2007年 03月 27日
狂おしく舞う夜の宴
どうも。きむらです。
野菜くずを庭のコンポストに捨てにいこうと階段を下りていたら、あやうくトカゲを踏んづけてしまうところでした。

トカゲといっても、例の「Blue Tongue」という巨大なヤツです。サイズ的には「ワニの子供」ぐらいあります。
ですけど。
きむらはは虫類は嫌いじゃないので、足元を巨大トカゲが這っていようとパニックせず、
「あ、わりぃ」
と一声かけて、その横をスタスタ行きます。

そして。さらに何十匹ものトカゲ(小さい普通のヤツ)をやりすごし、全長が15センチほどある、黄色と黒のまだら模様のクモが張った巣を「あー、じゃまじゃま」と二つ三つ手で払いのけ、コンポストのふたを開けて、中でうごめくミミズ目がけて
「ほれ、エサ〜」
と野菜くずを投げ込んで業務完了。

オーストラリアの動物というと、カンガルーやコアラが一番最初にイメージされると思いますが、シドニーではこれらの動物が野生の状態で見られることはまずないです。
(ちなみに Western Australia 州ですと、州都からわりあい近いところでもカンガルーや野生イルカが見られます)
でも、メジャーどころでない動物なら、そこかしこにいます。

よく海賊の頭の肩に乗ってたりする白いオウムは、こっちではそんなに珍しくない鳥で、きむら家付近にも住み着いていて、しょっちゅう洗濯物にウンチを落としてます。それから、日本人ビジターに「かわいい」と評判のポッサムも地元では珍しいどころか、
「ったく、鳴き声はけたたましいわ、夜、屋根の上をかけまわるわ、庭の植物は食い荒らすわで、ぜんっぜんかわいくないっ!」
な存在だったりします。

朝はワライカワセミの大笑いに起こされ、夜は夜で「ハリー・ポッター」に出てくるようなフクロウが「ホッホッホ〜」と一晩じゅう鳴き、とても都心に住んでいるとは思えないくらい「野生の王国」な生活です。

あ。
あと、この時期忘れちゃいけないのがコウモリ!
この辺に生息するのは「Fruit bat」と呼ばれる黒褐色のコウモリで、普段はおとなしくしてますが、一年のちょうど今ごろはやたら活発に飛び回ってます。
きむら家の場合は、近所になんだか南天をちょっと大きくしたような実が大量に成る木があって、コウモリはそれに群がってきます。
もしかしたらその実に何かコウモリを狂わせるような成分でも入ってるのかもしれませんが、とにかくその乱れっぷりは異常です。

コウモリの活動時間は夜間なので実際に群がる様子を目撃したことはありませけど、ま〜、羽音がすごいっ。
寝室や書斎の窓すれすれのところをコウモリが飛び「ぶわさっ、ぶわさっ」「う゛んっ」と、羽が風を切る音や「キィィィィーッ!」という鳴き声が聞こえてきます。

おそらく、吸血鬼とかのホラー映画がダメな人にはとても我慢ならない状況ではないかと思います。

それで、一夜明けると。
家の前は南天もどきの枝や実が散乱して、とんでもないありさまになっています。
ときにはフィーバーし過ぎたあげく電線に接触して感電死したコウモリの死骸も混ざってたりで、なかなかシュールでもあります。
よく魔法をかけるときに必要なレアなアイテムとして「コウモリの羽」なんてのが出てきますけど、ここじゃあっさり手に入っちゃいますね〜。

「シドニーでコウモリウォッチしよ〜♡」
なんてガイドブックに書いてあるかどうかは知りませんが、もし万が一コウモリの大群を見てみたいという奇特な方がいらしたら、きむらは City の Royal Botanic Gardens を散策なさることを強くオススメします。

そこでは、高い木の至るところからコウモリがぶらさがっています。
その数、もうハンパじゃないです。
うじゃうじゃうじゃうじゃ〜もぞもぞもぞもぞ〜、という感じ。
ほとんどの動物オッケー!な、きむらですら、怖気(おぞけ)がして5分と見ていられませんでした。
何なんでしょう、あの感覚は。
単体ならコウモリだって全然怖くも何ともないんですけどね〜。
集団でぎっしりいるからでしょうか。

ここはひとつ、是非とも誰かに限界に挑戦していただきたいものです♪

(蛇足)
上記以外にももう一種忘れていた動物の存在がありました。
「忘れていた」というよりは、むしろ「存在に気づかなかったらどんなにいいか」という動物。
それは、ネズミ(mouse)。
季節が変わると同時に、またしてもネズミがきむら家に出没するようになりました。
もう何度ネズミに悩まされてきたことか。

しかも。
どうしてだか分かりませんが、決まって「お客さまが来る」とか「きむら家でパーティ」とか、特別なイベントの直前に出てくるんですよね。
先週出没したネズミは、見事きむらが仕掛けたワナにかかってくれたんですが、昨晩またしてもネズミの気配が〜。

もともと狩猟民族を自認するきむらなので、ネズミ取りを仕掛けたりワナに工夫したりするのは結構好きではありますが、かかった即死状態のネズミの始末をするのはやっぱりあまり好きではないです。
だからといって、今さら
「きゃ〜、ネズミ〜、こわいぃっ」
なんて言っても、すでに「きむら=対動物無敵」として広く知られてますから、誰も信じちゃくれないでしょうし〜♪

もうすぐスクールホリデーに突入するもんで、そうなれば子供関連で「きむら家ご招待」なんてイベントがあることは必至。
「きむらちゃん家にはネズミがいるんだよ〜っ!(驚)」
と、子供らに言われないように、今のうちに何とか駆除しなくては・・・。
[PR]

by kaoru_oishi | 2007-03-27 13:05 | その他もろもろ


<< 3月31日の土曜日〜♪ Ear...      痛恨の75年 >>