2006年 06月 19日
【W杯】助けて、Johnny Warren〜っ!(泣)【丑三つ時の絶叫】
どうも。きむらです。
睡眠不足です(笑)

がんばって観ました、夕べの2試合。
体を酷使しないよう、暖房をつけ、試合前・ハーフタイム・試合後にはちゃんとトイレへ行っときました。
でも、観戦中にスナックを食べてたせいか、今、少しおなかがもたれてます(ゲプッ)

日本 0 ー クロアチア 0

きむらは特に「識者」ではありませんので、テクニカルなことは何とも言えませんが、前回のオーストラリア戦よりキビキビ動いていたように見えました。
でも、やっぱりサッカーにも「お国柄」が反映されているような。
見ていると、どうしても攻撃に転じるときにいったんボールが止まっちゃうんですよね。
他の国だったら「オレオレオレオレ、オレが決めたる〜っ!」と怒濤の前進になると思います。
どうしてなんでしょ。
体勢を立て直してるんだか「指さし確認」してるんでしょうか。あるいはきちょうめんなんで、目の前の他の選手たちの位置がきっちり自分の頭の中のフォーメーションに重なってくるまで次の動きに移れないのかもしれません。
こういうところ、ものすごく日本っぽい気がします。

あと。
言葉の違いで何を言っているか分かりませんが、試合中、クロアチアの選手はかーなーりひどい言葉を言っていたように感じます。
英語のFワードに相当するような侮蔑語のオンパレード。
ちなみに、その後の試合でオーストラリアの選手がラフプレーでイエローカードを喰らってましたが、そのときはどうやら選手の審判への言葉も「加味」されてたらしいです。
英語の侮蔑語って、広く知られているだけにこういうときは不利ですね。
(まあ、クロアチアとセルビア・モンテネグロは言語がほぼ同じなので、審判がそこの方でしたら筒抜けになりますけど)
・・・てぇことは。
日本語だったら試合中に何を言おうがカウントされないワケですよねっ♪
日本の選手のみなさん、今後は英語の侮蔑語を廃止し「○ット」の代わりに「うんち」、「ファ○○」の代わりに「お前の母ちゃん、でべそ〜」と、古式ゆかしい日本語を使用することを強く推奨いたします。

ブラジル 2 ー オーストラリア 0

正直いって、日本の試合より興奮しましたっ!
こちらの時間で午前2時の試合開始だったので、途中で眠り込んだらどうしよう、なんて心配でしたが、とーんでもない。ハラハラドキドキの連続で眠るどころじゃありませんでした。

巷では(ほら、にわかファンですから)「サッカルーズ、ブラジルにも勝つんじゃね?」という意見が聞かれましたが、何しろ相手はブラジル。前大会優勝時よりはパワーが衰えているにしても強豪中の強豪であることは間違いありません。
よくてドロー、悪かったらラグビー並みの点数が入ってしまうのでは、なんて密かに思っていました。

結果的には負けたわけですが、オーストラリアはブラジルを相手に一歩も引かず果敢な攻撃を見せました。守備も緻密で、前半は点を許しませんでしたし、総じて立派な戦いぶりだったと思います。

アウェーのユニフォーム姿も何だかりりしくて、ほれ直してしまいましたよっ♡

観客はやはりオーストラリアもブラジルも黄色系のシャツを着ていたので、スタジアムが黄色く染まっていました。
でも、中には「アウェー」ということで、緑のTシャツを着ている一群もいました。
そしてその胸には。

Johnny Warren の顔と「I Told You So」の言葉がプリントしてありました。

試合を観ているあいだ、ロナウジーニョがゴールを狙うたびに、キューウェルがヴィドゥカにパスを送るたびに、きむらは「神さまぁ〜っ」と祈る代わりに拳を握りしめ、
「ジョニー・ウォレン、オーストラリアに力を〜っ!!」
と強く念じていました。

日本ではなじみのない名前かもしれませんが、Johnny Warren (1943-2004) はオーストラリアが生んだ屈指のMFで、オーストラリアがW杯に初出場した1974年には代表選手として、ベッケンバウアーの西ドイツと戦ったこともあります(このとき大会を無得点で敗退したため、今回の大会で得点することがオーストラリアの第一の目標となりました)

きむらは Johnny Warren というと「SBS放送のサッカー番組で Les Murray(名物司会者)と一緒にいるオジサン」という印象しかありませんでしたが、亡くなったときの報道で彼がサッカーの殿堂入りも果たしているものすごいサッカー選手だったことを初めて知りました。
最近SBSで彼の一生のドキュメンタリー番組がありましたが、そこでは、名選手としてだけでなく「移民のスポーツ」と見られていたサッカーの地位向上に努めた功績なども紹介されていました。
そして、オーストラリアが再びW杯に出場することを夢見続けていた彼が志なかばにガンで2004年に亡くなると、彼の最期の言葉「I Told You So(ほら、オレが言ったとおりだろ)」はサッカールーズのスローガンとなり、試合のときには横断幕として飾られるようになりました(日本戦でも見かけました)

オーストラリアのグループ最終ゲーム、対クロアチア戦は23日早朝5時(シドニー時間)です。日本人として、その後の日本×ブラジル戦も気になりますが、まずはオーストラリア。
きっと夕べと同じように Johnny Warren の名を心の中で呼びながら観戦すると思います。

(参考資料)
Johnny Warren(ウィキペディア検索(英語)
[PR]

by kaoru_oishi | 2006-06-19 11:48 | It's Sporting Life


<< 【W杯】選手名の発音【読めね、...      【W杯】はっきり言って国中ニワ... >>