2005年 10月 19日
マドンナ・コード
どうも。きむらです。

どうやら、今週からマドンナの新曲が「解禁」になったようで、2〜3時間に1度はつけっぱましのラジオから流れてきます。
タイトルは「Hung Up」だと思います。歌詞にも telephone だの ring ring だの出てきますので。

きむらはマドンナ好きなので、ラジオでパーソナリティが「では初放送、これがマドンナの新曲ですっ!」と言うのを聞いたときは、思わず「おおお〜っ!」とラジオに駆け寄り、ボリュームを上げて耳をすましました。

「ん?」

ぴらぴっぴらぴ〜 ぴらぴっぴらぴんぴんぴ〜ん
ぴらぴっぴらら〜 ぴらぴっぴらぴ〜 
ぴらぴっぴらぴ〜 ぴらぴっぴら、ぼんぼんぼん〜っ
ぴらぴっぴらら〜 ぴらぴっぴらぴ〜


「・・・これ・・は?」

この前奏、聴いたことがありますよ〜。
っていうか、

これ、ABBA の「Gimme! Gimme! Gimme!」そのまんまやんっ!!

な、なんなんだ、これは(汗)
・・・気を取り直して歌声を聴きます。

「あれ?」

ちょっと舌ったらずっぽい、コブシもサビもワビも、ワサビすらない投げやりな歌い方、これも、どこかーで聴いたような気がします。
そして、このテンポ。

んっちゃか んっちゃか んっちゃか んっちゃか
んっちゃか んっちゃか んっちゃか んっちゃか
んっちゃか んっちゃか んっちゃか んっちゃか
んっちゃか んっちゃか んっちゃか んっちゃか
・・・・・・・・・・・(ひたすら続く)


これってば、Blondie の Heart of Glass とおんなじですよんっ!

・・・こーれーがー、マドンナの新曲かぁ(汗)

肝心の曲の感想は、と言えば。
曲相はダンサブルではあります。
昔のマドンナっぽいとも言えます。
ですけど、きむらの場合はしょっぱなから「ABBA + Blondie」の図式にぶっ飛んでしまったので、純粋に曲自体を鑑賞できませんでした(ショボ〜ン)

それにしても、マドンナは一体どうしてこういう曲をリリースしたんでしょう?

ABBA は、もう文句なく世界で知名度がすごーくあるグループであります。このイントロで「むむっ!?」と来る人だって多いと思います。
そして ABBA は Ring Ring という歌を出してました。
かたやBlondie。
マドンナがデビューする前のロック&ポップ界を席巻したバンドであります。ヴォーカルのデボラ・ハリーは金髪美人で、そのファッションやパフォーマンスがマドンナを始め、ブリトニーやクリスティーナ・アギレラ、グウェン・ステファーニにファーギー(Black Eyed Peas)など後続の女性アーティストに大きく影響を与えたことは間違いありません。
そういえば、Blondie も Hanging on the Telephone とか Call Me など「電話もの」のヒットを飛ばしてました〜。

なので、今回の曲の類似性はきっと確信犯的なものだろうと思います。

では「これってパクリじゃん?」と非難される可能性が高いのに、敢えて過去のビッグアーティストにクリソツの曲をリリースしたのはなぜなのか。

「電話」以外に ABBA とBlondie に共通しているのは、どちらも活躍したのが70年代後半〜80年代前半ということです。

・・・もしかしたら、マドンナはこういう元ネタがバレバレな曲を流すことによって、あの時代に青春を送った人たちに何かを呼びかけているのかもしれませんね。
歌詞だって、特別なメッセージが込められた「暗号(コード)」だったりして?


リアルタイムで ABBA とBlondie を聴いており、マドンナのファンを自認するきむらとしては、ぜひともこの謎を解き明かしたいものであります。

なんて。
実はこれが、どこか大手の電話会社の新製品「機械に弱い中年向けの単純機能ケータイ」のコマーシャルソングだったりしたら・・・・。


・・・怒るど(笑)


(訂正)2005年10月21日(金)
この投稿をアップした時は新曲のタイトルを Hang Up としてましたが、その後、いろいろ調べてみると、どうやら Hung Up らしいので、訂正しておきます。
(アップする前にスペリングをネイティブに確認したら「Hang Up で合ってるよ」と言ってたんですけどね〜。豪英語と米英語の違いかしらん(← まさか(汗)))
ちなみに辞書によると Hung Up には「心配する」という意味もあるそうです。
何を心配してるんでしょ、マドンナは。

この曲の売れ行き?(汗)

[PR]

by kaoru_oishi | 2005-10-19 16:55 | きむらとギターと音楽


<< ARIA Awards 2005      拾得記/第13章(2)改 >>