2006年 08月 25日
【冥王星】イエローカード乱発【退場】
どうも。きむらです。
・・・・・何なんすか、これ。

<太陽系惑星>冥王星を除外 賛成多数で最終案採択 IAU 

記事は読みましたけど、多数決でこういうことを決めちゃっていいんでしょうか。
というか。
こういうことこそ全地球規模で投票しないといけないと思いますけどね〜。
きむらは一応高校で天文やってましたんで、自分に投票権がないまま勝手に冥王星が「惑星資格」をはく奪されてしまったのは、ひじょーに納得いきません(投票権があったら、きむらは間違いなく「反対」に投票したと思います、ハイ)

納得いかないんですが。
文句を書きたいのに、書く時間がない〜っ(焦)

ということで、反対する理由や天文・冥王星への思い入れを書くことなく落ちてしまうきむらなのでした。


(蛇足)
納得はいかないんですけど。
IAU の投票風景の写真を見て、
「デカいイエローカード出してるじゃん」
と思ったのは、きむらだけでしょうか。
・・・・・。
でも、こんなふうに顔もろだしで投票してたら、
「あのヤロー「子供の頃から冥王星が好きでした♡」と言ってたくせに賛成に投票しやがって。もう絶交だぁぁ」
などと、私怨に発展しないか、それが心配です。

この判定をめぐって、天文学者間で頭突きや乱闘が起こるのか。
このニュースの続報を期待して待ちましょう(笑)



<太陽系惑星>冥王星を除外 賛成多数で最終案採択 IAU  [ 08月24日 21時12分 ]
  
 【プラハ会川晴之】チェコのプラハで総会を開いている国際天文学連合(IAU)は最終日の24日、全体会議で惑星の定義案を議決、1930年の発見以来76年間、第9惑星の座にあった冥王星を惑星から降格する最終案を賛成多数で可決した。太陽系の惑星は一つ減って8個になった。全体会議に出席した数百人の科学者による投票で、教科書を書き換える歴史的問題が決着した。
 可決された定義は、太陽系惑星を(1)太陽を周回する(2)自らの重力で球状となる(3)軌道周辺で、圧倒的に支配的な天体——と規定。「水金地火木土天海」の八つが惑星となる。軌道周辺に同規模の天体があり3番目の条件を満たさない冥王星は、惑星から外れた。
 冥王星や03年に発見された冥王星より大きい2003UB313、小惑星セレスは、惑星とは異なる「矮(わい)惑星」となる。
 水星から海王星までの八つを「古典的惑星」とする一方、冥王星などの矮惑星も惑星の一種とする対案も提出されたが、否決された。
 惑星の定義案とは別に、冥王星を海王星以遠にある天体群の典型例と位置づけることも可決された。ただ、その名称を「冥王星系天体」とすることは否決された。IAUで名称の議論を続ける。
 観測技術の進歩で冥王星周辺で新天体の発見が相次ぎ、「惑星とは何か」を巡る議論が盛んになったため、IAUは2年前に惑星の定義づくりを始めた。惑星を専門とする天文学者には最終案支持が多かったが、冥王星の社会的認知度を重視する人々など、他分野の専門家にはさまざまな見解があり、複数の案を提示して決着を図った。
 ◇  ◇
 アニメ「宇宙戦艦ヤマト」や「銀河鉄道999」では、冥王星は敵の前線基地が置かれたり、人間の墓地として利用されるなど、太陽系の重要な惑星として描かれた。
 原作者である漫画家の松本零士さん(68)は「冥王星こそが太陽系の果てで、そこを離れることが太陽系から外宇宙に旅立つことだと描いてきた。今回の決定は、論理的には正しいのだろうが、多くの人が少年のころから抱いていた夢、心情的なものにも配慮してほしかった。心構えができていないうちに突然決まってしまった感じがする」と残念そう。そのうえで「冥王星はこれからも太陽系の一族だ」と強調し、存在感が低下しないよう何らかの形で配慮してほしいと訴えている。
 ▽観山正見・国立天文台長の話 他の八つの惑星とは形成過程が明らかに違う冥王星が惑星に入らなかったことは、適切な結果だ。冥王星がなくなったわけではなく、残念に思う話ではない。今回の議論の内容を国民の皆さんに正確に伝えていきたい。

(毎日新聞より)
[PR]

by kaoru_oishi | 2006-08-25 13:03 | その他もろもろ


<< 仁義なき学生大会 ー天文科学編ー      24 weeks party ... >>