2007年 02月 18日
こんなところに超セレブがぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜っ!!
どうも。きむらです。
例によって、日曜は一家そろってお出かけであります。

きむら子供の水泳教室。
雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズ、暑かろーが寒かろーが、
工事で電車が止まろうとも、イベントで道路が封鎖されようとも、
ハーバーブリッジを越え、通い続けて幾歳月。
もう受付でIDをチェックせずに「顔パス」で入れるくらいの常連となりました。

そしてプールでは。
これまた例によって、相方はきむら子供のレッスン中にこれ幸いとガシガシ一人で泳ぎまくり、きむらは荷物番をしながら本を読んだり書きものをしたり、携帯で来週のスケジュールを確認したりメールを送ったりしてます。

「プール行って泳がないって退屈じゃない?」とよく聞かれますが、
きむら子供のレッスンぶりを眺め、相方が妙なフォームで泳ぐのを「ああいう、かーなーり間違ったフォームなのに長時間泳げちゃうのは、やっぱりオージーだからかなぁ」と不思議に思いながら眺め、ついでに、
ナイスバディのオニーサンやオネーサンがたが泳ぐ姿を「う、うぉぉぉぉ〜っ」と眺めることもできるんですから、結構楽しいもんです。
木のベンチでなく、もっとふかふかしたところでしたら、長時間座って楽しめるんですけど(笑)

それに。
時には今日みたいなこともありますし・・・・・。

プールでじゅうぶん遊んだ後のきむら子供を着替えさせ「さて、出ようか」と、相方と待ち合わせしていたときのことです。
出口の近くに水着姿のオネーサンが3人立ってました。

身長はきむらより低いものの、彼女たちは出るところは出、引っ込むところは引っ込んだ見事な「ぼんっ、きゅっ、ぼんっ」体型をしていたので、
「ほぉぉ〜。こういうのをトランジスター・グラマーと呼ぶのであろうなぁ」
と、しみじみ眺めておりました。

そうしたら。
彼女たちの前を男性が通りかかりました。
彼は白っぽいシャツを着、シャツと同じブランドらしき白いベースボールキャップを被っています(下は半ズボンだったような・・・)

プールには、そりゃあもうすんばらしい肉体美のオニーサンたちもいますけど、彼はそういったオニーサンではないです。
というか、プールで帽子なんか被ってるし、かえって「ダサ目立ち」しているくらいで(笑)

すると「トランジスター・グラマー3人娘」が彼を呼び止めるではありませんか。

「あ、友だちかぁ」と思ってみているうちに、そのうちの1人が携帯で彼と肩を組んで写真を撮りました。

「ふ〜ん。久しぶりに会ったから記念写真とか?」とも思いましたが、何となく気になったので、男性の顔をうかがってみました。

「え?」

彼は、なんと








ラッセル・クロウだったんですよ〜〜〜〜〜っ!!

距離にしてわずか2メートルほど先のところに立ってます。
「ちょっと、あら、ラッセル・クロウじゃないの〜。ど、どうしましょ」
理由なく慌てふためく、きむら。

本当に彼なのか近づいて確かめたかったんですけど、きむら子供がトイレに駆け込んだので、入れ違うように男性トイレから出てきた相方に、
「ああああ、あそこに、ラッセル・クロウが、い、いるいるいるいるぅ〜」
と、超早口で言って、きむら子供を追いかけました。

で。
超特急で用事を済ませてトイレから出てきましたが、そのときすでにラッセル・クロウの姿はなく、ただ無駄にキョロキョロあたりを見回す相方だけがいました。

う〜ん、残念っ。

でもなぁ。
たとえラッセル・クロウがまだそこにいたとして、果たしてきむらは近づいて話しかけたりサインをお願いしたりできたかどうか。

きっと無理でしょう。
だって、ずーっと昔、松山空港で「オメガ・トライブ」のカルロス・ヨシキを見かけたことがあったんですけど、
「あ〜、カルロスだ〜、〜、〜、〜、〜」
とは思ったものの、結局、遠くから見ているだけでしたんで。

って、

ラッセル・クロウとカルロス・ヨシキを同じ土俵にあげて考えちゃいけないのかもしれませんが(笑)

そんなワケで。
何があろうと毎週プールに通うのは確かにしんどいことではありますが、このような面白い出来事も転がっているので、続ける価値はあると思います♪

(蛇足)
実を云うと100%「ラッセル・クロウである」という確証はありませんでした。
今、オーストラリアにいる、とも聞いていませんでしたし。
ですけど、家に帰るなりお隣さん(オージー)に、
「ちょっとAちゃん、今日プールでラッセル・クロウ見ちゃったのよ〜っ!」
と、報告したら、
「あ、そういやシドニーにいるって新聞に書いてあったわよ」
とのお返事をもらいました。

やっぱ本物だったんですね〜(驚)

でも。
見た感じ、そんなに背も高くなかったし、スター然としたオーラみたいなものは放ってなかったですねぇ。

クマのぬいぐるみがにこにこしたような顔してました(笑)

ま、そういう気取ってないところが魅力なんだろうと思います。
あるいは。
トランジスター・グラマーなオネーサンに呼び止められて喜んでいたとか(爆)
[PR]

by kaoru_oishi | 2007-02-18 21:54 | その他もろもろ


<< Welcome to the ...      あら、いいですね >>