2007年 05月 10日
蝉時雨(せみしぐれ)
どうも。きむらです。
つい最近見られるようになった YouTube を活用して楽しい毎日を送っています。

他のユーザーがどんな使い方をしているかは知りませんが、きむらの場合は、やはり「PV鑑賞」がほとんどです。
その、きむらがかぶりつきで観ている PV 群を一行で表すなら
「追憶の80年代ー失われた映像を求めて」
でしょうか。

マドンナやマイケル・ジャクソンといった有名どころのは簡単に見つけられますし、自分が好きな PV で DVD 化されているものは既に入手済みですから、探しまくっているのはもっぱら記憶の片隅にある映像や、あのころは聞き飽きるほど耳にしたのに、一定の時期を過ぎたらぱたっと聞くことがなくなった「一発屋系」のものです。

例えば、これ「You Might Think」THE CARS
1984年には「だ、誰か、と、止めてぇ〜〜〜っ!」と絶叫したくなるほどラジオから流れ、TVでもイヤになるほど放送していました。きむらは MTV にこれが出てくると中座して「トイレ休憩」に行っていたくらいで(笑)
でも、こうして二十数年ぶりに見ると苦笑しつつも懐かしかったりします。

あるいは、こんなのもありました。「When I'll Be Famous」BROS
今ですと完全に「一発屋」あつかいですが、この他にもヒットを飛ばしてました。当時はものすごく人気がありまして、オーストラリアにも来てコンサートやってました。
(で、きむらも見に行ってたんですよねっ、これがっ(笑))

それにしても、これらの曲。
ある時点ではうるさいぐらいだったのに、時が経ってしまうと、こうして他のいろいろな曲同様にアイコンとなって静かに安置されてしまうんですね。
何だか、季節が変わり秋になってからふと夏のセミの鳴き声を思い出すような、不思議な気がします。

他にも「知る人ぞ知る超マイナーな曲を発掘」とか「いくつか違うバージョンの PV が存在する曲を比較」など、いろんな楽しみかたがあるので、まだまだしばらく YouTube で遊べそうです。


(蛇足)
80年代音楽というと、お、そ、ら、く、現代のみなさんは「こういうの」をイメージしてるんじゃないかと思います。「Ant Music」ADAM AND THE ANTS
・・・・・うっうっう。
こればっかりは、さすがのきむらも弁護できない〜(涙)
で、でも、実際は、みんながみんなそうだったんじゃないんですよ。
これは、まあ、極端なケースということで(汗)
ですけど。
今世紀になってからの彼のインタビューを見てみると・・・。
んまっ! ちょっと、イイ男じゃないのぉ〜〜〜〜〜っ!
ファンになってしまいそう〜♪


(蛇足の蛇足)
それから。
実をいうと、今、ある曲の PV を探しています。
しかし、その曲。
タイトルも歌詞も知らない上、バンド名もその国籍すら不明。
覚えているのは、ただサビの部分のメロディと異様に髪の量が多いヴォーカルのオネーサンの顔のみ。
確かテープは日本の実家にあるはずですけど、どこに置いてあるかも分かりません。
さて、これだけのヒントできむらは見事に PV を探し出すことができるんでしょうかっ!?
というか、曲が分かっても、正真正銘の「一発屋」だけに、それが YouTube にアップされてない可能性も大ありなんですけど〜(笑)
[PR]

by kaoru_oishi | 2007-05-10 23:52 | きむらとギターと音楽


<< パッパラパッパラ パララパッパラ♪      温新知故(アタラシキヲタズネテ... >>