2006年 06月 13日
【W杯】豪が勝っちゃいましたよっ!【予想外の結果?】
どうも。きむらです。
オーストラリア対日本。
3ー1でオーストラリアが勝ちました。

うわ、びっくり。

オーストラリアは「スポーツができる国」として知られていますけど、こちらでの花形スポーツはやはりラグビー(こちらではこれが「フットボール」と呼ばれてます)、クリケット、テニス、水泳で、サッカーや野球はまだまだ一般的ではありません。特にサッカーは「移民がするスポーツ」として長いこと蔑視されていたくらいです。
今でこそ、こうやってワールドカップに出てようやく国民の支持を得られるようになりましたが、「金がない」「金がない」と協会が資金繰りにあえいでいたのは記憶に新しいです。

そして。
日本のサッカーの代表選手はもちろんそれを専門にずーっと何年もやってきたんだと思いますけど、オーストラリアは今回の試合でも、
「チッパーフィールド、5年前まではバスの運転手をしていました」
とか、
「ケネディはバスケットボールからサッカーに転向した選手です」
など、とても現役のプロサッカー選手とは思えない紹介がされていました。
(以前は他のスポーツと掛け持ちでやってる人が多かったんだそうで)
言わば、決して豊かではない寄せ集めの「アパッチ野球軍」サッカー版みたいなチームが勝ち上がってワールドカップに出場したようなものなんです。

ですから、日本のみなさん。
負けて悔しい気持ちはじゅうぶん分かりますが、32年ぶりに出場し、かつ、初めて得点を入れ(前回出場は無得点に終わりました)、初白星をあげたオーストラリアの喜びを理解してあげてください。

そして。

もしオーストラリアが2014年(でしたか?)のW杯の開催国になったりしたら。
日本とは時差1時間(冬期シドニー時間)なので、ゴールデンタイムにTV観戦できますし、ヨーロッパや南米よりずっと近いですから、現地応援だって楽勝です。

ということで。
今後はぜひオーストラリアをごひいきに〜。

(蛇足)
夕べは家族が先にさっさと寝てしまったので、きむらは一人さびしくTV観戦しました。
昨日のスーパーマーケットやパブの様子を見て、
「おおお〜っ、オーストラリアもようやく盛り上がってきたなぁ〜」
と思ったのですが、試合時間近くに外を見ると、明かりがついている家がちら〜ほら、そしてハーフタイムにもう一度外を見たら、近隣で起きているのはきむら家だけになってました。

もう、みんな、健康優良児なんだからっ。

でも翌朝は、TVでもラジオでもトップニュースはやはりW杯で、メルボルンの広場などはお祭り騒ぎだったようです。
あと、ハリー・キューウェル(Harry Kewell)の母校の小学校では、子供たちが学校で観戦してました。
あの時間に起きて応援してたんですね。すげ〜。

それと。
きむら家のファミリーフレンドにチェコ系豪人さんがいるんですが、彼は夕べは日×豪、チェコ×米の2試合を連ちゃんで観て、ヨレヨレ状態で仕事に行ったそうです。
お疲れさまであります。

次回のオーストラリアは19日(月)のブラジル戦。
朝2時からですか〜(泣)
前日は日本×クロアチア戦(午後11時〜)もありますし。
今から体調を整えておかないとヤバいです〜。
[PR]

by kaoru_oishi | 2006-06-13 09:58 | It's Sporting Life


<< 【W杯】南半球の悲劇【が原因】      【W杯】豪州現地リポート in... >>