2006年 08月 05日
とーます、ごーどん、いっしょにちからいっぱいおすんだ!
どうも。きむらです。
TVでトライネーションズ「オーストラリア×南アフリカ戦」を観ました。

・・・・・。
何と言いますか。
ここ数日雨がドボドボ降ったせいでグラウンドのコンディションがひじょーに悪く、それが影響して試合もグダグダになっていたように感じました。
とにかく足元が心もとないためにファンブルが続出し、パスでつなぐ戦法が使えない分、両チームともキックでボールを飛ばし合うばかり。コメンテーターに「空中ピンポン」と皮肉られていました。

それでも、前回ワラビーズとの対戦で40ー0という記録的な大敗を喫したスプリングボックスは後がありませんから、必死の形相でワラビーズに向かってきます。
前半10ー0でワラビーズが先攻していたのをペナルティキックの積み重ねでじわじわ追い上げ、逆転、一時は「このまま逃げ切りかっ?」とハラハラさせてくれました。

が、しかーし。
南アフリカには残念でしたが、フルバックのパーシー・モントゴメリーがどうも精彩を欠いておりました。
去年は「ちくしょ〜、コイツさえいなければ〜(ギリギリギリ)」と思うくらい脅威だったのに、今年は「あれ?」って感じ。

トライ、決めましたよ、一応。
でも、それももみ合いになったところを後ろからハヴァナという超強力な南アの選手がうごごごご〜っと突進してきて、ダンゴ状態ごとまとめてライン外に押し出したから。
で、そのときたまたまボール持ってたのがモントゴメリーだった、という具合。

そしてキックは・・・。
一度などは本当に目と鼻の先からのペナルティキックがありましたが、見事に外しました。
真っすぐ蹴れば入っていたのに、ボールは「Bend It Like Beckham」もまっつぁおの
恐ろしいくらい角度をつけて、真横に飛びまして。
思わず「あの距離なら、きむらだって入れられる!」と叫んじゃいましたよっ。
そんなこんなで 20ー18、接戦にはなりましたがワラビーズの勝利に終わりました。

うーん。
やっぱりぱーしーはともだちがいないとちからがでないんだ。
とーますとか。ごーどんとか。
きかんしゃはばりきがあるから、すぐにこじんぷれーにはしりたがるけど、らぐびーはちーむわーくがいちばんたいせつなのさ。
てれびをみながら、きむらはそうおもいました。

冗談はさておき(笑)
コメンテーターにも「使えねぇな」と言われていたモントゴメリー、やはりそろそろ潮時なんでしょうか。
でも、にわかラグビーファンのきむらにとっては、やっと顔と名前を覚えた貴重な選手。そう簡単に引退して欲しくないです。
(オールブラックスのウマガやスペンサー(この人がハカの音頭とってた)が出てないのを知ったときはつらかった(涙))
どこかデヴィッド・キャシディやレイフ・ギャレットなど70年代アイドルをほうふつとさせる顔立ちやヘアスタイルも突っ込みどころありますし。

何とか来年のラグビーW杯まではがんばれ〜、パーシー!

(蛇足)
どうでもいいことですが、きむらは「機関車トーマス」が苦手です。
だって、機関車に顔、それもあんななまなましいのが付いてるんですもん。
中でもゴードンの顔は夢に出てきそうなくらい強烈です。
この番組、きむら子供が小さいころに見せていましたが、内心、
「これは好きにならないでくれよ〜(滝汗)」
と祈ってました。

で、後年。
あるとき、きむら子供(上・下)と話していて、二人とも「トーマス」が好きじゃなかったと知りました。
まったく。
きむら子供が好きなんだろうと思って、恐ろしさに耐えながら一緒にあの番組を見ていた日々は一体何だったんでしょ〜(涙)
[PR]

by kaoru_oishi | 2006-08-05 23:45 | It's Sporting Life


<< 2006年、私の夏休み!      雨ダス >>