2005年 11月 16日
(更)非情食
どうも。きむらです。
早朝から空気が生ぬるかったので「あ〜、今日も暑くなりそうだぜぃ(汗)」と思ってましたが、昼から一天にわかにかき曇り、雨がズザザ〜ッと降って突風が吹いたら、いっきょに冬並みの寒さになってしまいました。

ほんと、シドニーの天気の変わりかたは急激なんですよね〜。

なので、朝は「よし、今晩は冷たくスルスルッとそうめん!」と思っていたのに、実際に食べたのはほかほかのミートパイだったりします。
(↑ これは昨日の話)

めんといえば。
少し前に、相方がデカい段ボールでインスタントラーメンを一箱、買ってきました。

きむら「うわ〜っ、すんごいたくさん買ったね〜。どうしてまた」
相方 「安かったから〜♪」
きむら「・・あ、そう(汗)」

相方にとって何かを安く手に入れるというのは、スポーツにも似た一種のスリルをもたらすようです。本人は「少しでも家事の手伝いになるかと思って〜」なんて言ってますが、結構、嬉々としてお買い物に出かけては、特売品を山のように買ってきます。
このインスタントラーメンにしても、値段を比べてみると、

名の通ったブランド>同ブランド(箱買い)>無印良品系>このラーメン

こんな風に一番安かったんだそうです。

しかし。冬ならともかく、シドニーはこれから夏に向かうので、あまりラーメンを食べる機会はないような気がします。

きむら「ま、普段食べなくても、何かあったときの非常食にはなるか」
相方 「そーそー♪」

ということで、そのラーメンは箱のまま食器棚のてっぺんに安置されました。

そして、このあいだの土曜日。
朝寝坊して起きたら、すでにきむら子供がここから車で1時間ぐらいのところに住んでいる赤んぼ時代からの「旧友」に電話をかけ、午後、勝手に遊ぶ約束をとりつけてました。

ちょっとお〜(汗)

まさか「家が汚いんで、申し訳ありませんが、またの機会にしていただけませんか」なんてお断りを入れるわけにもいきません。
しょうがないんで、仕事をあきらめ、大慌てで掃除と洗濯っ。
で、気がついたら、昼になってまして。
お友だちが来る前にランチを済ませておかなければならないのでした。
しかし、じゅうぶん時間を与えられてもまともな料理が作れないのに、時間がなかったら、ますますもって食べられるものなんて作れるはずはありません。

きむら「おっ、こんなときこそアレの出番ぢゃないかっ!」

食器棚の上のラーメンの箱が燦然と輝いて見えました。

相方がイスに乗って箱を下ろしているあいだに、ちゃっちゃかちゃっちゃと鍋にお湯を沸かし、グリーンピース、コーン、ハムの千切りを投入。
あとはラーメンをぶち込んで2分ほど煮ればオッケーです。

相方 「へ〜、これ、10コいっしょに入ってる」

パッケージの簡素化でしょうか、大きな袋1パックにラーメンの固まりが10コ、むき出しで入ってました。

きむら「じゃ、5つぐらいちょうだい。それと、スープも」
相方 「オッケー。・・はい、ラーメン。それから・・・あれ?」
きむら「早くしないとめんが柔らかくなっちゃうよ〜(焦)」
相方 「これ。・・・スープ・・・ない
きむら「えええええ〜っ!!

このラーメン、スープが入ってなかったんです。
めんだけのお得用パックだったようで。

そっか。だから安かったんだ(汗)

相方 「でもね。期間限定で、今なら1パックにハシが1セット付いてるよ。ほらっ」

10コ入りの袋の底に、いかにも「使い捨てなんですぅ」然としたプラスチックの赤いハシが、一膳、転がってました。

きむら「ハシなんか、いら〜んっ(怒)」

幸い(?)前日のそうめんのつゆが冷蔵庫に残ってましたので、それとスープストックを適当に混ぜて、何だか分からない味つけのラーメンにして、かっこんで食べちゃいました(笑)

それにしても。
きむら家は日ごろから貧しい食生活を送ってはいますが、インスタントラーメンはそんなにしょっちゅう食べるほうではありません。
そして、食べるときといえば、たいてい
「時間に追われて、とても料理している余裕がない」
とか
「食料の貯えがそれしかない」
であります。

なのに、スープがないなんて。
めんをゆでてる間に手早くスープも作るなんて、とてもきむらにできるとは思えません(涙)


ちなみに。
段ボールには10コ入りのパックが6つ入ってました。
今回、5コ食べましたけど。
だから。
ラーメン、あと55コ残ってます(滝汗)


(蛇足)
(電話での会話)
きむら「今日さ〜、すごく寒いから、シチューってのはどうかなぁ」
相方 「シチュー。いいね〜♪」
きむら「で、ラーメンを入れたらスープパスタみたいに食べられるんじゃない? あと、ポテト切らしてるから、代わりに豆腐を入れて〜(白いから分からないよ)、あ、そうそう、卵の賞味期限も今日で切れるから、いっしょに入れちゃおうかな」
相方 「・・・・・やめなはれ(泣)」


(追加)11月17日(木)
masaさんのコメントにインスピレーションを得て「冷やし中華」に挑戦しました。
分からなかったタレの作り方はググッて調べました。
きむら「なになに。だし汁にしょうゆに酢に砂糖にごま油か。ってことは、魚っぽい風味があって、黒くて、酸っぱくて、油が浮いてりゃいいワケだよね」
結構、簡単に作れました。
砂糖を入れなかった(料理に砂糖は使いたくない主義)分、ちょっとコクが足りないような気がしましたが、きむら家の味覚にはじゅうぶん耐えられる出来でした。
今回の料理で6コ使用。
残るは49コ。
ブランド名である「AYAM」という字が刻まれた「期間限定ハシ」も2膳そろいました(笑)

[PR]

by kaoru_oishi | 2005-11-16 16:30 | その他もろもろ


<< どっか〜んっ!!      足が、もう・・・/第14章(3... >>