2006年 06月 27日
【W杯】最後まで頑張った【対イタリア戦終了】
どうも。きむらです。
サッカルーズ、残念ながら1ー0で敗退しました。

あそこまでイタリア相手に互角以上の戦いをしていたのに、本当に最後のさいごにPKで点が入ってしまうなんて(溜息)
あと5分あれば引っくり返すことも可能かもしれなかったのに(大溜息)

ですけど。

当然、このPKの元となった Lucas Neillのプレーへのペナルティが妥当ではない、という意見は出てくるでしょうし、前の試合(ポルトガル×オランダ)でイエローカードとレッドカードが乱発されたことが影響して両チームが今までになく審判の顔色をうかがいながらすごく繊細にプレーをしたことによって試合全体の面白みを削いでしまったことは一目瞭然ですが、結果として終わってしまったことをいつまでもグダグダ言ってもしょうがないですし、ここで負けても、今大会の活躍でオーストラリアの評価がぐんと上がったことには変わりないと思います。

サッカルーズ、よく頑張りました!

次は4年後の南アフリカ大会を目指してくださいっ!

善戦したサッカルーズにはTicker tape Parade(歓迎パレード)も計画されているようなので、もしシドニーで行われるなら是非ぜひ見に行きたいものです。

さて、オーストラリアが敗退した後もW杯は続くワケですが、これからはどの国を応援しましょうか。

・・・やっぱ、ガーナ、だな。
[PR]

by kaoru_oishi | 2006-06-27 02:29 | It's Sporting Life


<< 【W杯】一夜明けたシドニー【戦...      【W杯】ラフプレー、とな【対イ... >>