2015年 04月 23日
ちょっとひとっ走りして方舟作ってくるわ
どうも。きむらです。
タイトルでお察しのとおり「雨」について、です。

ここ数日のシドニー周辺の雨の降りかたが尋常ではなさすぎて、前回の投稿から今回までにあったもろもろの出来事を吹っ飛ばして最優先トピックになってしまいました。

振り返るまでもなく、この「きむらブログ」では天気、特に雨についてよく取り上げてきました。どれだけどんぶり勘定で降るか、いろいろなケースを紹介してきたつもりです。
ですけど、今の雨の降りっぷりは過去の記憶を押しのけるくらいの勢いと量だったりします。

どれだけすごいかというと。
大雨がずーーーーっと降っています。
音楽ではありませんが、雨も緩急がついていて、大雨の後、小降りになり、ときには止んだりします。
ところが、今回の雨は止みません。
フォルテ(fですね)が常態で、そこからfの数が増えてフォルティシモ(ff)になりはしても、小降りでメゾピアノ(mpですね)やピアノ(p)化することはありません。

そして気象レーダーを見ると、恐ろしいことに雨雲がシドニー上空に貼りついたまま動く気配がないのです。
この間、TVのドキュメンタリー(「トップギア」のリチャード・ハモンドが案内役だったから、たぶんBBC制作ではないかと)で雨が降るしくみを見たばかりだったので、
「え。雨雲って、雨が降ったら消えていくものだよね。どうしてこんなに降ってもまだ雲が残ってるの!?」
と、驚愕してしまいました。

普段、それほど雨が降るところというイメージのないハンターバレー一帯もニュースによると洪水になっているそうですし、シドニー湾内もフェリーは運航中止になっている便も出ています。
(交通機関案内のサイトを見ると、注意を促す黄色と多数の「!」マークがどーんと出てきて被害の半端なさが分かります)

この天気はもう、異常気象ってレベルではないです。
TVのニュースを見たり気象レーダーがあったりするので何がどうなっているか理解できますが、もしそんな情報源のない時代にこの豪雨が起こったら
「こ、これは、世界の終わりじゃぁぁぁ」
と、DIYストアに工具と材木を買いに走って方舟でも作りだしても不思議ではないと思います。
まあ、その時代にそんな店があるかは分かりませんけど。

……などと。
落ち着いてキーボードをパコパコしている感じですが、昨日は暴風雨状態のときにいきなり前触れもなく隣家の大木の枝が折れてきむら家に向かって落ちてきたのでした。
サイズは人の背丈ほどで、きむらひとりでは動かせず、相方がノコギリで切って解体してどかせました。
それで。
その枝、落ちた先が家の外にあるデッキだったからよかったものの、もしあと2メートルほど家屋寄りに落ちていたら。

窓際に置いてあるデスクとPCがオシャカになっていたと思います。
そこで作業していたきむらごと。

2、3年前には、きむら家敷地内の木の枝(これはもっと大きかった)が突然落下して別の隣家との境のフェンスが壊れましたし、こうやって市街地でまったりしているつもりでも、結構スリルとサスペンスに満ちた日常生活を送っているのだぁとあらためて実感しました。

天気予報によると、この雨は週末には止むとのことなので、それまでは下手に木の側に寄らないほうがよさそうです。

まあ、晴れてからも雨水で重くなった枝がどーんと落ちてくる可能性もありますので、裏庭に用事があるときは上を見ながら全力疾走を心がけようと思っています。

枝が落ちてくるより、落ちている枝につまずいてコケる危険性のほうが高そうですけどね。


(蛇足)
学校は火曜からだったので、きむら子供は月曜に電車で友人の家に行きました。
なんでも、学校の課題を一緒に終わらせるとかで。
なぜ学校が始まる前日にやるのか……(静かな怒り)

そして。
夕方になって駅まで親御さんの車で送ってもらうことになっていたのですが、何と豪雨でそのお宅が停電し、電動のガレージのドアが開かなくなってしまいました。

結局、相方が夜、車で迎えに行って無事に連れて帰りましたけど、手動切り替えがないとこういうことが起こるんですね。
気をつけないと。

って、きむら家の車は絶賛路上駐車中だったので、ちょうどそのころ浸水の危機にさらされていたのでした。

ドアの開閉を心配する前に、まずガレージを手に入れないと……(汗)
[PR]

by Kaoru_Oishi | 2015-04-23 02:00 | その他もろもろ


     序の舞・二の舞 >>