2007年 01月 29日
2007年 トホホな年初め
どうも。きむらです。
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

年末に「忙しい」を連発していましたが、年が明けても忙しさがおさまる気配はありません。
なのに・・・。

ご無沙汰した分、少しはマトモな話をブログに載せようと、いろいろ下調べとしておりました。
ハウス・ミュージックに、アシッドに、トランス。
テクノの発生を目の当たりにして以来、遠ざかっていた分野の音楽について書いていたのです。
ところがところが。

年明け早々。
きむら子供の髪をとかしているときに、何か光るものがあって。
目を近づけてよくよく見たら、何と、それは
nits(アタマジラミの卵)だったんです〜っ!!

たちまちよみがえる、悪夢のような思い出
ただでさえ髪の毛系が苦手だというのに、シラミまでセットでやってきた日にゃあ、もぉぉ。

ぎもぢわるさでおぞおぞと鳥肌が立って、どうにかなりそうでした(怖)

発生源は、おそらく年末に行われた子供のお稽古ごとの発表会でしょう。
発表会ではそろいのコスチュームを着ることになってまして、そのときの帽子が「使いまわし」だったんです。
帽子を見たときイヤな予感がしましたけど「シラミがついたら困りますから」と一人で異論を挟むのもちょっとなぁ、と思い、慣例に従ったんですが・・・。
帽子はいくつかあり、衣装合わせを含めると何度も被ったものの、ずっと無事でいたので「シラミ持ってる子がいなかったんだ、ラッキー」
なんて安心してたんですけどねぇ。

トランプでババ抜きをしていて、最後に思いっきりジョーカーを引いてしまった気分(涙)

ですが。
幸か不幸か「髪の毛+寄生虫フォビア」な分、シラミの有無に関わらず日頃から防虫効果のあるハーブを混ぜたシャンプーで髪を洗い、ブラッシングの際には別種のハーブが含まれるスプレーを使っていたため、きむら子供の髪についていた nits は孵化することなく死んでいました。
「備えあれば憂いなし」ということでしょうか。

でもフォビアなもんで、目視で確認した nits は全部駆除し、更にシラミ駆除専用のシャンプーできむら子供の頭を洗い、家族全部の寝具とタオルを消毒し、ソファーとカーペットに徹底的に掃除機をかけ、最近きむら子供と遊んだお子さんの家にシラミ発生報告の電話を入れときました。

そんなこんなで年の始まりはシラミ対策に追われ、気がついたら夏期休暇に突入してました。

例によって休暇先は相方の実家のある Western Australia 州でしたが、寄生虫、もとい、帰省中は時間はありましたけど、インターネットへのアクセスがなかったので、ブログの更新もハナからあきらめてました(笑)

で、ようやくシドニーに戻り、今日、久しぶりにコンピューターの前に座った次第です。

新春一発目の記事がこんなトホホな内容で情けないかぎりですが、休暇自体は楽しかったですし、それ以外にもいろんな出来事があったので、この後の記事で挽回していこうと思ってます。

(蛇足)
休暇直前にきむら子供を歯の定期検診に連れていったんですけど、そのクリニックが普段あまり行かない町にあるので、検診の後、きむら子供を連れていろんな店をひやかしながらぶらぶら歩いてみました。
そうしたら。
一般から寄付された品物を売る慈善団体の店ですごい掘り出し物を発見しました。

ゼニア(Ermenegildo Zegna)のネクタイ 2ドル
JAMES BLUNT の CD「Back to Bedlam」  3ドル

ネクタイは値札は取ってありましたけど、使用した形跡はなし。CDも中古ながらキズもなくコンディション良好。
さすがにシャネルだグッチだとなると、有名どころだけに別扱いですが、慈善団体の店を経営している人たちは、見たところあまりブランドには詳しくない様子で、このネクタイもポリエステル製のネクタイやスーパーのブランドのネクタイといっしょくたになって「1本2ドル」のカゴに入ってました。

よほど「あのっ、このネクタイ、普通にデパートで買うと180ドルはするんですよ! この CD だって、格安で買っても12ドルはしますし」と教えてあげようかと思ったくらいです。

でも。
何も言わずに5ドル出して買ってきちゃいました(笑)

クリスマス直後だけに、もしかしたら誰かがクリスマスプレゼントとしてもらったものの、気に入らなくて「捨て 寄付し」ちゃったのかもしれません。
オーストラリアのクリスマス前後の商戦はすざまじいもので、見ていて「こんなにたくさん買ってどうするんだろ?」と不思議に思ってましたが、中にはこのように使われることなく人知れずひっそりと慈善団体に流通していく品物もあるんでしょうね。

よし、今度はガレージセールに行ってみよ〜っと(爆)
[PR]

by kaoru_oishi | 2007-01-29 22:19 | その他もろもろ


<< 一年の計は元旦にあるとすると・・・      気がつくと年末・・・ >>