豪州は、日ごろどんな分野においても英国を凌ぐようなことがあれば狂喜乱舞するお国柄。
「Pommy(英国人を小バカにした言い方)みたいに四六時中傘なんて持ってられっか!」
たったこれだけの理由で傘を使おうとしない・・・というのもアリかも?

まあ、理由はどうであれ、この雨、しばらく続きそうです。
オージーが頑なに傘を使わない生活を続けるのか、それとも趣向替えして傘を持ち歩くようになるのか。
興味を持って見守っていこうと思います。


(蛇足)
このあいだ紹介した 「Where Have All The Cowboys GONE」by PAULA COLE
どうも何かのメロディに似ているな〜と思ったら、これでした。

「Constant Craving」by k.d.lang

これはデビュー曲でしたか、初めて PV を観たとき、
「若いころの Brian Ferry みたいでステキ〜」
と思いました。
そしたら。

相方 「その人、女だよ(汗)」
きむら「えええええ〜っ!?」

おおお、女だったのかぁぁ・・・。
何だか「オレオレ詐欺」に遭ったような気分でした。

で。
さっき、ひさしぶりにこの PV を観てみましたけど、やっぱりステキです〜♪
しかーし、やっぱり k.d.lang は男性に見えました。
なぜだろ。
思いきり胸元開襟にしているシャツのせいかなぁ。


(蛇足の蛇足)
昨日「ブロークバック・マウンテン」の画像を検索していたときに、あるものを見つけました。

「スター・ウォーズ」や「ハリー・ポッター」版があることは知っていましたが、まさか「ブロークバック・マウンテン」まであるとは。

って、これ、市販じゃなくて、どなたかが作ったオリジナルですよね。

今にも映画のシーンが重なってきそ〜。
[PR]

by kaoru_oishi | 2007-06-26 23:38 | その他もろもろ


<< 時計ですかいっ!?      BYE >>