2005年 12月 05日
腰振り三年柿八年
どうも。きむらです。
12月に入ってやっと夏らしい天気になってきました。
今日の最高気温は30度以上で、先週の気温の倍近くになります。

ところで。
きむらが日本に里帰りをするのは、ほぼ1年に1度ですが、こうやってインターネットで毎日のように日本の情報をチェックしているため、活字で読む限りはあまり今浦島になっているような気はしません。

そして。
一躍話題になる「時の人」も、ある日インターネットの記事に出てきたかと思うと、ぐっとその名の登場頻度が上がるので、すぐに分かります。

それによると。
今年一番の話題の人は、どうやら「レイザーラモンHG」のようです。
名前が2、3度出てきた時点で検索して、どんな人で、どんなルックスなのかもチェックしました。

「吉本興業所属のコメディアンで「HG」は「ハードゲイ」と読む。黒の合革のノースリーブ&ショートパンツのコスチュームで腰を激しく振りながら「フォ〜!」と叫ぶネタが今年ヒットし大ブレーク。現在「親が最も子供に見せたくない芸能人」とされている」
簡単に紹介するとこんな感じで合ってますでしょうか。

しかしながら。
きむらもきむら子供がいますけど、別にレイザーラモンHGを見せたくないとは思いません。
日本のお笑いの人の中にはもっと意味不明なタイプもいて、里帰りして家族でTVを見たりすると「ね、今の、何が面白いの?」と聞かれて「き、きむらも分かんないっ(汗)」などと返事に窮することが多いのですが、それと比べれば、HGははるかに分かりやすく「ほら、前にビレッジピープルのPV観たよね。あの中に似たようなコスチュームの人がいたね」とか「HGっていうけど、本当はゲイにハードもソフトもないんだよ。それに、ゲイの人みんながいつもああいう服を着てるわけじゃないってことは知ってるよね」と、HGを起点に親子が話し合い、ちょっとした社会の勉強だってできます。
そのほうが、HGが出てくるなりTVを消してしまうよりいいような気がしますけど。

それとも。
あの「腰振り」がいけないんでしょうか。
しかし。
腰振りに関して、特にレイザーラモンHGが突出してるとは思えません。

ジェシカ・シンプソンを例に取ります。
ジェシカ・シンプソンはいわずと知れたアメリカの歌手兼(ヘッポコ)女優で、彼女の一番最近の曲はThese Boots Are Made For Walkin' といいますが、そのPVで彼女は最初から最後まで腰振りっぱなしです。
きむら、いちいちビデオをストップモーションにして数えたわけではありませんが、4分程度のPVの間に彼女は100回は腰振りをしていると思います。
そしてジェシカだけではありません。
このPVは山場に登場人物全員による盛大な腰振りダンスがあったりします。
(あ、共演のウィリー・ネルソンだけは、腰振ってるんだか単にふるえてるんだか、ちょ〜っと判別が難しいです(笑))
この数値を正確に出すには、おそらく「日本野鳥の友の会」のベテランメンバーがカチカチとカウンターで数えなければならないとでしょうが、きむらの「どんぶり勘定」ですと、合計で約1000回は行ってると思います。
仮に1回腰を振るのを単位と見なすと、

「1PV≒1000腰振り」という数式が成り立ちます。
これって、すごくないですか?(汗)

但し、この数式はいつもあてはまるわけでありません。
あの悲しげなダイブが話題のJames Blunt豪州が誇るアコギの王子Pete Murrayなどは、出ているPVがお色気タイプじゃないですから「腰振り数=0」だったりします。
ですから、上記の条件でrageのトップ50を観た場合は

「50PV/5(きむらが適当に設定した係数)≒10000腰振り」

同時に約1万回の腰振りも観ている、ということになりますよね。
対するレイザーラモンHGは、いくら集中的に振っているといっても、せいぜい30回ぐらいではないでしょうか。
ジェシカ・シンプソンの足下にも及びません(笑)

それにしても、やはり「腰振り1万回」は驚異的です。
もう人間技を超えて、モーターの回転数などの域に到達していますね。
そうなると何だか、ただ鑑賞目的にだけ腰振りを消費してしまうのは、もったいない資源の使い道のような気がします
万歩計じゃありませんが、ああいったポータブルの機械でも体に取りつければ、腰振りで発電だってできそうです。


あ、そうだ。
「自家発電が可能なiPod」なんてどうでしょ?

さっそく特許を出さねば〜っ!


(蛇足)
タイトルの「腰振り三年柿八年」に、特に深い意味はありません。
でも、強いてこじつけるならば「Newlyweds」というリアリティ番組でニック・ラシェイとの新婚生活を紹介していたジェシカ・シンプソンの、結婚が続いた期間が「三年」だった、くらいでしょう(この二人はつい最近、別れてしまいました)
世の男性たちは「やった〜っ♪」と、彼女の離婚を喜んでいるようですけど、それって「ジェシカ・シンプソンが独身に戻った、チャーンスっ!!」と思ってるからでしょうか。
確かに「にったら〜っ♡」と笑いながらビキニ姿で洗車してくれるような女性は世界広しといえど、彼女くらいかもしれません。
車、ワックスがけもしてあって、洗う前から既にピッカピカの状態なのに。
ココナッツオイル塗ってテラテラになった体を押しつけて洗ってるので、車、洗うそばから彼女のオイルでぬちゃぬちゃになってたりしてますけど(汗)
[PR]

by kaoru_oishi | 2005-12-05 10:29 | きむらとギターと音楽


<< 世の中にはこういう子供もいるらしい      ささやかに祝う2万アクセス <... >>