2006年 06月 18日
【W杯】はっきり言って国中ニワカです【対ブラジル戦直前】
どうも。きむらです。
ついに来ました、第2戦。

日本 × クロアチア
豪州 × ブラジル

見たい試合が一晩に2つもあるなんて、夢のようでもあり、悪夢のようであり(笑)
しかし、上には上もいて、ご近所に住んでる韓国人のお友だちはその後の 韓国 × フランス戦も見ると言ってました。
明日、大丈夫なんでしょうか(汗)

今日は日曜日なんで、きむら家は恒例の水泳教室の後、シティをぶらぶらしました。
どこでも目立ってます「サッカルーズ」応援の旗が。
その旗は数週間前の日曜の新聞の「ふろく」で付いてたんですけど、翌週にそれを付けている車なんてぜーんぜんなかったんですが、ワールドカップが始まるとだんだんと増えていき、日本戦直後からはやたら目につくようになりました。
ショーウィンドーに「GO SOCCEROOS」と書いたり、選手の写真を飾っている店もよく見かけます。

ここまで来て、ぐわ〜っと2003年のワールドカップラグビー並に盛り上がってきたようです。

ランチの後、にわかサッカーファンのきむら子供のためにサッカーボールを買いに Rebel(スポーツ用品店のチェーン)に行きましたが、そこも普段とは比べ物にならないくらいにぎわってました。CMによるとワールドカップ出場の32か国の公式ユニフォームが買えるのはRebelだけだそうなので、混んでいたのはそのせいかもしれません。

子供たちがボールを選んでいる間に、各国のユニフォームを見てみました。
1番大きな売り場は何と言ってもオーストラリア。次がイングランド(やっぱりなぁ)、そしてブラジル、アルゼンチン、フランス、ドイツ、イタリアといったところです。
ちょっと見つけるのに時間がかかりましたけど、ありました、日本。
韓国チームと一緒のラックにかけてありました。

でも32か国も置いてなかったような・・・。
なぜかギリシャのユニフォームがババ〜ンと大量に売られていたのも謎であります。

街を歩いていると、やはりいつもより黄色系の服を着ている人が多いです。
今晩、その格好でチームを応援するのでしょうか。

しかし。
ちょっと待って下さいよ。

オーストラリアのナショナルカラーは「Gold and Green」。でも実際はカラシ色っぽい黄色を「金!」ということにしています。
で、対するブラジルも黄色と緑(と青)ですよね。
モチロン選手はホームとアウェーの2種類のユニフォームがありますから、色が完全にかぶることはないでしょうが、サポーターが着ているのはほとんどが「黄色」のユニフォームかTシャツのはずです。
ちなみに公式ユニフォームは$129.95もします。ブラジル戦に備えて2種類買う人はまずいないんじゃないかと思います。
ということは。

今晩は、スタジアムもオーストラリアもブラジルも観客は「まっきっき」?

早く見たいです〜♪

(蛇足)
サッカーファンには興味のない話題かもしれませんが、昨日のラグビーの オーストラリア × イングランド戦、オーストラリアが先週に続き圧勝しました。

オーストラリア 43 ー イングランド 18

得点数でイングランドの大敗記録を塗り替えたそうです(笑)
あと。
イングランドが何を血迷ったか、審判に向かってパスを送ってしまい、審判も「うっかり」キャッチする、というシーンなどがあって大笑いでした。
きむらがひいきのティキュリ(Tuqiri)も今回は大活躍で、ライン際の攻防のときには、ボールを持っていた自分より小柄なイングランドの選手をそのまま抱えて「ポイッ」と、ラインの外に投げ飛ばしてました。
好きです、この豪快さっ!

この調子で今年のトライネーションズ(豪・NZ・南アの試合)も頑張ってもらいたいものですっ。
[PR]

by kaoru_oishi | 2006-06-18 21:50 | It's Sporting Life


<< 【W杯】助けて、Johnny ...      【W杯】南半球の悲劇【が原因】 >>