2007年 03月 15日
Welcome to the Chaos
どうも。きむらです。
先月のある日、きむらはきむら子供といっしょにバスに乗っておりました。

昼の名残りの熱い空気がゆるゆると漂う夕刻。
こんなときは疲れが出て、つい、居眠りしたくなりますが、うっかり乗り過ごすとハーバーブリッジを越えて対岸まで行ってしまいますので、油断は禁物です。

バスに乗って5分ほどが過ぎ、いつも降りるバス停の近くまで来ました。
「次の角を曲がって大通りに出たら、きむら子供に降車ボタンを押させよう(← 子供はボタン押しが異様に好き)」
きむらはそう思い、知らせるタイミングをはかりながら外の景色を見ていました。
ところが。

「次の角を曲がって〜」のはすだったんですが、バスは角を曲がる途中で止まりました。
「渋滞か」
日本とは比べものにはなりませんが、一応帰宅時のラッシュアワーのさなかですから、こういうこともあります。
でも、信号が変わればすんなり動き出します。

ところが。
信号が青に変わろうと、そこから再び赤に変わろうと、車の列は全く動く気配がありません。
それどころか、両車線がギッチギチに詰まり、さらに後続の車まで渋滞が広がっていく様相を見せています。

30秒でバス停に到達するはずが1分になり、5分になり、10分経ってもバスは全然前に進みません。
「事故? ったく、次で降りるってのに運悪いじゃ〜ん。これから家帰ってご飯つくんなきゃならないんだから〜。これ以上遅くなったら「The Biggest Loser」見られないし〜、ちょっとでも時間がズレると、あとの予定も総崩れになっちゃうんだよ〜。頼む、動いてくれぃ」
と、焦るきむら。

日本人と比べてはるかに気が長いオージーもさすがに15分を経過するあたりから、そわそわしてきました。
きむらの斜め前に座っていた女性は携帯を取り出し(← 車内での携帯使用は許されてます)
「あ、アタシ、今、バスの中。○○に向かってるとこ。そっちは電車でしょ? どっちが先に着くかしらね〜?」
と、実況を始めるくらいですし。

20分経ちました。
バスはまだ動きません。
とうとう業を煮やした乗客の一人が運転手のところに歩いていきました。

乗客 「一体、どうなってんの?」
運転手「これね〜、Queen Mary のせいなんだよ」

へ?
クイーン・メアリーっすか?
オーストラリアからデンマーク王家に嫁いだプリンセス・メアリーじゃなくて、クイーンの方?
と考え、ちょっと首をかしげてから「あああああ〜っ!」と納得。
Queen Mary 2 という名の船のことだったんですよっ。

でも。
Queen Mary が停泊してるのはハーバーブリッジの向こう側。しかも船だし、車の渋滞とは関係ないような気がするんですが。
なんて、首をひねりつつバスの中で過ごすことしばし、やっとのことでバス停に到着しました。

結局、5分で行けるところに30分もかかってましたぁっ!(驚)

で。
何とも腑に落ちない渋滞でしたが、ハーバーブリッジの向こう側から帰ってきた相方の話を聞いて、やっと納得。

対岸(Cityのほう)は Queen Mary が早朝に寄港して以来、船を一目見ようとする人たちでごったがえして大変な騒ぎだったそうです。
道路も、特別に交通規制をしていたわけではなかったのに、それぞれの車が船見たさに徐行したため結果として大渋滞を引き起こし、それがバスのダイヤを乱し、さらには電車のダイヤまでめちゃくちゃにした、とか。
で、最終的にその渋滞が、ハーバーブリッジづたいに対岸の道路まで波及した、と。

何だかまるでドミノ倒しみたいじゃないすかっ!!

そして。
「ま、Queen Mary はそんなにしょっちゅうは来ないから、もうこんなことはないでしょ〜♪」
などと苦笑してたんですが、まさか、これが1か月に及ぶ「大渋滞ドミノ」の序章だったとは、さすがのきむらも気づきませんでした。

数日後。
アメリカのディック・チェイニー副大統領来訪による特別警備のため、City の交通が完全マヒ。たまたま仕事関係のディナーに出かけていた相方はタクシーの姿もない街に唖然としたそうです。

その翌週。
シドニーでは非常に珍しい、人身事故による電車ストップ。Chatswood - Artarmon 間で起こったため、きむらの縄張りLower North Shore の交通は壊滅的な打撃を受けました。きむら子供の友達なんてバスに2時間カンヅメになったとか(怖)

そして昨日。
ハーバーブリッジ上で電車が故障して立ち往生したことが発端で City、North Shore 両岸の交通機能が一時停止状態に。相方は電車で延々待たされた挙げ句運行がキャンセルになり、スシ詰めのバスで帰宅。片や、きむらは電車の駅から溢れ出た人たちでいつものバスに乗れず、電車3駅分にあたる距離をきむら子供ともども歩いて帰りました。

今朝のラジオニュースでは NSW 州の交通大臣が「二度とこのようなことは・・・」みたいなお詫びをしていましたが、果たして改善されるのかどうか。

しかも。
ローカルレベルのトラブルでこれだけあっさり交通機能がダウンするってのに、今年9月には、シドニーで何と、

「APEC SUMMIT」

が開催されちゃうんですよね〜っ!

世界の首脳さんたちが大挙してやって来るんですよ。

・・・だ、大丈夫なんだろうか・・・(汗)
[PR]

by kaoru_oishi | 2007-03-15 23:23 | その他もろもろ


<< 痛恨の75年      こんなところに超セレブがぁぁぁ... >>